今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
今は、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

眼が衰えました。真珠の微妙な光沢が見づらい。旅に出ます!
(追伸:2019年から次の生き方を探してます。← 今ここ)

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

2019年04月

まず仕事を好きになる

結果を出した経営者の共通する一言は「私はツイていた」だ。
とにかく目の前のことをガムシャラに取り組んだ結果だと。

何かを生み出そうと思って生み出しているわけではない。
ワクワクすることを一生懸命やっていたら、自然にもっと面白いものが見つかったということなんだろう。

ワクワクするものに出会えたことが「ツキ」というものの本質だろう。
どんな仕事でもガムシャラに取り組み好きになる努力さえすれば結果はついてくる。

今までの成功者はすべて同じ道を歩んできている。
これを成功哲学とよぶのであろう。





0430



春風に遊ぶ草木が朝揺らす
【まどか】


















人として何が正しいか。

「 考え方 × 熱意 × 能力 」

売り上げや利益ではなく、人間を律する道徳や原理を経営の指針や判断基準にする。

結局は正しい考え方が企業や社員を守る。
正しい行動をすれば、利益は後からついてくる。



0426













褒める

常識や思い込みにとらわれていたら、今の自分は乗り越えれない。

まずやってみる。
おだててもいいから、まずやらせてみる。

やってできたら褒める。
自分をほめる。

そしてまた、昨日とは違う新たな一歩を踏み出す。
何も動かず、わかった気にだけはならない。




0425


風運ぶ春の陽気に雨上がり
【まどか】











間違い

間違いを認めることで確実にストレスは減少される。
頑固にならず素直になりまひょ。

正しいか間違っているかの最終評価は自分で決めることではなく、周りが決めること。

「こんなに良い商品なのに買わない人はアホや!」というても
売れんかったらあんたの負け。



0424



キラキラと春が走る朝の風
【まどか】
















努力

生きるということは努力し続けるということ。

そしてその努力は必ず笑顔となって輝きをを放す。

ボーと生きてるんじゃねぇよ (^^♪





0423



青々と空を見上げる桜の木
【まどか】










何をやってもあたるときがあれば、何をやってもあたらないときがある。

「運」は確かにあると思う。
運は表裏があり、大海原の波のように浮いたり沈んだり。

運を味方につけよう。
それにはまず日々に感謝する、素直な心が必要。



0422


青々と夏はまだかと草伸びる
【まどか】









働き方改革

一日8時間労働は誰が決めたのか。

それは200年くらい前の欧米では12時間、16時間労働もあったが、いくらなんでも自由時間も睡眠時間もないということで労働運動が起こって短縮化に向かった。
日本でも大企業がテストを繰り返して8時間が妥当だろうということで8時間労働が定着した。
 
だから科学的な根拠はなく、経験値で決められたことである。


働きたいだけ働く。
仕事が楽しいからクタクタになるまで働いてしまう。
変なのかな?



0419



見上げれば青々揺れる木々の枝
【まどか】























 

ワクワク

わくわくすることは同時に怖いこと。
だからドキドキする。

しかし怖さの向こうに飛び込んでみるとなんとかなってしまう。
嬉しくなってもっとやりたいと思ってしまう。

怖がらず、もっともっとワクワクを楽しもうよ。




0418



桜道葉っぱが揺れて朝描く
【まどか】










幼児教育

幼い時にこそ、あえて難しい学問を学んだほうが良い。
少し胸に手を当てて考えればよい。

自分たちに置き換えていえば「成熟したいま、難しいことを学ぼうとするかい?」

会社も同じ。
難しい課題に挑戦するならば創業したての頃が良い。
資金・人脈・経験・・・・すべてが乏しいが、逆にいえば可能性は無限大なのだ。

大人(経験者)の先入観ほど子供の可能性を潰す毒はない。




0417



風走る春を巻き上げ朝の道
【まどか】















歳を重ね

歳を取ると出来ない事の方が多くなる。

壮年期は「これで突き抜ける!」と気張って来た。
しかし歳を重ね経験を積んで色んな方法論を見つけ「こちらを選ぼう」と選択肢が見えてきた。

歳を取り、出来ない事が見えてくるのは、案外良いものである。




0416




緑色春の隙間に見える夏
【まどか】









批判

批判する人は伸びない。

周りにいる友人たちを見ていても、
同業者でも、
政党でも、
批判する人は伸びてない。





0415



桜敷く春の道に踊る風
【まどか】











流れに乗る。

成功した人たちを見ていると、
勉強が出来る・資格を取った・努力した。
と言うよりも時代の流れに乗り、一歩先を歩いた人が多い。

さらに言えば自社のピークを知り、新たな成長カーブを創りだした人たちだ。



0412


雨の中キラキラ光る春の色
【まどか】


















悩み

振り返って考えると、仕事の事で数年前に激怒したことや、
資金繰りで悩みに悩んだことが、奇妙に・・・・「なんで?悩んでいたのだろう」と。

途方もなく思えた心配事であっても、どうにか切り抜け、より有意義な今がある。

人には誇大妄想的に心配する性質がある。
物事は事実に基づき考えれば楽観視できる。
悩みが悩みたる最大の原因は、正しくその悩みを見ていないからだと分かる。


FACTFULNESS(ファクトフルネス)と言う本がいま売れている。
(10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣)
世界を正しく見る。そのためのデーターが整った世の中になってきている。

自分の頭の中だけで物事を判断しない癖をつける。
悩みと正しく付き合おう。




0411



雨音に春の道ができる朝
【まどか】






















努力賞

ビジネスの世界に努力賞は無い。結果が全て。
アウトプットが必要です。
これがビジネスの本質です。

しかし結果が全てだと言うが、誰にも負けない努力をするべき。
さらに付け加えるとするなら、
謙虚にして奢らず、反省ある日々を送る。
生きていることに感謝する。
善行、利他行を積む。
感性的な悩みをしない。

全てにおいて、人間的成長を求められる。




0410



春風が桜を運ぶ朝の道
【まどか】




















 

利他心

ビジネスの本質を考えた場合、人間として何が正しいかを問う。

何故ならばビジネスも人生の一部。
人間としての原理原則に沿って考えるべきである。



0409



桜咲く青空高く春の風
【まどか】













創造力

創造力とは、新しいものをつくりだす能力。
解答が1つだけではないような課題における思考,すなわち発散的思考の能力と関係があるとされる。

この創造力は才能だろうか?技術なのだろうか?

知能の高い人が創造性に優れているとは限らず、モノの見かたすなわち視点が重要になる。
例えば毎日街で見ているだろうと思うコンビニの看板。
セブンイレブンを例にとれば、7-ELEVEnの最後のNが小文字のnだと気が付く人は少ない。
何十回、何百回、人によっては何万回も見ているはずなのに見ていない。

創造力とは気づきだと思っています。
世間に関心を持つ。
それが創造力の根源です。

711


yjimage









知能の高い人が創造力にもすぐれているとはかぎらず,創造力は鍛えれば上達する技術です。


0408



キラキラと水面に写る春の色
【まどか】





矛盾

人生いたるところに障害がある。
この面倒な問題は気分を落ち込ませ、その人の足を止める。

しかし、人生はそもそも矛盾を抱えたもの。
その矛盾を内包しているから人が成長するために、障害という形で課題を提出する。

その課題に対して自分の意思で結果を出していくことが人としての成長なのだ。
世の成功者と言われる人は、矛盾の多い凸凹した道を歩きとおしたに多い。




0405


キラキラと水面に写る春の色
【まどか】













傲慢

謙虚になるには実は簡単なのだ。
それに対して傲慢に徹するには勇気が必要。

周りから批判を浴び、男は成長する。

ヒーローになるまでは傲慢に徹して反省してはいけない。
ハリウッド映画で謙虚なヒーローを見たことがない。

スターになるまでは傲慢でいい


0404


ちらちらと顔を上げる桜の木
【まどか】










ミョウガ(茗荷)

釈迦に周利槃特(しゅり・はんどく)と言う弟子がいた。
生来、記憶力が悪く仏道の修業も進まず、ときに自分の名前まで忘れる始末。

釈迦の名を大書して与えたところ、彼は常にそれを背負って歩いた。
彼の死後、彼の墓地に見知らぬ草が生えた。
彼が生前名を背負って歩いたことにちなみ、この草を「茗荷」と名付けたという。


周利槃特 Wikipedia


高知県産の初物が出てきましたね。
最近、物忘れがひどいのは茗荷の食べ過ぎなのかも(^^♪




0403



冬の風花見の様に通り抜け
【まどか】












反省

失敗はそのほとんどが自己満足と言う安楽椅子に座っている時にやってくる。
あっ!と気づいたときに椅子からずり落ち痛い目にあっている。

しかし最高のチャンスはその逆境の時にやってくる。

何故なら人間って基本怠け者。
失敗を経験しないと気づかない。

失敗はチャンスの訪れ!




0402



朝色に歌う鳥が春吹かせ
【まどか】













努力

一生懸命努力する。

でも努力はよくウソをつく。
しかし、無駄にはならない。

必ずしも報われるとは限らないけれども、努力はすべきである。



0401



春風にゆらゆら踊る花の色
【まどか】











過去の ブログ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード