今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

文化

人のふり見て

ロシアのことわざに
  人の失敗は許してやれ、だが自分の失敗は許すな。
  Прощай ошибки чужим, но себе никогда.

がある。

他人の行動を見て、良いところは見習い、悪いところは改めよでしょうね。
日本語では「人のふり見て我がふり直せ」です。



0623



風吹けば並べる夏を青空に
【まどか】

















恥の文化

紀州のドン・ファン事件?報道を見ていると「恐ろしいのは世間の目」だと痛切する。

多神教の日本では、神や仏の意識はそれほど強くない。
それよりも強く意識するのは世間の目。

狭い日本の中で、多くの人間の中で生活をしていかなければならないのだから、常に他人の目を意識しないわけにはいかない。
怖いのは仏さまや神様ではなく親戚・近所・他人の目です。

人に後ろ指をさされたくない、人に笑われたくない、これが日本人の行動を規範する元です。
つまり正しいとかどうかで決めるのではなく、世間がどう思うかで自分の行動を決める。
年若いモデルが、55歳年上の金持ちと結婚する。
「恥」だから周りは好き勝手なことを言うのでしょう。

正しいか正しくないかで考えれば、何ら間違ったことはしていないと思うのだが・・・・


0615


雨の後紫陽花光る曇り空
【まどか】














罪と恥

世界の国は「罪の文化」と「恥の文化」に大別されるとルース・ベネディクトは【菊と刀】で述べた。
もちろん日本は「恥の文化」に類別されて、ユダヤ・キリスト教文化が主体となる「罪の文化」と対比される。

「罪の文化」の特徴はといえば、我々日本人には理解しがたいのだが「罪」は許されるということ。
西洋の「罪の文化」では告解によって罪は救済されることに一応なっている。
つまり「罪」は救済されるが「恥」は救済出来ないということです。

然しながら「恥の文化」においては、たとえそれがどんなに悪行であっても、世間に知られない限り心配する必要はない。


日本の生活において「恥」が行動を規定する最大の軸となる。
訪日外国人が急増する現代において、恥の文化がどのように変化するのか興味深い。


0614


風吹けば草木を撫でる夏の朝
【まどか】











文化

文化とは、一錠の鎮痛剤をガラスのコップに落とした時の様子に少し似ている。
眼には見えないのだが、どういうわけか、効いているのだ。


ハンス・マグヌス・エンツェンスベルガー



0612


雲泳ぐ海が流れて溶ける夏
【まどか】




















怒ると間違いやすいのですが、恕(じょ)と読みます。

孔子が人生で一番大切なことだと説いたのが「恕」です。
其れ恕か。己の欲せざる所、人に施すこと勿(な)かれ。

人生で一番大切なこと、それは恕=おもいやり。
自分がされたくないことを人にしてはいけませんよ。
また、もっと自分を思いやる。自分を奮い立たせることも大切だと。

恕のこころで、人生前向きにとらえて行動すれば必ずよい結果につながると。
よし!今日もやるだけ。



0528

雨上がり地面に残る空のいろ
【まどか】












学ぶ

学ぶということは、覚え込むこととは全く違う。
学ぶとは、いつでも、何かが始まることで、終わることのない過程に一歩踏み込むことである。

一片の知識が学習の成果であるならば、それは何も学ばないでしまったことではないか。
学んだことの証しは、ただひとつ。
何かが変わることである。



0522


青空の海に流れる白い雲
【まどか】












続ける力

十年 偉大なり。
二十年 恐るべし。
三十年 歴史なり。
五十年 神の如し。

新卒で入社して65歳で定年。
サラリーマンは神になる手前でリタイアしてしまう。
自営業者に偉大な人が多い理由。


0511


風遊ぶ夏の香りを運ぶ空
【まどか】
















本日の逸品 南洋真珠ブレスレット







ワイン

どれだけワインに詳しくても、ソムリエにワインのことを語ってはいけない。
そんなことをしたら、ソムリエは大切なことを教えてくれなくなる。
「このワインとても美味しいですね」と話すべきなのだ。


0507

雨の匂い詰め込む雲に鳥が鳴く
【まどか】
















七施

お金は無くても、施(ほどこ)していけるものがある。

眼施(げんせ)   優しい眼差しで相手に接する。
和顔施(わげんせ) 穏やかな顔つきで人に対する。
言辞施(ごんじせ) 愛情をこめて言葉を使う。
身施(しんせ)   自分の体で奉仕する。
心施(しんせ)   ともに喜び、ともに悲しむ。
床座施(しょうざせ)座席を譲る。譲り合う。
房舎施(ぼうしゃせ)温かくおもてなしをする。

これら七つを七施(しちせ)という。



0425

















本日の逸品 準花珠真珠ネックレス 8.0mm

しんげん:箴言

人生の指針となる格言(かくげん)なる言葉がある。
また古くから人々に言い習わされた言葉に諺(ことわざ)がある。

格言も諺も聞いている分にはイイが、箴言(しんげん)になるとカチンとくる。
この箴言、またはフランス語での「マクシム」とは、辛辣な人間観察を含んだ格言にあたる。

maximにはフランス文学にある「人間は必ずズルくて騙す」というところから始まる。
どうしたら騙されないか、真実を見定められるか、そういう思考からフランスという国は成り立つ。

聞いて納得する言葉や、腑に落ちる格言は有り難いが、人間の深層心理までずかずかと踏み込んでくる箴言は妻の不倫を認める亭主の気持ちをも理解する心境にならなくては辿りつかない境地なのだろう。



0424


雨の色
見えぬ空に下がる傘
【まどか】













本日の逸品 花珠真珠ネックレス

大阪の粋

身偏(みへん)に美しいと書いて、躾(しつけ)と読みます。
この躾は漢字の国、中国にない言葉です。
不思議なことにほかの外国語にもしつけに相当する単語が無い。
(私が知らないだけかもしれないが・・・・・)

Toilet training は、トイレのしつけと訳されますが Trainingはしつけではありません。
Table manners も同様です。
ドイツ語の die Zucht は調教でしつけとは違うと感じる。
なぜなら、日本語の躾には立ち振る舞いの美しさが求められる。
身の熟し方(こなしかた)を教えるのが躾けだと感じる。

躾けが身に付き大人として円熟していくと、「粋」の領域に近づいていくのでしょう。
また、この「粋」という言葉も、江戸言葉の「いき」と、上方言葉の「すい」別れるのだが、
どちらかと言えば江戸言葉の「いき」=意気よりも、上方の「すい」に近い気がする。

この大阪の地において、粋なビジネスを極めたい。
お客様も取引先も全てが喜ぶビジネスがそこにある気がする。



Wikipedia しつけ

0329

雨音に
歌う鳥が春を告げ
【まどか】















本日の逸品 あこや真珠ネックレス


四季

桜の咲くころは人間に害になる虫は一匹もいない。

だから桜の下で寝転んでも大丈夫だ。
然しながら葉が出てくると毛虫が上から落ちてくる、地面からはムカデが這い出てくる。

自然とは不思議なものだ。


わたし達も自然で正しい経営を続けたい。


0326


曇り空
飛ぶ鳥鳴いて隠れんぼ
【まどか】
















本日の逸品 あこや真珠ピンバッジ


国民の祝日に関する法律

働き方法案の続きではないのだが、日本は祝祭日・休日が多い。
そもそも日本の祝日は平安時代の宮中祭祀として行われていたものが変化している。

今年(2018年)の土日は104日、土日に重ならない祝日・振替休日は13日、よって117日のお休みがある。
これに年末年始とお盆休み加わると年間120日以上のお休みがある。
休み過ぎだよなぁ

ということで「国民の祝日に関する法律」を少し考察してみた。

第一条 自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞつて祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける。

第二条 「国民の祝日」を次のように定める。
元日 一月一日 年のはじめを祝う。
成人の日 一月の第二月曜日 おとなになつたことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます。
建国記念の日 政令で定める日 建国をしのび、国を愛する心を養う。
春分の日 春分日 自然をたたえ、生物をいつくしむ。
昭和の日 四月二十九日 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。
憲法記念日 五月三日 日本国憲法 の施行を記念し、国の成長を期する。
みどりの日 五月四日 自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。
こどもの日 五月五日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。
海の日 七月の第三月曜日 海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。
山の日 八月十一日 山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。
敬老の日 九月の第三月曜日 多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。
秋分の日 秋分日 祖先をうやまい、なくなつた人々をしのぶ。
体育の日 十月の第二月曜日 スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。
文化の日 十一月三日 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
勤労感謝の日 十一月二十三日 勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。
天皇誕生日 十二月二十三日 天皇の誕生日を祝う。

第三条 「国民の祝日」は、休日とする。
2  「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。
3  その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。)は、休日とする。

もう少しその由来などを紐解くと・・・

元旦 1月1日「四方節」四方拝・歳旦祭
 元日の早朝、天皇陛下が一年間の豊作と無病息災を祈る「四方拝」という祭祀を行う日。
成人の日「1月第2月曜日」元服と裳着の儀
 元来は1月15日。小正月と言い、元服の儀式が執り行われていた日。
建国記念日 2月11日(正確には建国記念の日)
 戦前は「紀元節」と言われ、神武天皇(初代天皇)の即位日。
春分の日 3月20日か21日のいずれか 春季皇霊祭(しゅんきこうれいさい)
 天皇が歴代の天皇・皇后・皇親の霊を祭る儀式が行われる日。
昭和の日 4月29日 
 昭和天皇の誕生日。
憲法記念日 5月3日 
 日本国憲法が施行された日。
みどりの日 5月4日 
 もともとは、4月29日天皇誕生日が、昭和天皇が崩御されたことで「みどりの日」となったが、2007年に再び「昭和の日」と名称変更となった。そのため「みどりの日」を5月4日に移動した。
こどもの日 5月5日 端午節会
 男の子の成長を祝う「端午の節句」
海の日 7月第3月曜日
 明治天皇が汽船で行幸した日。
山の日 8月11日
 2016年から施行された一番新しい「国民の祝日」
敬老の日 9月の第3月曜日
 もともとは9月15日。
秋分の日 秋分日 9月23日、たまに9月22日
 「秋季皇霊祭」(しゅうきこうれいさい)
体育の日 10月の第2月曜日
 元は東京オリンピックの日で10月10日
文化の日 11月3日
 明治天皇の誕生日(天長節)
勤労感謝の日 11月23日 新嘗祭
 天皇が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に勧め、また自らもこれを食して、その年の収穫に感謝する。
天皇誕生日 12月23日
 平成天皇の誕生日。

これからは休日の一日を大切に過ごさせて頂きます。



0307
















不易流行

不易流行(ふえきりゅうこう)とは、晩年の松尾芭蕉が説き始めた俳句の理論。

「不易」はいつまでも変わらないこと、「流行」は時代々々に応じて変化することを意味するが、
両者は本質的に対立するものではなく、真に「流行」を得ればおのずから「不易」を生じ、
また真に「不易」に徹すればそのまま「流行」を生ずるものだと考えられている。

ビジネスの世界で不易流行を考えれば、「不易」は目的・ミッションであり「流行」は目標・手段と考えられる。

組織の柱となる【目的】ミッションは変えてはいけないもの。
【目標】手段はその時々において変化させなければならない。



0111


雪の後
冷たい風に空見上げ
【まどか】










感謝の気持ち

決してラクではないけれど、
私たちはとても価値ある時代を生きている。

戦争に巻き込まれていないし、
基本的に食べたいものを食べれて、眠りたいときに寝れる環境がある。

今の時代は先の大戦後何もなかった廃墟から、
未来を見据えて頑張ってきた先人たちの意志と知恵が土台にある。

感謝の気持ちと正しい心を次世代に伝えていく義務が私たちにある。



1212

朝の道
寒さも歩き早歩き

【まどか】













今をしっかり生きよう

座禅の要領は、
ほんのいっときでも過ぎたことは気にしない。
これから起こることも気にしない。
この二つ。

1205

雨音に
秋の足跡早歩き
【まどか】














幸せと成功

幸せと成功は違う。

幸せは自分で決める。
成功は他の人々の評価。
成功は人の役に立つことをしたから評価が出る。

だから成功を目指さなければならない。


1124

曇り空
青色覆う冬の白
【まどか】













フラットな考え方

親からもらった縦のものさしを横にする。

教え込まれた「コツコツ真面目がよい」という縦のものさしだと、
1ミリでもできたら喜んで、1ミリでもできなかったら落ち込む。
「コツコツやらずに要領がいいのはダメ」という価値観になる。

でも、このものさしを横にすると、上下(優劣)じゃなくてジャンル分けになる。
ファーブルが昆虫を観察するときは、どの虫が偉いかどうかなんて思ってなくて、違いによって分類するだけ。
そういう見方ができると、心が平穏になるよ!


0926
キラキラと
日向に集まる
人の声
【まどか】Belgium










面白い

おもしろいということは、すこし珍しいということと、
共感することの、いっしょになったものではないでしょうか。

珍しすぎると、おもしろいにならず驚きになってしまう。
共感できないものだと、おもしろいは味わえない。

それは、コンテンツとして世に問われる商品でも、まったく同じように求められているものだ。



0912
曇り空
雨の色に
染まる町
【まどか】Amsterdam














アジサイの花

今年は梅雨入り宣言をしてから好天に恵まれる皮肉が続く。

「雨は花の父母」と申しますが、
紫陽花の花を見るたび「少しぐらいは降ってくれても」と無い物ねだりをしてしまう。


今日も元気よく。
さぁやるだけ!

0614
朝の色
写す空に
雨の匂い
【まどか】




















Rain

Some people feel the rain. Others just get wet.

Bob Marley


雨を感じられる人間もいるし、ただ濡れるだけの奴らもいる。



0612
紫陽花が
顔を上げて
雨を待つ
【まどか】



















本の字

本人 本当 本物
本心 本気 本音
本番 本腰
本質 本性
本覚 本願
本の字のつくものはいい
本の字でゆこう
いつでもどこでも
何をやるにも

   みつお



0323













場所

比叡山も高野山も元は奥山
そこに徳の高い人が住み、訪う人が絶えぬ都になった。

場を作るのは人。



0517
曇り空
さす光に
夏の色















花は見えても

相田みつを美術館の館長と深くお話させていただいた。
丸の内の東京国際フォーラムB1にある美術館の館長は私と同い年。
相田みつを先生のご長男。

見た・読んだ・知っただけで、分かった気になったら駄目ですね。
一流と言われる方々の、目に見えない地道な努力には凄いものがあります。

今回お話しを聴く機会を与えられたことに深く感謝致します。
本当にありがとう!


 花を支える枝
枝を支える幹
幹を支える根
根はみえねんだ
 なあ


0515
雨の音
朝の会話に
夏の匂い
【まどか】



















インドで感じたこと

心が小さくなった時は
天を仰いで
大きく息をしよう

大宇宙の無限の力を吸引摂取しよう



0508
曇り空
穴が空いて
青空に
【まどか】



























世の中の動き

ラジオパーソナリティ一(ディスクジョッキー)が高齢化している。
選択した周波数から聞こえてくる声は、昔と変わらぬ懐かしい声。
70歳近い方がかなりいる。

理由は簡単。視聴者が高齢化しているから。


テレビも近い将来、高齢化する。




0220
キラキラと
壁に映す
朝の光
【まどか】
















一本の釘

自分が選んだただ一本の釘だけをいっしょうけんめいに叩け。

まわりに、どんなにおもしろい釘や変わった釘があらわれても、
その誘惑に乗らずに、あくまでも自分が選んだ釘を打ちつづけていくことだ。

そうしてこそ、初めて他人がまねることもできない深みにまで達しられる。


平賀亀祐




1124
朝の日を
キラキラうつす
水たまり
【まどか】












かたよらない こころ
こだわらない こころ
とらわれない こころ

ひろく ひろく
もっと ひろく

これが 般若心経
空のこころなり



薬師寺にて


1105
金木犀
ふわふわ香る
秋の色
【まどか】










「たのしい」と、「らく」はちがう。

同じ漢字なのに不思議だ。

楽しいと楽。
言葉の持つ意味を考えさせられた。

裏千家 今日庵にて




1104
キラキラと
朝日が踊る
ススキの上
【まどか】













限りのない高さ
   人間の登れる高さ

果てしのない遠さ
   人間の行ける遠さ

なんという深さか
   人間ののぞける深さ


河井寛次郎


1015
うろこ雲
冬の架け橋
作る空
【まどか】










過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ