今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

文化

本の字

本人 本当 本物
本心 本気 本音
本番 本腰
本質 本性
本覚 本願
本の字のつくものはいい
本の字でゆこう
いつでもどこでも
何をやるにも

   みつお



0323













場所

比叡山も高野山も元は奥山
そこに徳の高い人が住み、訪う人が絶えぬ都になった。

場を作るのは人。



0517
曇り空
さす光に
夏の色















花は見えても

相田みつを美術館の館長と深くお話させていただいた。
丸の内の東京国際フォーラムB1にある美術館の館長は私と同い年。
相田みつを先生のご長男。

見た・読んだ・知っただけで、分かった気になったら駄目ですね。
一流と言われる方々の、目に見えない地道な努力には凄いものがあります。

今回お話しを聴く機会を与えられたことに深く感謝致します。
本当にありがとう!


 花を支える枝
枝を支える幹
幹を支える根
根はみえねんだ
 なあ


0515
雨の音
朝の会話に
夏の匂い
【まどか】



















インドで感じたこと

心が小さくなった時は
天を仰いで
大きく息をしよう

大宇宙の無限の力を吸引摂取しよう



0508
曇り空
穴が空いて
青空に
【まどか】



























世の中の動き

ラジオパーソナリティ一(ディスクジョッキー)が高齢化している。
選択した周波数から聞こえてくる声は、昔と変わらぬ懐かしい声。
70歳近い方がかなりいる。

理由は簡単。視聴者が高齢化しているから。


テレビも近い将来、高齢化する。




0220
キラキラと
壁に映す
朝の光
【まどか】
















一本の釘

自分が選んだただ一本の釘だけをいっしょうけんめいに叩け。

まわりに、どんなにおもしろい釘や変わった釘があらわれても、
その誘惑に乗らずに、あくまでも自分が選んだ釘を打ちつづけていくことだ。

そうしてこそ、初めて他人がまねることもできない深みにまで達しられる。


平賀亀祐




1124
朝の日を
キラキラうつす
水たまり
【まどか】












かたよらない こころ
こだわらない こころ
とらわれない こころ

ひろく ひろく
もっと ひろく

これが 般若心経
空のこころなり



薬師寺にて


1105
金木犀
ふわふわ香る
秋の色
【まどか】










「たのしい」と、「らく」はちがう。

同じ漢字なのに不思議だ。

楽しいと楽。
言葉の持つ意味を考えさせられた。

裏千家 今日庵にて




1104
キラキラと
朝日が踊る
ススキの上
【まどか】













限りのない高さ
   人間の登れる高さ

果てしのない遠さ
   人間の行ける遠さ

なんという深さか
   人間ののぞける深さ


河井寛次郎


1015
うろこ雲
冬の架け橋
作る空
【まどか】










奈良の若草山の麓に古梅園の製墨販売部はある。
創業1577年だから439年前から墨を製造販売している計算になる。

93歳のご主人に家宝であるお品を触らせて頂いた。
若主人も未だに触ったことがないと、となりで微笑んでおりました。
それほど貴重なお品を拝見することができた。

古文書解説書を指す指先は、御年93歳のご主人のものです(美しいです)


1枚目の画像の下に、「ひたすら袋に仕舞い込み、家宝として代々踏襲して子孫に・・・・」と書いてあるように殆ど布を開けることは無いといいます。
墨の製造工程に膠(にかわ)を使用するのですが、ほのかに香る匂いがなんとも妖艶です。
30年前の墨と比較するとその違いは歴然でした。

貴重なお品を拝見させていただき、また歴史の重みに触れ合う機会を頂いたことに感謝致します。



IMG_3414



IMG_3413



IMG_3416



IMG_3415









過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ