今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

未来

数字を追うな

経営目標値を持たない。

持つのはミッション。
ぶれない志を抱く。

同じ意味で
「お金を追うな仕事を追え」ですね。


221


曇り空雨の後の虹乗せる
【まどか】











協力

人に協力するというのは大変なこと。

人に協力するというのは、自分に力がないと出来ないから。

もっともっと凄い人に協力できるよう努力しようと思う。




0218



鳥が揺らす木々の音に春混じる
【まどか】









艱難汝を玉にす

論語には「礼」と言う言葉がよく出てくる。
これは自分が正しくとも、話し方や立ち振る舞いには礼儀が必要だと説いている。

一生懸命努力して知識が身に付けばつくほど、俺が俺がと知識をひけらかすようになる。
そうではない。
沢山の努力をしていっぱい知識を得たならば、今度は苦労をしなければならない。
苦労が玉(人間)を磨くのだ。
若い時の苦労は買ってでもせよの本質(礼)がここにある。

Adversity makes a man wise.






0213


曇り空雨の準備に急ぐ朝
【まどか】















未来を憂いても、しょうがない。
10年前にスマホやiPhoneがここまで普及するなど予測した人はいない。
だから将来の事はだれも判らない。

過去を悔いても仕方がない。
今あるのは過去の積み重ねの結果。

だからこそ、今を大切に精いっぱい生きる。
今できることは、今しましょう。
今でしょ!今!



0207



チラチラと雪が照らす道歩く
【まどか】








変化

時代が移り変わるときに生じる犠牲を最小限にすれば、リスクはチャンスへと変化する。

わたし達の小さいころは55歳で定年だったが、今は10年延びて65歳が大半になっている。
まだまだ延びそうだ。

高齢になっても働かなければならない時代なのに、中途退職すると再就職先を見つけることが困難。
だからこそ会社員の時に、新規事業の立ち上げの知識や経験を学ばなければならない。

ライフワークは自らが設計する時代に変わってきている。




0201



雲の中冬の花を育てる空
【まどか】








声に出して読む

今日のNHK連続テレビ小説「まんぷく」では、らーめんの商品開発の前に【目標】を掲げた。
ちゃぶ台の前で、延々と悩んでこれから歩む道標(みちしるべ)を書き出した。

美味しい。
安い。
簡単に作れる。
常温保存出来て、安心安全なこと

と、書き出したノートを福ちゃんが声を出して復唱する。
これは実際のビジネスプランも同じ、紙に書きだして声に出して読む。
この単純作業が本当に大切

この基本コンセプトがあったから、
安藤百福さんは昭和33年8月25日に超ロングセラーのチキンラーメンを生み出した。


日清食品の歴史







0125




顔上げて見上げる花に冬の朝
【まどか】












有限

時間とお金は有限だ。
限りある時間とお金をどのように使うかによって人生は決まる。
そのためには、やるべきことよりも、やらなくていいことを決めるといい。

いつ死ぬかわからない自分の運命。
どうでもいいことは後回し。
限られた命(時間)を、もっと大切に使う。





0124



空の中冬を貯める朝の風
【まどか】














グッドはグレートの敵

自社の IT に力を入れて効率化を図る。
そんな会議をしていて本当にいいの?
時代は次の段階にきている。確実に。

ここ何年か、自社のシステム化や経営効率化を息苦しく感じている。
そんな人材にはチャンスが来ている。
だからどんどんチャレンジしてほしい。

時代が大きく動いている今、現状ベストは停滞を招く。
グレートな組織になるには、先見性が必要。
現状満足では時代に取り残される。

GoodはGreatの敵である




0122



冬の中顔を上げる花の色
【まどか】










今しかない

お金も自分に残された時間も有限。
限りがある。
お金が足りず、時間が足りず、うまくいかないことの方が多い。

だからこそ、己れの立てるところを深く掘れ。
そこには必ず泉あらん。




0108


寒空に冬雲浮かべ春を待つ
【まどか】














新年おめでとうございます。





0101



エルサレムの朝日 ホテルシャロームより
Rimonim Shalom Jerusalem Hotel

ありがとうございました。

仏教詩人である坂村真民は伊勢市にある旧皇學館大学の卒業生である。
大学卒業後、坂村は毎朝1時に起床し自宅近くの重信川で未明の中祈りをささげるのが日課であったという。
別名癒しの詩人とよばれている。
伊勢の地でどのような青春時代を過ごしたのだろうか?

その坂村真民の言葉で今年を締めくくりたい。

  新しい年を迎えるには、新しい心構えがなくてはならぬ。
  決してただ漫然と迎えてはならぬ。

 


来る新年が
よい年でありますようにお祈りいたします





1228


ボツワナ チョベ国立公園の夕日









後悔先立たず

今なら判る。
あの時にもう少し頑張っていたら、もっと出来ただろう。
でも、これが現実だ!
今の自分にできることを精いっぱいやるだけ。


未来の自分(3年先)から、今の自分を見る。
今の自分を褒めてやろうぜ。
そんな自分になろうぜ。


千夜一夜物語で夢を語れる癖をつける。
常に1000日の事業計画書を書き続けよう。
よし!やるだけ。



1210



朝色に写る紅葉が作る道
【まどか】








成長と恥はワンセット

恥のない成長はあり得ない。
と言う事は、恥を恐れたら成長はあり得ないと考えられる。



1201



冷たさに顔を上げる冬の花
【まどか】












お金持ちになるのに、学歴や努力したなどの苦労話は関係ない。

努力が悪いと言っているのではない。
努力したら絶対に結果が付いてくると思い込んでいることが間違い。

お金持ちになる必須条件は、成長産業にいるかどうかが大きい。
自分の会社のピークを知って、新たな成長カーブを創りだす必要がある。

波に乗る。
経営者に絶対必要な能力のひとつである。



1129



空の中秋を写す雲の色
【まどか】















澪標(みおつくし)

1970年に開かれた大阪万博。
当時わたしは中学生でした。
もう48年も前の出来事になります。

アポロ計画でアメリカが持ち帰った「月の石」を見たかったが、子供の知恵ではどのように並んだらよいのかが分からず、適当に人の少ないパビリオンを選んで悦になってました。

日本政府が再び大阪への誘致を目指す2025年の万博の開催地が、今夜(24時前後)、フランス・パリで開かれる総会で決まる。
2025年の万博には、大阪のほか、今年の夏に訪れたロシアのエカテリンブルクと、アゼルバイジャンのバクーが立候補している。
その万博誘致の決定(誘致成功)を祝おうと、知人の谷井君とグロービス経営大学院大学学長の堀さんがパーティーをしようとお誘いをいただいた。


難波潟 何にもあらず みをつくし 深き心のしるしばかりぞ
       後撰集・雑一・一一〇三 大江玉淵朝臣女

身を尽くして結果を待ちましょう。




1123


風走る空の雲に描く秋
【まどか】









徹底

ちょっとしたことを徹底してやってみよう。

まず、お客様とのお話を後でメモしてみよう。
お話をちゃんと聞く人は多いと思うがメモする人は少ない。

このちょっとした「最初の一歩」を徹底した人が凄い人になる。


会議でも、年下の社員との会話や新聞記事でもよい。
徹底してやることを習慣化した者だけが見れる風景がある。


1025


青空に飛ぶ鳥泳ぐ秋の風
【まどか】

やる気

どうしたら、やる気になれるか?

これについては何をおいても、
「一歩踏み出そう」と思う事。


まず小さな第一歩!から物語は始まる。
始めた物語が面白かったら、誰だってやる気になる。
面白くなかったらやめたら良いだけ。

まず、小さく踏み出せ!



1024


さらさらと秋の日差しに泳ぐ雲
【まどか】





情報

データ、情報、知識。
これらと知恵の間には大きな違いがある。
集めた情報は実際の現場で知恵に変え、仕事や生活に活かすことが情報の対処法である。

今の現代人の多くは、情報の海で溺れながら知識に飢えている。

より良い情報を手にし、その情報をより良い知恵に昇華させた者が勝利を手にすることが出来る。




1017



雲かぶせ空の中も衣替え
【まどか】

複雑系の社会

世の中はITの普及に便利になった。

然しながら、世の中はより複雑化している。
その結果、自分たちだけの力で出来ない事柄が多くなってきている。

どこの誰と組むかによって自社の価値を高めることが出来るかを
真剣に考える時期になった。



1016


雨上がり葉っぱが揺れる風の跡
【まどか】








マンネリ

社長業にも飽きはくる
 
課長は1年、部長は3年、役員は5年、社長は15年もやれば、たいがい飽きる。
社員の立場からみれば飽きないと思うだろうが、大企業のトップでも飽きは来る。
それをマンネリと呼ぶこともある。

それはともかく、ある程度今の仕事を続けているとマンネリになってくるのは、いまの地位が頂点でないと言う事。
もっとすべき事柄があり、目指す道があると言う事だと考える。



1012


青空に足跡残す雨雲色
【まどか】







天国と地獄

天国はどんなところ?
地獄とはどんなところ?

ふと思う。
天国も地獄もわりかし身近なところにあるのだと。

天国とは言葉を用いなくても心が通じ合う社会。
地獄とは言葉がない社会。
そして人間界は言葉を尽くして話し合う社会ではないだろうか。

わたし達は今、人間界に居る。
言葉を尽くして語り合わなければならない。
と、考える。




1009


雲集め空に広がる青い色
【まどか】











時代の作り方

安部首相の第4次内閣改造の顔ぶれが整った。
メディアは色んなことを言う。

然しながら時代は、彼らのような特権階級が創るのではない。
名もなき大衆の人たちが、時代を創る。

少数の選ばれた人にやってもらうものではないし、それに依存するという発想は、違う。

未来に目を向けた名もなき人々が結集していくプロセスによって時代が創られる。
商売人はそれ(ミッション)を核にビジネスプランを考える。


1003


秋晴れに泳ぐ雲の船浮かべ
【まどか】






















若いうちは若者らしく、年をとったら年寄りらしくすればよい。

現状に無理にあらがわずに、また屈することなく向き合う姿勢は変わらない。


0918


雨模様水玉写す朝の色
【まどか】


























きせき

「愛のきせき」と耳で聞いて、浮かぶ漢字のイメージが面白い。

若い時は「愛の奇跡」を信じているのか軌跡を思い浮かべる。
年齢を重ねると「愛の軌跡」で、自分たちが歩んできた道程を思い浮かべる人が多いようだ。

幼少のころ交通事故で意識不明になり、ほぼ回復の見込みはないと医者から宣告されて、
それでも半年に及ぶ入院生活で、いまは不自由なく生活できている。

本当に、この歳まで生きてきたのは奇跡であり、本当に感謝している。
たいした軌跡でもないが、今年も伊勢神宮に感謝の言葉を述べさせていただきました。




0801



夏空に蝉の声が響く朝
【まどか】


















ロシア

サッカーワールドカップ応援でロシアに来てます。
今からセネガル戦のエカテリンブルグに向かいます。

これからの2週間は更新が不定期なります。


0622


草揺らし雲の鍵盤雨歌う
【まどか】












時を越えた美しさの秘密

オードリー・ヘップバーンが、亡くなる数日前に息子たちに読んで聞かせたという詩。
ビジネスとして考えても、大切な要素がたくさん詰まっている。


"Time Tested Beauty Tips"
Sam Leveson

魅力的な唇であるためには、美しい言葉を使いなさい。
For attractive lips, speak words of kindness.

愛らしい瞳であるためには、他人の美点を探しなさい。
For lovely eyes, seek out the good in people.

スリムな体であるためには、飢えた人々と食べ物を分かち合いなさい。
For a slim figure, share your food with the hungry.

豊かな髪であるためには、一日に一度子供の指で梳いてもらいなさい。
For beautiful hair, let a child run his fingers through it once a day.

美しい身のこなしのためには、決してひとりで歩むことがないと知ることです。
For poise, walk with the knowledge you'll never walk alone ...

物は壊れれば復元できませんが、人は転べば立ち上がり、失敗すればやり直し、挫折すれば再起し、間違えれば矯正し、
People, even more than things, have to be restored, renewed, revived,

何度でも再出発することができます。
reclaimed and redeemed and redeemed ...

誰も決して見捨ててはいけません。
Never throw out anybody.

人生に迷い、助けて欲しいとき、いつもあなたの手のちょっと先に助けてくれる手がさしのべられていることを、忘れないで下さい。
Remember, if you ever need a helping hand,
you'll find one at the end of your arm.

年をとると、人は自分にふたつの手があることに気づきます。
As you grow older you will discover that you have two hands.

ひとつの手は、自分自身を助けるため、
もうひとつの手は他者を助けるために。
One for helping yourself, the other for helping others.

女性の美しさは 身にまとう服にあるのではなく、
The beauty of a woman is not in the clothes she wears,

その容姿でもなく、髪を梳くしぐさにあるのでもありません。
the figure that she carries, or the way she combs her hair.

女性の美しさは、その人の瞳の奥にあるはずです。
The beauty of a woman must be seen from in her eyes,

そこは心の入り口であり、愛情のやどる場所でもあるからです。
because that is the doorway to her heart,

女性の美しさは、顔のほくろなどに影響されるものではなく、
The beauty of a woman is not in a facial mole,

その本当の美しさは その人の精神に反映されるものなのです。
but true beauty in a woman is reflected in her soul.

それは心のこもった思いやりの気持ちであり、時として見せる情熱であり、
It is the caring that she lovingly gives, the passion that she shows,

その美しさは、年を追うごとに磨かれていくものなのです。
and the beauty of a woman with passing years only grows!




0618



空の色写す地面に鳥映る
【まどか】















人生の第二章

2018年は私にとってチャレンジの年なので、こだわりを外しにいってみた。

1個プライドを捨て、1個こだわりを外す。

「絶対ヤダ」とか「絶対無理」と思っていたことに挑戦すると何かがきっと起こるはず。
よし!やるだけ。




0525


キラキラと肌を走る夏の光
【まどか】















イノベーション

イノベーションが企業間競争のカギだと言われて久しい。
今日ではイノベーションを経営課題の一つとして掲げでいない会社はほどんどないのではないかと思われるぐらいですが、
一方で「イノベーションが競争の鍵だ」ということを誰もが言うようになったということは、
つまりすでにイノベーションは競争の鍵ではない、ということでもある。

本質的なことを申し上げれば、企業は他社との差別化をもって戦略を構築していく。
その為に我々は何を選択するべきか。
IT・イノベーション、次に何を持ってこようか?



0521

雨粒が踊る朝に光る道
【まどか】




















過去から未来が生まれる。

「他人がどう思うかではない。自分がどう生きたかだ。」

不思議な言葉だ。
「どう生きるか」未来形ではなく「生きたか」と過去形になっている。

人の一生などあっという間だと若い時から言われ続けてきた。
今になって本当にあっという間だと実感出来るが、振り返ってみれば「過去形」の考え方を身につけてから人生が変わった。

自分の人生だから、人様に迷惑をかけない事であれば情熱を持ってやりたいことをトコトンやり抜き、後悔しない生き方をしたい。
そして、そのためには人をだましたりせず、誰に対してもやましいことなく正々堂々と生きる。
昔の道徳の本に書かれていたような王道な生き方がある。

たった一度の人生を悔いなく生きるためには、他人からどう思われようと関係ない、自分に正直でさえあれば良い。



0514

風遊ぶ枝の先に夏が見え
【まどか】


















本日の逸品 南洋真珠ブレスレット


戦没者追悼

物で栄えて心で滅ぶ。

家であれ国であれ、過去のお蔭さまを忘れて栄えたためしはない。
各々のイデオロギーはさて置き、先人たちへの感謝から入らなければ浮かばれぬ魂もあると思う。
批判・批評の前にまず「ありがとうございます」と頭を下げよう。



0509

雲並べ
雨を溜め込む空の上
【まどか】















本日の逸品 あこや真珠ネックレス 8.5mm〜9.0mm


過去の ブログ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
お薦め書籍