今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

未来

読書

脳みそは新体験が大好きだそうだ。
その入り口として「本」以上に気楽なものはないと思う。

自分のペースで読め、中断も再開も簡単。
忙しい日々の合間、気の向いた時に本と遊んでほしい。

そして体(五感)が、新しいことを求めたら旅に出ればいい。
本は人生を豊かにしてくれる入口だ。




0521




雲並べ春の絵を描く朝の空
【まどか】










ワクワク

わくわくすることは同時に怖いこと。
だからドキドキする。

しかし怖さの向こうに飛び込んでみるとなんとかなってしまう。
嬉しくなってもっとやりたいと思ってしまう。

怖がらず、もっともっとワクワクを楽しもうよ。




0418



桜道葉っぱが揺れて朝描く
【まどか】










幼児教育

幼い時にこそ、あえて難しい学問を学んだほうが良い。
少し胸に手を当てて考えればよい。

自分たちに置き換えていえば「成熟したいま、難しいことを学ぼうとするかい?」

会社も同じ。
難しい課題に挑戦するならば創業したての頃が良い。
資金・人脈・経験・・・・すべてが乏しいが、逆にいえば可能性は無限大なのだ。

大人(経験者)の先入観ほど子供の可能性を潰す毒はない。




0417



風走る春を巻き上げ朝の道
【まどか】















努力

一生懸命努力する。

でも努力はよくウソをつく。
しかし、無駄にはならない。

必ずしも報われるとは限らないけれども、努力はすべきである。



0401



春風にゆらゆら踊る花の色
【まどか】











まずやる。

悩んでいる。
真剣に悩んでいる。

苦しんでいる。
真剣に苦しんでいる。

この先のことが判らないから怖いんだよね。

しかし、人生に失敗などない。
もし失敗があるとしたら、それを怖がって何もしない事だ。

人生なんてなるようにしかならん。
やってみなはれ!

【癖付け】
まずやる。
すぐやる。
後で直す。



0326



曇り空花が揺れて春の匂い
【まどか】












大連

中国の大連に来ている。
北朝鮮までバスで4時間足らずの立地だ。

ベトナムの地でトランプ大統領と金正恩主席との会談が物別れになり、ただの観光になってしまったが魅力的な街だ。

今回、大連行きを申し込んだのは米朝会談が発表されてすぐ。
経済制裁解除となれば北朝鮮へのルートは大連からが一番動きやすいと考えた。

その昔この地に満州鉄道の本社や映画会社があった。
先人たちの足跡を辿り北の大地の可能性を探ってみたい。



0318
雲割って朝の光が覗く空
【まどか】








仕事の変化

IT・ICT技術の進歩に伴い、多くの管理・監督業務が無用になる。
指示に従うことが重要な資質だと見なされていた時代と比べ、
現在のハイテクの職場ではパースナル・イニシアティヴが非常に重要視されています。

これまでの私たち職場では、
「言われたことしかやらない人」
さらには、「言われたことをやらない人」でも、何とかやっていくことが出来た。

然しながらこれからの組織は、より少ない人員でより多くの仕事をすること。
やるべきことを判断して実行することを求められます。

誰かに言われるまで待っていてはいけません。
やらなければならないことを予測しそれを実行できるようになるために、
自分の会社や仕事のことをよく知りましょう。

ボーと仕事していちゃチコちゃんに叱られるぞ。






0315


雨雲が集まる空に鳥隠れ
【まどか】










努力

努力を「しんどいもの・つらいもの」と思っていると続かない。
誰だって長い時間を苦労し続けたいと思わないもの。

努力 = しんどいこと。だと思っていないかい?
やるべきことなら同じことなのに、わざわざ努力を「つらいこと・苦しいこと」と思い描かなくて良いと思う。
そりゃ努力することは、面倒だし、続けていれば愚痴も出るだろう。
でもやらなきゃならんことはやったほうがよいと思うよ。

軽く考えればいい。
誰でも一日には一食ぐらいご飯を食べるだろうし、何時間か前に「今日は何を食べようかな?」と考え、美味しいものを食べる努力をする。
そこには、しんどい努力は無くて当たり前の努力がある。
(でも、世界中の中には、その食の行為に対してもしんどい努力の人が必ずいる)

呼吸することだって同じだよね。
当たり前に空気を吸って吐き出す。
そこには当たり前の行為を無意識にしているだけだ。
(当然ここにも必死で苦労して呼吸している人が必ず存在している。高地に住んでいる人々とかね)

何かをし続ける努力は当たり前の意識を抱くこと。
そして正しい努力を続ける事。
その先には正しい結果が待っている。

さあ今日も笑顔で会社や学校に行きなさい。




0225


雪遊ぶ朝の道に踊る足
【まどか】


















数字を追うな

経営目標値を持たない。

持つのはミッション。
ぶれない志を抱く。

同じ意味で
「お金を追うな仕事を追え」ですね。


221


曇り空雨の後の虹乗せる
【まどか】











協力

人に協力するというのは大変なこと。

人に協力するというのは、自分に力がないと出来ないから。

もっともっと凄い人に協力できるよう努力しようと思う。




0218



鳥が揺らす木々の音に春混じる
【まどか】









艱難汝を玉にす

論語には「礼」と言う言葉がよく出てくる。
これは自分が正しくとも、話し方や立ち振る舞いには礼儀が必要だと説いている。

一生懸命努力して知識が身に付けばつくほど、俺が俺がと知識をひけらかすようになる。
そうではない。
沢山の努力をしていっぱい知識を得たならば、今度は苦労をしなければならない。
苦労が玉(人間)を磨くのだ。
若い時の苦労は買ってでもせよの本質(礼)がここにある。

Adversity makes a man wise.






0213


曇り空雨の準備に急ぐ朝
【まどか】















未来を憂いても、しょうがない。
10年前にスマホやiPhoneがここまで普及するなど予測した人はいない。
だから将来の事はだれも判らない。

過去を悔いても仕方がない。
今あるのは過去の積み重ねの結果。

だからこそ、今を大切に精いっぱい生きる。
今できることは、今しましょう。
今でしょ!今!



0207



チラチラと雪が照らす道歩く
【まどか】








変化

時代が移り変わるときに生じる犠牲を最小限にすれば、リスクはチャンスへと変化する。

わたし達の小さいころは55歳で定年だったが、今は10年延びて65歳が大半になっている。
まだまだ延びそうだ。

高齢になっても働かなければならない時代なのに、中途退職すると再就職先を見つけることが困難。
だからこそ会社員の時に、新規事業の立ち上げの知識や経験を学ばなければならない。

ライフワークは自らが設計する時代に変わってきている。




0201



雲の中冬の花を育てる空
【まどか】








声に出して読む

今日のNHK連続テレビ小説「まんぷく」では、らーめんの商品開発の前に【目標】を掲げた。
ちゃぶ台の前で、延々と悩んでこれから歩む道標(みちしるべ)を書き出した。

美味しい。
安い。
簡単に作れる。
常温保存出来て、安心安全なこと

と、書き出したノートを福ちゃんが声を出して復唱する。
これは実際のビジネスプランも同じ、紙に書きだして声に出して読む。
この単純作業が本当に大切

この基本コンセプトがあったから、
安藤百福さんは昭和33年8月25日に超ロングセラーのチキンラーメンを生み出した。


日清食品の歴史







0125




顔上げて見上げる花に冬の朝
【まどか】












有限

時間とお金は有限だ。
限りある時間とお金をどのように使うかによって人生は決まる。
そのためには、やるべきことよりも、やらなくていいことを決めるといい。

いつ死ぬかわからない自分の運命。
どうでもいいことは後回し。
限られた命(時間)を、もっと大切に使う。





0124



空の中冬を貯める朝の風
【まどか】














グッドはグレートの敵

自社の IT に力を入れて効率化を図る。
そんな会議をしていて本当にいいの?
時代は次の段階にきている。確実に。

ここ何年か、自社のシステム化や経営効率化を息苦しく感じている。
そんな人材にはチャンスが来ている。
だからどんどんチャレンジしてほしい。

時代が大きく動いている今、現状ベストは停滞を招く。
グレートな組織になるには、先見性が必要。
現状満足では時代に取り残される。

GoodはGreatの敵である




0122



冬の中顔を上げる花の色
【まどか】










今しかない

お金も自分に残された時間も有限。
限りがある。
お金が足りず、時間が足りず、うまくいかないことの方が多い。

だからこそ、己れの立てるところを深く掘れ。
そこには必ず泉あらん。




0108


寒空に冬雲浮かべ春を待つ
【まどか】














新年おめでとうございます。





0101



エルサレムの朝日 ホテルシャロームより
Rimonim Shalom Jerusalem Hotel

ありがとうございました。

仏教詩人である坂村真民は伊勢市にある旧皇學館大学の卒業生である。
大学卒業後、坂村は毎朝1時に起床し自宅近くの重信川で未明の中祈りをささげるのが日課であったという。
別名癒しの詩人とよばれている。
伊勢の地でどのような青春時代を過ごしたのだろうか?

その坂村真民の言葉で今年を締めくくりたい。

  新しい年を迎えるには、新しい心構えがなくてはならぬ。
  決してただ漫然と迎えてはならぬ。

 


来る新年が
よい年でありますようにお祈りいたします





1228


ボツワナ チョベ国立公園の夕日









後悔先立たず

今なら判る。
あの時にもう少し頑張っていたら、もっと出来ただろう。
でも、これが現実だ!
今の自分にできることを精いっぱいやるだけ。


未来の自分(3年先)から、今の自分を見る。
今の自分を褒めてやろうぜ。
そんな自分になろうぜ。


千夜一夜物語で夢を語れる癖をつける。
常に1000日の事業計画書を書き続けよう。
よし!やるだけ。



1210



朝色に写る紅葉が作る道
【まどか】








成長と恥はワンセット

恥のない成長はあり得ない。
と言う事は、恥を恐れたら成長はあり得ないと考えられる。



1201



冷たさに顔を上げる冬の花
【まどか】












お金持ちになるのに、学歴や努力したなどの苦労話は関係ない。

努力が悪いと言っているのではない。
努力したら絶対に結果が付いてくると思い込んでいることが間違い。

お金持ちになる必須条件は、成長産業にいるかどうかが大きい。
自分の会社のピークを知って、新たな成長カーブを創りだす必要がある。

波に乗る。
経営者に絶対必要な能力のひとつである。



1129



空の中秋を写す雲の色
【まどか】















澪標(みおつくし)

1970年に開かれた大阪万博。
当時わたしは中学生でした。
もう48年も前の出来事になります。

アポロ計画でアメリカが持ち帰った「月の石」を見たかったが、子供の知恵ではどのように並んだらよいのかが分からず、適当に人の少ないパビリオンを選んで悦になってました。

日本政府が再び大阪への誘致を目指す2025年の万博の開催地が、今夜(24時前後)、フランス・パリで開かれる総会で決まる。
2025年の万博には、大阪のほか、今年の夏に訪れたロシアのエカテリンブルクと、アゼルバイジャンのバクーが立候補している。
その万博誘致の決定(誘致成功)を祝おうと、知人の谷井君とグロービス経営大学院大学学長の堀さんがパーティーをしようとお誘いをいただいた。


難波潟 何にもあらず みをつくし 深き心のしるしばかりぞ
       後撰集・雑一・一一〇三 大江玉淵朝臣女

身を尽くして結果を待ちましょう。




1123


風走る空の雲に描く秋
【まどか】









徹底

ちょっとしたことを徹底してやってみよう。

まず、お客様とのお話を後でメモしてみよう。
お話をちゃんと聞く人は多いと思うがメモする人は少ない。

このちょっとした「最初の一歩」を徹底した人が凄い人になる。


会議でも、年下の社員との会話や新聞記事でもよい。
徹底してやることを習慣化した者だけが見れる風景がある。


1025


青空に飛ぶ鳥泳ぐ秋の風
【まどか】

やる気

どうしたら、やる気になれるか?

これについては何をおいても、
「一歩踏み出そう」と思う事。


まず小さな第一歩!から物語は始まる。
始めた物語が面白かったら、誰だってやる気になる。
面白くなかったらやめたら良いだけ。

まず、小さく踏み出せ!



1024


さらさらと秋の日差しに泳ぐ雲
【まどか】





情報

データ、情報、知識。
これらと知恵の間には大きな違いがある。
集めた情報は実際の現場で知恵に変え、仕事や生活に活かすことが情報の対処法である。

今の現代人の多くは、情報の海で溺れながら知識に飢えている。

より良い情報を手にし、その情報をより良い知恵に昇華させた者が勝利を手にすることが出来る。




1017



雲かぶせ空の中も衣替え
【まどか】

複雑系の社会

世の中はITの普及に便利になった。

然しながら、世の中はより複雑化している。
その結果、自分たちだけの力で出来ない事柄が多くなってきている。

どこの誰と組むかによって自社の価値を高めることが出来るかを
真剣に考える時期になった。



1016


雨上がり葉っぱが揺れる風の跡
【まどか】








マンネリ

社長業にも飽きはくる
 
課長は1年、部長は3年、役員は5年、社長は15年もやれば、たいがい飽きる。
社員の立場からみれば飽きないと思うだろうが、大企業のトップでも飽きは来る。
それをマンネリと呼ぶこともある。

それはともかく、ある程度今の仕事を続けているとマンネリになってくるのは、いまの地位が頂点でないと言う事。
もっとすべき事柄があり、目指す道があると言う事だと考える。



1012


青空に足跡残す雨雲色
【まどか】







天国と地獄

天国はどんなところ?
地獄とはどんなところ?

ふと思う。
天国も地獄もわりかし身近なところにあるのだと。

天国とは言葉を用いなくても心が通じ合う社会。
地獄とは言葉がない社会。
そして人間界は言葉を尽くして話し合う社会ではないだろうか。

わたし達は今、人間界に居る。
言葉を尽くして語り合わなければならない。
と、考える。




1009


雲集め空に広がる青い色
【まどか】











時代の作り方

安部首相の第4次内閣改造の顔ぶれが整った。
メディアは色んなことを言う。

然しながら時代は、彼らのような特権階級が創るのではない。
名もなき大衆の人たちが、時代を創る。

少数の選ばれた人にやってもらうものではないし、それに依存するという発想は、違う。

未来に目を向けた名もなき人々が結集していくプロセスによって時代が創られる。
商売人はそれ(ミッション)を核にビジネスプランを考える。


1003


秋晴れに泳ぐ雲の船浮かべ
【まどか】






















過去の ブログ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
お薦め書籍