今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

未来

若いうちは若者らしく、年をとったら年寄りらしくすればよい。

現状に無理にあらがわずに、また屈することなく向き合う姿勢は変わらない。


0918


雨模様水玉写す朝の色
【まどか】


























きせき

「愛のきせき」と耳で聞いて、浮かぶ漢字のイメージが面白い。

若い時は「愛の奇跡」を信じているのか軌跡を思い浮かべる。
年齢を重ねると「愛の軌跡」で、自分たちが歩んできた道程を思い浮かべる人が多いようだ。

幼少のころ交通事故で意識不明になり、ほぼ回復の見込みはないと医者から宣告されて、
それでも半年に及ぶ入院生活で、いまは不自由なく生活できている。

本当に、この歳まで生きてきたのは奇跡であり、本当に感謝している。
たいした軌跡でもないが、今年も伊勢神宮に感謝の言葉を述べさせていただきました。




0801



夏空に蝉の声が響く朝
【まどか】


















ロシア

サッカーワールドカップ応援でロシアに来てます。
今からセネガル戦のエカテリンブルグに向かいます。

これからの2週間は更新が不定期なります。


0622


草揺らし雲の鍵盤雨歌う
【まどか】












時を越えた美しさの秘密

オードリー・ヘップバーンが、亡くなる数日前に息子たちに読んで聞かせたという詩。
ビジネスとして考えても、大切な要素がたくさん詰まっている。


"Time Tested Beauty Tips"
Sam Leveson

魅力的な唇であるためには、美しい言葉を使いなさい。
For attractive lips, speak words of kindness.

愛らしい瞳であるためには、他人の美点を探しなさい。
For lovely eyes, seek out the good in people.

スリムな体であるためには、飢えた人々と食べ物を分かち合いなさい。
For a slim figure, share your food with the hungry.

豊かな髪であるためには、一日に一度子供の指で梳いてもらいなさい。
For beautiful hair, let a child run his fingers through it once a day.

美しい身のこなしのためには、決してひとりで歩むことがないと知ることです。
For poise, walk with the knowledge you'll never walk alone ...

物は壊れれば復元できませんが、人は転べば立ち上がり、失敗すればやり直し、挫折すれば再起し、間違えれば矯正し、
People, even more than things, have to be restored, renewed, revived,

何度でも再出発することができます。
reclaimed and redeemed and redeemed ...

誰も決して見捨ててはいけません。
Never throw out anybody.

人生に迷い、助けて欲しいとき、いつもあなたの手のちょっと先に助けてくれる手がさしのべられていることを、忘れないで下さい。
Remember, if you ever need a helping hand,
you'll find one at the end of your arm.

年をとると、人は自分にふたつの手があることに気づきます。
As you grow older you will discover that you have two hands.

ひとつの手は、自分自身を助けるため、
もうひとつの手は他者を助けるために。
One for helping yourself, the other for helping others.

女性の美しさは 身にまとう服にあるのではなく、
The beauty of a woman is not in the clothes she wears,

その容姿でもなく、髪を梳くしぐさにあるのでもありません。
the figure that she carries, or the way she combs her hair.

女性の美しさは、その人の瞳の奥にあるはずです。
The beauty of a woman must be seen from in her eyes,

そこは心の入り口であり、愛情のやどる場所でもあるからです。
because that is the doorway to her heart,

女性の美しさは、顔のほくろなどに影響されるものではなく、
The beauty of a woman is not in a facial mole,

その本当の美しさは その人の精神に反映されるものなのです。
but true beauty in a woman is reflected in her soul.

それは心のこもった思いやりの気持ちであり、時として見せる情熱であり、
It is the caring that she lovingly gives, the passion that she shows,

その美しさは、年を追うごとに磨かれていくものなのです。
and the beauty of a woman with passing years only grows!




0618



空の色写す地面に鳥映る
【まどか】















人生の第二章

2018年は私にとってチャレンジの年なので、こだわりを外しにいってみた。

1個プライドを捨て、1個こだわりを外す。

「絶対ヤダ」とか「絶対無理」と思っていたことに挑戦すると何かがきっと起こるはず。
よし!やるだけ。




0525


キラキラと肌を走る夏の光
【まどか】















イノベーション

イノベーションが企業間競争のカギだと言われて久しい。
今日ではイノベーションを経営課題の一つとして掲げでいない会社はほどんどないのではないかと思われるぐらいですが、
一方で「イノベーションが競争の鍵だ」ということを誰もが言うようになったということは、
つまりすでにイノベーションは競争の鍵ではない、ということでもある。

本質的なことを申し上げれば、企業は他社との差別化をもって戦略を構築していく。
その為に我々は何を選択するべきか。
IT・イノベーション、次に何を持ってこようか?



0521

雨粒が踊る朝に光る道
【まどか】




















過去から未来が生まれる。

「他人がどう思うかではない。自分がどう生きたかだ。」

不思議な言葉だ。
「どう生きるか」未来形ではなく「生きたか」と過去形になっている。

人の一生などあっという間だと若い時から言われ続けてきた。
今になって本当にあっという間だと実感出来るが、振り返ってみれば「過去形」の考え方を身につけてから人生が変わった。

自分の人生だから、人様に迷惑をかけない事であれば情熱を持ってやりたいことをトコトンやり抜き、後悔しない生き方をしたい。
そして、そのためには人をだましたりせず、誰に対してもやましいことなく正々堂々と生きる。
昔の道徳の本に書かれていたような王道な生き方がある。

たった一度の人生を悔いなく生きるためには、他人からどう思われようと関係ない、自分に正直でさえあれば良い。



0514

風遊ぶ枝の先に夏が見え
【まどか】


















本日の逸品 南洋真珠ブレスレット


戦没者追悼

物で栄えて心で滅ぶ。

家であれ国であれ、過去のお蔭さまを忘れて栄えたためしはない。
各々のイデオロギーはさて置き、先人たちへの感謝から入らなければ浮かばれぬ魂もあると思う。
批判・批評の前にまず「ありがとうございます」と頭を下げよう。



0509

雲並べ
雨を溜め込む空の上
【まどか】















本日の逸品 あこや真珠ネックレス 8.5mm〜9.0mm


AIの未来

人類は物事を早く進められるようになったが、その結果自分自身を孤立させた。
豊かさをもたらした機械のお陰で、もっと欲しがるようになった。
知識によって人は懐疑的になり、知恵によってかたくなで不親切になった。

考え過ぎる一方で、感情的になることは少ない。
機械よりも人間性が必要なのだ。
知恵よりも、親切と優しさがほしい。

でなければ、人生には暴力だけが残ってしまう。


チャールズ・スペンサー・チャップリン
独裁者  1940年公開 ユダヤ人の床屋さんの演説
We have developed speed but we have shut ourselves in: machinery that gives abundance has left us in want.
Our knowledge has made us cynical, our cleverness hard and unkind.
We think too much and feel too little: More than machinery we need humanity; More than cleverness we need kindness and gentleness.
Without these qualities, life will be violent and all will be lost.



0427


さらさらと一気に色付く春の色
【まどか】















本日の逸品 準花珠真珠ネックレス


働き方改革

日本政府が提唱する働き方改革とは、
「一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ。
 多様な働き方を可能とするとともに、中間層の厚みを増しつつ、格差の固定化を回避し、
 成長と分配の好循環を実現するため、働く人の立場・視点で取り組んでいきます。」
とのことだそうです。

でも、なんのこっちゃ?
新聞をはじめとするメディアが盛んに伝え聞くのとはちょっと違う。
彼らが伝えようとしているのは、実行する際に問題となる3つの課題の方です。

  長時間労働
  非正規と正社員の格差
  労働人口不足(高齢者の就労促進)

働き方改革の趣旨は、課題最後の労働人口の減少。
  2013年に8000万人だった労働人口が、
  2027年には7000万人
  2051年には5000万人を割り、
  2060年には4418万人となる見込みです。

そのために、
  働き手を増やす
  出生率の上昇
  労働生産性の向上
に取り組むというのが「働き方改革」の概要です。

左翼系の新聞では長時間労働を過分に取り上げ、過労死や自殺による「労働=悪」の論調が多くて見るに堪えない状態です。
変な事を盛んに書くから、大切な物事の本質はどんどん離れてしまう。
しかし働き改革によってこれから多くの会社が、残業のない正規時間労働を推進していくと考えます。要するに労働時間の短縮ですね。

ここで大切なことは、ボーとした時間が増えるのではなく、成果を出す為の下調べや勉強に充てるための時間を作りなさいねって事。
これからの世の中は勉強の自己管理が必要となり、より成果型の社会になっていきます。

新聞をはじめとするメディアは、社会を不安に陥れて自分たちの情報価値を上げてきた経緯があります。
何か微妙な論調記事で違う方法に持っていく習性がある。
新聞に書いてあるからって鵜呑みにしない、客観的思考を持つようにしたいですね。




0417

曇り空1つ咲いた桜の花
【まどか】













本日の逸品 準花珠真珠ネックレス







寄り添う

病院に行って注射を受ける時って幾つになっても怖い。

おぼろげな記憶だど、その時分は「痛いけど我慢しよう。痛いのはチクッと一瞬」と言われていた気がする。
いま病室から聞こえてくる声は「痛いね、痛いよね、怖いよね」に変化している。

ここは病気を治す場所から、患者の気持ちに寄り添う場所になっている。
私は気がつかなかっただけなのだが、世の中は常に進化している。




0412

水たまり桜を乗せて空見上げ
【まどか】















本日の逸品 




時代の変化

1995年は一つの時代が動いた年と言える。
1月17日に阪神大震災が神戸を中心に関西を襲った、私も個人的に甚大な負債を抱えてしまった。
3月20日に地下鉄サリン事件が東京都内を混乱に陥れ、11月23日の勤労感謝の日にWidows 95日本版が発売発売されコンピューターの時代が始まった。

この1995年を境に日本は大きく動く。

1997年11月に山一證券、三洋証券、北海道拓殖銀行と立て続けに潰れ、翌年には長銀も経営破綻してしまう。
絶対潰れないと言われていた、東証一部の大企業や金融機関が倒産する時代に突入した。

あれから20有余年、ジェットコースターのように時代は激しく変化したと思ったが、日本にGDPは500兆円を少し超えただけで殆ど変化をしていない。
中国は約20倍、インドは6倍、アメリカやドイツも2倍以上の成長をしている。
先進国で唯一経済的に成長しきれなかったのは日本だけだった。

この20年で何が変わって、何が変わらなかったのだろうか?
なぜ変わらなかったのだろうか?

いま私たちが生きているこの2018年は1995年当時の匂いと似通っている気がする。
大きな変化の予兆であることは確かだが、AIなのかIPS細胞なのか、まだ知り得ていない何なのか分からないが日本のターニングポイントである気がする。

2020年は大きく世界経済が動くと言われて久しいが前兆なのだろうか。
再び時代の変化に立ち会える幸運に感謝したい。



0411


ゆらゆらと揺れる花びら春扇ぐ
【まどか】













本日の逸品 バロックあこや真珠ネックレス

挑戦

現実の仕事において、新しいことに挑戦する際には大きな不安を伴う。
しかしそれを乗り越えて初めて得られるものもある。

挑戦はまた、多くの敵を作る。

新しい事業は自分の思いを世に問う場だが、好評で迎えられることは殆どなく、
多くの場合批判の目にさらされる。

しかし批評の場にみずからを置くことで自分を見直すことが出来る。
その経験は後々までの大きな力となる。

よし!やるだけ。


0406

桜道通る度に晴れ願い
【まどか】












本日の逸品 小粒のあこや黒真珠ネックレス

言葉

「日本の未来を考えると不安になる」

そんな言葉をつかう奴が私の周りにも結構いる。
そして、不安な言葉をつかうメンバーが集まり、大多数を占めると大変なことになる。
場の空気が「日本ダメだね」の気で覆われてしまうのだ。

面白いもので、わたしは「今の若い奴は凄い」と思っている部分があって、日本の未来にワクワクしている。
そうすると違和感からか弾き出されてしまうのだ。

要は「〇〇はダメだよね」と言っていたら、ダメだと思う人と集うことになる。
一方、「〇〇凄いね。楽しみだね」と言っていれば、そのように言っている人と集うことになる。

自分の幸せは自分で作るってのは、こんなとこなんだろうとおもう。




0404

風纏う桜の花びら春告て
【まどか】














本日の逸品 てんとう虫のピンバッジ


四季

桜の咲くころは人間に害になる虫は一匹もいない。

だから桜の下で寝転んでも大丈夫だ。
然しながら葉が出てくると毛虫が上から落ちてくる、地面からはムカデが這い出てくる。

自然とは不思議なものだ。


わたし達も自然で正しい経営を続けたい。


0326


曇り空
飛ぶ鳥鳴いて隠れんぼ
【まどか】
















本日の逸品 あこや真珠ピンバッジ


贈る言葉

口答えの数だけ自分が劣化していく
肯定の数だけが今を生きていく

誰も驕らない
一人も驕らない
満足していないじゃない
もっと大きな天を見つめられる仲間は
あなたの意識しだいでいつでも近くにいたのにと

失って後悔するような落ちた人間になったら
おもいっきり笑われながら
バカにされながらでも
もう一度歯を食いしばって非を是としない
立ち上がる自分であれ




0308

風の中
春の日向を探す影
【まどか】














本日の逸品 最高級花珠真珠ネックレス



罪と罰

いま国会では、働く人の視点に立ち、企業文化、ライフスタイル、働き方を抜本的に変革させようと議論している。
  働き方改革 厚生労働省
基本的には来るべき労働人口減少に対応するための法整備だが、どうしても長時間労働の呪縛が顔を出す。
つらい・苦しい。休めない。ノルマが・・・その向こうに見える「過労死」。
短絡的にメディアが見出しで使う。労働は悪である・・・と。

然しながら日本人にとって働くとは本来「はたをらくにする」ことであり、喜びででもあった。
これに対し、基本的に欧米をはじめ大多数の国々は「労働は悪である」定義が成り立っている。
これは一つには旧約聖書の中にあるアダムとイブとの話から引用できる。

エデンの園で禁断の木の実を食べてしまったアダムとイブは、エデンの園を追放され神に罰を与えられた。
それがアダムは自分でパンを得る苦しみ(労働)
イブは子供を産む苦しみ(出産の陣痛)
すなわち労働とは罰との考えが基本にある。

よって近代の刑法に基づく【懲罰】は労働が組み込まれている。

これに対して日本の懲罰は江戸時代では全く反対で、
罪を犯したならば、遠島(島流し)、閉門蟄居など「働いてはいけない」という罰し方でした。
傍が喜ぶ(はたがよろこぶ)ようなことをしてはいけないと。
この一例を見ても勤労勤勉は日本の文化といえます。
労働に対する基本的な考え方(文化)が欧米とは全く違うんですね。

残業はダメ、長時間労働は厳禁、週40時間を超えてはいけない。
駄目駄目駄目と連呼されると【罰】を受けている気分になるのは私だけなのだろうか。
もっと伸び伸びと、うんと働きたい!
だって気持ちよく働くって、心が本当に喜ぶんですよ。










0223


ちらほらと
春を待ってる桜色

【まどか】



















本日の逸品 準花珠真珠ネックレス

効率化

「効率化して、生産性を上げて、時間を短縮する」

今どき、こんな事を考えている社長のいる会社は上手くいかない。
必死に頑張っている!って、よい言葉のようですが時代に合っていないよ。
時代に合っていないとはお客様に合っていないと同義語だと思います。

現代は無駄も非効率も含めた「流れ」をつくる時代のように考えます。




0219


冷たさに
足音早く朝通る
【まどか】












本日の逸品 準花珠真珠ネックレス 7.0mm〜7.5mm


なぜ経営者の役割は重要か

もし経営者がその役割を果たさなかったら・・・・

  会社が赤字になる
  税金が入らず国家に迷惑が掛かる
  従業員の生活が維持できなくなる

ひいては、社会が不安定になる。
正しい経営を学ぶことは非常に重要だと考えてます。




0214

雨音が
地面に消える雪の影

【まどか】










本日の逸品 フォーマルパールネックレス

人生はくねくねと曲がった道を歩くに似ている。
真っすぐに歩ければいいのだが、そうはさせてくれない。

ただ懸命に働けば働くほど、道は拓ける。

たぶん「働く(ひとが動く)」とあるように、頭で歩くのではない
足の裏で歩くことが重要なのだと思う。

新年にあたり高い目標を掲げることは当然大切だが、
頭で頂上ばかりを見ていては、姿勢が崩れ足もとが疎かになる。

大事なのは、一歩一歩の歩みだ。

一歩前へ、一歩前へと着実に歩を進めていれば、
曲がりくねった道も、振り返れば真っすぐに見えよう距離が出来ている。

足の裏でしっかりと大地を踏みしめていることを感じて、一歩一歩歩んでいこう。
その一歩一歩の歩みこそが私の道だ。

本年もよろしくお願い申し上げます。

元旦



0101


曇り空
風を起こす冬の道

【まどか】

2018年1月1日 初日の出










岩城真珠 本日の逸品 真珠ネックレス











明るい未来

今日で仕事納め。
今年も一年間楽しくお仕事が出来ました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

このブログはあまり調子のよくない時に、少しでも前に進んでいけるよう書き始めたました。
振り返ってみますと1997年3月10日が最初だったので20年続いてます。

昔の記述を読み返していろいろ思うことはありますが、
今から過去が始まるはずがないし、現在はどんどん後ろに飛び去って行くわけだから、
ぼくたちが見ている前は未来しかないんですね。

そのように書き連ねていまここに到達しているわけです。
天から与えられた未来というモノをどのように活かすか、ひとそれぞれだと思いますが楽しい未来を期待したいです。

「明日という字は、明るい日と書くのね」と歌があったように、
明日を信じて”なれる最高の自分”を目指していきたいとおもいます。


よいお年をお迎えください。
岩城達夫



1228

雲覗く
光が差して朝の色

【まどか】

















感謝の気持ち

決してラクではないけれど、
私たちはとても価値ある時代を生きている。

戦争に巻き込まれていないし、
基本的に食べたいものを食べれて、眠りたいときに寝れる環境がある。

今の時代は先の大戦後何もなかった廃墟から、
未来を見据えて頑張ってきた先人たちの意志と知恵が土台にある。

感謝の気持ちと正しい心を次世代に伝えていく義務が私たちにある。



1212

朝の道
寒さも歩き早歩き

【まどか】













銀行

雨が降ったら傘を貸してくれる金融機関があると思いますか?
雨が降ったら傘を取り上げるのが金融機関です。

なぜなら、
金融機関は株式会社だからです。


1208

曇り空
背筋を伸ばせば冬の風

【まどか】

















娘に伝えたい12か条

依存すると離れるから自立をしなさい。
白馬の王子様はいないから、そばにいる人を大切にしなさい。
相手の言葉だけではなく行動を見なさい。
失敗しても良いから何度でも立ち上がりなさい。
一人では生きていけないから甘え上手になりなさい。
自分と同じ人を引き寄せるから、自分を磨き続けなさい。
泣きたい時は泣きなさい。最後はいつも笑いなさい。
もしも結婚するなら一番想ってくれる人としなさい。
もしも家庭を築くなら「ありがとう」があふれるように。
どんなことが起きても幸せになるのをあきらめないように。
辛いことは乗り越えた時に、自分のためにも誰かのためになる。
誰かに遠慮しなくてもいいから、自分を信じて前に進みなさい。



1122

落ちる葉に
秋の色を乗せる木々
【まどか】






















来る年を思う

年を経るごとに、
努力だけ、能力だけではどうにもならない出来事が積み重なってくる。
そんな時こそ集中すべき的を絞り突破口を見出さなければならない。
それこそが年長者の経験値と言えよう。

来年起こるべき問題点を想定し、運を味方につけれるよう備えておこう。



1121

寒さ増え
朝の光に踏み込む影
【まどか】















仕事

若い頃に仕事より趣味と言ってた人が、シニアになって充実はほぼ聞かない。

20・30歳代に一所懸命仕事してないと将来の選択肢が広がらない。



1116

冷たい風
空をかき混ぜ散らす雲
【まどか】














先行き不安

未来というモノは、来るべき時に訪れてくるものだから、
未来を憂うのはやめなさい。

親鸞聖人は「明日ありと思う心のあだ桜夜半に嵐の吹かんともかな」と詠んだ。
私たちに明日があるとは限らない、今この一瞬をありがたく大事にしたい。

今日も、日日是好日(にちにちこれこうじつ)の気持ちで過ごしていく。


1030
曇り空雨を含み空渡る
【まどか】



















理論と実践

太平洋戦争の終盤、広島と長崎に原子爆弾が投下された。
この事実はほとんどの方が知っている。
1945年8月6日と8日ともう少し詳しく知っている人も多い。

しかし世界で初めて原子爆弾が爆発したのは、
1945年7月16日午前5時29分45秒 ニューメキシコ州アラモゴードでの実験だ。
意外と知られていない。

たった1か月も満たず実際に使用された事実がここにある。
理論では分かっていたとしても、実際に使用し悲惨な結果を招いた。
開発者は全員後悔したとある。

日本への原子爆弾投下



1024

滲む空光さす雲の間に
【まどか】

















出逢い

出逢うべくして出逢う。
出逢いは新たな道を作る。
出逢いは新たな力を生み出す。

出逢いを大切にしたい。


1018
頬撫でる冷たい風が秋知らせ
【まどか】


















思い通りにならない。

人生、自分がこうなりたいと思っても、そうはなりません。
そんなものです。

思い通りにならないギャップを楽しむ。



1012

風撫でる木々に宿る秋の色
【まどか】


















過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ