今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

お客様

商売の基本はお客様。

お客様意外に買ってくれる人はいない。










花は見えても

相田みつを美術館の館長と深くお話させていただいた。
丸の内の東京国際フォーラムB1にある美術館の館長は私と同い年。
相田みつを先生のご長男。

見た・読んだ・知っただけで、分かった気になったら駄目ですね。
一流と言われる方々の、目に見えない地道な努力には凄いものがあります。

今回お話しを聴く機会を与えられたことに深く感謝致します。
本当にありがとう!


 花を支える枝
枝を支える幹
幹を支える根
根はみえねんだ
 なあ


0515
雨の音
朝の会話に
夏の匂い
【まどか】



















恕(じょ)

子貢が尋ねた。
「一言で生涯行っていくべき大切なことがありましょうか」

先師が答えられた。
「それは恕かなぁ。自分にそうされたくないことは、人におしつけないことだ」



子貢問うて曰わく、
一言にして以て身を終うるまで 之を行うべき者有りや。

子曰わく、其れ恕か。
己の欲せざる所、人に施す勿(なか)れ。



恕:デジタル大辞泉の解説

0417
春色に
染める風
朝の香り
【まどか】


















腹が立つ!

どうしても許せない時は、
  我慢する。
  忘れる。
そして最後は、
  感謝してみる。



0405
春の雨
まだかと待つ
夏の影
【まどか】






花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中









へた

へたでいい、へたがいい。
うまく書こうと思うな、
うまく書くことは自分を失うことだ。

感心させるな、感動させよ。
自分を小さく限定するな、
常識をぶち破れ。


原田正憲 書道家


0331
鳥の声
響く春の
朝の道
【まどか】


















逃げたら痛い!

自分に起こる事柄からは逃げられない。
それらは、痛み・苦しみ・悲しみを伴うかもしれない。

しかし、自分がすべてを受け入れなくてはならない。
痛みも逃げようとするから痛いのであって、その中に入っていけばいい。

自分の身に起こることは全てを受け入れろ。




0303
雨上がり
走る車輪に
水の跡
【まどか】














価値観

自分の考えが価値観に基づいているように、相手にだって相手の考え方や価値感がある。
そのどっちが正しいか悪いかは関係ない。

大切なことは、それぞれが何を望んでいるのかだ。
それについて他人が干渉することはできない。

もちろん意見やアドバイスを言うことはできる。
しかし、それは自分の価値観に基づいた意見だし、相手の価値観に合うかどうかは別のこと。

最終的に相手の選択肢は相手が自分自身で決める。
何を選択しどのような人生を歩むのか。全ての結果はそれぞれの自己責任。

にも関わらず、アドバイスと称して自分の意見を押し付けようとするのはよくある事。
意見を受ける方は、考え方(価値観)を上から押し付けられるから息苦しくなる。

言葉を受ける方にしてみれば、親だろうが、親友からのアドバイスだろうが、余計なお世話と思っている。
万が一失敗したら責任とってくれるのかと。むっ!としてしまう。

言った方は言った方で、せっかく親切にアドバイスしてやったのに言う事を聞かない。
あんなやつ二度と助けてやるものか。と思ってしまう。

だからね会社の上司だから、先輩だからと、安易に上から親切ぶってアドバイスしてはならない。
相手には相手の価値観があるのだから、一歩引いて相手の思いを馳せてみることが大事。

自分の意見は自分の価値観に基づくものでしかない。
相手には相手の価値観があり、決めるのは相手。
その当たり前の前提を忘れないように、今日も笑顔で。



0223


















君看よ双眼のいろ 

憂いがないのではありません
悲しみがないのでもありません
語らないだけなんです

語れないほどふかい憂いだからです
語れないほど重い悲しみだからです

人にいくら説明したって
全くわかってもらえないから
語ることをやめて
じっとこらえているんです

文字にもことばにも
到底表わせない
ふかい憂いを
おもいかなしみを
こころの底ふかく
ずっしりしずめて

じつと黙っているから
まなこが澄んでくるのです

澄んだ眼の底にある
ふかい憂いのわかる人間になろう
重いかなしみの見える眼を持とう

君看よ双眼のいろ
語らざれば憂い無きに似たり
語らざれば憂い無きに似たり

               みつを





0222





























ありがとう

「ありがとう」をたくさん言うと、
「ありがとう」と言いたくなるようなことが次から次へと起きてくる。

不思議にありがたいと思う出来事がたくさん出てくるから、
今度は本当に心から「ありがとう」と言い、
徐々に自分も周りから「ありがとう」と言われるような行動をしたくなる。

「ありがとう」を繰り返すだけで、人生そのものが「ありがたく」なってしまう。
こんな便利な言葉を使わない手はない!


ありがとう




0221
雨雲が
揺らす風に
春の匂い
【まどか】














感謝優先

【ある時のお正月】
 お兄ちゃんは6年生だから1000円
 お前はまだ4年生だから500円

 なんで?僕だけ500円なの?・・・そんなん、いらんわ!

冷静に考えれば何もしなくても、まるまる500円が手に入るのに、
何故か突っぱねてしまう事がある。


人は九つまで満ち足りていて、十のうち一つだけしか不満がない時でさえ、
人間はまずその不満を真っ先に口から出し、文句をいいつづけるものなのだ。

自分を顧みてつくづくそう思う。

なぜわたしたちは不満を後まわしにし、感謝すべきことを先に言わないのだろう。
ありがとう!と。



0216
はらはらと
舞う雪追う
鳥の声
【まどか】
















お宝

いやだな、つらいなと思っても
やらなければならないことがある。

その、いわば「修行」を捨ててしまうのは、
みずから『宝』を捨てる事である。




0207
雨落ちる
地面に描く
光の色
【まどか】
















憧れに換えて

嫉妬は憎しみに近い。







0123
曇り空
空を歌う
鳥の声
【まどか】














22年

あの日から、22年。

今日は、やるべきことよりも、やらなくていいことを決める。

よし、やるだけ!




0117
冬景色
一番乗りで
つける足跡
【まどか】
































欠点

人の欠点はすぐに気がつくのに、自分の欠点は気がつかない。
さらには、指摘されても知らん顔してしまうこともある。

家族や友人の欠点は許せないのに、なぜ自分の欠点は許せるのだろうか?
自分自身の欠点と正直に向き合うのは難しいものだ。

しかし、誰でも何かしらの欠点を持っていると認識した時に、ようやく人を許せるようになる。
いや、人を許せるだけではなく自分をも許せるようになる。

さらに、欠点があるから人間は面白いと思えるようになったら他人の隠れた才能が見えてくる。
来年は、周りの人の才能を伸ばせる人になれたらと考えます。

来る新年が楽しい一年でありますように・・・・
よし、やるだけ!



1227
雨の音
曇り空に
うつる晴
【まどか】






花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中

2013年12月の「今日の空」











喜ぶ

喜べば、
喜びが、
喜びながら、
喜びごとを集めて、
喜びにくる。


5年まえに、そのように書きました。
本当でした!


1220
曇り空
冬色染まる
朝の靄
【まどか】














「主」は、あるじ、しゅ、ぬし、おも、と読む。
主から派生した言葉も数多くある。主人公、主人、主演、、、、

古来ユダヤ人は神の名を口にすることを恐れはばかって,
アドナイ (わが主) と呼んだところから、キリスト教における神、イエス・キリストの別称を指す。

漢字の「主」という言葉の意味を考えると、主の頭にある「ヽ」はロウソクの炎だと云う。
そして、「王」は台座のことを指す。


人は限り有る命の炎を燃やして生きる。
自分が自分の人生の主人公となって周りを照らす。

自分のいる環境を照らして生きる人のことを「主」という。



1122
曇り空
秋を連れて
紅葉狩り
【まどか】















第一印象

人の印象なんてのは、服装などの見た目の容姿に左右されるもの。
そういう意味では第一印象が大切だというのは、当たり前と言えば当たり前。


自分と合わないだろうといって第一印象で関係を断つのは簡単。
しかし、自分の前で見せている姿は、今この瞬間だけの姿。
いろんな方面から考えないと地雷を踏むことも多い。

割り切る前に考える。
もうひとつ違う角度から考えてみる。

誰だって立場や状況が違えば、その立場に合わせて演じる。
管理職としての顔、呑み屋でお姉さんを口説いている時の顔。
母としての顔、嵐の追っかけをしている顔。
みんな違う役を演じている。

第一印象の次には、第二印象もある。



1114
冷たさに
ゆっくり揺れる
ススキの穂
【まどか】

















「証拠」

「喧嘩する」のは、一緒だった証拠。  
 
「つまずく」のは、進んでいる証拠。  
 
「裏切られる」のは、信じていた証拠。  
 
「失恋する」のは、愛していた証拠。  
 
「不幸になる」のは、幸せだった証拠。

「疲れた」は、頑張った証拠。

「失敗した」は、挑戦した証拠。

「もうやめようかな」は、まだ希望を捨てず、頑張ろうとしている証拠。

「素直になれない」は、それだけ愛している証拠。




1027
青い海
ぷかぷか浮かぶ
残る月
【まどか】




















否定的意見

なにかにつけ否定的な言動で他人のやる気を萎えさせたり、
批判的な強い言葉で攻撃をしてくる人はどこの世界にでもいる。

しかし、困ったことに「本人は善意」で言っていることが多い。

もちろんスルーできれば良いのだが、そう言う人に限って無視をすると激高する率が高い。
本当に厄介である。

もちろん話を聞くだけ聞いて、活かせる部分があれば参考にさせていただけたら良いのだが、
まぁ良い意見かもしれないが、上から目線で言われているだけに素直に聞けないのだ。

要するに他人の意見や行動に否定的な意見を言う人は、言った自分を認めて欲しいだけ。
私を見て。私の話を聞いて。凄いでしょ、ほら。
誰にでもある生理的欲求であって、承認欲求と呼ぶらしい。

わたしも、気をつけます。



承認欲求




1012
雲の中
揺れる太陽
顔を出す
【まどか】






















芸術のちから

美しいものは

  苦しみを紛らわしてくれる。




0914
葉が揺れて
秋の訪れ
変わる空
【まどか】












嫉妬心

男の嫉妬は、私自身も含めて女性のそれよりもずっと烈しい。

そして、わたしたちは妬み心が強いから、他人のことがよく見えてしまう。

しかし、その殆どは根拠のない嫉妬だ。

すなわち、勘違いであることも事実。




0909
空落ちる
雨粒キラキラ
朝映す
【まどか】

















愛情

愛に理由は無い。理由がないから説明できない。

説明できないから行動と結果で示すしかない。



会社も商品も社員も・・・・・




0908
くるくると
踊って見せる
雲のどれす
【まどか】














幸せを感じる

誰もが幸せになりたいと思っているけど、幸せはなるものではなくて、感じるもの。

いまの自分を肯定して、感謝するものだと私は思う。





0829
緑揺らす
優しい風が
秋の匂い
【まどか】


































おのれ

人を責めるのはたやすく、責めずにいるのは難しい。
難しいのはおのれの心の弱さと向き合わなければならないからです。

おのれの弱さと闘って、難しいほうを選び取るようになさい。
闘う構えはいつでもおのれにするもの。

相手にはいつでも優しく和やかに接するものだと覚え込んでしまいなされ。
そうすることは何よりおのれのためになるのですよ。


 女子の武士道:石川真理子著


男でも難しい心構えだが、素直に見習いたい・・・・・・・




0825
雲登る
隠れぬ月に
見える秋
【まどか】












心に余裕を

見返りを期待しながら、それが返ってこなければストレスになる。嫌な気分になる。

だったら見返りなんか最初から期待しなければいいだけのこと。


心の余裕が幸せに繋がる。




0824
雲登る
隠れぬ月に
見える秋
【まどか】















言葉の本質

正しく意味を読み取る習慣を身に付ける。


【例:バイトの求人誌】

「フリーター大歓迎」 → 「フリーターですらやらない仕事」
「履歴書不要」 → 「前科者でも可」
「1日だけでも可」 → 「そうでもしないと人が来ない」
「日払い」 → 「1日で辞める人が殆ど」
「軽作業」 → 「肉体労働」

世の中あいまいな言葉が満ち溢れている。




0819
太陽が
夏に落ちる
溶ける空
【まどか】











茶の道


茶道は本質的に「不完全なもの」を崇拝します。

それは私たちが、「完成されないもの」と自覚しているこの人生において、
それでも「実現可能な何かを成し遂げよう」と儚い試みを続ける存在だからなのです。



岡倉天心

0808
日差し浴び
飛ぶ鳥早く
空泳ぐ
【まどか】

















言葉

相手のことを想うからこそ言葉にできる。
自分のことを守ろうとするから言葉にできない。






0729
雨上がり
静かに揺れる
葉の粒
【まどか】


















感謝

不平不満を言うよりは「感謝」の心を持とう。

人は多くの人と出会い、厚意と善意に満ちたアドバイスを貰う。
その感謝の想いを元に、日々少しでも善きことに努めていく。

ほんの小さな心掛けで運命が大きく変わっていく。



0708
夏色の
音が響く
朝の道
【まどか】















環境

「衣食足りて礼節を知る」とのことわざがある。
意味を要約すると、
人は生活に余裕ができて、初めて礼儀や節度をわきまえられるようになるということ。

また、「朱に交われば赤くなる」とのことわざがあるように、人は環境に左右されやすい動物。


人は環境を作るからして、そこに人間の人間たる所以がある。
だから人物が偉大であればあるほど、立派な環境を作る

心に余裕を持って、なりたい自分になる環境を作る。
よし!やるだけ。



0629
落ちる葉に
キラキラ雨が
滲む空
【まどか】




























過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ