今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

プラス思考

夢を生むのはプラス思考。

たとえ臆病であっても恐怖は持つな。






0222




北風に足取り早く朝の音
【まどか】













セーター

人の手で編んだセーターと機械で編んだセーターの違いを考えた。

現代のお客様は人の手で編んだセーターを欲しがる。
何故ならば手編みのセーターには必ず編んだ人の手と時間がかかっている。
そういうものをお客様は求めている。

それは手編みのセーターだけではなく、いろんな他の仕事にしたって「時間=いのち」かかっているものを喜ぶんだと思う。

あるモノが完成するまでの地道な下作業をもっと丁寧に。
もう少し丁寧に。

ちょっとした手間暇。
この手間暇を惜しみなく分け与える人になりたいと思う。



Ps.そろそろ衣替えだが、手編みのセーターは捨てられない。





0214



雪見えて寒さ忘れる朝の道
【まどか】














その人だ!

この会社を変えていくのは誰だろう?
そう考えながら鏡の前に立とう。

目の前にいる人物が、その人である。




(「この会社」を、この家、この組織、このグループ・・・・
 自分の立場でそれぞれに置き換えて考える癖をつけるようにしよう)






0205


寒空に負けじと開く冬の花
【まどか】
















修業とは矛盾に耐える事

修行中は、「こんなことをやってても、本当に仕事の役に立つのか?」と一度は思うもの。

この矛盾こそが修行の本質だと気づくのはもっと後。
修行中は言われたことを黙ってする。

矛盾に耐えてこそ、仕事の本質が見えてくる。




0204



おはようと足元遊ぶ冬の風
【まどか】









変換

頭の中で変換する。

「恐れ」を「好奇心ワクワク」へ
「正解」を「可能性の気づき」へ
「知識」を「学ぶ喜び」へ




0129



風遊ぶ冬の草木を揺らす朝
【まどか】











有限

時間とお金は有限だ。
限りある時間とお金をどのように使うかによって人生は決まる。
そのためには、やるべきことよりも、やらなくていいことを決めるといい。

いつ死ぬかわからない自分の運命。
どうでもいいことは後回し。
限られた命(時間)を、もっと大切に使う。





0124



空の中冬を貯める朝の風
【まどか】














24年目の衝撃

1月17日
そう、昨日は阪神淡路大震災の日。
神戸が揺れた、大阪が揺れた、近畿全域が揺れた。

そんな17日の夜に大阪宗右衛門町の一画にて、お茶屋さんの開店レセプションおよばれ戴いた。
4代目桂春団治師匠をはじめ錚々たるメンバーに圧倒されつつ、お店側の仕込みさんを紹介された。
千葉県から出てきた16歳の少女。
花柳界に憧れ、ここで修行をさせて下さいと・・・・

祇園をはじめ京都や東京に数多ある置屋さんの中から奈良を選んだ。
周りの大人たちは「せめて高校をでてから、」と説得したと聞く。
結局は奈良で修行をしながら高校資格を取るとの事で、晴れて仕込みの身になったのだが。

何という覚悟だろうか。
天晴(あっぱれ)としか語る言葉がない。

阪神大震災から24年。
まだこの世に生まれても居なかった子から受けた潔さ。
覚悟を決めたものだけが持つ力強さを感じました。

この子はこれからどんどんと成長していくのだ。
お前も立ち止まらず、もっともっと社会に貢献しろと神様から諭されたのかもしれない。
有り難いご縁に感謝。





0118



朝色に染まる雨が道照らす
【まどか】














一年の計は元旦にあり

良い正月です。
有り難い。

今年も感謝の心を忘れず、謙虚に進んでいきます。

そして、A・B・C
当たり前のことを・バカにせず・ちゃんとする。
ABC,ABCと念仏のように唱え続けます。




0104


葉を揺らし冬の風を扇ぐ花
【まどか】


















ありがとうございました。

仏教詩人である坂村真民は伊勢市にある旧皇學館大学の卒業生である。
大学卒業後、坂村は毎朝1時に起床し自宅近くの重信川で未明の中祈りをささげるのが日課であったという。
別名癒しの詩人とよばれている。
伊勢の地でどのような青春時代を過ごしたのだろうか?

その坂村真民の言葉で今年を締めくくりたい。

  新しい年を迎えるには、新しい心構えがなくてはならぬ。
  決してただ漫然と迎えてはならぬ。

 


来る新年が
よい年でありますようにお祈りいたします





1228


ボツワナ チョベ国立公園の夕日









後悔先立たず

今なら判る。
あの時にもう少し頑張っていたら、もっと出来ただろう。
でも、これが現実だ!
今の自分にできることを精いっぱいやるだけ。


未来の自分(3年先)から、今の自分を見る。
今の自分を褒めてやろうぜ。
そんな自分になろうぜ。


千夜一夜物語で夢を語れる癖をつける。
常に1000日の事業計画書を書き続けよう。
よし!やるだけ。



1210



朝色に写る紅葉が作る道
【まどか】








守破離

成功するために、成功法則を学び、成功法則を手放す。

よし!やるだけ。




1206


落ち葉に落ちる朝の光
【まどか】















悠悠閑適

スケジュールが埋まってないと、その空間だけ何もしていない気になる。
工程表に記入されていない時間帯が勿体ないと考えてしまう。

わたし達は、空白を埋めきってしまうことは決して良いことではないにもかかわらず空白を恐れる。
何もない=サボってると刷り込まれているのだろうか。

然しながら、人は一人だけの時間が必要。



1113


ゆらゆらと太陽撫でる秋の木々
【まどか】











正しいとは。

人が成功するには
「能力」×「熱意」×「考え方」
だと、京セラの創業者である稲盛和夫さんは説く。

能力と熱意はある程度テクニック的な要素が含まれるが、考え方は別のものに思える。

考え方は「正しい考え方」と「間違った考え方」がある。
能力が無かったら0、熱意もなかったら0だが、考え方は悪ければマイナス100である。
能力100% × 熱意100% × 考え方−100% = 最悪な結果となる。

正しい考え方とは何ぞや?
誰が正しいと判断するのだ?

簡単なようで深い。
稲盛さんのこの言葉「能力」×「熱意」×「考え方」に出合って10年以上になるが、
毎回考えさせられる。



1108





青空に浮かべる雲に秋写し
【まどか】











徹底

ちょっとしたことを徹底してやってみよう。

まず、お客様とのお話を後でメモしてみよう。
お話をちゃんと聞く人は多いと思うがメモする人は少ない。

このちょっとした「最初の一歩」を徹底した人が凄い人になる。


会議でも、年下の社員との会話や新聞記事でもよい。
徹底してやることを習慣化した者だけが見れる風景がある。


1025


青空に飛ぶ鳥泳ぐ秋の風
【まどか】

数字

何気ない会話の中で「あれ?、なぜ?」と思ったら数字を確認してみる。
数字を見たらその裏を推測してみる。
この習慣が大事。

色んなものが繋がって見えてくる。


1023


風吹けば秋の足音響く町
【まどか】








ホラを吹く

今の時代は昔と違う。
夢物語のようなことでも、口に出すと実現してしまう。

少し前なら会社を創るにも、「ひと」「かね」「もの」と基本があると言われていた。
然し今の時代それぞれが全くなくても、相当大きな組織を作ることが出来る。

一年後にどんな自分になっていたいかを明確に描けるならば実現できる。
大きなことを言ってもイイ。
なりたい自分を思い描くことが大事。

目標を口に出す習慣をつくろう。
よし!やるだけ。


1018


雲開けて秋の空気に浸る朝
【まどか】







倖せ

悲しいことや、つらいことは放っておいても向こうからやってくる。
でも倖せは自分が捕まえに行かなければ掴めない。

だから歩け歩け、
一歩でも前に向かって歩け!



1015


雨音に伸びる足音秋の色
【まどか】








マンネリ

社長業にも飽きはくる
 
課長は1年、部長は3年、役員は5年、社長は15年もやれば、たいがい飽きる。
社員の立場からみれば飽きないと思うだろうが、大企業のトップでも飽きは来る。
それをマンネリと呼ぶこともある。

それはともかく、ある程度今の仕事を続けているとマンネリになってくるのは、いまの地位が頂点でないと言う事。
もっとすべき事柄があり、目指す道があると言う事だと考える。



1012


青空に足跡残す雨雲色
【まどか】







社長は常に夢を語り続ける必要がある。

現場を見て、理念を語り、働く必要性を説いても社員は動かない事が多い。
頭で判っていても動けない。
現場で働く人には、ここで働くことによって、どれだけ幸せになれるかという夢を語らなければならない。

幸せは向こうから歩いてこない。
幸せになろうな、と言い続けるから幸せになれるのだ。

社長は正しい夢を語り続けなければならない。



1005


朝色に染まる草木に歌う秋



会社は規模ではなく、質で維持することが大事。

「優良企業」と評価されたら注意したほうが良い。
優良企業のお墨付きを与えるのはお客様じゃない、金融機関や外部の評論家。

わたしは、小さくても質の良い会社を目指したい。


1001



雨の音秋の足音させる空
【まどか】



















自問自答

わたし達は一日に3万回も4万回も自分に質問を投げかけ、自分自身と対話しているという説がある。
数字の根拠は判らないが、それでも相当数の自問自答を繰り返していると思う。

もし、それらがすべてネガティブな発想に基づいた問いかけだとしたら怖いものがある。
出来るだけ自分の意思でポジティブな問いかけに変えてみよう。

ようは癖付け。
よし!やるだけ。



0928


雲敷いて雨の準備に急ぐ空
【まどか】














それでも夢を

何から何まで 真っ暗闇よ
筋の通らぬ ことばかり
右を向いても 左を見ても
馬鹿と阿呆(あほう)の 絡み合い
どこに男の 夢がある

作詞:藤田まさと


それでも夢を持たなきゃ・・・・
昔の歌に共感することも多い。


0927


空の色秋に染まる雲のあと
【まどか】



















人生は旅だと言うのであれば、旅にも生涯があるのだろう。
幼年期があり、少年期を迎え、青年期があり、壮年期になり、やがて老年期を迎えるのか。

そして一度行った場所にもう一度訪れたいと思うとき、旅は老年期に差し掛かっているのだろうか?

なにを体験しても、どんな些細なことも新鮮で楽しかった旅。観るものすべてが新鮮で心が満たされた。
それが、歳をとると昔のものが懐かしくなってくる。
また、どのような体験をしても、これは以前どこかで経験したよなと感じてしまう。
旅の途中で見る風景も、以前どこかで見たのではないかと記憶に確かめたくなる。

ビジネスも旅と似てるよな。
新しいビジネスの旅に出なくてはならない時に差し掛かっているのかも。



0926

鈴の音朝に歌う秋の声
【まどか】













経営計画

今の情勢を前提に経営計画を立てない。

現在は戦後二番目の景気拡大のサイクルに入っている。
このままの状態で来年の2月まで行けば戦後最長の景気拡大となる。
果たしてどうなるか?

景気とは循環だ。
これから立てる事業計画は社会が停滞期に向かうと考えた方がよい。

メディアは盛んに2020年のオリンピック効果を謳うが直接投資金額は約2兆円。
それも数年かけての総投資額
日本の国家予算は97兆7128億円だが、その中で一般会計費の公共事業予算は約6兆円

毎年6兆円近いお金を公共事業に投資して国の活性化を図っている事実を考えれば、わずか2兆円でメディアが騒ぐほど日本が景気良くなるとは考えづらい。

外野の無責任な言葉に惑わされず、自社を取り巻く業界と社会の流れを鑑み事業計画を立てなければならない。


MIZUHO Oneシンクタンクレポート(東京オリンピック)
財務省 平成30年度予算





9020


秋風に揺れる木々が夏仰ぐ
【まどか】













不安

今が不安なのは全力で取り組んでいないから。

よし!やるだけ。



0913


朝色に染まる草木に歌う秋
【まどか】












目標を持つこと

自分で目標をしっかりと持っていないと、目の前にチャンスが来ても判らない。

そもそもチャンスがないと言っている内は、自分が何を望んでいるのか判っていない時。
だからどんな高い目標だろうと持った方がよい。



0827


雲並べ夏の空を飾る風
【まどか】














公言

日本一だと公言したとしても、日本一になれるとは限らないが、
日本一になるんだと、強く思わないと日本一になれないと思う。

やはり、言葉は形になる!


大阪桐蔭高校
おめでとう!


0823


キラキラと輝く道に夏の影
【まどか】













努力

一流の人ほど努力する。

別の見方をすると、努力する習慣を身につけている。
努力が才能を開花させる。

努力を馬鹿にせず、当たり前にコツコツすること。
よし、やるだけ!


62歳の一年間も楽しかった。
ありがとうございます。



0731


ムシムシと夏を彩る朝の道
【まどか】



























評価とは

「努力」だとか「一生懸命」も
思いのエネルギーみたいなもので、
心がけようと思ってできるものではないんです。
 
ふと気がつくと周囲の人から
「努力したね」、
「一生懸命やってるね」
 と評価される。
 
そこで初めて自分は努力したんだと、
気づくだけのこと。




0726



影探し日向が描く雲に乗る
【まどか】






















時計

人の時計を覗くな!
人には人のサイクルがある。

人の時計を見ると、どうしても自分と比較してしまう。
自分の時計の速度で動けばいい。他人の時計の進み具合は関係ない。
人の時計を覗くな!



0720


キラキラと夏に輝く緑の羽
【まどか】























過去の ブログ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
お薦め書籍