今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

時計

人の時計を覗くな!
人には人のサイクルがある。

人の時計を見ると、どうしても自分と比較してしまう。
自分の時計の速度で動けばいい。他人の時計の進み具合は関係ない。
人の時計を覗くな!



0720


キラキラと夏に輝く緑の羽
【まどか】























ロシア

サッカーワールドカップ応援でロシアに来てます。
今からセネガル戦のエカテリンブルグに向かいます。

これからの2週間は更新が不定期なります。


0622


草揺らし雲の鍵盤雨歌う
【まどか】












自然に、でも前向きに!

吉田拓郎が、イメージの歌
「誰かが言ってたぜ俺は人間として自然に生きているのさ
 自然に生きるって わかるなんてなんて不自然なんだろう」と歌ってた。
あれから48年もの月日が過ぎ去ったが、その歌詞は心の奥族に残る。

長い長い坂道を登ってきた思うことは、振り返って誰もいなくたって登らなければならないんだと。
人生においては、どんなことがあっても登るべき山は登らなければならないと。
何も知らなくったっていいんだ。
目の前の坂を上ってごらん、そしたら頂上にたどり着く。

一つの山の頂上にたどり着いたら、もっと高い山の頂上を目指すというのは物事の自然な流れ。
つぎの山は自分で決める。

成り行きによっては、思い通りの場所にたどり着くこともあるかもしれないが、
自分が行きたいと思うような場所にたどり着くことが望みならば、
決してそのような場所が見つかることなくあてもなく漂流してしまうだろう。

人生とは下りのエスカレーターに乗っているようなもの。
ボーとしていたら、どんどん下の階に降りて行ってしまうぞ。

人の道は前進するか後退するかのどちらか。
自分でよく考えて、正しいと思う方向に向かわなければならない。

16歳の時に拓郎さんに出合って深く考えることが出来た。



0621


朝色に地面が染まる夏の朝
【まどか】

























セルフイメージ

知らない事、また経験値が少ないのがったら、それはあなたの武器です。

人間歳をとれば、あまた知識は増えるし経験値も上がる。
これから起こることに対して、自分の頭の中に蓄積されたデーターに基づいて判断が出来る。
だから年配者は経験に基づいて「ミスを防ぐ」思考に陥りやすい。

これに対して、大きな目標を実現できるかどうかは、
自分が自分に対して、どのようなイメージを持っているかによって決まる。

大きな目標を立てるためには、自分の実績や能力ではとても達成できないという思い込みをなくさない限り、必要なアイディアや実行力は沸いてこない。

今までの経験が邪魔になってくる。
自分で自分をフォーマットしよう。

自分に対するイメージ 、「セルフイメージ」を変えよう。
よし!やるだけ!



0606



紫陽花が道照らす朝雨を待ち
【まどか】















紙とペン

働くことは体を動かすことだけではない!

一生懸命、汗を流して働くのは尊いが自己満足に陥りやすい。
「俺は今日も一生懸命働いた」と・・・・

しかし、紙とペンを手に取って部屋にこもっての作業はつらい。
頭脳労働は肉体労働の何倍も疲れる。
だから多くの人は頭を使わず、体や手先を動かす仕事を選択する。

収益率はどちらが高いのだろうか?
需要と供給の原理を考えれば、机の上に大きな利益が転がっている。

週に一度、半日部屋に籠っての作業が会社の収益を高める。






0601

飛び回る鳥が夏を唄う朝
【まどか】






















人生の第二章

2018年は私にとってチャレンジの年なので、こだわりを外しにいってみた。

1個プライドを捨て、1個こだわりを外す。

「絶対ヤダ」とか「絶対無理」と思っていたことに挑戦すると何かがきっと起こるはず。
よし!やるだけ。




0525


キラキラと肌を走る夏の光
【まどか】















過去から未来が生まれる。

「他人がどう思うかではない。自分がどう生きたかだ。」

不思議な言葉だ。
「どう生きるか」未来形ではなく「生きたか」と過去形になっている。

人の一生などあっという間だと若い時から言われ続けてきた。
今になって本当にあっという間だと実感出来るが、振り返ってみれば「過去形」の考え方を身につけてから人生が変わった。

自分の人生だから、人様に迷惑をかけない事であれば情熱を持ってやりたいことをトコトンやり抜き、後悔しない生き方をしたい。
そして、そのためには人をだましたりせず、誰に対してもやましいことなく正々堂々と生きる。
昔の道徳の本に書かれていたような王道な生き方がある。

たった一度の人生を悔いなく生きるためには、他人からどう思われようと関係ない、自分に正直でさえあれば良い。



0514

風遊ぶ枝の先に夏が見え
【まどか】


















本日の逸品 南洋真珠ブレスレット


まず捨てる

振り返って考えれば、
わたしは職を失ったおかげで自分がしなければならない別の仕事を見つけることが出来た。
もう立ち直れないと感じたほどの喪失感を味わったおかげで、自分がやらなければならない本質を見つけた。

いまならそう言える。



0501

吹く風に夏の匂いが混じる朝
【まどか】















本日の逸品 あこや黒真珠ネックレス

水を浴びせられ、

ドロドロになった地面の方がきれいな花を咲かす。



0426

雨音に春の歌声柔らかく
【まどか】













本日の逸品 インビジブルあこや真珠ペンダント

時代の変化

1995年は一つの時代が動いた年と言える。
1月17日に阪神大震災が神戸を中心に関西を襲った、私も個人的に甚大な負債を抱えてしまった。
3月20日に地下鉄サリン事件が東京都内を混乱に陥れ、11月23日の勤労感謝の日にWidows 95日本版が発売発売されコンピューターの時代が始まった。

この1995年を境に日本は大きく動く。

1997年11月に山一證券、三洋証券、北海道拓殖銀行と立て続けに潰れ、翌年には長銀も経営破綻してしまう。
絶対潰れないと言われていた、東証一部の大企業や金融機関が倒産する時代に突入した。

あれから20有余年、ジェットコースターのように時代は激しく変化したと思ったが、日本にGDPは500兆円を少し超えただけで殆ど変化をしていない。
中国は約20倍、インドは6倍、アメリカやドイツも2倍以上の成長をしている。
先進国で唯一経済的に成長しきれなかったのは日本だけだった。

この20年で何が変わって、何が変わらなかったのだろうか?
なぜ変わらなかったのだろうか?

いま私たちが生きているこの2018年は1995年当時の匂いと似通っている気がする。
大きな変化の予兆であることは確かだが、AIなのかIPS細胞なのか、まだ知り得ていない何なのか分からないが日本のターニングポイントである気がする。

2020年は大きく世界経済が動くと言われて久しいが前兆なのだろうか。
再び時代の変化に立ち会える幸運に感謝したい。



0411


ゆらゆらと揺れる花びら春扇ぐ
【まどか】













本日の逸品 バロックあこや真珠ネックレス

挑戦

現実の仕事において、新しいことに挑戦する際には大きな不安を伴う。
しかしそれを乗り越えて初めて得られるものもある。

挑戦はまた、多くの敵を作る。

新しい事業は自分の思いを世に問う場だが、好評で迎えられることは殆どなく、
多くの場合批判の目にさらされる。

しかし批評の場にみずからを置くことで自分を見直すことが出来る。
その経験は後々までの大きな力となる。

よし!やるだけ。


0406

桜道通る度に晴れ願い
【まどか】












本日の逸品 小粒のあこや黒真珠ネックレス

不安定

誰が言った言葉か定かではないのだが、ずっと頭の中に潜んでいた言葉があった。

「人生において、安定など存在しない。
 あるのはチャンスだけだ。」

安定は存在しないんだと、自分に言い聞かせてきた。
しかし、40歳を過ぎると何につけ億劫になってくる。
ちょっとしたことでも面倒だと・・・・・

そんな時こそ不安定に慣れないといけない。
靴下、髪型、家具の配置、読む本、駅までの道順、食べ物。何でも良い。
毎日ひとつ、意識的に「変化」をつけよう。

きっと毎日が楽しくなってくる。


0319

雨の音
春を連れて草木揺らす
【まどか】









本日の逸品 ネコちゃんペンダント



夢の共有

伸びる会社は「夢」を共有している。
それに対して問題を抱えている会社は「危機感」を共有しようとしている。
若しくは危機感を、下の者に持たす上司がいる。

売り上げが、前年比で毎年15%の伸びがあれば、5年で二倍になる。
わたしは、この前年比15%の伸びが夢の共有のご褒美だと考えてます。

「今はダメだけど将来は良くなる」この言葉は嘘だと思う、
「今も善いけど将来はもっと良くなる」が本当の夢の共有だと思います。
伸びる会社の共通点だと考えます。

夢を持ち、働く喜びを持つ会社が増えれば、日本はもっともっと善くなると信じてます。


0315

キラキラと
葉っぱが光る朝の道
【まどか】











本日の逸品 クリーム系準花珠真珠ネックレス


働きがい

わたしも経験があるのだが、なぜ多くの労働者は引退の時を夢見て、その後の計画を立てるのに何年もかけるのだろうか?
なぜ女性たちは、あんなにも働いてからディズニーランドに逃げ込むのだろうか?

その理由は単純だが、気が滅入るものだ。

なぜ会社を楽しい場所に出来ないのだろうか?

アイデア社長が会社をつぶすとの格言がある。
社員は言われたことをやるだけで組織の意思決定に加わる方法がほとんどなく、自分の才能を十分に発揮できない。
そんな環境が出来上がる。

わたしはこれからの組織はモチベーションよりも働きがいだと思う。
それは、目の前のお客様が喜ぶ、自らの行動だと考える。




0312

雨上がり
春に向かって風走る
「まどか」














本日の逸品 花珠真珠ネックレス



贈る言葉

口答えの数だけ自分が劣化していく
肯定の数だけが今を生きていく

誰も驕らない
一人も驕らない
満足していないじゃない
もっと大きな天を見つめられる仲間は
あなたの意識しだいでいつでも近くにいたのにと

失って後悔するような落ちた人間になったら
おもいっきり笑われながら
バカにされながらでも
もう一度歯を食いしばって非を是としない
立ち上がる自分であれ




0308

風の中
春の日向を探す影
【まどか】














本日の逸品 最高級花珠真珠ネックレス



ベンチャーの末期

近代のビジネスはインターネットの発達に添うように、新しいモデルが続々と開発され続けてきた。
本来イノベーションである斬新なビジネスモデルは、その大半が熟成期を迎えようとしている。

それでも我々は基本的に満足しておらず今も新しいニーズを創りだし、それらを満足させようとしている。
本来は必要としていないものでも(新しい・ファッション、医療、美容、車、色々な所有物)増えれば増えるほど幸せになれる幻想を創りだそうとしている。
脆弱なニーズに基づくベンチャー企業の多くが、金銭的にも生態学的にも持続できない事が次第に明らかになり、成長のために成長を求める段階まで来てしまった。

これらは医学用語では「癌」と呼ばれる。




0306


朝の風
春の空気に雨の音
【まどか】




















本日の逸品 準花珠真珠ネックレス

お金と志(こころざし)

お金に善悪は無い。
お金を稼ぐことにも善悪は無い。
稼いだお金を正しく使うか、悪用するかで評価が変わるだけ。

ビジネスの真の目的は、現在から将来に向かって、お金を生み出すこと。
 
働く人間の側から見れば、常に赤字で給与も少なく遅配であったり、
ボーナスなど雀の涙のような貧弱な会社に忠誠心を抱けというのは無理な相談である。

空論とは、志は立派でも、報酬が無いことを言う。



0201

まだかなと覗く蕾に春を待つ
【まどか】







本日の逸品 黒真珠ネックレス



 

夢をみることは重荷を背負うことだ。
松下幸之助


この発想はなかった。
確かに大きな夢の実現には大きな重荷もついてくる。




0130

風吹けば
冬を思う春日向
【まどか】









本日の逸品 ペンダント


自由

本来哲学用語である「自由」を英語で表すと
「Freedom フリーダム」と「Liberty リバティ」とあるように人が育った環境によりその意味は微妙に違う。

日本の自由とは自らに由る(みずからによる)と書くように、
本当の自由を得たければすべてを自分の責任ととらえなければならない。

阪神大震災から23年目の今日、生かされてる命と共に自由の意味をもう一度深堀してみたい。

Wikipedia自由




0117

冷たさに
背筋を伸ばす冬の空
【まどか】










あっという間

夢中で駆け抜ける10代
真剣に将来を考え始める20代
人生の分かれ道を迎える30代
迷いながら信じた道を突き進む40代
残り時間を意識して選択する50代
自分を確立し始める60代
 
どの年代もあっという間に過ぎる。



0115

曇り空
雪を作り冬支度

【まどか】

















人生はくねくねと曲がった道を歩くに似ている。
真っすぐに歩ければいいのだが、そうはさせてくれない。

ただ懸命に働けば働くほど、道は拓ける。

たぶん「働く(ひとが動く)」とあるように、頭で歩くのではない
足の裏で歩くことが重要なのだと思う。

新年にあたり高い目標を掲げることは当然大切だが、
頭で頂上ばかりを見ていては、姿勢が崩れ足もとが疎かになる。

大事なのは、一歩一歩の歩みだ。

一歩前へ、一歩前へと着実に歩を進めていれば、
曲がりくねった道も、振り返れば真っすぐに見えよう距離が出来ている。

足の裏でしっかりと大地を踏みしめていることを感じて、一歩一歩歩んでいこう。
その一歩一歩の歩みこそが私の道だ。

本年もよろしくお願い申し上げます。

元旦



0101


曇り空
風を起こす冬の道

【まどか】

2018年1月1日 初日の出










岩城真珠 本日の逸品 真珠ネックレス











明るい未来

今日で仕事納め。
今年も一年間楽しくお仕事が出来ました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

このブログはあまり調子のよくない時に、少しでも前に進んでいけるよう書き始めたました。
振り返ってみますと1997年3月10日が最初だったので20年続いてます。

昔の記述を読み返していろいろ思うことはありますが、
今から過去が始まるはずがないし、現在はどんどん後ろに飛び去って行くわけだから、
ぼくたちが見ている前は未来しかないんですね。

そのように書き連ねていまここに到達しているわけです。
天から与えられた未来というモノをどのように活かすか、ひとそれぞれだと思いますが楽しい未来を期待したいです。

「明日という字は、明るい日と書くのね」と歌があったように、
明日を信じて”なれる最高の自分”を目指していきたいとおもいます。


よいお年をお迎えください。
岩城達夫



1228

雲覗く
光が差して朝の色

【まどか】

















変わる

「人生は変わる」って言うけど、一体なにが変わるんだろう?
そもそも変わらない人生なんてないのに。

なのになんで今年も後戻できないような気持ちとか
自分が変わってしまった気持になるのだろうか?

きっと大切にしているモノがあるんだろうね

今年もあと少し
ありがとうございました。


1227

青空に
雲の花が咲く朝日

【まどか】























Christmas!

クリスマスは、商売からくるものじゃない。
たぶん…クリスマスは…もう少し意味の深いものだと思う


Maybe Christmas doesn’t come from a store.
Maybe Christmas… perhaps… means a little bit more




1225

冷たさに
早足になる朝の道

【まどか】

























人生と仕事

仕事と人生はひとつである。
仕事をはなれて人生はない。

だから生きている限りは、毎日挑み続けなければならないと思っている。

デール・カーネギーの残した言葉に
「この世で重要なことのほとんどは、
 全く希望がないように見えたときでも挑戦し続けた人々によって成し遂げられてきた。」
とある。


今年もあと少し、よしやるだけ!

Most of the important things in the world have been accomplished by people who have kept on trying when there seemed to be no hope at all.
by Dale Carnegie



1222

曇り空
道に開く冬の空

【まどか】

















働き方

仕事の下手な人は同じことを何度もずっとやっている。
メリハリがない。
反対に上手な人はオンオフがものすごくハッキリしている。

仕事そのものが趣味の私はどうしたらいいのだろうか考えた時期があった。
一つ試したことの中に、仕事の中で新しいものを生み出すという目標を定めた。
なぜならば新しいものを生み出すには、ある程度の時間というか、心の余裕「遊びのこころ」が必要になるからだ。

絵画を観る、音楽を聴く、山に登る、・・・・
仕事を離れ感性を豊かにすることは大切なことです。



1219

冷たさに
冬の足跡響く朝

【まどか】















ほんの少しの意識

できない人は言葉で説得し
できる人は行動で説得する

できない人は話したがり
できる人は聞きたがる

できない人はお金を求め
できる人は成長を求める

できない人は過去にこだわり
できる人は未来にこだわる

できない人は不可能と思い
できる人は可能と思う

できない人は他人のせいにして
できる人は自分のせいにする

できない人は一人で頑張り
できる人はみんなで頑張る

できる人もできない人も
能力にほとんど差はない
ほんの少しの意識の違いによって
結果に差が生まれる。






1209


風吹けば
空を見上げて日を探す

【まどか】









人生泣き笑いで100

「シクシク」って泣きますよね。
「ハハハハ」って笑いますよね?
4×9=36、8×8=64で、答えを足すと100になります。
人生を100とすると悲しい事は36、嬉しい事は64、倍近くある!
どんなに号泣(5×9=45)しても半分以下。
人生泣き笑いで100。



1206

朝の道
北風吹いて早歩き
【まどか】











ち・ち・ち


知、痴、稚、の3つを大事にしなさい。




1130

雨の後
雲の中には虹一つ
【まどか】
















主体性

主体性がなければ

    人生の意味を見出すことは難しい。



1129
雨の音
秋を歌う空の声
【まどか】

















過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ