今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

後悔先立たず

今なら判る。
あの時にもう少し頑張っていたら、もっと出来ただろう。
でも、これが現実だ!
今の自分にできることを精いっぱいやるだけ。


未来の自分(3年先)から、今の自分を見る。
今の自分を褒めてやろうぜ。
そんな自分になろうぜ。


千夜一夜物語で夢を語れる癖をつける。
常に1000日の事業計画書を書き続けよう。
よし!やるだけ。



1210



朝色に写る紅葉が作る道
【まどか】








守破離

成功するために、成功法則を学び、成功法則を手放す。

よし!やるだけ。




1206


落ち葉に落ちる朝の光
【まどか】















悠悠閑適

スケジュールが埋まってないと、その空間だけ何もしていない気になる。
工程表に記入されていない時間帯が勿体ないと考えてしまう。

わたし達は、空白を埋めきってしまうことは決して良いことではないにもかかわらず空白を恐れる。
何もない=サボってると刷り込まれているのだろうか。

然しながら、人は一人だけの時間が必要。



1113


ゆらゆらと太陽撫でる秋の木々
【まどか】











正しいとは。

人が成功するには
「能力」×「熱意」×「考え方」
だと、京セラの創業者である稲盛和夫さんは説く。

能力と熱意はある程度テクニック的な要素が含まれるが、考え方は別のものに思える。

考え方は「正しい考え方」と「間違った考え方」がある。
能力が無かったら0、熱意もなかったら0だが、考え方は悪ければマイナス100である。
能力100% × 熱意100% × 考え方−100% = 最悪な結果となる。

正しい考え方とは何ぞや?
誰が正しいと判断するのだ?

簡単なようで深い。
稲盛さんのこの言葉「能力」×「熱意」×「考え方」に出合って10年以上になるが、
毎回考えさせられる。



1108





青空に浮かべる雲に秋写し
【まどか】











徹底

ちょっとしたことを徹底してやってみよう。

まず、お客様とのお話を後でメモしてみよう。
お話をちゃんと聞く人は多いと思うがメモする人は少ない。

このちょっとした「最初の一歩」を徹底した人が凄い人になる。


会議でも、年下の社員との会話や新聞記事でもよい。
徹底してやることを習慣化した者だけが見れる風景がある。


1025


青空に飛ぶ鳥泳ぐ秋の風
【まどか】

数字

何気ない会話の中で「あれ?、なぜ?」と思ったら数字を確認してみる。
数字を見たらその裏を推測してみる。
この習慣が大事。

色んなものが繋がって見えてくる。


1023


風吹けば秋の足音響く町
【まどか】








ホラを吹く

今の時代は昔と違う。
夢物語のようなことでも、口に出すと実現してしまう。

少し前なら会社を創るにも、「ひと」「かね」「もの」と基本があると言われていた。
然し今の時代それぞれが全くなくても、相当大きな組織を作ることが出来る。

一年後にどんな自分になっていたいかを明確に描けるならば実現できる。
大きなことを言ってもイイ。
なりたい自分を思い描くことが大事。

目標を口に出す習慣をつくろう。
よし!やるだけ。


1018


雲開けて秋の空気に浸る朝
【まどか】







倖せ

悲しいことや、つらいことは放っておいても向こうからやってくる。
でも倖せは自分が捕まえに行かなければ掴めない。

だから歩け歩け、
一歩でも前に向かって歩け!



1015


雨音に伸びる足音秋の色
【まどか】








マンネリ

社長業にも飽きはくる
 
課長は1年、部長は3年、役員は5年、社長は15年もやれば、たいがい飽きる。
社員の立場からみれば飽きないと思うだろうが、大企業のトップでも飽きは来る。
それをマンネリと呼ぶこともある。

それはともかく、ある程度今の仕事を続けているとマンネリになってくるのは、いまの地位が頂点でないと言う事。
もっとすべき事柄があり、目指す道があると言う事だと考える。



1012


青空に足跡残す雨雲色
【まどか】







社長は常に夢を語り続ける必要がある。

現場を見て、理念を語り、働く必要性を説いても社員は動かない事が多い。
頭で判っていても動けない。
現場で働く人には、ここで働くことによって、どれだけ幸せになれるかという夢を語らなければならない。

幸せは向こうから歩いてこない。
幸せになろうな、と言い続けるから幸せになれるのだ。

社長は正しい夢を語り続けなければならない。



1005


朝色に染まる草木に歌う秋



会社は規模ではなく、質で維持することが大事。

「優良企業」と評価されたら注意したほうが良い。
優良企業のお墨付きを与えるのはお客様じゃない、金融機関や外部の評論家。

わたしは、小さくても質の良い会社を目指したい。


1001



雨の音秋の足音させる空
【まどか】



















自問自答

わたし達は一日に3万回も4万回も自分に質問を投げかけ、自分自身と対話しているという説がある。
数字の根拠は判らないが、それでも相当数の自問自答を繰り返していると思う。

もし、それらがすべてネガティブな発想に基づいた問いかけだとしたら怖いものがある。
出来るだけ自分の意思でポジティブな問いかけに変えてみよう。

ようは癖付け。
よし!やるだけ。



0928


雲敷いて雨の準備に急ぐ空
【まどか】














それでも夢を

何から何まで 真っ暗闇よ
筋の通らぬ ことばかり
右を向いても 左を見ても
馬鹿と阿呆(あほう)の 絡み合い
どこに男の 夢がある

作詞:藤田まさと


それでも夢を持たなきゃ・・・・
昔の歌に共感することも多い。


0927


空の色秋に染まる雲のあと
【まどか】



















人生は旅だと言うのであれば、旅にも生涯があるのだろう。
幼年期があり、少年期を迎え、青年期があり、壮年期になり、やがて老年期を迎えるのか。

そして一度行った場所にもう一度訪れたいと思うとき、旅は老年期に差し掛かっているのだろうか?

なにを体験しても、どんな些細なことも新鮮で楽しかった旅。観るものすべてが新鮮で心が満たされた。
それが、歳をとると昔のものが懐かしくなってくる。
また、どのような体験をしても、これは以前どこかで経験したよなと感じてしまう。
旅の途中で見る風景も、以前どこかで見たのではないかと記憶に確かめたくなる。

ビジネスも旅と似てるよな。
新しいビジネスの旅に出なくてはならない時に差し掛かっているのかも。



0926

鈴の音朝に歌う秋の声
【まどか】













経営計画

今の情勢を前提に経営計画を立てない。

現在は戦後二番目の景気拡大のサイクルに入っている。
このままの状態で来年の2月まで行けば戦後最長の景気拡大となる。
果たしてどうなるか?

景気とは循環だ。
これから立てる事業計画は社会が停滞期に向かうと考えた方がよい。

メディアは盛んに2020年のオリンピック効果を謳うが直接投資金額は約2兆円。
それも数年かけての総投資額
日本の国家予算は97兆7128億円だが、その中で一般会計費の公共事業予算は約6兆円

毎年6兆円近いお金を公共事業に投資して国の活性化を図っている事実を考えれば、わずか2兆円でメディアが騒ぐほど日本が景気良くなるとは考えづらい。

外野の無責任な言葉に惑わされず、自社を取り巻く業界と社会の流れを鑑み事業計画を立てなければならない。


MIZUHO Oneシンクタンクレポート(東京オリンピック)
財務省 平成30年度予算





9020


秋風に揺れる木々が夏仰ぐ
【まどか】













不安

今が不安なのは全力で取り組んでいないから。

よし!やるだけ。



0913


朝色に染まる草木に歌う秋
【まどか】












目標を持つこと

自分で目標をしっかりと持っていないと、目の前にチャンスが来ても判らない。

そもそもチャンスがないと言っている内は、自分が何を望んでいるのか判っていない時。
だからどんな高い目標だろうと持った方がよい。



0827


雲並べ夏の空を飾る風
【まどか】














公言

日本一だと公言したとしても、日本一になれるとは限らないが、
日本一になるんだと、強く思わないと日本一になれないと思う。

やはり、言葉は形になる!


大阪桐蔭高校
おめでとう!


0823


キラキラと輝く道に夏の影
【まどか】













努力

一流の人ほど努力する。

別の見方をすると、努力する習慣を身につけている。
努力が才能を開花させる。

努力を馬鹿にせず、当たり前にコツコツすること。
よし、やるだけ!


62歳の一年間も楽しかった。
ありがとうございます。



0731


ムシムシと夏を彩る朝の道
【まどか】



























評価とは

「努力」だとか「一生懸命」も
思いのエネルギーみたいなもので、
心がけようと思ってできるものではないんです。
 
ふと気がつくと周囲の人から
「努力したね」、
「一生懸命やってるね」
 と評価される。
 
そこで初めて自分は努力したんだと、
気づくだけのこと。




0726



影探し日向が描く雲に乗る
【まどか】






















時計

人の時計を覗くな!
人には人のサイクルがある。

人の時計を見ると、どうしても自分と比較してしまう。
自分の時計の速度で動けばいい。他人の時計の進み具合は関係ない。
人の時計を覗くな!



0720


キラキラと夏に輝く緑の羽
【まどか】























ロシア

サッカーワールドカップ応援でロシアに来てます。
今からセネガル戦のエカテリンブルグに向かいます。

これからの2週間は更新が不定期なります。


0622


草揺らし雲の鍵盤雨歌う
【まどか】












自然に、でも前向きに!

吉田拓郎が、イメージの歌
「誰かが言ってたぜ俺は人間として自然に生きているのさ
 自然に生きるって わかるなんてなんて不自然なんだろう」と歌ってた。
あれから48年もの月日が過ぎ去ったが、その歌詞は心の奥族に残る。

長い長い坂道を登ってきた思うことは、振り返って誰もいなくたって登らなければならないんだと。
人生においては、どんなことがあっても登るべき山は登らなければならないと。
何も知らなくったっていいんだ。
目の前の坂を上ってごらん、そしたら頂上にたどり着く。

一つの山の頂上にたどり着いたら、もっと高い山の頂上を目指すというのは物事の自然な流れ。
つぎの山は自分で決める。

成り行きによっては、思い通りの場所にたどり着くこともあるかもしれないが、
自分が行きたいと思うような場所にたどり着くことが望みならば、
決してそのような場所が見つかることなくあてもなく漂流してしまうだろう。

人生とは下りのエスカレーターに乗っているようなもの。
ボーとしていたら、どんどん下の階に降りて行ってしまうぞ。

人の道は前進するか後退するかのどちらか。
自分でよく考えて、正しいと思う方向に向かわなければならない。

16歳の時に拓郎さんに出合って深く考えることが出来た。



0621


朝色に地面が染まる夏の朝
【まどか】

























セルフイメージ

知らない事、また経験値が少ないのがったら、それはあなたの武器です。

人間歳をとれば、あまた知識は増えるし経験値も上がる。
これから起こることに対して、自分の頭の中に蓄積されたデーターに基づいて判断が出来る。
だから年配者は経験に基づいて「ミスを防ぐ」思考に陥りやすい。

これに対して、大きな目標を実現できるかどうかは、
自分が自分に対して、どのようなイメージを持っているかによって決まる。

大きな目標を立てるためには、自分の実績や能力ではとても達成できないという思い込みをなくさない限り、必要なアイディアや実行力は沸いてこない。

今までの経験が邪魔になってくる。
自分で自分をフォーマットしよう。

自分に対するイメージ 、「セルフイメージ」を変えよう。
よし!やるだけ!



0606



紫陽花が道照らす朝雨を待ち
【まどか】















紙とペン

働くことは体を動かすことだけではない!

一生懸命、汗を流して働くのは尊いが自己満足に陥りやすい。
「俺は今日も一生懸命働いた」と・・・・

しかし、紙とペンを手に取って部屋にこもっての作業はつらい。
頭脳労働は肉体労働の何倍も疲れる。
だから多くの人は頭を使わず、体や手先を動かす仕事を選択する。

収益率はどちらが高いのだろうか?
需要と供給の原理を考えれば、机の上に大きな利益が転がっている。

週に一度、半日部屋に籠っての作業が会社の収益を高める。






0601

飛び回る鳥が夏を唄う朝
【まどか】






















人生の第二章

2018年は私にとってチャレンジの年なので、こだわりを外しにいってみた。

1個プライドを捨て、1個こだわりを外す。

「絶対ヤダ」とか「絶対無理」と思っていたことに挑戦すると何かがきっと起こるはず。
よし!やるだけ。




0525


キラキラと肌を走る夏の光
【まどか】















過去から未来が生まれる。

「他人がどう思うかではない。自分がどう生きたかだ。」

不思議な言葉だ。
「どう生きるか」未来形ではなく「生きたか」と過去形になっている。

人の一生などあっという間だと若い時から言われ続けてきた。
今になって本当にあっという間だと実感出来るが、振り返ってみれば「過去形」の考え方を身につけてから人生が変わった。

自分の人生だから、人様に迷惑をかけない事であれば情熱を持ってやりたいことをトコトンやり抜き、後悔しない生き方をしたい。
そして、そのためには人をだましたりせず、誰に対してもやましいことなく正々堂々と生きる。
昔の道徳の本に書かれていたような王道な生き方がある。

たった一度の人生を悔いなく生きるためには、他人からどう思われようと関係ない、自分に正直でさえあれば良い。



0514

風遊ぶ枝の先に夏が見え
【まどか】


















本日の逸品 南洋真珠ブレスレット


まず捨てる

振り返って考えれば、
わたしは職を失ったおかげで自分がしなければならない別の仕事を見つけることが出来た。
もう立ち直れないと感じたほどの喪失感を味わったおかげで、自分がやらなければならない本質を見つけた。

いまならそう言える。



0501

吹く風に夏の匂いが混じる朝
【まどか】















本日の逸品 あこや黒真珠ネックレス

水を浴びせられ、

ドロドロになった地面の方がきれいな花を咲かす。



0426

雨音に春の歌声柔らかく
【まどか】













本日の逸品 インビジブルあこや真珠ペンダント

時代の変化

1995年は一つの時代が動いた年と言える。
1月17日に阪神大震災が神戸を中心に関西を襲った、私も個人的に甚大な負債を抱えてしまった。
3月20日に地下鉄サリン事件が東京都内を混乱に陥れ、11月23日の勤労感謝の日にWidows 95日本版が発売発売されコンピューターの時代が始まった。

この1995年を境に日本は大きく動く。

1997年11月に山一證券、三洋証券、北海道拓殖銀行と立て続けに潰れ、翌年には長銀も経営破綻してしまう。
絶対潰れないと言われていた、東証一部の大企業や金融機関が倒産する時代に突入した。

あれから20有余年、ジェットコースターのように時代は激しく変化したと思ったが、日本にGDPは500兆円を少し超えただけで殆ど変化をしていない。
中国は約20倍、インドは6倍、アメリカやドイツも2倍以上の成長をしている。
先進国で唯一経済的に成長しきれなかったのは日本だけだった。

この20年で何が変わって、何が変わらなかったのだろうか?
なぜ変わらなかったのだろうか?

いま私たちが生きているこの2018年は1995年当時の匂いと似通っている気がする。
大きな変化の予兆であることは確かだが、AIなのかIPS細胞なのか、まだ知り得ていない何なのか分からないが日本のターニングポイントである気がする。

2020年は大きく世界経済が動くと言われて久しいが前兆なのだろうか。
再び時代の変化に立ち会える幸運に感謝したい。



0411


ゆらゆらと揺れる花びら春扇ぐ
【まどか】













本日の逸品 バロックあこや真珠ネックレス

過去の ブログ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
お薦め書籍