今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

こころざし

 自分の会社を大きくして自社ビルを建てる。
 社員を100人雇う。
 お店を全国に広げる。

夢を持つことは悪くない。
然し、今一度考えてみよう。


夢は自分だけのものだが志と使命は社会のため。

よって、企業は社会の公器であるのだから夢だけを語っていてはいけない。
社会とともに発展していく志と使命が必要だ。

もっと言えば、志や使命を優先させると夢はかなう。
いつの間にか叶う。


1020
影写す光の道が朝かける
【まどか】





















出逢い

出逢うべくして出逢う。
出逢いは新たな道を作る。
出逢いは新たな力を生み出す。

出逢いを大切にしたい。


1018
頬撫でる冷たい風が秋知らせ
【まどか】


















Will

「悲観主義は気分のものであり、楽観主義は意志のものである」

“Pessimism comes from our passions; optimism from the will.”

およそ成り行きにまかせる人間は気分が滅入りがちなものだ 。
いずれにせよ、「あぁ大変だ〜」と思うか「何とかなる」と思うかの差は、
passion(気分)かwill(意志)の差。

アラン Alain



1016
雨音に起きる朝日がかぶる雲
【まどか】













未来は楽しい

どうなるのか分からないこと。
予想ができないこと。
そういうことを「不安なこと」と捉えるか「期待」と捉えるか。

そのどちらを選ぶかによって、
私たちのまだ決まっていない未来は限りなく選んだことに近づく。

「不安」という道を選べば不安な方向に
「期待」という道を選べば期待の方向に

どちらを選んでも自由だし正解ですが、
一生に一度きりの人生ですから、自分に「期待」してみたいですよね。


1005

青空に
赤い屋根が
光る朝
【まどか】 Paris













人生

人生は死ぬまでの暇つぶし。

もっと肩の力抜いて、自分の本音に素直になって、好きに生きていいよ。


1003

雨のあと
秋風吹いて
乾く空
【まどか】 Paris














美とは、物語を凝縮して見せることである。

何故、絵画を見て感動するかといえば
そこに制作者の物語が見て取れるからである。

商品も同じ。

その商品に作り手や会社の物語がお客様に伝わった時、美しく思う。



0931

青空が
急に泣き出す
雨の音がする
【まどか】Belgium














勉強

いくら自分に完璧を求めても、完璧な人間なんてどこにもいない。

結局、自分や他人の失敗から、学んでいくしかないんだ。


0915
爽やかに
朝を走る
風の音
【まどか】

















意志

寒さにふるえた者ほど太陽を暖かく感じる。
人生の悩みをくぐった者ほど生命の尊さを知る。

アメリカの詩人、ウォルト・ホイットマンの言葉だ。

人生で起こること全てに意味がある。そう考えられる人は強い。
何しろもともと人生に意味などない。
その虚無からそれを見つけ出すその「意志」に、価値があるのだ。

人生は短い。
その短い人生は、自らの意志によって構築されている。


0911
涼しさに
昨日の日向を
思い出す
【まどか】













発酵

世の中に「2対6対2の法則」というのについて聞いたことがあるでしょうか。
どんな会社にも2割の優秀の社員がいて、全体の8割の売り上げを作る。
逆にダメ社員も2割います。

そして残り6割は日和見社員で、2割の優秀な社員が社内での影響力が大きくなっていると6割の日和見社員は優秀社員に引っ張られて、
8割の社員が優秀になって会社の業績アップに貢献してくれるようになります。

ところがダメ社員の社内での影響力が強くなると、6割の日和見社員はそちらに引っ張られ、
8割がダメ社員となって、会社はとんでもないことになるというわけです。

生物の世界でも同様のことが起こるようです。
細菌の世界でも「2対6対2の法則」に似たものがあります。
2割の善玉菌と2割の悪玉菌、そして6割の日和見菌で構成されています。
善玉菌が強いと日和見菌も影響を受けて、8割が善玉菌となります。これを「発酵」といいます。
逆に悪玉菌が強くなると、日和見菌が引っ張られて、8割が悪玉菌になります。これを「腐敗」といいます。

会社組織の腐敗という言葉は昔からありますが、会社の発酵とは言いえて妙です。
自然界から学ぶことはまだまだあります。


0829
きらきらと
開く葉に見る
初夏の色
【まどか】


















未来

「未来を予測する最良の方法は、それを発明してしまうことだ」
(The best way to predict the future is to invent it.)


未来は、あらかじめ引かれた線路の延長上にあるのではない。
それは、われわれ自身が決定できるようなものであり、
宇宙の法則に逸脱しない範囲で、われわれが望むような方向に作り上げることもできるのである。



0822
夢の跡
蝉の鳴き声
響く空
【まどか】















未来

科学革命は歴史に終止符を打ち、何かまったく異なる展開を引きを起こす可能性が十分ある。

全く新しい未来に向かっている。


0818



















革命

歴史の筋道は、3つの重要な革命が決めた。

約7万年前に歴史を始動させてた認知革命、
約1万2千年前に歴史の流れを加速させて農業革命、
そしてわずか500年前に始まった科学革命だ。


0817














歴史

およそ7万年前、ホモ・サピエンスという種に属する生き物が、なおさら精巧な構造体、すなわち文化を形成し始めた。

そうした人間文化のその後の発展を「歴史」という。


0816





















生物学

およそ38億年前、地球と呼ばれる惑星の上で特定の分子が結合し、格別大きく入り組んだ構造体、
すなわち有機体(生物)を形作った。

有機体の物語を「生物学」という。


0815
散らばる雲
朝の空に
描く夏
【まどか】















科学

物質とエネルギーは、この世に現れてから30万年ほど後に融合し始め、
原資とよばれる複雑な構造体を成し、やがてその原子が結合して分子ができた。

原子と分子とそれらの相互作用の物語を「科学」という。


0814
雨の中
風に耐える
蝉の羽
【まどか】















物理学

今からおよそ135億年前、いわゆるビッグバンによって、物質、エネルギー、時間、空間が誕生した。

私たちの宇宙の根底を成すこれらの要素の物語を「物理学」という。


0810

草の木に
雫が止まる
夏の朝
【まどか】


















自分の命は自分のものではない。
すべて与えられたものだ。
その自覚こそ、自分の花を咲かせる土壌になる。



0808





















本気

なんでもいいからさ 本気でやってごらん
本気でやれば たのしいから
本気でやれば つかれないから 
つかれても
つかれが さわやかだから


相田みつを



0807











努力

人間は、善いことも悪いこともする動物。
そして、善いことをすれば気持ちがイイ。これが情熱の源。

 情熱 × 粘り強さ = やり抜く力(努力)

 努力 × 才能 = スキル(技術) 

 スキル × 努力 = 達成

全てのことは努力によって成し遂げられる。



0802
むしむしと
暑さが募る
蝉の声
【まどか】















娘、2

「娘に甘いは親父の習い」と言いますが、
大変な思いをして育ててもいつか旅立っていくのだと思うと侘しい。

また、「娘一人に七蔵あける」との諺があるように、とにかくお金が掛かる。
それもこれも、将来幸せになってほしいとの親心ですね。

I empty seven storehouses when I have a daughter.



71102
じわじわと
蝉の鳴き声
滲む汗
【まどか】



















人生


  一瞬一瞬の積み重ね。



0630


















僕達はまだ 途中

生きている限り 人生にバッドエンドはない。



0628
曇り空
光るように
咲くお花
【まどか】






















決めるのは自分。

迷ったら、遠い道を選べ。

近道なんぞ選ばず、遠い道を選べ。




0621
葉を揺らし
紫陽花奏でる
雨の音
【まどか】
























その第一歩

十里の旅の第一歩    
百里の旅の第一歩
同じ一歩でも覚悟が違う

富士山に登る第一歩  
三笠山に登る第一歩
同じ一歩でも覚悟が違う

どこまでいくつもりか   
どこまで登るつもりか
目標がその日、その日を支配する。

後藤静香


0616
朝の風
昼の暑さを
忘れる夏
【まどか】





















Rain

Some people feel the rain. Others just get wet.

Bob Marley


雨を感じられる人間もいるし、ただ濡れるだけの奴らもいる。



0612
紫陽花が
顔を上げて
雨を待つ
【まどか】



















成り上がり

今日は6月9日金曜日
6月9日は「ロックの日」だとか。
日本でのロックミュージシャンと言えば、矢沢永吉だろう。

 成りあがり。
 大好きだね、この言葉。素晴らしいじゃないか。
 こんな、何もかもが確立されきったような世の中で、成りあがりなんて… 
 せめて、やってみろって言いたいよ。


矢沢さんと恭蔵兄さんは、私の永遠のあこがれです。



0609


























モノは捉えよう

夏が来るなぁ
その前に梅雨の季節がやってくる。
毎年のことだが湿度が高いのはどうも苦手。気持ちも晴れない。

しかし人間って不思議。
先日インドで40度を超える気温の中を歩いたが、さほど苦にならなかった。
あぁインドに居るんだと、少し誇らしげでもあった。

ものは考えようで、楽しいと思えば楽しいものだ。
以前見た蛍の夜のことを思い出す。

蛍は夏の風物詩だが、湿度の高い夜にこそ草むらの中から湧き出て雅な光を醸し出す。
その小さな光を見て爽やかさを感じるのは私だけではないだろう。



0529
虫の音
まだ聞こえぬ
夏の朝
【まどか】



















人生

一度だけの人生だ。
だから今この時だけを考えろ。
過去は及ばず、未来は知れず。

死んでからのことは宗教にまかせろ。


中村天風




0512
道端を
流れる風が
アザミ撫で
【まどか】



















欲望

欲は全ての進化と向上の源泉である。
欲を押さえつける必要など少しもない。
求めれば求めるほど愉快になり、楽しくなるのが本当の欲である。

しかも、人の喜びが自分の楽しみとなるものが最も尊い。
この尊い欲の炎をもっともっと燃やすことである。

中村天風


0511
道端を
流れる風が
アザミ撫で
【まどか】
























インドで感じたこと

心が小さくなった時は
天を仰いで
大きく息をしよう

大宇宙の無限の力を吸引摂取しよう



0508
曇り空
穴が空いて
青空に
【まどか】



























過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ