今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

僕達はまだ 途中

生きている限り 人生にバッドエンドはない。



0628
曇り空
光るように
咲くお花
【まどか】






















決めるのは自分。

迷ったら、遠い道を選べ。

近道なんぞ選ばず、遠い道を選べ。




0621
葉を揺らし
紫陽花奏でる
雨の音
【まどか】
























その第一歩

十里の旅の第一歩    
百里の旅の第一歩
同じ一歩でも覚悟が違う

富士山に登る第一歩  
三笠山に登る第一歩
同じ一歩でも覚悟が違う

どこまでいくつもりか   
どこまで登るつもりか
目標がその日、その日を支配する。

後藤静香


0616
朝の風
昼の暑さを
忘れる夏
【まどか】





















Rain

Some people feel the rain. Others just get wet.

Bob Marley


雨を感じられる人間もいるし、ただ濡れるだけの奴らもいる。



0612
紫陽花が
顔を上げて
雨を待つ
【まどか】



















成り上がり

今日は6月9日金曜日
6月9日は「ロックの日」だとか。
日本でのロックミュージシャンと言えば、矢沢永吉だろう。

 成りあがり。
 大好きだね、この言葉。素晴らしいじゃないか。
 こんな、何もかもが確立されきったような世の中で、成りあがりなんて… 
 せめて、やってみろって言いたいよ。


矢沢さんと恭蔵兄さんは、私の永遠のあこがれです。



0609


























モノは捉えよう

夏が来るなぁ
その前に梅雨の季節がやってくる。
毎年のことだが湿度が高いのはどうも苦手。気持ちも晴れない。

しかし人間って不思議。
先日インドで40度を超える気温の中を歩いたが、さほど苦にならなかった。
あぁインドに居るんだと、少し誇らしげでもあった。

ものは考えようで、楽しいと思えば楽しいものだ。
以前見た蛍の夜のことを思い出す。

蛍は夏の風物詩だが、湿度の高い夜にこそ草むらの中から湧き出て雅な光を醸し出す。
その小さな光を見て爽やかさを感じるのは私だけではないだろう。



0529
虫の音
まだ聞こえぬ
夏の朝
【まどか】



















人生

一度だけの人生だ。
だから今この時だけを考えろ。
過去は及ばず、未来は知れず。

死んでからのことは宗教にまかせろ。


中村天風




0512
道端を
流れる風が
アザミ撫で
【まどか】



















欲望

欲は全ての進化と向上の源泉である。
欲を押さえつける必要など少しもない。
求めれば求めるほど愉快になり、楽しくなるのが本当の欲である。

しかも、人の喜びが自分の楽しみとなるものが最も尊い。
この尊い欲の炎をもっともっと燃やすことである。

中村天風


0511
道端を
流れる風が
アザミ撫で
【まどか】
























インドで感じたこと

心が小さくなった時は
天を仰いで
大きく息をしよう

大宇宙の無限の力を吸引摂取しよう



0508
曇り空
穴が空いて
青空に
【まどか】



























白河夜船

人生は長い!
時には休息も必要。

明日から世間はゴールデンウイーク
白河夜船の高イビキとするか。
という事で、何十年目なのか初めてなのかわかりませんが、
ゴールデンウイークに仕事をしないでお休みします。
ありがとうございます。



白河夜船とは、何が起きても気づかないほど、ぐっすり眠っていることのたとえ。
また、知ったかぶりをすること。

白河は京都の洛外。
「京都を見物してきた」と嘘を言った者が、白河のことを聞かれて川の名前だと思い、
「夜中に船で通ったので知らない」と答え、嘘がばれたという話に基づくとされている。



1216
見上げれば
新緑透かす
空の色
【まどか】



















幸福論

いまフランスは大統領選で揺れ動いている。
そのフランスで幸福についての名言を残したエミール=オーギュスト・シャルティエ。
彼はアランというペンネームで幸福論を数多く残した。
フランスという国はどこへ向かうのであろうか?


幸せだから笑っているのではない。笑うから幸せなのだ。


エミール=オーギュスト・シャルティエ(Wikipedia)
0425
桜の道
新緑見える
空の色
【まどか】














憧れと尊敬

尊敬をしても良いが、憧れ(あこがれ)は卒業しよう。

憧れは必ず裏切られる。
憧れは憎しみに変わってしまう。 



0413
曇り空
辺りを照らす
桜の花
【まどか】




















茶断ち

やり遂げたい目標があるときに、自分が一番好きなものを断つことがある。
それはお酒とか甘いもの、あるいはゴルフや釣りであるかもしれません。

目標が達成されるまでの間、
自分が一番好きなことを断つのですから、忘れることは決してありません。

しかし、自分が一番好きなことを断つのですから強い勇気が必要。
気軽に取り組みにくい欠点があります。

そこで有効なのが、目標を紙に書いて目につくところに貼る。
自分への広告戦略です。
ほんとうに気軽に誰にでも出来ることです。

今、何かやってる?


0412
ひらひらと
地面も染める
桜色
【まどか】





















きっと

丁寧に生きれば、きっとどこかにつながる。

心を込めた仕事をすれば、きっと結果がでる。

よし!今日もやるだけ。




0410
雨の道
足跡つける
猫のあと
【まどか】






















うるおい

「富は屋(おく)を潤し、徳は身を潤す」

豊かな財産があれば、家屋に潤いが出てくるように、
人間にも徳が備わっていると、その人柄に潤いが出てくる。

潤いのある人生を目指そう。


富潤屋、徳潤身(大学)





0407
朝に塗る
新しい空
春の色
【まどか】



















へた

へたでいい、へたがいい。
うまく書こうと思うな、
うまく書くことは自分を失うことだ。

感心させるな、感動させよ。
自分を小さく限定するな、
常識をぶち破れ。


原田正憲 書道家


0331
鳥の声
響く春の
朝の道
【まどか】


















パラダイムシフト

明らかに時代は変わった。

競争主義の数字だけを求める会社は利益を出せなくなっているが、
理念や内なるものを大切にする会社は発展している。


パラダイムシフト






0316
風の音
ドアをノックする
春一番
【まどか】
















君看よ双眼のいろ 

憂いがないのではありません
悲しみがないのでもありません
語らないだけなんです

語れないほどふかい憂いだからです
語れないほど重い悲しみだからです

人にいくら説明したって
全くわかってもらえないから
語ることをやめて
じっとこらえているんです

文字にもことばにも
到底表わせない
ふかい憂いを
おもいかなしみを
こころの底ふかく
ずっしりしずめて

じつと黙っているから
まなこが澄んでくるのです

澄んだ眼の底にある
ふかい憂いのわかる人間になろう
重いかなしみの見える眼を持とう

君看よ双眼のいろ
語らざれば憂い無きに似たり
語らざれば憂い無きに似たり

               みつを





0222





























10年後の自分

10年というのは1年×10回です。

1年というのは、1日×365回。
1日というのは1時間×24回。
1時間というのは1分×60回です。

一瞬一瞬の積み重ねが「時」

ぼんやりしていて、10年後にいきなり幸せになれるはずがない。
いま何をすべきかを考える。

10年後の未来は、今この瞬間の自分が創っている。





0202
雪の風
視界を遊ぶ
白い冬
【まどか】
















つもり

知っていると、出来るは違う。

素直になれ!
知っている「つもり」自分なりにやっている「つもり」じゃダメだ!
自分を信じて一歩踏み出す。



自分を信じるって素直でないとできないぞ。



0127
キラキラと
道を走る
朝の光
【まどか】














事業計画書

10年前と今を比較すると、自分の人生の足跡が見える。

事業計画書を作成すると、10年後の自分が見えてくる。




0125
雪雲が
空に蓋する
白い朝
【まどか】














鐘の音

祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色
盛者必衰の理(ことわり)をあらわす
おごれる人も久しからず

ただ春の世の夢のごとし
たけき者も遂には滅びぬ
偏に風の前の塵に同じ


祇園精舎(インドのお釈迦さまのお寺)の鐘の音は
「世の中に不変はない」と言っているように聞こえる。
沙羅双樹(ツバキの一種)の花の色は、
盛んな者は必ず衰えることを表している。
思い上がったふるまいをする者は長くは続かない。

それは単に春の夜に見る夢のようだ。
荒々しい強者もゆくゆくは滅びてしまう。
それは、いかにも風が吹くと飛んでいく塵と同じだ。

今年一年を振り返ると、平家物語の冒頭に書かれている祇園精舎を思い出す。
来る新年が平和でありますようお祈りいたします。



1226
光挟む
雲の間に
見える朝
【まどか】

















千夜一夜物語

今年を振り返り、どんな一年だったかを検証してみた。

まず、2016年はその前年2015年11月に起こったパリ同時多発テロの影を引っ張った暗い幕開けだった。
その嫌な気分は7月のニース・トラックテロ事件に引き継がれた。
ISIL(イスラム国)の問題は来年以降も世界に影を落とす。

政治的に衝撃だったことと言えば6月ヨーロッパでまさかまさかの英国EU離脱決定。
さらに12月4日にはイタリアの憲法改正国民投票でレンツィ首相が敗北し辞任した。
勝利を得たポピュリズム政党「五つ星運動」はEU離脱運動推進派。
英国のように経済が盤石じゃないイタリアがEUを離脱することは、自殺行為に等しいのだがこれからの流れが読めない。

アメリカは11月8日の大統領選で、民主党のヒラリー・クリントンと共和党のドナルド・トランプが対決し、多くの世論調査を覆しドナルド・トランプが勝利した。
アメリカもポピュリズムの勝利。

アジアでは5月にフィリピン・アキノ大統領が後継者として指名したマヌエル・ロハスを大差で破って、ロドリゴ・ドゥテルテ新大統領が誕生した。

いずれにしてもグローバル化が進んだ世界経済の中で、世界中の主な国が自国最優先のナショナリズムのトップを選ぶ流れとなっている。
自分のことで精一杯で他人のことなど気にしている場合じゃないと言わんばかりだ。
国と国との関係で不必要な摩擦を引き起こさなければ良いのだが。


2017年にはフランス大統領選とドイツの総選挙が予定されている。
今年生じたこの混乱は何処にしわ寄せが行くのだろうか?

いろんなことがありそうな2017年だが、自分の身の回りではどうだろうか?
年末までに、これからの自分の「千夜一夜物語」予想を考えてみる。
1001日後は2年と271日。それは、2019年8月27日


2019年夏は64歳だ。
う〜ん考えられん。

しかし、未来は確実に訪れる。



1219
日向探し
歩く朝に
背を押す日
【まどか】















一本の釘

自分が選んだただ一本の釘だけをいっしょうけんめいに叩け。

まわりに、どんなにおもしろい釘や変わった釘があらわれても、
その誘惑に乗らずに、あくまでも自分が選んだ釘を打ちつづけていくことだ。

そうしてこそ、初めて他人がまねることもできない深みにまで達しられる。


平賀亀祐




1124
朝の日を
キラキラうつす
水たまり
【まどか】












「証拠」

「喧嘩する」のは、一緒だった証拠。  
 
「つまずく」のは、進んでいる証拠。  
 
「裏切られる」のは、信じていた証拠。  
 
「失恋する」のは、愛していた証拠。  
 
「不幸になる」のは、幸せだった証拠。

「疲れた」は、頑張った証拠。

「失敗した」は、挑戦した証拠。

「もうやめようかな」は、まだ希望を捨てず、頑張ろうとしている証拠。

「素直になれない」は、それだけ愛している証拠。




1027
青い海
ぷかぷか浮かぶ
残る月
【まどか】




















嫌われる勇気

自分で起業家を選んだならば、嫌われる勇気が必要だ。

ひとは「好きな道を選べ」と諭してくれるが助けはしない。
そんな中、起業家の道を選んでしまったならば、
歯を食いしばって、みんなが遊んでる時も頑張って、さらに努力して結果を残さなければならない。

何か大きなことを成し遂げようとすれば、最低10年はかかる。
他にもやりたいことがあっただろうが、あなたはひとつの道に打ち込んで多少なりの結果を出した。

精神をすり減らし、肉体の限界まで努力して、
少しの高さかもしれないが、下界を見下ろせる山肌に立つ。


その時に気づく。
自分が嫌われていることに。
好きなことを選んだ代償として、究極のしっぺ返しがくる。

もちろん、味方も数多くいる。場合によっては熱狂的な信者もいるだろう。
しかし、かつてあれほど親しくしてくれていた友人は何故か自分を嫌っている。
かつての同僚は他人行儀である。「無関心」という野獣が牙をむく。

何故オレは嫌われるんだ?何も悪いことはしていない、迷惑はかけていないはずだ……
成功すれば成功するほど、いい奴だと思っていた者から無関心のほっかむりをして去っていく。

成功した起業家たちがひとクセもふたクセでもあるのは、そのためだ。

 何故か?

現代社会で最も羨望の的になる「好きなことを仕事として」やっているから。
その好きな仕事で結果を出してしまった時、身近な者の成功は、羨望から嫉妬に変わる。
そして憎悪に変わるのに時間はいらない。

簡単な話、あなたの成功は友人に対して「自分は無力だ」と自覚させてしまう。
そんな無言の圧力をかけている。
それ故、嫌われてしまうことになるのだ。

しょうがない、それが起業家の宿命だ。



1011
雲覗き
過ぎた後に
晴れた朝
【まどか】

































人間形成の三要素

1、先天的遺伝子的素質

2、逆境による試練

3、師や先輩




0929
雨流れ
道が出来る
窓の外
【まどか】

















Thinking Method from The GOAL

自ら考え、自ら答えを出す!

人からもらう「答え」ではなく、
自分で答えを出すための「問い」を求めよう。

教えてもらう癖が身についている限り一人前以上になれない。
GoodはGreatの敵である。
一人前で安住していたら一流にはなれない。

What do you want to be remembered for?





0923
雨上がり
雲がかかる
山の向こう
【まどか】

















生き方

見事な人生を生きた人たちは例外なく、

「物事を前向きに考える」
「感謝の心を忘れない」
「愚痴をこぼさない」
「明るく謙虚である」

という方向に、自分の心を鍛え続けてきた人たちである。




0921




















計画


計画は崩れた時に素早く修正するために立てるのであって、

計画通りに事を進めるためではない。




0830
青空に
雲が伸ばす
雨模様
【まどか】























過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ