今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

モチベーション

尊敬

人は心底尊敬した人から知らず知らずのうちに多くのものを学ぶ。




0627
紫陽花に
負けじと咲く花
空見上げ
【まどか】






























チャンスは平等

ブラックジャックを20回行ったとき、
20回すべて負けることはほぼない。

負けが続いていても、必ず良いカードが回ってくる時がある。
流れが来たら勝負に出る。
その準備はしておく。

もちろん失敗もあるが、チャンスを生かすとはその波に乗るか乗らないかです。


0626
ジメジメと
草木が乾く
朝の道
【まどか】




















今この一瞬

徳を積むには、何か大きなことをしてやろうというのではなく、
毎日毎日の小さな積み重ね。

一日一日を全力で生きていく。
それを十年、二十年と続けることが大事。


0619
雨降らぬ
首を傾げて
待つ紫陽花
【まどか】




















大丈夫

「大丈夫?」って尋ねて「大丈夫」って答える方は、大丈夫じゃありません。

何もないなら、『えっ?なにが?』という返事になります。



0615
さらさらと
流れる風に
雲が揺れ
【まどか】


















アジサイの花

今年は梅雨入り宣言をしてから好天に恵まれる皮肉が続く。

「雨は花の父母」と申しますが、
紫陽花の花を見るたび「少しぐらいは降ってくれても」と無い物ねだりをしてしまう。


今日も元気よく。
さぁやるだけ!

0614
朝の色
写す空に
雨の匂い
【まどか】




















雨垂れ

雨垂れ石を穿つ(あまだれいしをうがつ)

漢書・枚乗伝に「泰山の霤は石を穿ち、単極の航は幹を断つ」とある。

軒下から落ちるわずかな雨垂れでも、長い間同じ所に落ち続ければ、
ついには硬い石に穴をあける意味から。

今日も出来ることからコツコツと。
さぁ、やるだけ!


0613
雲ちぎれ
晴れ間が見える
雨の後
【まどか】


















成り上がり

今日は6月9日金曜日
6月9日は「ロックの日」だとか。
日本でのロックミュージシャンと言えば、矢沢永吉だろう。

 成りあがり。
 大好きだね、この言葉。素晴らしいじゃないか。
 こんな、何もかもが確立されきったような世の中で、成りあがりなんて… 
 せめて、やってみろって言いたいよ。


矢沢さんと恭蔵兄さんは、私の永遠のあこがれです。



0609


























欲望

人は際限なき欲望に翻弄されるが、
なかでも、名利ほど厄介なものないといわれる。

名利とは名聞利用養:良い評価に浴しつつ実利に潤うこと。

そこそこ評価されて、且つ、ほどほどの金運に恵まれたいと思うのは誰でも一緒。
然しながら、それで欲望は満たされるかと言えばそうではなく、それどこではなく、
それを機に、世間的評価と実利への期待が一生膨らむ。


0607
梅雨まだか
雨を待つ花
空を見る
【まどか】
















まず、深く考える。そして学ぶ。

まず本当に深く考えてみる。全身全霊で考える。
しかし自分の考えだけが正しいと思わないで、先人の言葉に耳を傾ける素直さが必要。
学ぶことによって、自分の考えたことが活きてくる。


子曰く、「吾嘗終日不食、終夜不寝、以思。無益。不如学也。」

吾嘗て終日食らはず、終夜寝ねず、以て思ふ。益無し。学ぶに如かざるなり。

私は以前、一日じゅう食事もせず、ひと晩じゅう寝ることもしないで、思索し続けたことがあった。
(思索も大切だが、書物や先生について)学ぶことには及ばないのである。




0606
涼しい風
夏の前を
通る朝
【まどか】

























商いの原点

お客様に喜ばれて、自分も喜べる。
そんな気持ちになれるもの。

だから、働けるとは幸せつくりに参加できることです。



0531







血のしょうべん

考えに考え抜いたら、だいたい考えた通りになる。
その通りにならないのは考えが足らないからである。


松下幸之助


0530
















モノは捉えよう

夏が来るなぁ
その前に梅雨の季節がやってくる。
毎年のことだが湿度が高いのはどうも苦手。気持ちも晴れない。

しかし人間って不思議。
先日インドで40度を超える気温の中を歩いたが、さほど苦にならなかった。
あぁインドに居るんだと、少し誇らしげでもあった。

ものは考えようで、楽しいと思えば楽しいものだ。
以前見た蛍の夜のことを思い出す。

蛍は夏の風物詩だが、湿度の高い夜にこそ草むらの中から湧き出て雅な光を醸し出す。
その小さな光を見て爽やかさを感じるのは私だけではないだろう。



0529
虫の音
まだ聞こえぬ
夏の朝
【まどか】



















本の字

本人 本当 本物
本心 本気 本音
本番 本腰
本質 本性
本覚 本願
本の字のつくものはいい
本の字でゆこう
いつでもどこでも
何をやるにも

   みつお



0323













変わる

未来のことは、歩きながら考えればいい。
大切なことは、歩き続けること。そして、変わり続けること。

変化しないものに、進化はない。


0522
さんさんと
背中を押す陽に
夏の風
【まどか】




















兆候

「兆候」の「兆」とは、古代の占いで、亀の甲を焼いてできる裂け目の形。
転じて、物事の起こる前触れ。きざし。しるし。気配。を表す。

自分の心に「兆」が現れた時、どのように動くかを神様から試されている。
立ち止まって「挑む」こともできれば、走って「逃げる」こともできる。

わたしたちは、心のあり方を常に見張って、
どんなことからも逃げずに挑むことが大切だと思う。




0519
傘をさす
月が明日を
教えてる


































欲望

欲は全ての進化と向上の源泉である。
欲を押さえつける必要など少しもない。
求めれば求めるほど愉快になり、楽しくなるのが本当の欲である。

しかも、人の喜びが自分の楽しみとなるものが最も尊い。
この尊い欲の炎をもっともっと燃やすことである。

中村天風


0511
道端を
流れる風が
アザミ撫で
【まどか】
























縁起

ぼやぼやしてちゃいけないよ。

人がつくった衛星が宇宙を飛んでる時代に、
縁起がどうのこうの、
日の良し悪しや、占いが、迷信が、なんて、

みんな自分自身に、消極的な暗示をかけているんですよ。


中村天風



0510
日が差して
夏の足音
肌に乗る
【まどか】













正直・親切・愉快

今日一日、怒らず、恐れず、悲しまず、正直、親切、愉快に生きよ。





0509
朝連れて
働くツバメ
円を書く
【まどか】












自分自身

金儲けの上手い人は、
無一文になっても自分自身という財産を持っている。


アラン


0427
雲ちぎり
春の光が
降り注ぐ
【まどか】
















上機嫌

本当を言えば、上機嫌など存在しないのだ。
気分というのは、正確に言えば、いつも悪いものなのだ。
だから、幸福とはすべて、意志と自己克服によるものである。

アラン



0426
緑の葉
せっせと伸ばす
夏の枝
【まどか】













幸福論

いまフランスは大統領選で揺れ動いている。
そのフランスで幸福についての名言を残したエミール=オーギュスト・シャルティエ。
彼はアランというペンネームで幸福論を数多く残した。
フランスという国はどこへ向かうのであろうか?


幸せだから笑っているのではない。笑うから幸せなのだ。


エミール=オーギュスト・シャルティエ(Wikipedia)
0425
桜の道
新緑見える
空の色
【まどか】














変わる

誰かのお役にたてればという思いで
具体的に一歩動くと、
人間は変わる。




0424
隙間から
覗く空に
春の朝
【まどか】





















最初は下手くそ

習い事を始めた頃は誰だって下手くそ。
しかし下手くそな頃は人に見られると恥ずかしいから、隠れて練習などする。
だが、「ある程度見られるようになって披露するのがカッコイイ」などと思っている人が大成した例はない。

まだ未熟で下手くそな時からベテランの人に混じって、馬鹿にされ、笑われて、それでも頑張っていれば特別な才能がなくても上達できる。
何故ならば、道を外したり我流に走ることもない。
そのまま練習し続ければ、馬鹿にしていた人々を超えて達人になっていく。
さらに、人間的に成長もするし、周囲の尊敬も得られるであろう。

今は天下を取った名人でも、最初は笑われ馬鹿にされた時がある。
そのような人からの習い事は、道は正しく、コツコツと道を誤らなければ、多くの人がその教えを授かることが出来るようになる。
どんな世界でも、同じである。


【徒然草 150段】
能をつかんとする人、「よくせざらんほどは、なまじひに人に知られじ。うちうちよく習ひ得てさし出でたらんこそ、いと心にくからめ」と常に言ふめれど、かく言ふ人、一芸も習ひ得ることなし。いまだ堅固(けんご)かたほなるより、上手の中にまじりて、毀(そし)り笑はるるにも恥ぢず、つれなく過ぎて嗜む人、天性その骨(こつ)なけれども、道になづまず、みだりにせずして年を送れば、堪能(かんのう)の嗜まざるよりは、終(つい)に上手の位にいたり、徳たけ、人に許されて、双(ならび)なき名を得る事なり。

天下のものの上手といへども、始めは不堪(ふかん)の聞えもあり、無下の瑕瑾(かきん)もありき。されども、その人、道の掟正しく、これを重くして放埓(ほうらつ)せざれば、世の博士にて、万人(ばんにん)の師となる事、諸道かはるべからず。


700年近い昔から人間の本質は変わっていない。

0421
曇り空
もくもく泳ぐ
雨の後
【まどか】


























ヘタは下手なりに

文字は下手だが、遠慮せずどんどん書き散らかしたら良い。
しかし、文字が上手くないからといって、人に代筆させてまでするは見苦しい。


徒然草 35段
手のわろき人の、はばからず、文書き散らすは、よし。
見ぐるしとて、人に書かするは、うるさし。


0420
雲の中
桜雨貯める
雨の匂い
【まどか】

















時の流れ

逝(ゆ)く者は斯(かく)の如きか。
昼夜を舎(お)かず。

論語:子罕第九


あるとき孔子が川の側にたたずんで、水の流れを見ながら言った言葉である。

「ああ、過ぎていくものはこういうものか、
 昼夜をおかず休まずに流れていくな」と。



0419
キラキラと
光る木々に
宿る春
【まどか】

















茶断ち

やり遂げたい目標があるときに、自分が一番好きなものを断つことがある。
それはお酒とか甘いもの、あるいはゴルフや釣りであるかもしれません。

目標が達成されるまでの間、
自分が一番好きなことを断つのですから、忘れることは決してありません。

しかし、自分が一番好きなことを断つのですから強い勇気が必要。
気軽に取り組みにくい欠点があります。

そこで有効なのが、目標を紙に書いて目につくところに貼る。
自分への広告戦略です。
ほんとうに気軽に誰にでも出来ることです。

今、何かやってる?


0412
ひらひらと
地面も染める
桜色
【まどか】





















下りエスカレーター

目標を達成するに当たって、3つの動きがある。
前進と停止、それに後退です。

目標を忘れるとすぐに停止し、そして後退が始まる。
ある程度の年齢に達すると、私たちの人生は下りエスカレーターに乗っているようなもの。
絶えず目標を心に描き、目標に向かって積極的に行動しなければ下がってしまう。

目標を完全に忘れているわけではないが、
仕事や日常生活を営むには、他にもやらなければならない事が沢山ある。

ただ目標を意識していないと、目標に対し停止し後退が始まります。
目標の達成に失敗する一番の原因は目標を忘れていることです。



0411
桜舞い
飛ぶ鳥低い
雨の中
【まどか】


















うるおい

「富は屋(おく)を潤し、徳は身を潤す」

豊かな財産があれば、家屋に潤いが出てくるように、
人間にも徳が備わっていると、その人柄に潤いが出てくる。

潤いのある人生を目指そう。


富潤屋、徳潤身(大学)





0407
朝に塗る
新しい空
春の色
【まどか】



















新年度

心機一転、組織の色んなものを変えてみよう。

直感はロジックの燃料。
興味のない事には直感は働かない。

まず改善についてのアイデアを理解し、着手することでさらに興味が増す。
自分が変われば組織は変わる。



0403
曇り空
切り裂くように
鳥が飛ぶ
【まどか】


















負のスパイラルを考える

良い習慣を持たないで生きていくことを常に考える。
習慣をもたないで生きた未来と、素晴らしい習慣をもって生きた未来、どちらが幸せだろうか。

損する自分を考えると、良い習慣をつくろうと努力できます。




0330
春風に
向かって泳ぐ
鳥の声
【まどか】


















過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ