今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

モチベーション

正義と悪

以前にも書きだしていたが、正義の味方と悪の組織はどこが違うか。

■正義の味方の特徴
1 自分自身の具体的な目標をもたない
2 相手の夢を阻止するのが生きがい
3 単独〜小人数で行動
4 常になにかが起こってから行動
5 受け身の姿勢
6 いつも怒っている

■悪の組織の特徴
1 大きな夢、野望を抱いている
2 目標達成のため、研究開発を怠らない
3 日々努力を重ね、夢に向かって手を尽している
4 失敗してもへこたれない
5 組織で行動する
6 よく笑う

他にもいろいろ特徴があるが、要するに正義の味方は傲慢で自己主張が激しい人だ。
でも傲慢な人になるのは難しいんだぞ。

謙虚になるのは簡単。
だが傲慢になるのには勇気が必要なのだと思う。
正しいかどうかわからないが、成功するためには「善い人」を捨てなければならない時があると思う。


0524


青空にさらさら流れる夏の風
【まどか】















経験したことのない時代

心に描いたものは必ず具現化していく。
より良い人生を生きていくためには、
心を綺麗にして善きことを思い描くことが非常に大事だと思っています。

特に、いまの時代は10年前と違う。
口に出すと短期間で本当に実現してしまう。

そんな時代を私たちは生きている。


0523



青々と風になびく道の草
【まどか】












学ぶ

学ぶということは、覚え込むこととは全く違う。
学ぶとは、いつでも、何かが始まることで、終わることのない過程に一歩踏み込むことである。

一片の知識が学習の成果であるならば、それは何も学ばないでしまったことではないか。
学んだことの証しは、ただひとつ。
何かが変わることである。



0522


青空の海に流れる白い雲
【まどか】












正しいこと

「楽しいことより、正しいことをしなさい」

楽しいことでも、正しくないことはたくさんある。
自分が取り組んでいる仕事が楽しいからと言って正しいとは限らない。

”いま自分は正しいことをしているか?“
すぐに答えは出ないかもしれないが、常に問いかける姿勢が大事。




0517

さらさらと道走る夏の風
【まどか】
























鍛錬

「千日の稽古を鍛(たん)とし、万日の稽古を錬(れん)とす」

五輪書:宮本武蔵



3年は続けないと鍛錬の緒もならない。


0516

ふわふわと漂う雲に夏浮かべ
【まどか】















キャリアの向上

人は3日で覚えたことは3日で忘れ、1ヶ月で覚えたことも1ヶ月で忘れる。
3か月で覚えたことも3か月で忘れれば、1年・2年かけて覚えたことでも何もしなければそれぐらいで忘れていくものだ。

しかし、3年もやり続けると、もう止めようなんて思わない域まで達している。
新たなステージに向かいたくなるものだ。

「石の上にも三年」幼少のころ母から繰り返し言われた言葉です。


0515













本日の逸品 あこや黒真珠ネックレス



重圧

リラックスして楽しいんでいるときは、動きもよくパフォーマンスも発揮できる。
しかしプレッシャー(重圧)を感じている時もそんなに悪い状態じゃない。

棒高跳びで1メートル50センチを跳べる人は1メートルでは簡単すぎて、2メートルも不可能なのでプレッシャー(重圧)は感じません。
「あと少し」という1メートル60センチに挑む時に重圧を感じるもので、何かしらの手ごたえを感じている時に抱くものです。

プレッシャーの本質が分からないと、その重圧に押しつぶされてしまいそうになるが、意味が分かれば楽しむこともできる。
さぁプレッシャーを感じる、一歩上の「ステージ」に登壇しよう。


0508


ふわふわと踊る風が春揺らし
【まどか】
















本日の逸品 トライアングル一粒あこや真珠ピアス











まず捨てる

振り返って考えれば、
わたしは職を失ったおかげで自分がしなければならない別の仕事を見つけることが出来た。
もう立ち直れないと感じたほどの喪失感を味わったおかげで、自分がやらなければならない本質を見つけた。

いまならそう言える。



0501

吹く風に夏の匂いが混じる朝
【まどか】















本日の逸品 あこや黒真珠ネックレス

水を浴びせられ、

ドロドロになった地面の方がきれいな花を咲かす。



0426

雨音に春の歌声柔らかく
【まどか】













本日の逸品 インビジブルあこや真珠ペンダント

キャプテン

大きな船でも小さな船でも、キャプテンは一人しかいない。
だから数万人が働く大企業も、わたしの零細企業もキャプテンという立場は一緒。

経営という大海原は自分の意思とは関係なく荒れ狂う時もある。
常に気を抜かず真摯に経営に立ち向かわなければならない。



0423

雲の上春の青空走る風
【まどか】












本日の逸品 マベパールネックレス



我慢と辛抱

我慢と辛抱は違う。

色んな人のいろんな意見があるが、やはり我慢と辛抱は違う。
この違いが分かるまでは我慢しなければならない。


我慢 - Wikipedia

辛抱 - goo国語辞書



0420


雨の予報草木揺れて空見上げ
【まどか】









本日の逸品 アコヤ真珠スルーペンダントネックレス





不満

不満を抱くということは現状に満足していないから。
不満には我慢という時間がセットで用意されているのだが、
この我慢がちゃんと出来ないと他人への批判となって表面に現れる。

学生の時は、勉強が必要な人ほど勉強する人を批判するし、
大人になると、お金を必要とする人ほどお金持ちを批判する。

我慢とは、仏教の煩悩の一つ。強い自己意識から起こす慢心のこと。

自分でもこのままではダメだと分かっているのに自分を自分で変えようとしない。
自分が避けていることを直視したくないから安易に他人を批判する。



0419


キラキラと桜の様に咲く笑顔
【まどか】









本日の逸品 花珠真珠ネックレス 7.0mm〜


満足

お客様は財務諸表なんか見ない。
お客様が最初に触れ合う瞬間はホームページであったりチラシやDMです。

経営コンサルタントや会計士には財務諸表を見てもらってアドバイスを貰うが、そこに答えはない。
答えは満足したお客様の行動を辿っていくことで見えてくる。
お客様は何を求めて、どの入り口から入って、どこにたどり着いたのか。
そしてどれくらいの時間をかけて満足を味わったのかを振り返る。

まず、お客様に満足していただかないと、わたし達の満足は来ない。


0418


風運ぶ春の香りに桜色
【まどか】










本日の逸品 あこや真珠ペンダントトップ K14WG


自由

自由はゆとりの中から生まれるもののではない。
それは、言葉の通じない外国に行けばよく分かる。

本当の意味での自由とは、不安と隣り合わせの時間と場所なのだ。
不安の真っ只中に身を置き、緊張しながらも前に進むことによって自由が手に入る。

もっともっと海外へ出よう。
自分を知るために。
自分のこころを開放するためにも。

よし!やるだけ。



0410


はるかぜに踊る花びら空仰ぎ
【まどか】














本日の逸品 生珠グレーあこや真珠ネックレス

頑張る自分にご褒美を

働いた後は、遊びましょう。
神経を使う仕事をした後には身体を動かしましょう。
運動した後は休んでリラックスしましょう。

また、気を張り詰めた後には、それをユーモアで解きほぐしましょう。
頑張った自分に、ご褒美をあげましょう。


0409


風吹けば桜の雨がひらひらと
【まどか】












本日の逸品 ゴールド南洋白蝶真珠ペンダントトップ


言葉

「日本の未来を考えると不安になる」

そんな言葉をつかう奴が私の周りにも結構いる。
そして、不安な言葉をつかうメンバーが集まり、大多数を占めると大変なことになる。
場の空気が「日本ダメだね」の気で覆われてしまうのだ。

面白いもので、わたしは「今の若い奴は凄い」と思っている部分があって、日本の未来にワクワクしている。
そうすると違和感からか弾き出されてしまうのだ。

要は「〇〇はダメだよね」と言っていたら、ダメだと思う人と集うことになる。
一方、「〇〇凄いね。楽しみだね」と言っていれば、そのように言っている人と集うことになる。

自分の幸せは自分で作るってのは、こんなとこなんだろうとおもう。




0404

風纏う桜の花びら春告て
【まどか】














本日の逸品 てんとう虫のピンバッジ


理性の先の知恵

直観は筋肉と同じで鍛えることが出来る。

わたし達は無意識のうちに、理性的な心では思いつかない方法で様々なパターンを見出している。
古くからの言い伝えや哲学、星占術、心理セラピー、瞑想などから直観を得ようとしている。

著名な経営者は、一見経営とは関係ない芸術に取りつかれる。
その結果、日本のみならず世界中には多くの私立美術館が残っている。

「左脳」による合理的な分析も知恵ならば、感情に基づく「右脳」も知恵であると考える。
彼らは芸術から経営に対するヒントを得ているはずだ。

特に日本の名ある経営者は茶道に凝り茶室を有している人が多い。
茶の湯に浸り、自社の経営から宇宙観まで見渡したと豪語する経営者もある。
時に直観力は冷静な理性心を凌駕する。

芸術に親しもう。




0402


さらさらと春の風に流す雲
【まどか】











本日の逸品 一粒南洋白蝶真珠ペンダントトップ

幸せは

幸せになるには、やる気を出す必要があります。

やる気を出すには、責任感を持つ必要があります。

責任感を持つには、なぜ働くのか?誰のために働くのか?を理解し、

どのように働くかを自分の意志で決めなければなりません。




0330

水溜り
春はまだかと空見上げ
【まどか】












本日の逸品 グレー系準花珠真珠ネックレス



不安定

誰が言った言葉か定かではないのだが、ずっと頭の中に潜んでいた言葉があった。

「人生において、安定など存在しない。
 あるのはチャンスだけだ。」

安定は存在しないんだと、自分に言い聞かせてきた。
しかし、40歳を過ぎると何につけ億劫になってくる。
ちょっとしたことでも面倒だと・・・・・

そんな時こそ不安定に慣れないといけない。
靴下、髪型、家具の配置、読む本、駅までの道順、食べ物。何でも良い。
毎日ひとつ、意識的に「変化」をつけよう。

きっと毎日が楽しくなってくる。


0319

雨の音
春を連れて草木揺らす
【まどか】









本日の逸品 ネコちゃんペンダント



仕事

今からおよそ100年前にフランスの彫刻家、オーギュストロダンは亡くなった。
近代彫刻の父と称される彼は、最愛の妻ローズとの生活の為に室内装飾の職人を続けながら次の道を模索していた。
苦労していたのだと思うが、そんな彼が言葉を残している。

  仕事は生活の方便ではない。生活の目的である。
  働くということが、人生の価値であり、
  人生の歓喜であり、人生の幸福なのである。

またこんな苦言も述べている。

  現代人の欠点は、自分の仕事に愛と誇りを持っていないことである。
  多くの人が仕事を必要悪、のろうべき苦役と考えている。

仕事と人生は一つ。
人生を離れた仕事はない、仕事をはなれて人生はない。


0314

そろそろと
春の顔が開く木々
【まどか】














本日の逸品 南洋白蝶真珠ペンダントトップ









真似ぶ

学ぶの本質は何かと問えば、言われた通りにできる、すなわちモノマネがうまいということです。
まなぶ=まねぶ です。
漢字では「真似ぶ」と書きます。

学ぶとは要するに自分で考えずに真似るだけ。
そこには創造性などない。
それなのに試験の成績がいいことを才能だと、日本人は考え違いをしている。

知識と思考力は反比例します。
知識を自分のもののように使っていると、物マネ癖がついてしまいます。
知識が多い人ほど自分の頭で考えない。
若いときは知識を蓄えることも大事ですが、知識は10年も経てば必ず古くなる。

にもかかわらず、ほとんどの人が惰性で生きている。
ことに高学歴で名の通った企業や役所に勤めるほど、その傾向は強い。

詰め込み型の勉強法が有効なのは30代まで。
40代からは自分なりに考えることを心がけよう。
役に立たないことでも自分の好きなことにとことん打ち込むこと。
これからの人生を楽しく生きるには、自分で創造する力が必要。


0313


雨模様
椿が見上げる春の空
【まどか】
















本日の逸品 あこや黒真珠ネックレス

結び付ける

ベンチャービジネス経営センスのひとつに、矛盾しているもの同士を合理的につなげる能力がある。

わたし達は、無意識のうちに選択する癖(クセ)がついていることが多い。
つまり通常の「AまたはB(のいずれか)」の考えだ。

「AまたはB」ではこの二つを対立しているものとして見る。
限られた予算、限られた時間、限られた人員から「AもBも」という思考になかなかたどり着けない。

「AもBも」の思考はお互いを必要とする二つの要素としてとらえる。
簡単なたとえは「息を吸う」「息を吐く」行為だ。

息を吸えば吐く。
息を吸えば吸うほど息を吐ける。

「息を吸う」と「息を吐く」は全く矛盾している。
然しながらお互いになくてはならない存在。しかも片一方が大きくなればもう片方も大きくなる。

このように矛盾している存在ではあるが、お互いを認める力量が必要だ。
合理主義では取捨選択(Selection)が重要だが、これからの経営は全体論(Holism)がもっと必要な時代になると考える。

「自由と責任」「自己と他者」「近代化と環境」
世の中には矛盾しているものが満ち溢れている。
ビジネスチャンスに満ち溢れている。


0309

雨雲に
隠れる椿雨を避け
【まどか】









本日の逸品 大珠バロックあこや真珠ピアス・イヤリング


教わる

今の将棋は藤井聡太くんや羽生善治永世7冠の動向が世間の関心を集めている。
わたし達の幼少のころは大山康晴という大名人が君臨していた。

将棋に関して面白い逸話がある。
経営の神様と言われた松下幸之助さんが日本将棋連盟から依頼を受けて普及会員になったとき大山康晴十五世名人と対局することになった。
普通に考えれば将棋の名人に素人が勝てるはずがないのですが、なんと勝ってしまったのです。
どんな手を使って?

松下さんは差し手に困るたびに、
 「先生、ここではどう指せばよいのでしょうかね?」
と尋ね、いわれた通りに指すうちに大山名人の王将が詰んでしまったというのです。

そんな馬鹿な!と笑ってしまいますが、
「極めた人から教わる」という姿勢はとても大切なことだと思います。
教えを乞う姿勢ってものがあるのでしょうね。
見習いたいです。



0302



雨の後
晴れた空に春の風
【まどか】












本日の逸品 あこや真珠ネコちゃんペンダントトップ

成功の方程式

昨日、行きつけのお店にヘアーカットに行った。
マスター曰く、「ビットコインってどうなんでしょうねぇ」と問いかけてきた。

申し訳ないが全く興味がない!。
黎明期であった4・5年前から知っていたが、商売・経営とは違うと手を出さなかった。

「その時に買っていたら、いま凄いですよねぇ」と再度問われるが答えは変わらない。
商売でないお金儲けは投機。
競馬と同じで博打だと。

誰かを幸せにするのが商売
自分の欲が満足するのが投機

稲盛和夫さんは成功の方程式は
「考え方 × 能力 × 熱意」と教えて下さった。
人間の能力や熱意は、頑張れば100に近づき、力や熱意がなければ限りなく0に近づく。
しかし考え方は+100から−100まである。
間違った考え方に能力や熱意を傾けると、悪い方向に大きな結果が出ることになる。

考え方は習慣に出る。
商売をしている人が濡れ手に粟を考え始めるとろくなことは無い。




0301


青空に
雲を1つ残す冬
【まどか】












本日の逸品 準花珠真珠ネックレス

経営と考え方

「上手くいった時は窓の外を見て、失敗した時は鏡を見る」

経営者の心構えとしてよく言われ続けてきた言葉です。
上手くいった時は運が良かったと考え、ダメだった時は自分の力不足と思えと。

また、ストレスが溜まる人は、自分でコントロールできないことに悩む癖がついていると教えていただいた。
然しながら景気が悪い時に、景気をコントロールできないが、お客様への喜びは提供できると考える直すことは出来る。

自分の出来る事は?
今日も考え続けていきます。




0228



ふわふわと
漂う陽気に春の色
【まどか】

















本日の逸品 最高級花珠真珠ネックレス


当たり前

「当たり前」だと考える基準は人によって違う。
これって当たり前だよね。
でもその当たり前を時々忘れてしまう。

  ビジネスマンは約束した時間の10分前に到着しているのが常識だろう。

  後輩は先輩が出社する前に来て、先輩が帰ったあと片づけて帰るのが当たり前。

こんな当たり前のことがなぜ出来ないのかと腹を立てる。
別に10分前に来なくても約束の時間に間に合えば先方に失礼ということは無いだろうし、
後輩が先に出社する必要もないし、遅くまで残業する必要もない。仕事の内容次第で柔軟に対応するのが相応しい。
このように考える人がいたって何ら不思議ではない。

「当たり前」って言葉は不思議な力を持っている。
この言葉を味方にするには、自分の当たり前と人の当たり前は違うことを知る。

自分の「当たり前」は、世の中全ての人の「当たり前」とは違う。
そのひとことに尽きる!




0226



緩やかに
春の日向が近くなる
【まどか】















本日の逸品 最高品質あこや黒真珠ネックレス



縁と月日

どんなに朝日が見たいと努力しても、夜のうちは太陽は出てきてくれないんです。

「縁と月日の末を待て」との言葉があるように、好機は焦ったり無理をしたりせずに、自然に到来するのを気長に待つ必要があります。

どうしようもない時は寝るに限る!





0222


寒空に
春を照らす桃の花
【まどか】



















本日の逸品 花珠真珠ネックレス



フェラーリ

イタリアの高級車メーカー、フェラーリの17年12月期決算が先日発表された。

売上高が前の期比10%増の34億1700万ユーロ(約4500億円)、調整後の営業利益は23%増の7億7500万ユーロだった。

年間販売台数がわずか8398台だったので、営業利益を販売台数で割った1台当たり粗利は日本円換算で約1218万円と驚異的な数字になる。

トヨタやフォルクスワーゲンのように数を売るのも良し、テスラのように新しい技術を売るのも良し、フェラーリのように夢を売るのも良しだ。
(参考までにトヨタ自動車の1台当たりの営業利益は約21万円でした)
企業の性格は決算書に表れると言うが本当ですね。


夢を売る企業は粗利が大きいというのが今回の学びでした。




0221


雨音に
眠る山茶花起こす顔
【まどか】









本日の逸品 小粒 黒真珠ネックレス


一流とは

一流とよばれる人を目の当たりにして分かったこととは。

まず、三流の人は目先の流行を追います。
次に、二流の人は新しい流れが来たら考えます。
けれど、一流の人は流されない。時には流れに逆らってでも前に進む。

三流は道に流され、二流は道を選び、一流は道を創る。かな。

一流って名前だけ聞くと華麗なイメージだが、
その実態は誰も通らない裏山にて一人コツコツ道を作っている自分の姿なのか。
よし!やるだけ。





0220


青空に
冬の線を残す雲
【まどか】









本日の逸品 マベパール・ペンダント

心配事

責任者に心配事があるのは当たり前。
給料が高いのは心配料だと考え、その困難、心配を克服するところに仕事の喜び、生きがいを求めよう。




0216


背中押す
冷たい風に走りだす
【まどか】










本日の逸品 白蝶真珠ペンダントTOP



過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ