今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

モチベーション

やるだけ

人は、隙あらばさぼりたくなるもの。

やるときはやらないと。



1019

雲集め秋風吹かす朝の空
【まどか】













Will

「悲観主義は気分のものであり、楽観主義は意志のものである」

“Pessimism comes from our passions; optimism from the will.”

およそ成り行きにまかせる人間は気分が滅入りがちなものだ 。
いずれにせよ、「あぁ大変だ〜」と思うか「何とかなる」と思うかの差は、
passion(気分)かwill(意志)の差。

アラン Alain



1016
雨音に起きる朝日がかぶる雲
【まどか】













瞬間的

人間はどこかに頭を使うことが高等で、体を使うことは下みたいな認識がある。
頭を使っているほうが利口そうに見えるとか、立場が上に見えるように。

しかし、その考えの中に入っているものって結構いやらしいものも多い。
人間は弱いものだから、欲とか損とか怖さとか不安とかずる賢さ、
そういうものが考えの中に入ってしまっている。
だから考え過ぎるって意外と良い結果に結びつかないことが多い。

体に正直に、考えずにパッと判断する。
私がいま一番大切にしたい生き方。



1009

朝色に染まる瓦に描く曇
【まどか】













見栄

「背伸びして視野を広げているうちに、背が伸びてしまうこともあり得る。
 それが人生の面白さである。」

城山三郎が言った言葉である。

若いころは見栄を張り、背伸びをした時もあった。
でも見栄を張るからこそ次の扉が開くと信じる。

等身大という言葉が世にはびこる時代だからこそ見栄を張りたいと思う。


1006

雨滲む
地面に落とす
朝の光
【まどか】 Paris













未来は楽しい

どうなるのか分からないこと。
予想ができないこと。
そういうことを「不安なこと」と捉えるか「期待」と捉えるか。

そのどちらを選ぶかによって、
私たちのまだ決まっていない未来は限りなく選んだことに近づく。

「不安」という道を選べば不安な方向に
「期待」という道を選べば期待の方向に

どちらを選んでも自由だし正解ですが、
一生に一度きりの人生ですから、自分に「期待」してみたいですよね。


1005

青空に
赤い屋根が
光る朝
【まどか】 Paris













続ける

十年、偉大なり。
二十年おそるべし。
三十年にして歴史になる。


0929

光さす
朝の窓辺に
浮かぶ空
【まどか】France Paris
















自分次第

物事を悪い方向に向かわせるのも、よい方向に向かわせるのも、
すべては自分の心次第。



0928

雨滲む
空に浮かぶ
雲のあと
【まどか】Belgium













フラットな考え方

親からもらった縦のものさしを横にする。

教え込まれた「コツコツ真面目がよい」という縦のものさしだと、
1ミリでもできたら喜んで、1ミリでもできなかったら落ち込む。
「コツコツやらずに要領がいいのはダメ」という価値観になる。

でも、このものさしを横にすると、上下(優劣)じゃなくてジャンル分けになる。
ファーブルが昆虫を観察するときは、どの虫が偉いかどうかなんて思ってなくて、違いによって分類するだけ。
そういう見方ができると、心が平穏になるよ!


0926
キラキラと
日向に集まる
人の声
【まどか】Belgium










101点

百一点は零点と同じ。

真剣に一生懸命頑張れば頑張るほど、余裕がなくなり限界を超える。
限界点を超えると致命的な傷を負う。


0922

雨の後
石畳に
写る空
【まどか】Belgium









雨の日は

雨が降ったら、
天気がいいだの悪いだの思わないで、
ただ降っているのを見ているだけ。

そういう思いで人と接していれば、
気持ちにトラブルはないはず。


0920

風の中
雨が踊る
朝の街
【まどか】Amsterdam












勉強

いくら自分に完璧を求めても、完璧な人間なんてどこにもいない。

結局、自分や他人の失敗から、学んでいくしかないんだ。


0915
爽やかに
朝を走る
風の音
【まどか】

















時間がない

いまから2000年以上前の古代ローマ。
セネカは言った。
 
「われわれは短い人生を受けているのではなく、われわれがそれを短くしているのである」

「充ち溢れる湯水でも使うように諸君は時間を浪費している」

変わらん。


ルキウス・アンナエウス・セネカ

0914
青空に
秋の風が
走る空
【まどか】belgium






















悔しさ

悔しさをバネにする人もいれば、
悔しさでふてくされてしまう人もいる。


0913
雨の中
冷たい風と
秋混じる
【まどか】













意志

寒さにふるえた者ほど太陽を暖かく感じる。
人生の悩みをくぐった者ほど生命の尊さを知る。

アメリカの詩人、ウォルト・ホイットマンの言葉だ。

人生で起こること全てに意味がある。そう考えられる人は強い。
何しろもともと人生に意味などない。
その虚無からそれを見つけ出すその「意志」に、価値があるのだ。

人生は短い。
その短い人生は、自らの意志によって構築されている。


0911
涼しさに
昨日の日向を
思い出す
【まどか】













コンプレックス

コンプレックスを持つ人は欠点を補うために
努力と研究を重ねることができます。

逆に自分はできていると思うと成長は止まってしまう。



0906
店先に
鬼灯見つける
秋の道
【まどか】Zagreb













切る。

人生は、
踏み切る、
割り切る、
思い切る、

の三切る(みきる)だ。


0905
店先に
鬼灯見つける
秋の道
【まどか】
























エトバス ノイエス

エトバス ノイエスとは、サントリー二代目社佐治敬三の座右の銘

ドイツ語(Etwas Neues)で、常に何か新しいことに挑戦するとの意味。
英語に例えるならば、Something new が相応しいであろう。

今日から9月。
新しい月の始まりだ。

まずやってみよう!
まず挑戦しよう!


よし、やるだけ!


0901
空の色
秋の風に
負けぬ夏
【まどか】

















ビジネスマンに一番大切な事

松下幸之助翁が外国人記者から質問を受けたことがあった。

「ビジネスマンにとって一番大事なものは何ですか?」

という記者の質問に松下さんは

「それは愛されることです」

と即答されました。


そして、
「そのためには奉仕することです」
と付け加えられました。


シンプルな答えですが、まさに本質をついたことを
さらりと言われる姿に深い感動を覚えました。


0831
朝の色
夏の風は
まだ止まぬ
【まどか】

















曼荼羅

曼荼羅とは、密教の経典にもとづき、主尊を中心に諸仏諸尊の集会(しゅうえ)する楼閣を模式的に示した図像
この曼荼羅(マンダラ)を会社経営に見立てて考えてみる。

マンダラの上下にある、「滅」と「苦」は、現状と理想の「離れ具合」を示している。
問題とは「現状」と「理想」がどのくらい離れているかの距離によって、かなり離れていれば大問題であるし、近距離であれば小問題である。手が届かないほどであるならば、その問題は大きい。
一方、左右の「集」と「道」は、分析と方法ということになる。
 
そこで、
何を変えるのか=(苦)
よく分析して整理する=(集)
何に変えるのか=(滅)
いかに変えるのか=(道)
ということで、マンダラの苦集滅道は南西北東と歩んでいる。(時計回り)



0830
蝉の声
聞こえぬ朝に
夏の風
【まどか】














意地張り

毎年お年玉を貰うのが楽しみで待ち焦がれたものだ。
ある年のこと。

お姉ちゃんは今年から中学生だから1000円。
お前はまだ小学生だから500円。

何でお姉ちゃんだけ1000円で俺が500円なんだよ。
そんなんならイランわ!

素直な心があれば500円貰えてお菓子が買えたのに、妙な意地を張って正月早々泣いてた。
「素直」の言葉を頭に描くとき、この0から500円を生み出す理屈を考える。



0825
青空に
夏を並べ
浮かぶ汗
【まどか】












数字と感性

人間はぜいたくな生き物だ。

0が1になる喜びよりも、
10が9になるほうに気を取られる。まだ9つもあるのに。


0824
雨の中
晴れ間が見える
夏の空
【まどか】























環境

環境が人を作るということに捉われてしまえば、
人間は単なる物、単なる機械になってしまう。

人間は環境を作るからして、
そこに人間の人間たる所以がある、自由がある。
即ち主体性、創造性がある。

だから人物が偉大であればあるほど、立派な環境を作る。
人間が出来ないと環境に支配される。

安岡 正篤


0809
雨上がり
嵐が過ぎて
止まぬ声
【まどか】














本気

なんでもいいからさ 本気でやってごらん
本気でやれば たのしいから
本気でやれば つかれないから 
つかれても
つかれが さわやかだから


相田みつを



0807











えこひいき

人に嫌われては、出世しない。
依怙贔屓してもらえる人間になる。



0803
走る雲
雨粒落とす
夏の音
【まどか】」


















有言実行

約を以てこれを失する者は鮮なし
(子曰、以約失之者、鮮矣。)
何事にもつつしましくしていれば、失敗する事は少なくなるだろう。

反対に大口をたたいていると非難されることが多くなると考える。
だから、内に闘志を秘めながら結果を出すのが賢明。

また、大口をたたいたらば有言実行しなければならない。


0801





















限界

The sky is the limit.

空が限界?
空は掴もうとしても掴めない。
そう限界と言いながら、限界などないと反対を意味している言葉。


You can do anything you set your mind to. The sky is the limit!
やろうと決めたらなんでもできるさ。限界などないさ。



0731
走る風
草木を撫でる
夏の音
【まどか】


















石のスープ

ある村に兵士三人が通りかけた。
腹ペコの兵士たちは食料を調達しようと考えたが、村人は戸締りをし始めた。

兵士の一人がアイデアを思いついた。
「石のスープを作りたいので鍋を貸してほしい」と申し出た。
「石のスープを作りたいので焚き木を貸してほしい」と申し出た。
「この石は古くなっているので味が薄い。塩を貸してもらえないだろうか」
「石のスープを作りたいので野菜を貸してほしい」と申し出た。
「石のスープを作りたいので肉を貸してほしい」と申し出た。
料理ができてみんなで食べた。

石のスープは妄想ではない。
出来ない理屈を考えるより、出来る方法を考える。


0728
夏の色
溶ける空に
雲ならべ
【まどか】















メモ

エジソンはレオナルドダビンチに憧れていた。
どうしたらダビンチに近づけることができるか?
考える・考える・考える。

その考えるためにメモをしたためたノートは3500冊。
ピンチに陥ると、エジソンはノートと相談した。


0727
じわじわと
汗が流れる
朝の道
【まどか】

















関心

数字を追わず結果を出す経営を目指そう!

経営難になると数字(売り上)に目が向く。
数字に関心が集中してしまう。

そんな時ほどお客様の関心に目を向ける。
お客様によって組織が成り立っていることを忘れてはならない。



0726
ふと吹いた
夏の風に
草の匂い
【まどか】















習慣

仕事は頑張るよりも、習慣にしてしまうこと。
その為にも、正しく良い仕事を心がける。

習慣は第二の天性なり。
Habit is a second nature



0724
ムシムシと
夏の音が
響く朝
【まどか】













過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ