今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

モチベーション

モチベーション

仕事や勉強をする為にモチベーションを上げる。と言う考えがある。

でも、モチベーションが無かったら勉強はできないの?仕事はやらないの?

モチベーションは人の行動の活力だと信じている人がいるが、ディズニーランドやUSJに入場する前にわざわざモチベーション高める人はいないだろう。
そんなもん放っておいても自然と沸き起こってくるものだ。

だから自分でやる気を出して仕事をする。
仕事や勉強が出来るようになったら、自然とモチベーションは上がるもの。
そう思うのだが間違っているだろうか。

まずやる。後で直す。
これでいいのだ。


1207


朝色に写る紅葉が作る道
【まどか】









鍛錬

使わない筋肉は、衰える。
使わない知識も衰える。




1204













成長と恥はワンセット

恥のない成長はあり得ない。
と言う事は、恥を恐れたら成長はあり得ないと考えられる。



1201



冷たさに顔を上げる冬の花
【まどか】












青い熊(あ・お・い・く・ま)

頭に来た時に「青い熊・青い熊・・・・」
と、5回つぶやいてみよう。

あせるな

おこるな

いばるな

くさるな

まけるな



1127


曇り空風の中に揺れる秋
【まどか】










柏手(かしわで)

右手の手のひらと、左手の手のひらを叩くと音がする。

   パンパン!

その音を聞いて池の鯉は餌を貰えると思って近寄ってくる。
鳥はビックリして飛び去る。
女中さんはお呼びかな?と身構える。

同じ音を聞いても環境によってそれぞれ違ってくる。

また、神社での柏手(かしわで)と、鳥を追い払うときの柏手は何かが違うんだろうなぁ
何事も心を込めて取り組みたい。



1126


鳥止まる秋を揺らして遊ぶ朝
【まどか】




Ps.(前のブログ記事の追記)
 2025年大阪万博決まりました。
 決定の瞬間に立ち会えたことを嬉しく思います。







自己鍛錬

毎日机を磨く。

そういうことを繰り返すことによって人物もまた磨かれていく。



1121



秋走る朝の道に踊る木々
【まどか】















微分方程式

20世紀に人類は微分方程式を用いて未来を築いてきた。
微分方程式で、やってみないと分からない問題を数学的に答えを出すことが出来た。
ガソリンエンジンの開発や原子爆弾もこの計算式によって生まれた言って過言ではない。

そして、現代はコンピュータが開発され新たな理論で未来を模索をしている。
ビッグデーターやAIは我々に何を授けようとしているのか?

そんな凄いことを職業として考えている高度な人が盗撮で捕まった。
エスカレーターの下からスマホを差し入れたらどうなるかの予想が出来ないのか?
そうじゃないだろう。捕まるのは判っていたのだろう。

だのになぜ?

誰もがやればどうなるか知っている。でもやってしまう人がいる。
「あたまの中」でやっちゃえ!とささやく自分がいる。

やってしまう人とやらない人の差はなんだろう。
おそらく、「こころ」の差ではないだろうか。

頭の中で邪(よこしま)な考えが浮かんだ時に、えぇーい、やっちゃえ!と快楽に溺れるか、
それをしちゃいけない、傷つく相手がいると抑制するのかはちょっとの差だと思う。

きれいな心でいる努力。

それはきっと何気ない、当たり前のことを続けることなんでしょう。
昔から言われ続けてきたこと。

モノを出したら片づける。
朝、人に出逢ったら「おはよう!」とあいさつする。
履き物をそろえる。

当たり前のことを馬鹿にせずちゃんとする。
心の掃除を心がけたい。



1120


紅葉透け空の青さに光る朝
【まどか】










貧乏

本音で言うね。

わたしは貧乏って悪いと思う。
自分の例で例えると、辛くて陰湿でなにも良いことなんか無かった。

然しビジネスを始めた創業期はお金もコネもなかったけど、
貧乏に慣れていたのか、みんなが言うほど辛くなく毎日上を向いていて楽しかった。
本当にお金もないんだけど不思議に何とか喰えていた。

自分の辿ってきた人生って、どこかで役に立っている。
あの不思議な数年間、本当にお金ってなかったのに。

その時得た教訓。
貧乏も後々とても役に立つ。のだと。




1115



曇り空隙間に見える秋の日が
【まどか】










叱られる

50歳を過ぎて、褒められてもさほど嬉しくない。
叱られる方が構って貰えている感じです。との意見があった。

なるほど。
特に経営者になると他人から叱られると言う事は少ない。
著名な経営者が「一倉定」(いちくらさだむ:経営コンサルタント)を心酔する理由がわかる気がする。

歳をとると頑固になる!
そんな自分を違う環境に置くクセをつける。

叱責される厳しい環境に自分を置くという行為もそのひとつ。
それは素直な耳を持つということに繋がる。

よし!やるだけ。


一倉定



1112


曇り空割って入る光る秋
【まどか】












正しいとは。

人が成功するには
「能力」×「熱意」×「考え方」
だと、京セラの創業者である稲盛和夫さんは説く。

能力と熱意はある程度テクニック的な要素が含まれるが、考え方は別のものに思える。

考え方は「正しい考え方」と「間違った考え方」がある。
能力が無かったら0、熱意もなかったら0だが、考え方は悪ければマイナス100である。
能力100% × 熱意100% × 考え方−100% = 最悪な結果となる。

正しい考え方とは何ぞや?
誰が正しいと判断するのだ?

簡単なようで深い。
稲盛さんのこの言葉「能力」×「熱意」×「考え方」に出合って10年以上になるが、
毎回考えさせられる。



1108





青空に浮かべる雲に秋写し
【まどか】











小欲知足

少欲知足(しょうよく ちそく)

己に正直であれ。
勇気をもって信ずる道を堂々と生きよ。
と、後小松天皇の落胤の説が有力な一休さんは、その言葉通り生涯を波乱万丈に生きた。
しかしながら、肩書・権力を欲しがらず小欲知足に生きた人生であった。

人は自分にないものを欲しがる。
自分が手に入れたものより、もっともっと欲しがる。

仏教では、欲望に内在するこの「もっと、もっと」という本性に気づき、
先ずそれを止めるために「少欲・知足」ということをもって、生きる出発点としてきた。
小欲とは、まだ得られていない次の5つのことを抑制すること。
  眼で見ること。
  耳で何かを聞くこと。
  鼻で香りをかぐこと。
  舌で食べ物の味を感じること。
  体に心地よさを感じること

知足(足るを知る)とは、すでに得られたものに満足し心が穏やかであることである。

「少欲知足」の言葉は禅僧的で欲を抑えたストイックな生き方を示唆しているようではあるが、
いまを一生懸命に生きる者にとっては自分自身を見つめ直すのに最適の言葉であると考える。
なぜならば、欲望にも正しい欲望と間違った欲望があるからだ。
いったん立ち止まって、自分の欲望がこの社会の中で正しいかどうかを考えてみる。
そんな時間を作る必要がある。





1106



ススキ揺れ風に踊る秋の色
【まどか】

















やるべきこと

急に寒さを感じる季節になった。
気温の変化は風邪をひきやすい。

そんな時でも体調を整え、いつも前向きにポジティブな気持ちを持つこと。
それにプラスしてやるべきことを持っておく。

よし!今日も元気で。



1105


青空に描く雲が秋映す
【まどか】











ポジティブに

怒り、悲しみ、不満は、誰でも持っている。
だからこそその怒りや不満を感じた時をいかに短くしていくかが大事。

ネガティブな感情を持つ時間が短ければ短いほど、ポジティブな時間が増える。





1101


道光る朝の雨に写る空
【まどか】









今日から霜月11月。
この一か月も楽しい月でありますように。








考える

人は考えるときに、一人で考える方が纏まりやすいと思っている。
だから、会社組織の長・CEOなどは社長室を持ちたがるし、少ない座席のスポーツカーを持ちたがる。

然しながら最近の経営者はみんなの中で考えを纏める人が増えたように思う。
経営の質が変わったのか?それとも人類が進化したのか?

実際に部屋に籠って白い紙に事業計画書を策定しようとするとかなりの労力を必要とする。
あるデーターでは頭脳労働は肉体労働の5倍疲れるとある。
だから多くの人は、頭を使わないで、手と身体を動かしつづけるという肉体労働を一生懸命行うと。

なにわともあれ、私は一人で考えているほうが好きだな。



1031


曇り空見上るススキに秋の風
【まどか】













裏切者

ギャングやマフィアの映画で裏切者が登場するのは「強盗に成功した直後」と決まってる。
喧嘩、裏切り、仲間割れ、これらが起こるのは必ず金を盗んだあと。

今の実社会も同じような問題を起こしている。
それが「株主配当」

会計の世界では儲けの分配と言いますが、決算が赤字であれば配当はありません。
然しながらお客様から頂いたお金をないがしろに考える経営者は強盗と同じ発想をしてしまう。
粉飾決算を起こし、実際は赤字なのに儲かったように振る舞い配当金を分配する。

お客様からお金を頂戴する(お預かりする)発想から、
ライバルとの競争に勝ち、お金を奪い取るとの考えに変わったときに偽装が生まれる。


1030


空撫でるススキの穂が光る朝
【まどか】









話をよく聞き・・・

今週の標語

  「大きな耳、小さな口、優しい目」


反対だとキツイですね。
  (小さな耳、大きな口、厳しい目)
こんな風にならないように注意します。



1029

雨音に混じって聞こえる朝の声
【まどか】



見る・観る・診る・視る・看る

ものを見る力を磨くには、対象となるものをよく見ること。
然しながら、まず自分には見えていないと気づくこと。

よく見ても、どれだけ見つめていても判っていないことがある。
見るという行為は奥深い。


1026


さらさらとススキを撫でる秋の手
【まどか】


やる気

どうしたら、やる気になれるか?

これについては何をおいても、
「一歩踏み出そう」と思う事。


まず小さな第一歩!から物語は始まる。
始めた物語が面白かったら、誰だってやる気になる。
面白くなかったらやめたら良いだけ。

まず、小さく踏み出せ!



1024


さらさらと秋の日差しに泳ぐ雲
【まどか】





数字

何気ない会話の中で「あれ?、なぜ?」と思ったら数字を確認してみる。
数字を見たらその裏を推測してみる。
この習慣が大事。

色んなものが繋がって見えてくる。


1023


風吹けば秋の足音響く町
【まどか】








創業から3年目の問題

組織を立ち上げて3年も経過するといろんな問題が生じる。

大きな問題は二つ。

ひとつ目が品質問題。
二つ目の原因は適切な資質を持った人材が集まらないこと。




1022


雲の上秋晴れ見える朝の色
【まどか】







ホラを吹く

今の時代は昔と違う。
夢物語のようなことでも、口に出すと実現してしまう。

少し前なら会社を創るにも、「ひと」「かね」「もの」と基本があると言われていた。
然し今の時代それぞれが全くなくても、相当大きな組織を作ることが出来る。

一年後にどんな自分になっていたいかを明確に描けるならば実現できる。
大きなことを言ってもイイ。
なりたい自分を思い描くことが大事。

目標を口に出す習慣をつくろう。
よし!やるだけ。


1018


雲開けて秋の空気に浸る朝
【まどか】







満足から感動へ

どこの誰に何を売るのか?

お客様は何を買っているのか。
今まで使っていたモノの代わりを求めているのか。
嬉しい気分を表すために買い求めるのか。
見栄を張るために必要なのか。
より便利になるために使おうとしているのか。
価格なのか(安いから買う)

お客様の欲求はどこにあるのか?
それらを深く考えなければ感動にたどり着かない。




1011


雨上がり道に花咲く水たまり
【まどか】






天国と地獄

天国はどんなところ?
地獄とはどんなところ?

ふと思う。
天国も地獄もわりかし身近なところにあるのだと。

天国とは言葉を用いなくても心が通じ合う社会。
地獄とは言葉がない社会。
そして人間界は言葉を尽くして話し合う社会ではないだろうか。

わたし達は今、人間界に居る。
言葉を尽くして語り合わなければならない。
と、考える。




1009


雲集め空に広がる青い色
【まどか】











社長は常に夢を語り続ける必要がある。

現場を見て、理念を語り、働く必要性を説いても社員は動かない事が多い。
頭で判っていても動けない。
現場で働く人には、ここで働くことによって、どれだけ幸せになれるかという夢を語らなければならない。

幸せは向こうから歩いてこない。
幸せになろうな、と言い続けるから幸せになれるのだ。

社長は正しい夢を語り続けなければならない。



1005


朝色に染まる草木に歌う秋



恋愛

恋愛の極意とは
「大きな嘘はついてもいい、小さな嘘はつかない」という。

会社を創業して育てていくのと同じような感覚だな。

世界一お客様に愛される企業を目指す!
絶対、世界一お前を幸せにするぞ!



1004


雨音に踊る屋根が朝歌う
【まどか】








神無月

昨日は台風接近のためヤマト運輸さんの集荷が無かった。
お客様はどうしても今日の夜、仕事が終わって帰宅する頃に受け取りたいとのことで直接お届け。

ドアを開けると小柄な奥様が恐縮して手土産までご用意されてました。

私たちのお仕事は、よくお客様からありがとうと感謝される。
非常に有り難いですが、それにも増して責任感がハンパない。
昨日のブログにも書いたが、会社は規模ではなく質で維持する気持ちが大切。

台風のおかげで今の仕事をもっと大切にしようと思いました。
よし!やるだけ。




1002


萩揺れて雨を連れて泳ぐ雲
【まどか】

















自問自答

わたし達は一日に3万回も4万回も自分に質問を投げかけ、自分自身と対話しているという説がある。
数字の根拠は判らないが、それでも相当数の自問自答を繰り返していると思う。

もし、それらがすべてネガティブな発想に基づいた問いかけだとしたら怖いものがある。
出来るだけ自分の意思でポジティブな問いかけに変えてみよう。

ようは癖付け。
よし!やるだけ。



0928


雲敷いて雨の準備に急ぐ空
【まどか】














それでも夢を

何から何まで 真っ暗闇よ
筋の通らぬ ことばかり
右を向いても 左を見ても
馬鹿と阿呆(あほう)の 絡み合い
どこに男の 夢がある

作詞:藤田まさと


それでも夢を持たなきゃ・・・・
昔の歌に共感することも多い。


0927


空の色秋に染まる雲のあと
【まどか】



















数字

今年の夏は文字通り猛暑だった。
連日38度、39度の予想を耳にし、7月23日に埼玉県熊谷市で41.1度の観測史上最高気温を記録した。
そんな暑い夏のさなかに、なんかの拍子で32度を記録すると今日は涼しいと感じる。

ところで人間とは不思議なもので、同じ気温の15度でも、冬から春にかけての15度と、夏から秋にかけての15度では体感が違う。
冬から春にかけての15度は温かく感じ、夏から秋にかけての15度は肌寒く感じる。
同じ15度の事実でも、受け方が違ってくるのだ。

15度と言う数字は15度であるべきで体感によって変化させて良いものではない。
事実は事実であるべきなのだ。
然しながら私たちの事実認識は温かく感じたり肌寒く感じたり、私たちの主観が混じってくる。

振り返って考えれば色んなところに動かしようない事実に対して私たちは主観を織り込んでいる。
それも意識的に、無意識的に。
東芝さんや神戸製鋼さん。自動車メーカーさんやタカタさん。
たがが数字だろうと思ってやってしまった事だが数の改竄はしてはならないこと。
自分たちの主観を数字に混ぜ入れてしまった。
結果は悲惨だ。

数字を客観的に見る・・・・動かさない。
これは訓練するしかない。
繰り返し繰り返し客観的に数字を見る癖。

よし!やるだけ。




0925


曇り空草木が光る朝の星
【まどか】













探す

組織の業績を上げるために
「お客様の満足度を下げずにコストを下げる。」

その為には気づかない、何かを探す。
(馴れ合いで)無駄な支出がどこかに隠れている。

真剣に探す!
よし、やるだけ。



0921


雨の匂い秋の声に揺れる草
【まどか】





















過去の ブログ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
お薦め書籍