今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

モチベーション

人生は習慣の織物である

人の一生は
   頑張りではなく習慣


アンリ.F.アミエルの言葉を借りるなら。
人生というものを一つの織物とすれば、この織物は「習慣」から織りあげられています。
もし、自分の「習慣」が美しければ、そこから織り上げられる人生は必ず美しいものになるでしょう。
もし、自分の「習慣」がその逆であれば、当然そこから織り上げられる人生もその逆になることでしょう。
良い習慣を付けるか、悪い習慣をつけるかによって、まったく人生が変わっていくのです。



0323






























事前準備

相手を知ることは重要だが、 聞き過ぎたのでは尋問になる。

聞き過ぎないための事前準備。



0322
雨音に
春の足音
桜待ち
【まどか】
























やってお〇〇よかった

「やっておいてよかった」
「やっておけばよかった」

僅か二文字の違いだけども、その差はどこまでも大きい。



0321
曇り空
切り裂く春が
背中押す
【まどか】





















自転

何気なく立っている今も地球は動いている。
地球は今日も東に向かって休みなく回っている。

地球が一日に約一回転するということは、地表は時速1600Km以上の速さで回っている。
音速よりも早い、秒速463mのとてつもない早さだ。

そんな激しい地球の上で僕たちは生きている。

小さいことで悩まない。
この世は不思議で満ち溢れているんだから。



地球の自転



0317
まだ寒い
朝の風は
冬の終わり
【まどか】
























縁は「場」で変わる

自分でビジネスを設計するようになって、一人で行動することが多くなった。
旅行も遊びも、みんなでワイワイと行動するよりもひとりで行動することが多い。

人との出会いは、それが偶然か必然か、良いか悪いかは別にして、社会の仕組みに依存していることが少なくない。
もちろん主体的にその場を作っていこうと考えているはいるけども、どうしても社会的な制約をうける。

小学生のことを思い出して欲しい。
一緒に遊ぶ仲間は自分の近所の子か、クラスメート。
それが中学生になり、高校生になって、大学・社会人と円の面積が広がるように大きくなる。

自分が関わった人や出会った人の多くは、自分が生きてきた社会の仕組みがあったからこそ生まれた関係と言える。
新しい人との縁は、その時立っていた円から一歩出たときに生まれることが殆どといえる。

イノベーションとは、今いる自分の「場」から一歩踏み出すこと。
「場」を作るか変えるかしなければならない。
そのためには身軽になって行動できるように準備しておくことが必要。

出逢いの縁は「場」で変わる。「場」を変えると出会いが変わり、自分が変わる。




0314
曇り空
切り分け飛ぶ
朝の鳥
【まどか】




















有り難い

有り難いとか、感謝とよく言いますが、

まず、日々の生活での愚痴や不平不満を漏らさないことが肝心。




0310
キラキラと
波打つ水に
写る空
【まどか】
















火消

ビジネスの世界では「ひ消し」が大切。

否定、批判、批評、比較、

「ひ」のつく行動を極力しないことです。



0309
鳥運ぶ
春の香りに
冬の風
【まどか】
















営業

親しくなるということは、相手にこびることではない。

また、相手の機嫌をとることではない。

大切なのは自分の機嫌をよくしておくこと。 



0308
曇り空
写す窓に
朝の色
【まどか】





















考えがないと、行動は起きない。

自分が創りたい未来に対して、行く道(方向)を誤ってはならない。

わたしたちの未来は自分の人生に対して責任を負い、
願望実現のための実行可能な計画を立てることから始まります。

出来ることから行動をする。



0307

















評価

どんなにその人のために尽くしても、わかってもらえない時がある。
仕事において、どんなに素晴らしい結果を残したところで、誰にも評価されないこともある。

人生そんなもんです。

歴史を振り返ればわかるが、芸術家や作家の作品は死後評価されることのほうが多い。
一生懸命やった仕事に対して、その場で評価されなくても腐らない。
人の評価なんて、見る人、見るタイミング、環境によって変わる。

なによりも他人は好き勝手なことを言う。

それよりも自分がやりたいと思ったことをやり切ったことが大切。
まず自分で自分を評価してあげよう。



0302
雪の下
隠れた春が
顔を出す
【まどか】




















振り返り

2月も今日で最後。

2/12月 が終わる。
1年というのは、1日×365回。
59/365日
8.5/52週 が終わる。

まず、ここで見直し。
何が達成できた。
どの部分が未達成だったか。

いまなら、あとに続く10ヶ月を修正できる。




0228
花通る
風の道で
春感じ
【まどか】


















奈良

死のうと思う日は殆どないが
生きていく力が無くなることがある。

そんな時、奈良を訪ね仏像と対峙する。
力わき明日を想う心が出てくるまで仏を見つめる。



0227
花通る
風の道で
春感じ
【まどか】
















知識 × 熱意 + 経験

知識は大事。

私たちはその知識を得るために小さい時から学びをはじめる。
しかし松下幸之助翁は、知識だけでは社会の役には立たないといった。

知識に熱意を掛け算し、そして経験をプラスしなさい。
そうすることによって知恵が生まれる言った。

面白いのは熱意だけが掛け算。
事業を真面目に伸ばそうと考えるならば、正しい知識と熱意が必要だと分かる。




0224
雨の後
朝をうつす
靴の跡
【まどか】













ありがとう

「ありがとう」をたくさん言うと、
「ありがとう」と言いたくなるようなことが次から次へと起きてくる。

不思議にありがたいと思う出来事がたくさん出てくるから、
今度は本当に心から「ありがとう」と言い、
徐々に自分も周りから「ありがとう」と言われるような行動をしたくなる。

「ありがとう」を繰り返すだけで、人生そのものが「ありがたく」なってしまう。
こんな便利な言葉を使わない手はない!


ありがとう




0221
雨雲が
揺らす風に
春の匂い
【まどか】














巌上松

あらし吹く 世にも動くな 人ごころ 

        いはほに根ざす 松のごとくに


巌上松とは、岩の上に生えている松を意味する。
社会も個々の人生でも常に順風満帆に行くはずがない。
困難や急激な変化に苦しむことが多い。
そんな時にこそ、どっしりと根を張っている松の大木のごとく、
しっかりとした信念を持ち、心を動揺させてはいけない。
(明治天皇御製).




0217
椿の木
揺らして遊ぶ
鳥の羽
【まどか】


















逆境にあって悲観せず

逆境にあって悲観せず。順境にあって慢心せず。

災難や苦難に遭ったら、嘆かず、腐らず、恨まず、愚痴をこぼさず、
ひたすら前向きに明るく努力を続けていく。
これから将来、よいことが起きるためにこの苦難があるのだと耐え、
与えられた苦難に感謝する。

よいことが起きれば、驕らず、偉ぶらず、謙虚さを失わず、
自分がこんなよい機会に恵まれていいのだろうか、
自分にはもったいないことだと感謝する。

これが素晴らしい人生を生きるための絶対条件です。



0215
電線に
スズメが並び
朝を見る
【まどか】
















変える

何を変えるか?    What to Change?
何に変えるか?    What to Change to?
どうやって変えるか? Haw to cause the Change?



しかし、すべての変化が「改善」をもたらしているとは限らない。
・・・・but not every change is an improvement.



かえる・・・と変換すると「変える」より「蛙」が先に来る。(´・_・`)




0214
雪積もり
白く変える
空の色
【まどか】
























考え中毒

あれこれと悩み悩んで、取り敢えずスタートしたら意外と簡単にできてしまった。
一生懸命悩んでいたのはなんだったんだろうと。

そんな経験って誰でもあると思います。

だからあまり考えすぎたってしょうがない。
考えて答えが出ることなら考えればいい。
でも考えてもしょうがないことについてあれこれ言うだけ時間の無駄。
先に一歩踏み込め。

もちろん冷静に考えることは必要。
いま苦労して考えているのは、未来の自分にどんな利益をもたらすかを探っているから。
その基準がボヤけているから踏み込めない。

わかっていること
  楽な選択   ― 成果は並
  しんどい選択 ー 成果は大

楽な選択で成果を最大に欲しいと思ってしまうから踏み込めない。
そんなの滅多にあるわけじゃいじゃん。考えるだけ無駄!
欲深い自分が、悩んでいることで自分を正当化(誤魔化)している。

それは「考え中・毒」ですよ。




0213
日が差して
雪雲掻き分け
春の朝
【まどか】
















お宝

いやだな、つらいなと思っても
やらなければならないことがある。

その、いわば「修行」を捨ててしまうのは、
みずから『宝』を捨てる事である。




0207
雨落ちる
地面に描く
光の色
【まどか】
















10年後の自分

10年というのは1年×10回です。

1年というのは、1日×365回。
1日というのは1時間×24回。
1時間というのは1分×60回です。

一瞬一瞬の積み重ねが「時」

ぼんやりしていて、10年後にいきなり幸せになれるはずがない。
いま何をすべきかを考える。

10年後の未来は、今この瞬間の自分が創っている。





0202
雪の風
視界を遊ぶ
白い冬
【まどか】
















曖昧

「測る」「量る」「計る」「謀る」「図る」「諮る」
すべて「はかる」です。

「真実(インサイト)」を見抜くためには「はかる」ことが必要です。
ハカることの対極にある姿勢は、「感覚的に重要そうな要因を羅列すること」

脳科学の分野では未だに曖昧な数字が出てくる。
人間の脳は10%しか使っていない

また、ポジティブ(positive)思考の広告等には、曖昧なほうが売上が良いと聞く。
数字を明確にすると物事が明確になるが、数字は曖昧である方がお客様にとって都合の良い場合もある。

物事の良さを伝えるには真実を明確に伝える場合と、感動を伝えるために敢えて曖昧な数字を出したほうが良い場合がある。

根拠・メリットを伝える手立ては数字だけではない。





0201
三日月に
ぶら下がる空
朝を待つ
【まどか】













創意工夫

辺鄙な場所にあろうが行列のできるお店はある。

自分のできないことを、環境のせいにするべきではない。




0131
雲の上
お日様座る
朝の色
【まどか】











つもり

知っていると、出来るは違う。

素直になれ!
知っている「つもり」自分なりにやっている「つもり」じゃダメだ!
自分を信じて一歩踏み出す。



自分を信じるって素直でないとできないぞ。



0127
キラキラと
道を走る
朝の光
【まどか】














ツキ

ツイていると言えば、ツイている人生。

ツイていないと言えば、ツイていない人生。



人間、想った方向、言った方向へ向かう習性がある。




0126
雨の音
ポツポツ揺らす
空の声
【まどか】













脳と痛み

脳の研究での言葉
「痛みを体験すると体から弱さが抜けていく」
“Pain is weakness leaving the body.”

アメリカ海兵隊の言葉を引用して、
自分の限界を超えることが脳に対して大切だと解いてる。


ニューヨーク・タイムズ 2016.12.31

訳:春野ユリ




0118
冬の空
白い滝雲
伸びる山
【まどか】






















今日

明日にしようという弱い心に自ら鞭を打て。

明日にはまた明日のやるべきことが待っている。

今日一日を完全燃焼!

よし、やるだけ!




0116
曇り空
青く光る
空の上
【まどか】





















充実の一日

毎日毎日充実して生きていくためには何をすれば良いのだろうか?

私はその日に成すべきことを、決して明日に延ばさないことだと考える。
そのためには、一日の予定を決める事から始めなければならない。


今日一日の予定を具体的に書き出す。
よし!やるだけ!





0113
冷たい空
日向を探して
歩く道
【まどか】















武士道

「武士道とは死ぬことと見つけたり」
葉隠の冒頭の一節である。

よい生き方をしてこそ、よい死を迎えられる。
と理解しよう。




0112
太陽に
向かって走る
雲の跡
【まどか】











必要なもの

「前向き」、「利他心」、そして、「反省」。

「前向き」であるためには、目標設定が必要。
目標は必ずしも達成できるとは限らないが、そのあとに「反省する」ということを行わなければならない。
反省を習慣化する。

「吾日三省吾身」:吾、日に吾が身を三度省みる。
論語でも言われているように、発展のためには反省が必要です。



0110
冷たさに
背中を押され
冬走る
【まどか】


















人間は弱い

人間は弱いもので、困難に遭遇するとそれに正面から挑戦することなく、
すぐに言い訳を考え、逃げ出そうとします。

しかし、それでは決して成功できません。
どのような厳しい状況にあっても、それを正面から受け止め、誠を尽くし、
誰にも負けない努力を続けることが、成功するためには必要なのです。

稲盛和夫 「成功」と「失敗」の法則




1222
冬の木に
春の前触れ
小さな芽
【まどか】













過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ