今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

モチベーション

自分自身

金儲けの上手い人は、
無一文になっても自分自身という財産を持っている。


アラン


0427
雲ちぎり
春の光が
降り注ぐ
【まどか】
















上機嫌

本当を言えば、上機嫌など存在しないのだ。
気分というのは、正確に言えば、いつも悪いものなのだ。
だから、幸福とはすべて、意志と自己克服によるものである。

アラン



0426
緑の葉
せっせと伸ばす
夏の枝
【まどか】













幸福論

いまフランスは大統領選で揺れ動いている。
そのフランスで幸福についての名言を残したエミール=オーギュスト・シャルティエ。
彼はアランというペンネームで幸福論を数多く残した。
フランスという国はどこへ向かうのであろうか?


幸せだから笑っているのではない。笑うから幸せなのだ。


エミール=オーギュスト・シャルティエ(Wikipedia)
0425
桜の道
新緑見える
空の色
【まどか】














変わる

誰かのお役にたてればという思いで
具体的に一歩動くと、
人間は変わる。




0424
隙間から
覗く空に
春の朝
【まどか】





















最初は下手くそ

習い事を始めた頃は誰だって下手くそ。
しかし下手くそな頃は人に見られると恥ずかしいから、隠れて練習などする。
だが、「ある程度見られるようになって披露するのがカッコイイ」などと思っている人が大成した例はない。

まだ未熟で下手くそな時からベテランの人に混じって、馬鹿にされ、笑われて、それでも頑張っていれば特別な才能がなくても上達できる。
何故ならば、道を外したり我流に走ることもない。
そのまま練習し続ければ、馬鹿にしていた人々を超えて達人になっていく。
さらに、人間的に成長もするし、周囲の尊敬も得られるであろう。

今は天下を取った名人でも、最初は笑われ馬鹿にされた時がある。
そのような人からの習い事は、道は正しく、コツコツと道を誤らなければ、多くの人がその教えを授かることが出来るようになる。
どんな世界でも、同じである。


【徒然草 150段】
能をつかんとする人、「よくせざらんほどは、なまじひに人に知られじ。うちうちよく習ひ得てさし出でたらんこそ、いと心にくからめ」と常に言ふめれど、かく言ふ人、一芸も習ひ得ることなし。いまだ堅固(けんご)かたほなるより、上手の中にまじりて、毀(そし)り笑はるるにも恥ぢず、つれなく過ぎて嗜む人、天性その骨(こつ)なけれども、道になづまず、みだりにせずして年を送れば、堪能(かんのう)の嗜まざるよりは、終(つい)に上手の位にいたり、徳たけ、人に許されて、双(ならび)なき名を得る事なり。

天下のものの上手といへども、始めは不堪(ふかん)の聞えもあり、無下の瑕瑾(かきん)もありき。されども、その人、道の掟正しく、これを重くして放埓(ほうらつ)せざれば、世の博士にて、万人(ばんにん)の師となる事、諸道かはるべからず。


700年近い昔から人間の本質は変わっていない。

0421
曇り空
もくもく泳ぐ
雨の後
【まどか】


























ヘタは下手なりに

文字は下手だが、遠慮せずどんどん書き散らかしたら良い。
しかし、文字が上手くないからといって、人に代筆させてまでするは見苦しい。


徒然草 35段
手のわろき人の、はばからず、文書き散らすは、よし。
見ぐるしとて、人に書かするは、うるさし。


0420
雲の中
桜雨貯める
雨の匂い
【まどか】

















時の流れ

逝(ゆ)く者は斯(かく)の如きか。
昼夜を舎(お)かず。

論語:子罕第九


あるとき孔子が川の側にたたずんで、水の流れを見ながら言った言葉である。

「ああ、過ぎていくものはこういうものか、
 昼夜をおかず休まずに流れていくな」と。



0419
キラキラと
光る木々に
宿る春
【まどか】

















茶断ち

やり遂げたい目標があるときに、自分が一番好きなものを断つことがある。
それはお酒とか甘いもの、あるいはゴルフや釣りであるかもしれません。

目標が達成されるまでの間、
自分が一番好きなことを断つのですから、忘れることは決してありません。

しかし、自分が一番好きなことを断つのですから強い勇気が必要。
気軽に取り組みにくい欠点があります。

そこで有効なのが、目標を紙に書いて目につくところに貼る。
自分への広告戦略です。
ほんとうに気軽に誰にでも出来ることです。

今、何かやってる?


0412
ひらひらと
地面も染める
桜色
【まどか】





















下りエスカレーター

目標を達成するに当たって、3つの動きがある。
前進と停止、それに後退です。

目標を忘れるとすぐに停止し、そして後退が始まる。
ある程度の年齢に達すると、私たちの人生は下りエスカレーターに乗っているようなもの。
絶えず目標を心に描き、目標に向かって積極的に行動しなければ下がってしまう。

目標を完全に忘れているわけではないが、
仕事や日常生活を営むには、他にもやらなければならない事が沢山ある。

ただ目標を意識していないと、目標に対し停止し後退が始まります。
目標の達成に失敗する一番の原因は目標を忘れていることです。



0411
桜舞い
飛ぶ鳥低い
雨の中
【まどか】


















うるおい

「富は屋(おく)を潤し、徳は身を潤す」

豊かな財産があれば、家屋に潤いが出てくるように、
人間にも徳が備わっていると、その人柄に潤いが出てくる。

潤いのある人生を目指そう。


富潤屋、徳潤身(大学)





0407
朝に塗る
新しい空
春の色
【まどか】



















新年度

心機一転、組織の色んなものを変えてみよう。

直感はロジックの燃料。
興味のない事には直感は働かない。

まず改善についてのアイデアを理解し、着手することでさらに興味が増す。
自分が変われば組織は変わる。



0403
曇り空
切り裂くように
鳥が飛ぶ
【まどか】


















負のスパイラルを考える

良い習慣を持たないで生きていくことを常に考える。
習慣をもたないで生きた未来と、素晴らしい習慣をもって生きた未来、どちらが幸せだろうか。

損する自分を考えると、良い習慣をつくろうと努力できます。




0330
春風に
向かって泳ぐ
鳥の声
【まどか】


















沢山する

質は量からしか生まれません。

誰よりも、目の前のことをたくさんやりましょう。
突き抜けた行動量は絶対に成果に繋がります。

数をこなす。
よし!やるだけ。




0329
おはようと
春の風に
雨の匂い
【まどか】



















森友学園

気をつけよう。感情のスイッチをいれてしまえば、
どんな不合理と思われる行動も、正当化してしまうのが人間である。

籠池氏をメディアで見聞きし、そんなふうに思う。




0327
朝の色
隠れる日差し
写す曇
【まどか】













許す

人間はスーパーマンにはなれない。
仕事を頑張れば家庭が犠牲になる。当たり前!

すべてを頑張りすぎると私のように倒れるぞ。

仕事、個人、そして家族のすべての分野で、それぞれ目標を設定し、
それをクリアしていくと、論理的にはどんどん成長できそうだ。

しかし、実際には、仕事がうまくいけば、家庭が歪む。
家庭がうまくいき、仕事もうまくいけば、個人の欲求が犠牲になる。

不完全な存在だから人間。
許すことが、本当の強さ。






0324














人生は習慣の織物である

人の一生は
   頑張りではなく習慣


アンリ.F.アミエルの言葉を借りるなら。
人生というものを一つの織物とすれば、この織物は「習慣」から織りあげられています。
もし、自分の「習慣」が美しければ、そこから織り上げられる人生は必ず美しいものになるでしょう。
もし、自分の「習慣」がその逆であれば、当然そこから織り上げられる人生もその逆になることでしょう。
良い習慣を付けるか、悪い習慣をつけるかによって、まったく人生が変わっていくのです。



0323






























事前準備

相手を知ることは重要だが、 聞き過ぎたのでは尋問になる。

聞き過ぎないための事前準備。



0322
雨音に
春の足音
桜待ち
【まどか】
























やってお〇〇よかった

「やっておいてよかった」
「やっておけばよかった」

僅か二文字の違いだけども、その差はどこまでも大きい。



0321
曇り空
切り裂く春が
背中押す
【まどか】





















自転

何気なく立っている今も地球は動いている。
地球は今日も東に向かって休みなく回っている。

地球が一日に約一回転するということは、地表は時速1600Km以上の速さで回っている。
音速よりも早い、秒速463mのとてつもない早さだ。

そんな激しい地球の上で僕たちは生きている。

小さいことで悩まない。
この世は不思議で満ち溢れているんだから。



地球の自転



0317
まだ寒い
朝の風は
冬の終わり
【まどか】
























縁は「場」で変わる

自分でビジネスを設計するようになって、一人で行動することが多くなった。
旅行も遊びも、みんなでワイワイと行動するよりもひとりで行動することが多い。

人との出会いは、それが偶然か必然か、良いか悪いかは別にして、社会の仕組みに依存していることが少なくない。
もちろん主体的にその場を作っていこうと考えているはいるけども、どうしても社会的な制約をうける。

小学生のことを思い出して欲しい。
一緒に遊ぶ仲間は自分の近所の子か、クラスメート。
それが中学生になり、高校生になって、大学・社会人と円の面積が広がるように大きくなる。

自分が関わった人や出会った人の多くは、自分が生きてきた社会の仕組みがあったからこそ生まれた関係と言える。
新しい人との縁は、その時立っていた円から一歩出たときに生まれることが殆どといえる。

イノベーションとは、今いる自分の「場」から一歩踏み出すこと。
「場」を作るか変えるかしなければならない。
そのためには身軽になって行動できるように準備しておくことが必要。

出逢いの縁は「場」で変わる。「場」を変えると出会いが変わり、自分が変わる。




0314
曇り空
切り分け飛ぶ
朝の鳥
【まどか】




















有り難い

有り難いとか、感謝とよく言いますが、

まず、日々の生活での愚痴や不平不満を漏らさないことが肝心。




0310
キラキラと
波打つ水に
写る空
【まどか】
















火消

ビジネスの世界では「ひ消し」が大切。

否定、批判、批評、比較、

「ひ」のつく行動を極力しないことです。



0309
鳥運ぶ
春の香りに
冬の風
【まどか】
















営業

親しくなるということは、相手にこびることではない。

また、相手の機嫌をとることではない。

大切なのは自分の機嫌をよくしておくこと。 



0308
曇り空
写す窓に
朝の色
【まどか】





















考えがないと、行動は起きない。

自分が創りたい未来に対して、行く道(方向)を誤ってはならない。

わたしたちの未来は自分の人生に対して責任を負い、
願望実現のための実行可能な計画を立てることから始まります。

出来ることから行動をする。



0307

















評価

どんなにその人のために尽くしても、わかってもらえない時がある。
仕事において、どんなに素晴らしい結果を残したところで、誰にも評価されないこともある。

人生そんなもんです。

歴史を振り返ればわかるが、芸術家や作家の作品は死後評価されることのほうが多い。
一生懸命やった仕事に対して、その場で評価されなくても腐らない。
人の評価なんて、見る人、見るタイミング、環境によって変わる。

なによりも他人は好き勝手なことを言う。

それよりも自分がやりたいと思ったことをやり切ったことが大切。
まず自分で自分を評価してあげよう。



0302
雪の下
隠れた春が
顔を出す
【まどか】




















振り返り

2月も今日で最後。

2/12月 が終わる。
1年というのは、1日×365回。
59/365日
8.5/52週 が終わる。

まず、ここで見直し。
何が達成できた。
どの部分が未達成だったか。

いまなら、あとに続く10ヶ月を修正できる。




0228
花通る
風の道で
春感じ
【まどか】


















奈良

死のうと思う日は殆どないが
生きていく力が無くなることがある。

そんな時、奈良を訪ね仏像と対峙する。
力わき明日を想う心が出てくるまで仏を見つめる。



0227
花通る
風の道で
春感じ
【まどか】
















知識 × 熱意 + 経験

知識は大事。

私たちはその知識を得るために小さい時から学びをはじめる。
しかし松下幸之助翁は、知識だけでは社会の役には立たないといった。

知識に熱意を掛け算し、そして経験をプラスしなさい。
そうすることによって知恵が生まれる言った。

面白いのは熱意だけが掛け算。
事業を真面目に伸ばそうと考えるならば、正しい知識と熱意が必要だと分かる。




0224
雨の後
朝をうつす
靴の跡
【まどか】













ありがとう

「ありがとう」をたくさん言うと、
「ありがとう」と言いたくなるようなことが次から次へと起きてくる。

不思議にありがたいと思う出来事がたくさん出てくるから、
今度は本当に心から「ありがとう」と言い、
徐々に自分も周りから「ありがとう」と言われるような行動をしたくなる。

「ありがとう」を繰り返すだけで、人生そのものが「ありがたく」なってしまう。
こんな便利な言葉を使わない手はない!


ありがとう




0221
雨雲が
揺らす風に
春の匂い
【まどか】














巌上松

あらし吹く 世にも動くな 人ごころ 

        いはほに根ざす 松のごとくに


巌上松とは、岩の上に生えている松を意味する。
社会も個々の人生でも常に順風満帆に行くはずがない。
困難や急激な変化に苦しむことが多い。
そんな時にこそ、どっしりと根を張っている松の大木のごとく、
しっかりとした信念を持ち、心を動揺させてはいけない。
(明治天皇御製).




0217
椿の木
揺らして遊ぶ
鳥の羽
【まどか】


















過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ