今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

モチベーション

挑戦

失敗は、
自分がそれを失敗と認めない限り存在しない。

敗北は、
自分があきらめて、永遠のものにしてしまわない限り一時的なものです。

また、一時的な敗北は、
自分を次のステップへ押し上げてくれる存在です。

これらは挑戦しない限り、手に入れる事は不可能です。

Ps.何もしない失敗もあるのか?
  それは本当に失敗なのか?
  それとも、必然なのか?
  (考え中)



1215


キラキラと
光る枝に映る朝

【まどか】














logical thinking

「頭をよくする」とはどういうことか?

平たい知識を詰め込むことではなく、論理的思考力を高めるということ。


1214


寒さ滲み
草木が揺らす紅葉の葉

【まどか】





















言い争い

「口論するには最低でも二人必要だということを忘れない」

口論には、口論の原因となるものがある。
原因となる二人の出発点はいつも同じ場所。

「(現状)○○をどうにか(良く)○○したい」との共通の認識。

自分の信条を曲げてまで妥協すべきだ、とは言わないが、
口論の際は、否定ばかりではなく、
相手に対して同意の姿勢を示すことが大切です。


1213

朝色に
染まる道に写る冬

【まどか】













ほう・れん・そう

部下に、ほう・れん・そう(報告・連絡・相談)を求めるには

お・ひ・た・し、の心が必要。

「お」:怒らない
「ひ」:否定しない
「た」:助ける(困り事あれば)
「し」:指示する

部下個人ではなく、時代がおひたしを求めていると理解し実践をする。



1211

風吹けば
秋を探す冬の道

【まどか】















ほんの少しの意識

できない人は言葉で説得し
できる人は行動で説得する

できない人は話したがり
できる人は聞きたがる

できない人はお金を求め
できる人は成長を求める

できない人は過去にこだわり
できる人は未来にこだわる

できない人は不可能と思い
できる人は可能と思う

できない人は他人のせいにして
できる人は自分のせいにする

できない人は一人で頑張り
できる人はみんなで頑張る

できる人もできない人も
能力にほとんど差はない
ほんの少しの意識の違いによって
結果に差が生まれる。






1209


風吹けば
空を見上げて日を探す

【まどか】









いまですよ、今!

いまですよ、いま。
過去をどうのこうのって言うより、
やっぱりいまでしょうね。

いまっていうのはすぐ過ぎていくものだけど、
いまを丁寧に精一杯いきることによって、ひとは強くなれる。



1207

朝雲に
線を一本出した空

【まどか】














今をしっかり生きよう

座禅の要領は、
ほんのいっときでも過ぎたことは気にしない。
これから起こることも気にしない。
この二つ。

1205

雨音に
秋の足跡早歩き
【まどか】














まずやる

三日坊主でも、
  3日分は前進する。

よし、やるだけ!


1201

キラキラと
光る青空風吹かせ
【まどか】
















開運と幸運

幸運は気づいてね

人は気づいた瞬間にスコーン!と納得する。
その瞬間を幸運とよぶ。

開運はそのための行動。
行動しなきゃ幸運に巡り合えない。


1127

冷たさに
青空見上げ日を探す
【まどか】

















来る年を思う

年を経るごとに、
努力だけ、能力だけではどうにもならない出来事が積み重なってくる。
そんな時こそ集中すべき的を絞り突破口を見出さなければならない。
それこそが年長者の経験値と言えよう。

来年起こるべき問題点を想定し、運を味方につけれるよう備えておこう。



1121

寒さ増え
朝の光に踏み込む影
【まどか】















数字から閃きへ

数字の目標があれば、その目標に対して自分は何をすればいいかと考える。

いま売るべき商品は何か。
お客様に伝えたい商品は何か。

そうやって一生懸命考えていれば、自ずとお客様に楽しんでもらえる店になる。

さらに、そうやって常に考えていると、次はこんな商品を置いてみよう、
こんな企画を試してみようと、先のことまで考えられるようになる。
やりたいことがドンドン湧き出てくる。

そんな中から閃きは生まれる。


1117

朝の色
道を染める雲の色
【まどか】


















怪我

勝負事
負けた時の99%の理由は自滅
考え過ぎ。

考え過ぎるとケガが多くなる。
怪我とは日本ではキズ、負傷。
中国では自責の念を表す時にいう。


考え過ぎて物事がうまく動かない時は、瞬間的にぱっとやってみる。
なかなか出来ない事かもしれないが「間に合わせ」て、スムーズに事が運ぶことが多い。


1114

風止まる
秋の陽だまり晴れた空
【まどか】













ライバル

マラソン競技の、42.195Kmをひとりで走って世界記録を出せる選手は一人もいません。

100mの短距離も、ひとりで走れば世界記録どころか、オリンピック記録さえ危うい。

スキルを伸ばすのにはライバルが必要。

あれこれ一人で考えていてもしょうがない。


1114

朝日浴び
草木に宿る冬の朝
【まどか】

















経営姿勢

ゴルフにもドラマがあった。

22年ぶりのゴルフは6組規模のコンペに参加。
メンバーにも恵まれ一組目にスタート。

先日ホールインワンを達成した会長職の先輩と大手リース会社の社長。
さらに主催者の先生と私。

ボロボロの内容にも拘らず、温かく見守って下さった。
何とか後半の、それも終了間際にはボールが当たるようになり
最終18番ホールはベストショット連発でのナイスパーON。

ふと、ボールが乗ったグリーンを見ると、カラスが一羽ピョコピョコ歩いている。
「おいおい!ボールに近づくんじゃない」と思う間もなく咥えてしまう。
「こらー!」と叫ぶにも遠い。
そのままボールを咥えて消え去った。

まぁ今日のゴルフはお遊びだから、ロストでいいやと思っている自分。
猛然とダッシュしてボールを探しに行ったのが最高齢の会長。
200億円近い売り上げの会社を作り上げ、誰からも尊敬される方。
問題のボールは、バンカーエッジのブッシュの中に隠されていたモノを会長が探し出してくださった。

このラウンド中みんなのショットを誰よりも注視し、何かトラブルがあったら真っ先に駆けつける。
そして問題解決に率先して取り組み、仲間を安堵と笑顔に導く。

遊びだと気軽に考え、ロストでいいやと思っていた自分が恥ずかしい。
それは問題解決ではなく問題放置だったんだ。

どんな時でも問題は発生する。
自分だけではなく、周りの者の問題まで進んで関わり、そして真摯に取り組む。
そんな人には自然と尊敬の念が生じ、人が集まるのだ。

どんな小さな事であっても、まぁいいや!はない。
問題は正面から解決する。
よし!やるだけ。


1106

晴れ間見せ
微笑む太陽風忘れ
【まどか】



















予定

少しの勇気が明日を拓く大きな力になる。


今日から霜月
11月1日の今日は旧暦 9月13日にあたり、
今宵の月は「栗名月」ともいわれる「十三夜」です。

秋の月を愛(め)でながら来年の予定を立てる。
よし!やるだけ。

1101

雨音にかき消される鳥の声
【まどか】
















コンプレックス

コンプレックスを持つ人は
欠点を補うために努力と研究を重ねることができる。

よし、やるだけ!


1031

雨上がり青空見える空の蓋
【まどか】















先行き不安

未来というモノは、来るべき時に訪れてくるものだから、
未来を憂うのはやめなさい。

親鸞聖人は「明日ありと思う心のあだ桜夜半に嵐の吹かんともかな」と詠んだ。
私たちに明日があるとは限らない、今この一瞬をありがたく大事にしたい。

今日も、日日是好日(にちにちこれこうじつ)の気持ちで過ごしていく。


1030
曇り空雨を含み空渡る
【まどか】



















おい悪魔、さあ仏。

怒らず、
威張らず、
焦らず、
くらさず、
負けるな。

颯爽と、
明るく、
ほのぼの、
ときめき、
謙虚。

頭の文字を繋いだ語呂合わせ
「おい悪魔、さあ仏」


1027

雨音に道が踊る秋の朝
【まどか】













切手

ちっぽけな切手は、
最後までくらいついて、必ず仕事をまっとうする。

自分の仕事に徹する、根気が必要。
よし!やるだけ。


1026

雨音に葉っぱが歌う秋の道
【まどか】














やるだけ

人は、隙あらばさぼりたくなるもの。

やるときはやらないと。



1019

雲集め秋風吹かす朝の空
【まどか】













Will

「悲観主義は気分のものであり、楽観主義は意志のものである」

“Pessimism comes from our passions; optimism from the will.”

およそ成り行きにまかせる人間は気分が滅入りがちなものだ 。
いずれにせよ、「あぁ大変だ〜」と思うか「何とかなる」と思うかの差は、
passion(気分)かwill(意志)の差。

アラン Alain



1016
雨音に起きる朝日がかぶる雲
【まどか】













瞬間的

人間はどこかに頭を使うことが高等で、体を使うことは下みたいな認識がある。
頭を使っているほうが利口そうに見えるとか、立場が上に見えるように。

しかし、その考えの中に入っているものって結構いやらしいものも多い。
人間は弱いものだから、欲とか損とか怖さとか不安とかずる賢さ、
そういうものが考えの中に入ってしまっている。
だから考え過ぎるって意外と良い結果に結びつかないことが多い。

体に正直に、考えずにパッと判断する。
私がいま一番大切にしたい生き方。



1009

朝色に染まる瓦に描く曇
【まどか】













見栄

「背伸びして視野を広げているうちに、背が伸びてしまうこともあり得る。
 それが人生の面白さである。」

城山三郎が言った言葉である。

若いころは見栄を張り、背伸びをした時もあった。
でも見栄を張るからこそ次の扉が開くと信じる。

等身大という言葉が世にはびこる時代だからこそ見栄を張りたいと思う。


1006

雨滲む
地面に落とす
朝の光
【まどか】 Paris













未来は楽しい

どうなるのか分からないこと。
予想ができないこと。
そういうことを「不安なこと」と捉えるか「期待」と捉えるか。

そのどちらを選ぶかによって、
私たちのまだ決まっていない未来は限りなく選んだことに近づく。

「不安」という道を選べば不安な方向に
「期待」という道を選べば期待の方向に

どちらを選んでも自由だし正解ですが、
一生に一度きりの人生ですから、自分に「期待」してみたいですよね。


1005

青空に
赤い屋根が
光る朝
【まどか】 Paris













続ける

十年、偉大なり。
二十年おそるべし。
三十年にして歴史になる。


0929

光さす
朝の窓辺に
浮かぶ空
【まどか】France Paris
















自分次第

物事を悪い方向に向かわせるのも、よい方向に向かわせるのも、
すべては自分の心次第。



0928

雨滲む
空に浮かぶ
雲のあと
【まどか】Belgium













フラットな考え方

親からもらった縦のものさしを横にする。

教え込まれた「コツコツ真面目がよい」という縦のものさしだと、
1ミリでもできたら喜んで、1ミリでもできなかったら落ち込む。
「コツコツやらずに要領がいいのはダメ」という価値観になる。

でも、このものさしを横にすると、上下(優劣)じゃなくてジャンル分けになる。
ファーブルが昆虫を観察するときは、どの虫が偉いかどうかなんて思ってなくて、違いによって分類するだけ。
そういう見方ができると、心が平穏になるよ!


0926
キラキラと
日向に集まる
人の声
【まどか】Belgium










101点

百一点は零点と同じ。

真剣に一生懸命頑張れば頑張るほど、余裕がなくなり限界を超える。
限界点を超えると致命的な傷を負う。


0922

雨の後
石畳に
写る空
【まどか】Belgium









雨の日は

雨が降ったら、
天気がいいだの悪いだの思わないで、
ただ降っているのを見ているだけ。

そういう思いで人と接していれば、
気持ちにトラブルはないはず。


0920

風の中
雨が踊る
朝の街
【まどか】Amsterdam












勉強

いくら自分に完璧を求めても、完璧な人間なんてどこにもいない。

結局、自分や他人の失敗から、学んでいくしかないんだ。


0915
爽やかに
朝を走る
風の音
【まどか】

















過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ