今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

モチベーション

時計

人の時計を覗くな!
人には人のサイクルがある。

人の時計を見ると、どうしても自分と比較してしまう。
自分の時計の速度で動けばいい。他人の時計の進み具合は関係ない。
人の時計を覗くな!



0720


キラキラと夏に輝く緑の羽
【まどか】























最初の一歩

十里の旅の第一歩 百里の旅の第一歩
同じ一歩でも覚悟が違う
三笠山に登る第一歩 富士山に登る第一歩
同じ一歩でも覚悟が違う
どこまで行くつもりか どこまで登るつもりか
目標が その日その日を支配する

後藤静香
後藤静香記念館



0718

どんどんと夏を巻き込む朝の雲
【まどか】












鈍感・敏感

人間というものは、人から愛されたり、守られたりしていることに対しては極めて鈍感です。
逆に、自分の意に添わないことに対してはとても敏感に出来ている。

守られていることには鈍感
意に沿わないことには敏感

人間って、自分勝手な生き物なのです。
だから普段から感謝の「クセ」を養う必要があるのです。



0717


朝の色雲が描く夏の空
【まどか】














人のふり見て

ロシアのことわざに
  人の失敗は許してやれ、だが自分の失敗は許すな。
  Прощай ошибки чужим, но себе никогда.

がある。

他人の行動を見て、良いところは見習い、悪いところは改めよでしょうね。
日本語では「人のふり見て我がふり直せ」です。



0623



風吹けば並べる夏を青空に
【まどか】

















自然に、でも前向きに!

吉田拓郎が、イメージの歌
「誰かが言ってたぜ俺は人間として自然に生きているのさ
 自然に生きるって わかるなんてなんて不自然なんだろう」と歌ってた。
あれから48年もの月日が過ぎ去ったが、その歌詞は心の奥族に残る。

長い長い坂道を登ってきた思うことは、振り返って誰もいなくたって登らなければならないんだと。
人生においては、どんなことがあっても登るべき山は登らなければならないと。
何も知らなくったっていいんだ。
目の前の坂を上ってごらん、そしたら頂上にたどり着く。

一つの山の頂上にたどり着いたら、もっと高い山の頂上を目指すというのは物事の自然な流れ。
つぎの山は自分で決める。

成り行きによっては、思い通りの場所にたどり着くこともあるかもしれないが、
自分が行きたいと思うような場所にたどり着くことが望みならば、
決してそのような場所が見つかることなくあてもなく漂流してしまうだろう。

人生とは下りのエスカレーターに乗っているようなもの。
ボーとしていたら、どんどん下の階に降りて行ってしまうぞ。

人の道は前進するか後退するかのどちらか。
自分でよく考えて、正しいと思う方向に向かわなければならない。

16歳の時に拓郎さんに出合って深く考えることが出来た。



0621


朝色に地面が染まる夏の朝
【まどか】

























ビジネスと自然

松下幸之助さんは
「ビジネスも人生も自然にうまくいくようになっている」との言葉を残している。

ビジネスも人生も自然と・・・・
この自然を判らないと、ビジネスも人生も楽しく過ごせない。

お客様に幸せになっていただく。
それがビジネスの自然な姿であろう。

お金を目的化するんじゃない。
お金は後から黙ってついてくる。



0620

雨音に紫陽花揺れる道の隅
【まどか】













自然

自然が一番!と時たま聞くが、自然って何だろうな?

昨日の朝、出勤途中に地震に遭遇した。
久しぶりの大きな揺れに周りはプチパニック状態。

もっとよく観察していると、
パニックって目を塞いでしゃがみこんでいる人。
周りの状況を確認して、安全な方向に向かう人。
上から物が落ちてこないか確認している人。
小さな子供に駆け寄るおばさん。

色んな人がそれぞれ自然に自分の取るべき行動をとっている。
とっさの時の自然な行動。

大地の自然。
人間の自然。

わたしの自然って何だろう?
    と考える機会になった。






0619


風吹いて空を見上げる夏の雲
【まどか】















吉凶は人に由る

窮達(きゅうたつ)は命(めい)なり
吉凶(きっきょう)は人に由(よ)る

治乱とか、窮達とか、吉凶とかは、どうにもならぬ運命的事実であるように俗人ほど思いがちである。
困窮に陥る。あるいは 栄達に恵まれる。
これは運命であって 知人力を超えた世界だが、 それを吉にするか凶にするかは その人次第である。

昔から人間の本質って変わらない。
どんな時代でも自分自身で悩み、もがき苦しんで自分の道を切り開かなければならない。
運だからと安易に決めつけない。
よし!やるだけ!


治乱は運なり。之に乗る者あり。之を革(あらた)むる者あり。窮達(きゅうたつ)は時なり。
之を行く者あり。之に遇(あ)う者あり。吉凶は命なり。之を作(な)す者あり。之に偶う者あり。
一来一往各々数を以(もっ)て至る。豈(あ)に徒(いたずら)に言わんや。
(文中子「中説」) 随の哲学者





0607


緑色透かして見える夏の草
【まどか】













セルフイメージ

知らない事、また経験値が少ないのがったら、それはあなたの武器です。

人間歳をとれば、あまた知識は増えるし経験値も上がる。
これから起こることに対して、自分の頭の中に蓄積されたデーターに基づいて判断が出来る。
だから年配者は経験に基づいて「ミスを防ぐ」思考に陥りやすい。

これに対して、大きな目標を実現できるかどうかは、
自分が自分に対して、どのようなイメージを持っているかによって決まる。

大きな目標を立てるためには、自分の実績や能力ではとても達成できないという思い込みをなくさない限り、必要なアイディアや実行力は沸いてこない。

今までの経験が邪魔になってくる。
自分で自分をフォーマットしよう。

自分に対するイメージ 、「セルフイメージ」を変えよう。
よし!やるだけ!



0606



紫陽花が道照らす朝雨を待ち
【まどか】















誰しも苦しい時は楽な方に逃げたい。
みんな同じ。
だけど、そこで逃げたら自分の成長はない。

私たち人間の体は、胎児で体重の約90パーセント、成人では約60〜65パーセント。
老人でも50〜55パーセントの水で満たされています。

人の働きを水力発電だとすると、水の落差が大きければ大きいほど強い電力が出る。
苦しい時って水を高く押し上げている時。
そう思えば頑張れる。


0605



曇り空掻き分け鳥が夏運び
【まどか】






















無理

(システム)会社の仕事などで、上得意客からのどうしても断れない特急物件が来ることがある。
しかしながら手にかけている案件で手がいっぱいの状態なのですが・・・・

このような場合は、即座に断らなくてはならない。

物理的にどうにもできないものを、どうにかしようというのは虫のいい話。
それ以上に、自分自身が優柔不断であるということです。

断ることは、全ての人に優しいことにもなります。
上得意客の物件を投入すれば、いま手がけている物件を押しのけて進んでいくので、他の物件はすべて遅れることになります。
全物件が納期割れのリスクを抱えます。
 
一方、上得意客の物件を流して間に合わなかったら、倍叱られます。
最初から納期に間に合いませんと言ったほうが叱られなかったかもしれません。
叱られまいと、いい加減な対応をしたことが仇となります。
また、満杯の工程を動かすのですから、不要な残業も増え重大ミスも起こりかねません。

これらすべての不具合は、トップつまり経営者の優柔不断さが原因です。
何でもすべて悪いのは経営者です。

ですから常にシステムは8割程度で回しておけというのは、こういう時のためであり、働く人も身体と精神を休めるアイドルタイムが必要であるからです。
フル操業は、最大のリスクを抱えた飛行といえます。
 
さて、断ることが嫌ならば外注先や競争相手にも紹介する覚悟と前準備は必要です。
もしくは瞬時の対応で済ませるとしても、それが常態化しないように後で落ちつかせることです。
 
いずれにしても、物理的に無理なものは無理なのです。
その「あきらめ」の心は私は無欲だと思います。
 
どうやってもできないものを、なんとしても・・・
それは悪い欲。「我欲」
出来ないものは出来ないと割り切る。





0604



朝の声鳥が鳴いて風揺らす
【まどか】

























言霊

「敷島の大和の国は言霊の幸はふ国ぞ真幸くありこそ」
 柿本人麻呂(万葉集)

敷島(しきしま)の大和(やまと)の国は言霊(ことだま)の幸はふ(さきわう)国ぞ真幸(まさき)くありこそ


日本という国は言葉を格別に大切にしてきた民族だと学んできました。
わたし達も出来るだけ、感謝する気持ちを言葉に載せて発することにします。
それが小さな組織、人間関係を明るくする礎(いしづえ)だと思っております。

「ありがとうございます」

今日も出来るだけ声に出して感謝を伝えます。


0531



雨音に踊る草木が朝揺らす
【まどか】















掃除

人生を真に充実して生きようとしたら、
結局「今日」の一日を、
いかに充実して生きるかということ、
人間の一生といいましても、
結局は一日一日の積み重ねの他ない

森信三


まず、身の回りの清掃だ。
今すぐ掃除を始めよう。
綺麗だと思っていても、まだやることはあるはず。
よし、やるだけ!


0530



雨音に草木が唄う朝の道
【まどか】

















怒ると間違いやすいのですが、恕(じょ)と読みます。

孔子が人生で一番大切なことだと説いたのが「恕」です。
其れ恕か。己の欲せざる所、人に施すこと勿(な)かれ。

人生で一番大切なこと、それは恕=おもいやり。
自分がされたくないことを人にしてはいけませんよ。
また、もっと自分を思いやる。自分を奮い立たせることも大切だと。

恕のこころで、人生前向きにとらえて行動すれば必ずよい結果につながると。
よし!今日もやるだけ。



0528

雨上がり地面に残る空のいろ
【まどか】












正義と悪

以前にも書きだしていたが、正義の味方と悪の組織はどこが違うか。

■正義の味方の特徴
1 自分自身の具体的な目標をもたない
2 相手の夢を阻止するのが生きがい
3 単独〜小人数で行動
4 常になにかが起こってから行動
5 受け身の姿勢
6 いつも怒っている

■悪の組織の特徴
1 大きな夢、野望を抱いている
2 目標達成のため、研究開発を怠らない
3 日々努力を重ね、夢に向かって手を尽している
4 失敗してもへこたれない
5 組織で行動する
6 よく笑う

他にもいろいろ特徴があるが、要するに正義の味方は傲慢で自己主張が激しい人だ。
でも傲慢な人になるのは難しいんだぞ。

謙虚になるのは簡単。
だが傲慢になるのには勇気が必要なのだと思う。
正しいかどうかわからないが、成功するためには勇気をもって「善い人」を捨てなければならない時があると思う。


0524


青空にさらさら流れる夏の風
【まどか】















経験したことのない時代

心に描いたものは必ず具現化していく。
より良い人生を生きていくためには、
心を綺麗にして善きことを思い描くことが非常に大事だと思っています。

特に、いまの時代は10年前と違う。
口に出すと短期間で本当に実現してしまう。

そんな時代を私たちは生きている。


0523



青々と風になびく道の草
【まどか】












学ぶ

学ぶということは、覚え込むこととは全く違う。
学ぶとは、いつでも、何かが始まることで、終わることのない過程に一歩踏み込むことである。

一片の知識が学習の成果であるならば、それは何も学ばないでしまったことではないか。
学んだことの証しは、ただひとつ。
何かが変わることである。



0522


青空の海に流れる白い雲
【まどか】












正しいこと

「楽しいことより、正しいことをしなさい」

楽しいことでも、正しくないことはたくさんある。
自分が取り組んでいる仕事が楽しいからと言って正しいとは限らない。

”いま自分は正しいことをしているか?“
すぐに答えは出ないかもしれないが、常に問いかける姿勢が大事。




0517

さらさらと道走る夏の風
【まどか】
























鍛錬

「千日の稽古を鍛(たん)とし、万日の稽古を錬(れん)とす」

五輪書:宮本武蔵



3年は続けないと鍛錬の緒もならない。


0516

ふわふわと漂う雲に夏浮かべ
【まどか】















キャリアの向上

人は3日で覚えたことは3日で忘れ、1ヶ月で覚えたことも1ヶ月で忘れる。
3か月で覚えたことも3か月で忘れれば、1年・2年かけて覚えたことでも何もしなければそれぐらいで忘れていくものだ。

しかし、3年もやり続けると、もう止めようなんて思わない域まで達している。
新たなステージに向かいたくなるものだ。

「石の上にも三年」幼少のころ母から繰り返し言われた言葉です。


0515













本日の逸品 あこや黒真珠ネックレス



重圧

リラックスして楽しいんでいるときは、動きもよくパフォーマンスも発揮できる。
しかしプレッシャー(重圧)を感じている時もそんなに悪い状態じゃない。

棒高跳びで1メートル50センチを跳べる人は1メートルでは簡単すぎて、2メートルも不可能なのでプレッシャー(重圧)は感じません。
「あと少し」という1メートル60センチに挑む時に重圧を感じるもので、何かしらの手ごたえを感じている時に抱くものです。

プレッシャーの本質が分からないと、その重圧に押しつぶされてしまいそうになるが、意味が分かれば楽しむこともできる。
さぁプレッシャーを感じる、一歩上の「ステージ」に登壇しよう。


0508


ふわふわと踊る風が春揺らし
【まどか】
















本日の逸品 トライアングル一粒あこや真珠ピアス











まず捨てる

振り返って考えれば、
わたしは職を失ったおかげで自分がしなければならない別の仕事を見つけることが出来た。
もう立ち直れないと感じたほどの喪失感を味わったおかげで、自分がやらなければならない本質を見つけた。

いまならそう言える。



0501

吹く風に夏の匂いが混じる朝
【まどか】















本日の逸品 あこや黒真珠ネックレス

水を浴びせられ、

ドロドロになった地面の方がきれいな花を咲かす。



0426

雨音に春の歌声柔らかく
【まどか】













本日の逸品 インビジブルあこや真珠ペンダント

キャプテン

大きな船でも小さな船でも、キャプテンは一人しかいない。
だから数万人が働く大企業も、わたしの零細企業もキャプテンという立場は一緒。

経営という大海原は自分の意思とは関係なく荒れ狂う時もある。
常に気を抜かず真摯に経営に立ち向かわなければならない。



0423

雲の上春の青空走る風
【まどか】












本日の逸品 マベパールネックレス



我慢と辛抱

我慢と辛抱は違う。

色んな人のいろんな意見があるが、やはり我慢と辛抱は違う。
この違いが分かるまでは我慢しなければならない。


我慢 - Wikipedia

辛抱 - goo国語辞書



0420


雨の予報草木揺れて空見上げ
【まどか】









本日の逸品 アコヤ真珠スルーペンダントネックレス





不満

不満を抱くということは現状に満足していないから。
不満には我慢という時間がセットで用意されているのだが、
この我慢がちゃんと出来ないと他人への批判となって表面に現れる。

学生の時は、勉強が必要な人ほど勉強する人を批判するし、
大人になると、お金を必要とする人ほどお金持ちを批判する。

我慢とは、仏教の煩悩の一つ。強い自己意識から起こす慢心のこと。

自分でもこのままではダメだと分かっているのに自分を自分で変えようとしない。
自分が避けていることを直視したくないから安易に他人を批判する。



0419


キラキラと桜の様に咲く笑顔
【まどか】









本日の逸品 花珠真珠ネックレス 7.0mm〜


満足

お客様は財務諸表なんか見ない。
お客様が最初に触れ合う瞬間はホームページであったりチラシやDMです。

経営コンサルタントや会計士には財務諸表を見てもらってアドバイスを貰うが、そこに答えはない。
答えは満足したお客様の行動を辿っていくことで見えてくる。
お客様は何を求めて、どの入り口から入って、どこにたどり着いたのか。
そしてどれくらいの時間をかけて満足を味わったのかを振り返る。

まず、お客様に満足していただかないと、わたし達の満足は来ない。


0418


風運ぶ春の香りに桜色
【まどか】










本日の逸品 あこや真珠ペンダントトップ K14WG


自由

自由はゆとりの中から生まれるもののではない。
それは、言葉の通じない外国に行けばよく分かる。

本当の意味での自由とは、不安と隣り合わせの時間と場所なのだ。
不安の真っ只中に身を置き、緊張しながらも前に進むことによって自由が手に入る。

もっともっと海外へ出よう。
自分を知るために。
自分のこころを開放するためにも。

よし!やるだけ。



0410


はるかぜに踊る花びら空仰ぎ
【まどか】














本日の逸品 生珠グレーあこや真珠ネックレス

頑張る自分にご褒美を

働いた後は、遊びましょう。
神経を使う仕事をした後には身体を動かしましょう。
運動した後は休んでリラックスしましょう。

また、気を張り詰めた後には、それをユーモアで解きほぐしましょう。
頑張った自分に、ご褒美をあげましょう。


0409


風吹けば桜の雨がひらひらと
【まどか】












本日の逸品 ゴールド南洋白蝶真珠ペンダントトップ


言葉

「日本の未来を考えると不安になる」

そんな言葉をつかう奴が私の周りにも結構いる。
そして、不安な言葉をつかうメンバーが集まり、大多数を占めると大変なことになる。
場の空気が「日本ダメだね」の気で覆われてしまうのだ。

面白いもので、わたしは「今の若い奴は凄い」と思っている部分があって、日本の未来にワクワクしている。
そうすると違和感からか弾き出されてしまうのだ。

要は「〇〇はダメだよね」と言っていたら、ダメだと思う人と集うことになる。
一方、「〇〇凄いね。楽しみだね」と言っていれば、そのように言っている人と集うことになる。

自分の幸せは自分で作るってのは、こんなとこなんだろうとおもう。




0404

風纏う桜の花びら春告て
【まどか】














本日の逸品 てんとう虫のピンバッジ


過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ