今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

朝礼

問題ですよ。

巷(ちまた)では次から次に問題が発生する。
偶発的な問題も多いが、
意図的に隠していたことが露見すると悲しくなる時がある。

問題は直視してすぐに向き合えば解決できる。
見て見ぬフリは解決をより困難にする。
なんで隠していたんだと。

時事ニュースになってしまうと、たったひとりが起こした問題が組織全体での問題と捉えられる。

当事者にしたら、組織の中でのプレッシャーで言い訳もあるだろう。
しかし、問題抱えているのにそれを見て見ぬフリしてもしょうがない。問題は消えてなくならない。
今は良くても結局最後に周りのみんなにシワ寄せが来る。

それでも見て見ぬフリしていれば、いずれ誰かが解決してくれるかといえばそんなことはない。
自分で腹をくくって向き合わなきゃ解決しない。
見たくない現実でもしっかりとそれと向き合わないと・・・・・・・。


  問題は直視してすぐに向き合えば解決できる。
  見て見ぬフリは解決をより困難にする。


三菱自動車







0421
浮かぶ雲
空に溶けて
海になる
【まどか】












誤解や悩み

よく誤解される。
いつも出張で全国を飛び回っていると思われている。
仕事も遊びも、それなりに・・・・ゴルフや飲み会に出没していると思われている。

誤解されるのは理由がある。
以前は宮城県の仕事などでしょっちゅう飛行等に乗り、ブログにアップしていたからだ。
今は、出張は出来ないように自社内業務をびっちりと入れ込んで、社内に居て結果を出せるよう業務を変えている。
また、仕事で精一杯なので、遊びは全て捨てました。
ゴルフは10年以上クラブを握ってないし、ここ20年で1回だけかな?

遊びもしないで、別にそれで悩みが生じるかといえば、逆に悩みが少なくなった気がする。

そうは言っても凹むこともあるし、心が折れそうなこともある。
それでも悩みがないと言えるのは、悩んでも仕方のないことは悩むだけ無駄なので悩まないようにしてるから。
悩んで結論が出るなら悩みますが、悩んでも問題解決のためにならない。

問題があるなら、真剣に考えて、考えきる。
それでも考えても答えのでないことや、悩んでも解決できないことは、後回しにするかそのうち忘れてしまうようにしてしまう。
もしくは仮説の決断をし、後で修正をする。
これで悩んでいる時間を短縮できる(悩みが小さくなる)

人から誤解されるのが嫌だって思ったって、誤解している人の間違いを解くのは難しい。
それなら誤解させておいたほうがいい。

もうひとりの自分が活躍していると思えば、悪い気はしない。





0311
風が押し
早足になる
靴の音
【まどか】












ニュース

目立たなくても、コツコツ出来ることはいっぱいある。
表立つと、いらぬ批判がついてくる。

人間には不思議な習性が有り、
勉強が必要な人ほど、勉強できる人を批判し、
お金が必要な人ほど、お金持ちを批判する。

勉強できる人は、努力して勉強ができるようになった、というのは頭では分かっているが、
自分は変化を嫌い、現状から抜け出せない。

変化が必要な人ほど、変化を嫌い、現状を変えようとしない。
これは人間の悪い習性。
さらに自分ができないことを、身近に感じる人ができると嫉妬心が生じる。
そうなると、共感よりも批判が先に生まれる


自分も会社も、むやみやたらに社会にニュースを提供しないこと。
いらぬニュースにならぬよう注意が必要ある。


0118
曇り空
蓋をする様
冬の白
【まどか】










世間に合わせる

自分の考えというものは、世間の役に立つかどうかを基準にすると判断しやすい。

アイデアや閃(ひらめき)は、そのほとんどが自分本位で考えてしまう。
それを一旦突き放して、世間という目で見てみると至らない部分が見えてくる。

「すべての人を一時的に騙すことはできるし、
 一部の人をいつまでも騙すこともできる。
 しかし、すべての人をいつまでも騙し続けることはできない。」
リンカーンが言うように、自分本位の悪知恵で一時的に儲かったとしても長続きはしないものだ。
また、一部の人をうまく騙せても、世間全体を欺くことはできない。
ものごとは結果的には、世間を基準にまともな状態になるようになっています。

反対に、頑固なひとは困りもの。
売れないのは無知な奴が多すぎるとか、「時代が俺についてこない」と言い出す。
一生懸命勉強していても、自分にこだわっている限りは成果が出ない。
なぜなら、採点(評価)は世間がするというのに、
自分を基準に考えているからいつまでたっても世の中とマッチングしない。

世間が正しいと考えれば、世間の求めに応じた考え・経営をするようになる。
これほど安心安全で確実な商売はない。


自分の考えを世間に合わせる。
これが基本。
今日一日、自分の考えが世間の感覚とズレていないかを今一度考えてみる。


1029












希望

硫酸を薄めたものが希硫酸。
塩酸を薄めたものは希塩酸。

望みはどんなに薄めても希望になる。
だから捨てるな。




硫酸(sulfuric acid)  H2SO4
希硫酸:質量パーセント濃度が90%未満の硫酸水溶液

塩酸(hydrochloric acid)は、塩化水素(HCl)の水溶液
希塩酸は濃度の定義なし。



0407
ひらひらと
桜が流れて
雨模様
【まどか】












暴飲暴食

熟した果物と生野菜に関しては、
“ 食べすぎ ” ということはあり得ない。

何故ならば、ほとんど脂肪分を含んでいないため消化されやすく、
栄養分はすぐにエネルギーへと転換されるから。

お肉やその他の消化しにくい食物を消化するためには、おびただしいエネルギーが必要。
体を労わるためにも、これからの忘年会シーズン、食べ過ぎには注意しましょう。

世の中には美味しいものが多すぎるね(笑)


1205



太陽が
背伸びを始めて
冬の匂い
【まどか】







平和を願う祈り

神よ、わたしをあなたの平和の使いにしてください。
憎しみのあるところに、愛をもたらすことができますように
いさかいあるところに、赦しを
分裂のあるところに、一致を
迷いのあるところに、信仰を
誤りのあるところに、真理を
絶望のあるところに、希望を
悲しみあるところに、よろこびを
闇のあるところに、光をもたらすことができますように、
助け、導いてください。

神よ、わたしに
慰められることよりも、慰めることを
理解されることよりも、理解することを
愛されることよりも、愛することを 望ませてください。

自分を捨てて初めて自分を見出し
赦してこそゆるされ
死ぬことによってのみ永遠の生命によみがえることを
深く悟らせてください。
(アッシジのフランチェスコ)



【Prayer for Peace】

Lord, make me a channel of your peace,
That where there is hatred, I may bring love,
Where there is wrong, I may bring the spirit of forgiveness;
Where there is discord, I may bring harmony;
Where there is error, I may bring truth;
Where there is doubt, I may bring faith;
Where there is despair, I may bring hope;
Where there are shadows, I may bring light;
Where there is sadness, I may bring joy;
Lord, grant that I may seek rather to comfort
than to be comforted;
To understand than to be understood;
To love than to be loved;
For it is by forgetting self that on finds,
It is by forgiving that one is forgiven.
It is by dying that one awakens to eternal life. Amen.



1121
温かい
日差しに踊る
冷たい風



ただ歩め

走る勿れ
されど止るは尚愚かなり
ただ歩めよと訓されし
我が先人の言を守りつつ
今日も生活を進めむ

(末廣正統苑)菓子舗「たねや」


滋賀県近江八幡にある、たねやさんの商いの心得集から引用しました。
創業百四十二年の歴史を持つ老舗が躍進する理由が書き綴られていました。
一つあげるとすると、商売の道は真面目にコツコツがコツですね。



0904
空の色
気づけば少し
早くなる
【まどか】







花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム






今日も前向きに

人間の目を始め、口、耳、鼻、他、殆どのパーツは前に向かって付いている。

前向きに生きるのが人間であることを表象しているかのようである。



(お尻の穴だけは、排泄用。後ろ向きだね)


IMG00131
いそいそと
つばめが飛んで
子が唄う
【まどか】






花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム






考え方

「世の中に幸も不幸もない、考え方でどうにもなるのだ。」
シェイクスピア


物事を相対的に見る癖がついてしまうと、
「アイツは俺よりも楽な仕事をしてるのに給料は一緒だ」
「なんで俺だけ、こんなしんどい・・・・」
「時間がない、俺はこんなに頑張っているのに・・・」

○○よりも、●●だから、と何かと比較をしてしまう。
苦労。失敗。何を基準にしての苦労、何を基準にしての失敗なのかと考えてみる。

自分が幸せだと思えば、幸せなんだ。
シェイクスピアはイイことを言うなぁ

人生は案外、幸せに満ちた楽しい時間だと思います。


Nothing either good or bad, but thinking makes it so.
ハムレット 第2幕第2場

IMG_8754
雨音に
憂鬱そうに
鳥跳ねる
【まどか】









花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム




できない

1回でできなかったら10回
10回でできなかったら100回
100回でできなかったら千回

いまできなくても、いつかできるまで努力する。
できないことを、できることにかえていこうと心掛ける。

そうすれば、いつの間にかできるようになる楽しさを知る。


できない問題はできる方法が見つかるまで考える他にない。
なんでできないのかとずーと考えていると、できる方法が一つか二つ、必ず見つかる。

大切なことは、それを形にしていくこと。

IMG_8747
風運ぶ
雨の匂いに
梅雨の空
【まどか】







花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム









親父の小言

居酒屋のトイレや、旅行に行った際、旅館の土産物の中に「親父の小言」なるものがある。

「火は粗末にするな」「朝きげんよくしろ」
「神仏をよく拝ませ」「人には腹を立てるな」
「人に馬鹿にされていよ」「家業は精を出せ」
「年寄りをいたわれ」

なるほどなぁ〜と、漠然と眺めてはいたが、元になった原文がある。
福島県浪江町、大聖寺の庫裡に掲げられた「親父の小言」の四十五の文章だ。
当時の住職、青田暁仙が昭和三年、三十三歳の時に書いたもの。

小言の為書には
「親父生前中の小言を思い出して書きました。
 今にして考えればなるほどと思うことばかりです」
書かれているので、青田暁仙の父である青田八郎の言葉が元になっているといえよう。
今でも十分通用する・・・・耳の痛い小言です。

その45の言葉を紹介します。


火は粗末にするな

朝きげんよくしろ

神仏をよく拝ませ

不浄を見るな

人には腹を立てるな

身の出世を願へ

人に馬鹿にされていよ

年寄りをいたわれ

恩は遠くから隠せ

万事油断するな

女房のいうこと半分

子のいうこと八九はきくな

家業は精を出せ

何事もかまわずしろ

たんと儲けてつかへ

借りては使うな

人には貸してやれ

女郎を買うな

女房を早く持て

難渋な人にほどこせ

生き物を殺すな

年忌法事をしろ

義理は必ず欠くな

ばくちは決して打つな

大酒は呑むな

大めしを喰うな

判事はきつく断れ

世話焼になるな

貧乏を苦にするな

火事の覚悟をしておけ

風吹きに遠出するな

水はたやさぬようにしろ

塩もたやすな

戸締まりに気をつけろ

怪我と災は恥と思へ

物を拾わば身につけるな

小商ものを値切るな

何事も身分相応にしろ

産前産後を大切に

小便は小便所へしろ

泣きごとは必ず云うな

病気は仰山にしろ

人の苦労を助けてやれ

不吉は云うべからず

家内は笑ふて暮らせ


IMG_8700
雨踊る
地面に咲いた
花の色
【まどか】









花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム





朝礼と挨拶

経営では難しい理論などが多々ありますが、
まずは単純なことをできるように、徹底することがとても大切だと思います。

例えば、日常業務で、
「お客様がいらっしゃったら挨拶をする」

当たり前です。
でも、出来ていないから、毎日朝礼で繰り返しするのではないでしょうか。

お掃除も各々の部署や、自分のデスク周りをきれいにする。
これもわかりきっています。

なぜ書いているのかといえば、
できないからです。

少しでもお客様に気持ちよく過ごしていただく。
そのためには義務ではなく、お客様をお迎えする心構えが必要です。

単純なことですが、日々心新たに繰り返すことが必要です。
凡事徹底です。


IMG_8697


空の色
夏が混じって
日は長く
【まどか】







花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム









原因と結果

人間の行動は、すべて原因と結果で決定されている。

原因があれば、結果がある。
よい原因をつくれば、よい結果が得られるし、
悪い原因をつくれば、悪い結果が得られる。

ものごとのすべては、原因を生み出すときの瞬間で決まる。
問いには答えが含まれるように、原因は結果を内包している。

気を付けなければならないのが、怒りのスイッチ!
感情的になればなるほど、自分を正当化してしまうのが人間である。

感情を元に原因をつくらないということは、
勢いで行動を起こすなということだ。

IMG_8689
雨雲が
桜を睨む
春の風
【まどか】






花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム










胸を張る

私たちは終始、呼吸をしている。
この呼吸を司るものが「肺」だと、誰もが知っている。
肺内には微妙な空気袋があり、その数(肺胞)は7億5000万個を超えるという。

肺は毎分14回から18回呼吸し、1呼吸約半リットルの空気を吸う。
平常肺にある空気量は約3リットルだから、1呼吸で6分の1の空気が入れ替えられる。
運動する際には多量の酸素がいるから、肺活動は深く早くなり、安静時の十倍以上の酸素が供給される。

前かがみの胸の凹んだ姿勢で仕事をしていると、この新鮮な空気が入らない。
今日は胸を張って、肺を自由闊達に動かそう。

肺胞


IMG_8653
木の枝に
少し触れれば
桜雨
【まどか】










花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム





液体空気で冷却したガラス管の中に息を吹き込むと
平常の心理状態の時は、息の中の揮発性物質が液化して無色に近い。

怒っているときの息は、数分後に菅の中に栗色の滓(カス)が残る。
苦痛や悲哀の時は、灰色。
後悔の時は薄紅色になる。

怒っていた時の栗色の滓をマウスに注射すると、たちまち興奮し、
憎悪や憤怒の激しい時の滓は数分でマウスを殺してしまうという。

人間の汗や呼吸は、その人の体の状態と、精神状態をよく表しており、
体内で蓄積された老廃物を呼吸や発汗によって体外に排出する。

例えば糖尿病患者の特性として、果物のような匂いがする。
これはアセトンと称される物質が揮発性であり、糖尿病で体内のアセトンが多い場合に、
息がアセトン臭を発するからだ。

安岡正篤先生が言うには、一時間の怒りの息の滓は、80人を殺すのに足りる毒素を出すという。
この毒素は従来の科学の知る最強の毒素だそうである。

故に悪感情を抱くことは、結局その人の体内に毒素が鬱積し、その人を自殺さえも導くものである。
「毒気を吐く」
「毒気に当てられる」
とは、言葉そのもので、決して良いものではない。

病は気からというが、このことわざを信じてよいと思う。
Fancy may kill or cure.

今日も笑顔で、爽やかな息を吐こう。
「月曜日の朝を楽しく、笑顔で!」

液体空気 とは - コトバンク

IMG_8650
キラキラと
桜に染まる
春の雨







花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム





プライド

何かミスをしたならば直ぐに「ごめんなさい」、
分からないことがあれば「お願いします」と、
心から頭を下げるだけで、突破できる壁が沢山ある。

プライドが邪魔をするなら、プライドなど捨ててしまえ。
プライドのお陰で成功したのならいいが、
成功する前のプライドなど邪魔意外ないものでもない。

IMG_8643
春の風
回りを巻き込み
踊る道







花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム


言葉

野球部の部室に飾ってあった額の言葉。

【これらの言葉を完全に捨てなさい】   【これらの言葉を自分のものにしなさい】
1.私は出来ない               1.私は出来る
2.やれるかな                 2.必ずやる
3.どうかな                   3.よい結果を期待する
4.わからない                  4.理解する
5.時間がない                 5.時間を作る
6.たぶん                    6.断固として
7.自信がない                 7.自信がある
8.信じられない                 8.信じる
9.“私が”“私が”                9.“あなたが”という言葉を多く


IMG_8642
温かい
日射しに驚く
蕾の花
【まどか】






花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム







施し

「喜べば喜びが、喜びながら喜び事を集めて喜びに来る。
 悲しめば悲しみが、悲しみながら悲しみ事を集めて悲しみに来る」


大きなことでなくともいい。
人は日常のささやかな行いによって喜びの種をまき、
花を咲かせることができると釈迦は教えている。

「雑宝藏経」は、「無財の七施」と言われ、財産がなくても7つの施し(喜びの種まき)が出来るという教えである。

「仏説きたもうに七種施あり。財物を損せずして大果報を得ん」
として、七つの方法を示している。

  「眼施」  やさしいまなざし。

  「和顔悦色施」  慈愛に溢れた笑顔で人に接する。

  「言辞施」  あたたかい言葉。

  「身施」  自分の身体を使って人のために奉仕する。

  「心施」  思いやりの心を持つ。

  「床坐施」  自分の席を譲る。

  「房舎施」  宿を貸す。
 
 自らのあり方を調えよ、という教えであろう。

IMG_8635
桃の花
雪を溶かす
明るい色
【まどか】








花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム










第一人者

第一人者とは、
「この分野の、第一人者と言われる人」
のように、ある分野や団体の中で、最も優れた人を指すことが多い。

幕末の佐賀に古賀穀堂(こくどう)という素晴らしい儒者が居た。
素晴らしい人格者である穀堂は、人の道として以下の言葉を残している。


古賀穀堂の七つの戒め
 
1、嫌いな人物との対応法
     相手の態度が不愉快で、腹が立つようなことがあっても、むきになって言い争ったり、侮(あなど)ったり、罵(ののし)ったりしない。
     不平の気持ちを持ってはいけない。笑って受け流すことである。

2、人生を難しく考えるな
     人生において辛いこと苦しいことは際限なく襲ってくるものであるが、それはみんな天命に任すしかない。
     そのようなことは、あまり難しく考えないで、楽しく朗らかにとらえることである。

3、他人をうらやまず、嫌わず
      他人の生活と比較して、うらやんだり、軽蔑したりするが、そんな心をもつことにこそ恥じ入るべきである。

4、読書の心得
      濫読するな、おざなりに読むな、速読するな、うんざりしながら読むな、漠然と読むな、むさぼりながら読むな。
      言葉をよく吟味しながら、筋道を立てながら読むことである。

5、生活のリズムを維持する
      夜が明けたら起き、夜は11時ころには寝るという生活をリズムを崩すことなく、くり返すことである。
      精力と、強い精神を養い、病気にかからず、体を大切にすることである。

6、言葉には注意する
      人の短所をあげつらったり、古人であっても謗(そし)ったり、侮(あなど)ったり、嘲笑したりはいけない。

7、我、一人に立つ
       ただ一人、自分がこの世にあることを誇りに思うこと。


この古賀穀堂を安岡正篤先生が取り上げたことがあった。
【古賀穀堂 1】

 ──幕末佐賀の名君鍋島閑叟(かんそう)の師古賀穀堂の自警に
 「自分は開闢(かいびゃく)以来の第一人になる」
 の語がある。──
 
 大変な天狗と思われるかも知れません。

 然し違うのです。
 それは第一人を「だい」一人と読むからです。
 第は「ただ」とよむのです。

 古賀穀堂の意地悪ユーモアと申せましょう。

 現在でも世界に三十億の人間がおりますが、
 自分は二人とありません。

 これが人間存在の冥利で、
 個性というものであります。



我、一人に立つ
これ、第一人者なり。

古賀穀堂 Wikipedia
IMG_8634
気がつくと
春の訪れ
蕾咲く
【いわきまどか】









花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム








叶う

誰でも口から
マイナスな事も
プラスの事も吐く。
だから「吐」と言う字は
口と+と−で出来ている。
マイナスの事を
言わなくなると
−が消えて
【叶】という字になる。


漢字が出来たときに(+)や(−)は無かっただろうとの意見や、
後付で、教訓みたいなものの言い方をするなとの意見もあるそうだ。
でも、偶然だとしたら、それこそ神懸かり的な文字の神秘だとも思う。

ベンチャーで事業を興す際には「素直であれ」と言い聞かせる。
圧倒的不利に挑戦する気持ちは、ベンチャーにとって非常大事な要素だが、
その時の不利がどれくらいの勝率なのかを知ることはもっと大事だ。
そこには「素直さ」がとても重要な要素を占める。

名言だと言われる言葉に接した際に、素直に聞き入れることができるか。
自分の人生に大きく関わってくるかもしれない。

IMG_8612
太陽に
溶ける雲
雨になる
【まどか】







花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム







神は働く人を助ける

一所懸命努力していると、天の一角から助けが降りてくることがある。

ヒルティは、聖書の中にも、働いていない人に天使が現れた話はない
といっている。
 
だからよく働けば、天佑神助(天の助けや神の加護)は必ずくると、
確信しているべきである。

カール・ヒルティ:スイスの法学者、哲学者、政治家。

 IMG_8599
北風が
すり抜け踊る
窓の外








花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム



不平不満

禍は不平好きであり、幸福な人は尊大になりやすい。

ローマの詩人、クルティウスの言葉。

禍(わざわい)というものは、不平・不満をいう人に寄ってくる。
だから、文句ばかりいっている人には禍が起こりやすい。

一方、幸福な人は「自分は幸福である」と考えるところから
尊大になっているかもしれないから注意しなければならないと。

不平不満の言葉は、自分のことを中心に物事を考えるから口から出るもの。
親子でも夫婦間でも、そして、上司と部下の関係においても、
このような不平不満は、相手方に自分の希望や要望を押し付けたり、
また、その相手の能力以上のものを求めたり、
あるいは、所詮無理なことをお願いしている場合が多い。

仮に、相手の学びや成長の為との、親心であっても、
それは自分の都合だと言えるのではないだろうか。

そのような相手方に望んでいる時は、他人に頼まなくても自らができることですから、
まずは自分でやってみれば良いと考える。

一方、成功した人は行動したから、今の結果であることを知っている。
俺は不安に打ち勝ち、自分の力で幸を勝ち取ったのだと、自らを褒め称える傾向がある。

好事、魔多し。
日々の反省の糧となる言葉である。

IMG_8597
風の音
通り過ぎる
冬の朝










花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム


毎度ありがとうございます。

関西、主に大阪船場では「まいど」という、挨拶がある。
毎度おおきに!と言う感謝の意味や、こんにちはという時候挨拶の意味も含んでいたり、万能な言葉である。
初めて会った人に対しても「毎度」とやるから、地方の方にとっては怪訝な顔をされる方もいる。

この毎度に「ありがとう」を付けることを躾られたのが20代の頃だった。
田舎出身で上手に感謝の言葉を言えない自分に、
「岩城、ちゃんとお客様にお礼を言わなきゃあかんぞ。」
「お客様だけとちゃうぞ、出入りの業者さんや掃除のおばやんにもおまえは下っぱなんやから、
ここにいられる場をみんなに感謝して口から出すんやぞ」
「いつもいつも感謝しているこころを、”まいどありがとう”と言え!」

若輩者だったので、毎度おおきに!とは言わせてもらえず、毎度ありがとうだった。
この「ありがとう」の習慣を頂戴出来たことは本当に幸運でした。

「天・地・人」という言葉があるが、私たちは自分一人で生きているわけじゃない。
天に見守られて、地というステージで、活かされている。
我が子が生まれたとき、人は天に感謝する。
空を仰ぎ見、心の底から感謝する。

今、自分を欺くことをせず、心の底から感謝するときに「ありがとう!」と自然に言葉が出る。
本当に有り難い事です。

IMG_8593
白い息
空を泳ぐ
冬の雲
【まどか】








花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム







リーダーシップ

リーダーシップというと、
強い指導力でみんなを引っ張る、そんなイメージある。
つまり、上から下への指導力、統率力が基本にあると考えていた。

しかし、正しいリーダーシップとは自分を中心として、
上司、部下、同僚、関係団体……
円を描くように広がっていくものだと。

ソニーの井深大氏は講演会で、自分を例にこんな話をした。


「ソニーの社長時代、最新鋭の設備を備えた厚木工場ができ、世界中から大勢の見学者が来られました。
 しかし一番の問題だったのが便所の落書きです。
 会社の恥だからと工場長にやめさせるよう指示を出し、工場長も徹底して通知を出した。
 それでも一向になくならない。
 そのうちに『落書きをするな』という落書きまで出て、私もしょうがないかなと諦めていた。
 するとしばらくして工場長から電話があり『落書きがなくなりました』と言うんです。

『どうしたんだ?』と尋ねると、

『実はパートで来てもらっている便所掃除のおばさんが、蒲鉾(かまぼこ)の板2、3枚に、


“落書きをしないでください
  ここは私の神聖な職場です”


 と書いて便所に張ったんです。それでピタッとなくなりました』 と言いました」


井深さんは続けて

「この落書きの件について、私も工場長もリーダーシップをとれなかった。
 パートのおばさんに負けました。
 その時に、リーダーシップとは上から下への指導力、統率力だと考えていましたが、誤りだと分かったんです。
 以来私はリーダーシップを “影響力”と言うようにしました」


と言われたんです。


リーダーと言う言葉で、上の人のイメージが強いが、よきリーダーとはその地位ではなく、
周りの人を動かす影響力を持つ人を言うのではないだろうか。

IMG_8589
しんしんと
冷えた道を
溶かす朝
【まどか】









花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム



イナズマ

雷さんのことをイナズマ=稲妻と書き表す。

何で「稲」の「妻」なのかを、渡邉格さんは「腐る経済」の中で説明した。

「雷がドンと鳴ると、空気中の窒素が水に何トンと溶けるんだよ。
 空気中の窒素が雨に溶け込んで、それが土を肥やして米を実らせる。
 だから、「稲」の「妻」なんだ。
 昔の人は、科学なんて知らなかったけど、五感と経験で、自然のことをよく知ってたんだ。」

窒素は、作物にとって大事な養分で、リン酸、カリウムと並んで「肥料の3大要素」のひとつとされる。
どうして窒素が作物にとって大事なのかというと、タンパク質を作るもとになるから。

植物は、タンパク質で葉や根や茎をつくって、自分のカラダを成長させる。
窒素は空気の約8割を占めているけれど、
ほとんどの植物は、空気中の窒素を直接取り込むことができず、
空気中から土に吸収された窒素分を、根っこから吸収するしかない。
そして、空気中の窒素が土に吸収されるルートは大きく二つしかなく、
そのひとつが、雷の放電作用なのだ。

「稲妻」という呼び名は、はるか昔の古代から使われていた。
古代人は、雷の正体が電気だとか、窒素という元素が植物の大切な養分になっているとか、
そういうことをしっていたわけではないだろう。
でも、雷が鳴ると稲がよく実ることを、ちゃんと知っていた。

昔の人は、確かな「目」を持っていたのだ。
 

小さなパン屋さんが書いた本
 田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 渡邉格 著

IMG_8434
木々冷えて
赤く燃える
紅葉待つ
【まどか】













今日の空(朝ブログ)
花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム




潜在能力

「常人は己の潜在能力の30パーセントしか使えないが、北斗神拳は残りの70パーセントも使用するのが極意」

北斗の拳という漫画はあまり詳しく読んでいないのだが、宿命的なストーリーと、
「お前はもう死んでいる」と死を告げる台詞や、「秘孔を突く」といった奥義が印象に残っている。

その物語の中で、北斗神拳 第六十四代伝承者である主人公ケンシロウのセリフが冒頭の潜在能力30%だ。
自己啓発セミナーで繰り返し言われる、潜在能力。
若しくは潜在能力の顕在化。

潜めた力があることは判った。それが潜在能力っていうものだ。
しかし、それをどのように導き出せば良いのだろうか?
それが分からないから、自己啓発セミナーが栄えるのだろう。

私見だが、この潜在能力を引き出すコツは「素直」にありそうな気がする。
松下幸之助さんの著書で繰り返し引用される「素直なこころ」。

これは、反対に「頑固」で考えてみれば分かり易い。
頑固な心で潜在能力を引き出せるとは思えないですよね。


まだ、十数回しか読み返していない(周りは100回以上の方々ばかり)
読むたびに新たな学びを得ます。
道をひらく 松下幸之助

IMG_8432
冷たさに
秋の短さ
思い出す
【まどか】












今日の空(朝ブログ)
花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム







一人前

いっぱしの職人になったというのは
一番端っこの職人ということなんだ。

一人前の人間だと言われるのは
一流の人間じゃないと言われているのと同じなんだ。

人は高い目標を持てと言われる。
散歩のついでに富士山を登ったことのある人がいないように、
目にあるものをちゃんと見定めて、準備をしてから取り組んだほうが良い。
ちゃんと自分の登るものを見ろと言っているんだ

いっぱしの職人を目指すのではなく、
一人前の大人になるのではなく、
一流の人間になるために。

IMG_8429
雲ちぎり
浮かべた空は
秋模様
【まどか】













今日の空(朝ブログ)
花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム





光と闇

光だ
光だ
という人には
いつか光が射してくるし
闇だ
闇だ
という人には
いつまでも闇が続く


坂村真民先生のお言葉ですが、今日も上を向いて歩きたいと思います。
正直に言うと、最近ちょっと疲れ気味かな?

IMG_8418
雲並べ
空の布団が
かかる空
【まどか】










今日の空(朝ブログ)
花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム







拒絶

特許申請に際して、一発で通ることはない。
その殆どは拒絶査定という処分に付されることとなる。
革新的な技術や物であればあるほど、特許審査菅により拒絶される確率が高い。
しかし、ここで引き下がっては自分たちの権利を守る特許は手に入らない。

拒絶をされることが楽しくってしょうがない人は滅多にいないと思う。
  思い切って提案をしたとき・・・  
  良かれと思ってアドバイスしたとき・・・
  自分の思いを素直に伝えたのに・・・
拒絶されると、もう提案することが嫌になります。

しかし、この拒絶にはたくさんの知恵が埋まっている。
それは、
  もっとこうしたほうがいいよ。
  君の熱意・想いを試している。
  もう少し改善したほうがイイような気がする。
という、あなたが成長するためのチャンスの宝庫だからです。

何かを拒絶されて、さらに拒絶されるほど人は成長していきます。

最近あなたは拒絶されましたか?
拒絶されることが少なくなったら、それは今をチャレンジしていないのかもしれない。

何かをすれば、必ず拒絶を受けます。
これは絶対です。

しかし、拒絶はありがたいお言葉です。
これも本当です。

だから、拒絶されることを好きになってください。
それだけで人生が楽しくなるはずです。


きょぜつ【拒絶】
( 名 ) スル
要求や頼みをことわること。 「要求を−する」


IMG_8414
雨流す
雲敷き詰め
大掃除
【まどか】












今日の空(朝ブログ)
花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム









過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ