今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

ビジネス

一流

半人前とは仕事の流れに乗れず、周りの人に迷惑をかけるときがある。
一人前になると右から左へと滞りなく仕事を流せる。

しかしそれで良いのか?
あの半人前の時の必死さはどこへ行ったのだ。
一人前になったと満足していては駄目だ。

一流を目指してこそ、本当の仕事の面白みが味わえるぞ。



0219



北風がたまに顔出す冬の角
【まどか】













仕事

ひとは人生の一番良い時間帯を仕事についやしている。
その最高の時間に過ごす「仕事」は楽しくなければならない。

仕事が楽しいか?

楽しいとは「ラク」と書くが、仕事は楽(ラク)ではない。
楽(ラク)な仕事は誰でもできるが、
楽しくない仕事を楽(ラク)にしてこそ意味がある。

その仕事が楽しくなるには条件がある。
それは、仕事が出来なければ楽しくないとの事。
係長には係長の仕事。
部長には部長の仕事。
社長には社長の仕事。
それぞれが自分の仕事を完璧にこなせれば、会社が、仕事が、楽しくなる。




0215


キラキラと朝の光が冬揺らす
【まどか】













 

古典

渋沢栄一氏に「論語と算盤」の著書があるように、経営者は論語を学ぶべきとの教えがある。

論語を一言で表すならばリーダーのための教科書と言えよう。
論語とは古代中国の思想家、孔子の教えを弟子たちが書き留めたものです。
この論語ではリーダーの事を「君子」という言葉で表現しています。
人の生きる道や考え方、道徳などを述べている。

然しながら「迷った時いつも老子が助けてくれた」との言葉あるように、老子もあわせて読むほうが良いとされる。
(儒家の人為的な仁義道徳思想に対し、宇宙の根本を道や無と名づけ、これに適合する無為自然への復帰を人間のあるべき姿と説く)

格言として「昇り坂の儒家、降り坂の道家」との言葉がある。

昇り坂、つまり人生の順境の時は儒家思想、したがって論語を手本に生きなさいと。
然しながら人生の逆境の時、下り坂の時は道家思想の老子を手本にすると良いとされる。


儒教(儒家思想)

道教(道家思想)







0212


寒さの中走る道を照らす朝
【まどか】










批判

他人から批判されて「何もしていないのに・・」と嫌な気分になったことがあるだろう。
そんな時は、「物事や人を批判をするのは興味があるから」と覚えておこう。
人はそのモノやヒトに無関心ならば無視をするはず。

皮肉なことだが、勉強が必要な人ほど勉強する人を批判する。
お金を必要とする人はお金持ちを批判する。

なぜ批判をするのか?
人間は今の生活を改める事、変化することに抵抗がある。
もし努力しても結果が出なかったら恥ずかしいと。
そして失敗することを恐れるあまり批判してやり過ごす。

何かに興味がわいたら、まずやってみよう。
変化することを楽しもう。

歴史ある会社が教えてくれる。
変化のない組織は衰退すると。




0208



踏みしめる道に落ちる雪の音
【まどか】












リズム

江戸時代の言葉に、
「散る秋があれば、必ず花の咲く春が来る」がある。

わたし達は地球の大地に抱かれて生きている。
良いこともあれば、よくない事もある。
絶対にいいことばかりは続かない。

我々人間は大地のリズムに添うように生きて行けば間違いない。
今は冬だが、春はもうすぐ。






0206


朝色に染まる草木に冬揺れて
【まどか】



















修業とは矛盾に耐える事

修行中は、「こんなことをやってても、本当に仕事の役に立つのか?」と一度は思うもの。

この矛盾こそが修行の本質だと気づくのはもっと後。
修行中は言われたことを黙ってする。

矛盾に耐えてこそ、仕事の本質が見えてくる。




0204



おはようと足元遊ぶ冬の風
【まどか】









変化

時代が移り変わるときに生じる犠牲を最小限にすれば、リスクはチャンスへと変化する。

わたし達の小さいころは55歳で定年だったが、今は10年延びて65歳が大半になっている。
まだまだ延びそうだ。

高齢になっても働かなければならない時代なのに、中途退職すると再就職先を見つけることが困難。
だからこそ会社員の時に、新規事業の立ち上げの知識や経験を学ばなければならない。

ライフワークは自らが設計する時代に変わってきている。




0201



雲の中冬の花を育てる空
【まどか】








12か条

成功する人の12カ条を月間目標に置き換える。
今月は、「人間的成長を求め続ける」
これなら出来る!

1 人間的成長を求め続ける
2 自信と誇りを持つ
3 常に明確な目標を指向
4 他人の幸福に役立ちたい
5 良い自己訓練を習慣化
6 失敗も成功につなげる
7 今ここに100%全力投球
8 自己投資を続ける
9 何事も信じ行動する
10 時間を有効に活用
11 できる方法を考える
12 可能性に挑戦しつづける

樋口武男 :大和ハウス工業会長





0130


冬の風窓を叩いて朝知らす
【まどか】













聴覚

人間の情報処理能力は、
聴覚 → 触覚 → 視覚 → 味覚 → 嗅覚

視覚は、一秒間に25コマの情報を処理する
聴覚は、一秒間に200コマの情報を処理する。
実に8倍の処理能力を有する。

さらに、視覚は寝ている時は閉ざされるが、聴覚は24時間、365日年中無休。

音の訴求力を戦略的に活用すると、
 【感情を引き出す】
 【記憶を呼び起こす】
 【行動を喚起する】
これらのことが可能になる。

表現を戦略的に活用する時代がいまそこまで来ている。




0128


雪降らぬ寒さの中に雪探す
【まどか】

















声に出して読む

今日のNHK連続テレビ小説「まんぷく」では、らーめんの商品開発の前に【目標】を掲げた。
ちゃぶ台の前で、延々と悩んでこれから歩む道標(みちしるべ)を書き出した。

美味しい。
安い。
簡単に作れる。
常温保存出来て、安心安全なこと

と、書き出したノートを福ちゃんが声を出して復唱する。
これは実際のビジネスプランも同じ、紙に書きだして声に出して読む。
この単純作業が本当に大切

この基本コンセプトがあったから、
安藤百福さんは昭和33年8月25日に超ロングセラーのチキンラーメンを生み出した。


日清食品の歴史







0125




顔上げて見上げる花に冬の朝
【まどか】












グッドはグレートの敵

自社の IT に力を入れて効率化を図る。
そんな会議をしていて本当にいいの?
時代は次の段階にきている。確実に。

ここ何年か、自社のシステム化や経営効率化を息苦しく感じている。
そんな人材にはチャンスが来ている。
だからどんどんチャレンジしてほしい。

時代が大きく動いている今、現状ベストは停滞を招く。
グレートな組織になるには、先見性が必要。
現状満足では時代に取り残される。

GoodはGreatの敵である




0122



冬の中顔を上げる花の色
【まどか】










楽しい職場

会社の雰囲気をよくするには「儲ける」こと。

儲かっている会社は楽しい。
儲かっていない会社は苦しい。

この当たり前のことに気が付かず、モチベーションアップを声高に叫んでも無理。
会社の雰囲気をよくするためには、とにかく儲けること。
利益がでれば、自然に会社も活気のあるものになる。

経営者は儲ける仕組みを作ることに徹する。




0121



曇り空冬を見上げる椿の花
【まどか】


















効率化

仕事を効率的にしようと考えるならば、少し多めの休みを決める。
そのお休みを死守しようと仕事が劇的に効率的になる。

創業社長など働き癖のついている経営者は1か月以上のお休みをとることを勧める。
ボーっと出来るだけでなく、社長のいない会社では社員が育つ。


0115



青空に雲で描く朝の色
【まどか】













あきない

大きな成功は、
「結果には関係なく、正しいことをしよう」という誓いからもたらされる。

ビジネスでの成功とは、お客様の不便を解消することだと考えている。
お客様の不便=満足を創りだすこと。

見返りに対する期待だけをバネにして働いてはいけない。
頑張ったから、一生懸命やりました。
そんなの知ったこっちゃない。

商いとは長い時間がかかる。
正しい心がないと長く続かない。



0110



寒空に目を覚ます椿の花
【まどか】
















極(きょく、きわ、ごく)とは、これ以上ないこと、至高、きわみ、最果てを意味する。
北極・南極、プラスとマイナスの電極など正反対の意味の言葉に用いられることもある。

組織を創り、ある程度の規模になると組織管理が必要になる。
自由が好きで起業した会社に、規則が好きで混乱が大嫌いな管理者が赴任する。
自分の好き勝手なことが出来て多少の混乱が刺激的無い日を創りだしていた場に規制が敷かれる。

だから起業家と管理者は、会社のなかで最も反発しあう。

その為に起業家のエネルギーが強すぎると、管理部門が弱体化していく。
優良な企業がシステム導入の遅れによって家業の域を出てこれない事例がたくさんある。

つまりカリスマ社長は、創業時はいいが二代目が活躍するようになる段階では、正直迷惑な存在である。
プラス極、マイナス極のそれぞれが強い企業が、一番パワーが出る。




0109


冬空に光る木々が暖かく
【まどか】







ボーっと生きてんじゃねーよ!

商売は相手を圧倒した方が、良い条件を獲得する。
商品数、サービス、商品の知識でも圧倒した方が利益率が高くなる。

サービスを勘違いしてお客に尻尾を振っている販売員。
相手に手拍子を合わせて、ご機嫌をとっている社員を見たら、こう言ってやろう。

ボーっと生きてんじゃねーよ!。目を覚ませ。
自分を大切にしなけりゃ、利益は得られないんだよ。


6日からモスクワに来ています。
寒い(^_-)-☆
0107




風走り冬の朝を知らせる空
【まどか】






芸術は何かと考えると、そこに制作者の物語が見て取れるからだ。

クラッシックのベートーベンは耳が聞こえなくなっても作曲を続けた。
ポスト印象派の画家、ゴッホは生前売れた絵は一枚だと言われてるが、
その激しい生涯が分かると瞬く間にその絵は評価が高くなっていく。

人々は、制作物に対して人の物語が見え始めると評価が高くなる。
商品も同じ。
ひとつの商品に生産者の想いや携わる人々の心を表現しなければならない。
そこに込められたエネルギーを人々は美しいと感じるからだ。



1219



キラキラと朝を生み出す冬の空
【まどか】







知らない事の弊害

人間は自分の得意分野以外の事をやらなければ成長できない。

ある程度の歳になると、自分の得意なこと・やれること、しかやらなくなってしまう。
不得意な分野を「あー面倒臭いなぁ」と意識して思っている内はまだ良い。
知らず知らず無意識に避けていることが多くなると要注意。

人の一生は「下りのエスカレータに乗っているようなもの」と例えた先輩がいた。
ボーとしていると、どんどん降りて(落ちて)しまうぞと。

上を向いて一歩一歩踏み出して現状維持。
少し駆け足で駆け上らないとあっという間に老け込んでしまう。

自分の知らないことに興味を持つ。
PAYPAY LINE Pay お金の新しい波も見えてきた。


まず使ってみる。後で直す。




1217



雨上がり冬の風に写す空
【まどか】











伸びる時期

謙虚になるのは簡単。
だが傲慢になるのには勇気が必要。

人でも会社でも、急激に伸びるときは、やっかみや嫉妬・批判を買う。
こんな時に変に気を使い、批判者の言うことに耳を傾けると前に進めない。

成功者の重要な資質のひとつは、批判に対して傲慢になれること。

よく考えてほしい。映画のヒーローはそのほとんどが傲慢。
謙虚なヒーローってありえないよね。
謙虚さが必要なのはヒーローになったあと。
それまでは傲慢に徹する!




1211


光描く冬の景色に染める風
【まどか】






守破離

成功するために、成功法則を学び、成功法則を手放す。

よし!やるだけ。




1206


落ち葉に落ちる朝の光
【まどか】















チャンスの波

時代が動くとき、今までとは違う波がやってくる。

明治 → 大正 → 昭和 → 平成・・・時代が動く

普段は感じないものだが、確実に時代は変化している。
組織の中で息苦しく思っている社員が居たら、肌感覚でその変化をキャッチできている人だ。
そんな人材は環境を変えることで化けることが多い。

ビジネスは能力だけではない。
波に乗る技術も必要。




1205














非合理

「効率的に仕事を推し進める」ってスローガンを掲げると何となく知的に思える。

しかし、仕事の効率化を推し進めると、非効率な出来事が余儀なく起こる。
不思議なことですが、効率化を推し進めると不思議と時間が掛かってしまう。
結果儲からなくなってしまう。

制約条件の理論「ザッ・ゴール」の著者であるエリヤフ・ゴールドラット博士が提唱する、TOC (theory of constraints) の学びではボトルネックを解消することが最たる目的になる。
ボトルネックはなぜ生じるのか?
それを追求しなければ、業務を効率化しても新たなボトルネックが生まれるだけと教えを乞うた。

ビジネスは、人間的なかかわりによって成り立つ。
効率的・合理的主義が優先してはならない。




1203


雲の中ひっそり潜む冬の雨
【まどか】











お金持ちになるのに、学歴や努力したなどの苦労話は関係ない。

努力が悪いと言っているのではない。
努力したら絶対に結果が付いてくると思い込んでいることが間違い。

お金持ちになる必須条件は、成長産業にいるかどうかが大きい。
自分の会社のピークを知って、新たな成長カーブを創りだす必要がある。

波に乗る。
経営者に絶対必要な能力のひとつである。



1129



空の中秋を写す雲の色
【まどか】















8964

民主化とは、制度や考え方を民主主義的にすること。
主権を国民に与えること。であるが、お隣の中国は民主化できるのであろうか?

経済発展目覚ましい隣国の中国(中華人民共和国)では、1989年6月4日に北京の天安門広場で民主化を求める学生が人民解放軍によって武力弾圧された。
あの時から約30年が過ぎた。

その間、いつか民主化するだろうと言われつつ、香港返還があり(その時も、香港が経済的起爆剤となって本国中国が民主化するだろうと言われた)が、香港は中国の子会社化とされてしまった。
そんなことを考えていたら、今後も中国の民主主義化は難しいだろうとの結論に達した。

こらからも隣国の中国とビジネスを続けていくことを考えると、社会主義国家である中国の思想は注目に値する。
なぜならば、中国において現在の社会的成功者(お金持ち)の多くは、8964当時の学生である。




1128


紅葉ちらし道に作る秋の色
【まどか】

















自己鍛錬

毎日机を磨く。

そういうことを繰り返すことによって人物もまた磨かれていく。



1121



秋走る朝の道に踊る木々
【まどか】















叱られる

50歳を過ぎて、褒められてもさほど嬉しくない。
叱られる方が構って貰えている感じです。との意見があった。

なるほど。
特に経営者になると他人から叱られると言う事は少ない。
著名な経営者が「一倉定」(いちくらさだむ:経営コンサルタント)を心酔する理由がわかる気がする。

歳をとると頑固になる!
そんな自分を違う環境に置くクセをつける。

叱責される厳しい環境に自分を置くという行為もそのひとつ。
それは素直な耳を持つということに繋がる。

よし!やるだけ。


一倉定



1112


曇り空割って入る光る秋
【まどか】












やるべきこと

急に寒さを感じる季節になった。
気温の変化は風邪をひきやすい。

そんな時でも体調を整え、いつも前向きにポジティブな気持ちを持つこと。
それにプラスしてやるべきことを持っておく。

よし!今日も元気で。



1105


青空に描く雲が秋映す
【まどか】











正しいマーケッティング

仏教の開祖は仏陀(ブッダ)であるが、広く世に知らしめたのは仏陀が入滅した後の弟子たちのちからである。

同じようにイエスキリストも人の道を説き各地を遊説したが、
世の人々の心をとらえたのは磔の刑で亡くなった後、弟子たちの言葉やキリストが描かれた絵画であった。

素晴らしい哲学であっても、それだけでは世に定着させ広めることは難しい。
優れた哲学は優れた伝道師(マーケッター)と出会った時に一大宗教となる。
 

良い考え、よい製品を持っていたとしても、それだけで売れるほど世の中は甘くない。
正しい考えには正しいマーケッティング力が必要。

どんなに素晴らしいビジネスモデルであっても、マーケッティングを学ぶ必要はある。




1102



葉を揺らし秋を仰ぐススキの穂
【まどか】



















考える

人は考えるときに、一人で考える方が纏まりやすいと思っている。
だから、会社組織の長・CEOなどは社長室を持ちたがるし、少ない座席のスポーツカーを持ちたがる。

然しながら最近の経営者はみんなの中で考えを纏める人が増えたように思う。
経営の質が変わったのか?それとも人類が進化したのか?

実際に部屋に籠って白い紙に事業計画書を策定しようとするとかなりの労力を必要とする。
あるデーターでは頭脳労働は肉体労働の5倍疲れるとある。
だから多くの人は、頭を使わないで、手と身体を動かしつづけるという肉体労働を一生懸命行うと。

なにわともあれ、私は一人で考えているほうが好きだな。



1031


曇り空見上るススキに秋の風
【まどか】













裏切者

ギャングやマフィアの映画で裏切者が登場するのは「強盗に成功した直後」と決まってる。
喧嘩、裏切り、仲間割れ、これらが起こるのは必ず金を盗んだあと。

今の実社会も同じような問題を起こしている。
それが「株主配当」

会計の世界では儲けの分配と言いますが、決算が赤字であれば配当はありません。
然しながらお客様から頂いたお金をないがしろに考える経営者は強盗と同じ発想をしてしまう。
粉飾決算を起こし、実際は赤字なのに儲かったように振る舞い配当金を分配する。

お客様からお金を頂戴する(お預かりする)発想から、
ライバルとの競争に勝ち、お金を奪い取るとの考えに変わったときに偽装が生まれる。


1030


空撫でるススキの穂が光る朝
【まどか】









過去の ブログ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
お薦め書籍