今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

ビジネス

事前準備

相手を知ることは重要だが、 聞き過ぎたのでは尋問になる。

聞き過ぎないための事前準備。



0322
雨音に
春の足音
桜待ち
【まどか】
























やってお〇〇よかった

「やっておいてよかった」
「やっておけばよかった」

僅か二文字の違いだけども、その差はどこまでも大きい。



0321
曇り空
切り裂く春が
背中押す
【まどか】





















パラダイムシフト

明らかに時代は変わった。

競争主義の数字だけを求める会社は利益を出せなくなっているが、
理念や内なるものを大切にする会社は発展している。


パラダイムシフト






0316
風の音
ドアをノックする
春一番
【まどか】
















抵抗の六階層 6 layers of resistance

実際のプロジェクトやスタートアップでは、計画や承認に多大な労力が必要です。
組織内では社内の調整。
独立では周りの説得。
面倒なことではあるが、最初から賛成する人はひとりもいない。

変化に抵抗する場合には順序があることを理解しなくてはならない。

1.取り組もうとしている問題が問題であるとは思わない
  【自分自身の問題だと認識していない】
2.解決しようとしている方向性に合意できない
  【全体最適を無視して、自分の領域の利益:部分最適を優先する】 
3.その解決方法で、問題が解決するとは思わない
  【問題を解決する解決策に同意しない】
4.この解決方法を実行すると、ネガティブな問題が発生する
  【解決策は見えるが、もし実施したらネガティブな効果がある】
5.提案されている解決方法を実行するのに、障害があるので現実的ではない
  【現実的な実施を阻む障害が存在している】
6.知らないことに対する恐れ
  【新しいものに対する抵抗。なんとなくイヤ】


提案に対する抵抗の六階層(6 layers of resistance)に対しては、しっかりとした打ち手を明確にし、確実に打ち込んでいくことで
「変化に抵抗するプロセス」から「合意に至るプロセス」に変革させていくことが可能になる。




0315
春支度
始める花に
飛び乗る鳥
【まどか】



























縁は「場」で変わる

自分でビジネスを設計するようになって、一人で行動することが多くなった。
旅行も遊びも、みんなでワイワイと行動するよりもひとりで行動することが多い。

人との出会いは、それが偶然か必然か、良いか悪いかは別にして、社会の仕組みに依存していることが少なくない。
もちろん主体的にその場を作っていこうと考えているはいるけども、どうしても社会的な制約をうける。

小学生のことを思い出して欲しい。
一緒に遊ぶ仲間は自分の近所の子か、クラスメート。
それが中学生になり、高校生になって、大学・社会人と円の面積が広がるように大きくなる。

自分が関わった人や出会った人の多くは、自分が生きてきた社会の仕組みがあったからこそ生まれた関係と言える。
新しい人との縁は、その時立っていた円から一歩出たときに生まれることが殆どといえる。

イノベーションとは、今いる自分の「場」から一歩踏み出すこと。
「場」を作るか変えるかしなければならない。
そのためには身軽になって行動できるように準備しておくことが必要。

出逢いの縁は「場」で変わる。「場」を変えると出会いが変わり、自分が変わる。




0314
曇り空
切り分け飛ぶ
朝の鳥
【まどか】




















火消

ビジネスの世界では「ひ消し」が大切。

否定、批判、批評、比較、

「ひ」のつく行動を極力しないことです。



0309
鳥運ぶ
春の香りに
冬の風
【まどか】
















営業

親しくなるということは、相手にこびることではない。

また、相手の機嫌をとることではない。

大切なのは自分の機嫌をよくしておくこと。 



0308
曇り空
写す窓に
朝の色
【まどか】





















評価

どんなにその人のために尽くしても、わかってもらえない時がある。
仕事において、どんなに素晴らしい結果を残したところで、誰にも評価されないこともある。

人生そんなもんです。

歴史を振り返ればわかるが、芸術家や作家の作品は死後評価されることのほうが多い。
一生懸命やった仕事に対して、その場で評価されなくても腐らない。
人の評価なんて、見る人、見るタイミング、環境によって変わる。

なによりも他人は好き勝手なことを言う。

それよりも自分がやりたいと思ったことをやり切ったことが大切。
まず自分で自分を評価してあげよう。



0302
雪の下
隠れた春が
顔を出す
【まどか】




















欲求と商品

人間と動物の区別に欲求がある。

その人間の欲求には、大きく分けて二種類ある。
一時的欲求と二次的欲求だ。

一時的欲求は、本能・飢え・渇き・性的行動。生物の本能的欲求です。
二次的欲求は、心理的欲求と言われ、一時的欲求を満たす手段としての欲求。


アブハム・マズローは、人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されていて、低階層の欲求が充たされると、より高次の階層の欲求を欲すると定義した。

マズローの欲求5段階説
↓1、「生理的欲求」食欲、性欲
  2、「安全欲求」身の安全
  3、「社会的欲求(愛・所属欲求)」集団・仲間が欲しくなる
  4、「尊厳欲求(承認欲求)」他者から認められたい、尊敬されたい
  5、「 自己実現欲求」

自分が扱う商品は、どの層の欲求を満たすための品かを考える。
4、承認欲求で他者から認められたい「ステータスシンボル」をターゲットとする品なら、その商品の質をよく考える。

腕時計はステータスシンボルになるが、同じ時計でも置時計はならない。
何故なのか?
そこを突き詰めないと、モノは売れない。


アブラハム・マズロー





0301
朝青く
鳥の鳴き声
響く道
【まどか】



















振り返り

2月も今日で最後。

2/12月 が終わる。
1年というのは、1日×365回。
59/365日
8.5/52週 が終わる。

まず、ここで見直し。
何が達成できた。
どの部分が未達成だったか。

いまなら、あとに続く10ヶ月を修正できる。




0228
花通る
風の道で
春感じ
【まどか】


















知識 × 熱意 + 経験

知識は大事。

私たちはその知識を得るために小さい時から学びをはじめる。
しかし松下幸之助翁は、知識だけでは社会の役には立たないといった。

知識に熱意を掛け算し、そして経験をプラスしなさい。
そうすることによって知恵が生まれる言った。

面白いのは熱意だけが掛け算。
事業を真面目に伸ばそうと考えるならば、正しい知識と熱意が必要だと分かる。




0224
雨の後
朝をうつす
靴の跡
【まどか】













価値観

自分の考えが価値観に基づいているように、相手にだって相手の考え方や価値感がある。
そのどっちが正しいか悪いかは関係ない。

大切なことは、それぞれが何を望んでいるのかだ。
それについて他人が干渉することはできない。

もちろん意見やアドバイスを言うことはできる。
しかし、それは自分の価値観に基づいた意見だし、相手の価値観に合うかどうかは別のこと。

最終的に相手の選択肢は相手が自分自身で決める。
何を選択しどのような人生を歩むのか。全ての結果はそれぞれの自己責任。

にも関わらず、アドバイスと称して自分の意見を押し付けようとするのはよくある事。
意見を受ける方は、考え方(価値観)を上から押し付けられるから息苦しくなる。

言葉を受ける方にしてみれば、親だろうが、親友からのアドバイスだろうが、余計なお世話と思っている。
万が一失敗したら責任とってくれるのかと。むっ!としてしまう。

言った方は言った方で、せっかく親切にアドバイスしてやったのに言う事を聞かない。
あんなやつ二度と助けてやるものか。と思ってしまう。

だからね会社の上司だから、先輩だからと、安易に上から親切ぶってアドバイスしてはならない。
相手には相手の価値観があるのだから、一歩引いて相手の思いを馳せてみることが大事。

自分の意見は自分の価値観に基づくものでしかない。
相手には相手の価値観があり、決めるのは相手。
その当たり前の前提を忘れないように、今日も笑顔で。



0223


















変える

何を変えるか?    What to Change?
何に変えるか?    What to Change to?
どうやって変えるか? Haw to cause the Change?



しかし、すべての変化が「改善」をもたらしているとは限らない。
・・・・but not every change is an improvement.



かえる・・・と変換すると「変える」より「蛙」が先に来る。(´・_・`)




0214
雪積もり
白く変える
空の色
【まどか】
























富士山

日本一高い山は誰でも知っている
富士山です。

それでは二番目に高い山は・・・・・意外と知らない。
日本にはたくさん山があって、そのなかで二番目なのに知らない。

これは人間の習性であろう。

ビジネスも一緒。
トップ企業以外は会社の存在すら覚えてもらうのに苦労する。

そのトップ企業は確実に儲かる。
儲かるから企業規模を大きくすることができ、さらに大きな利益を産んできた。
それならば、業界トップ企業以外は儲からないかと問えば、またこれは別の話。
正直、真正面から戦ったら利益は出ないし、まともに商売ができると思えない。

蝦夷富士、津軽富士、越後富士、大和富士、薩摩富士・・・・
それぞれの場所で一番の富士山になれば良い。
まず目指すのは小さなエリアでの一番。


日本で二番目に高い山は南アルプスの北岳です。
富士山の高さは3776m

北岳は3193m
わずか583mの違いでしかありませんが、人はNo.1しか興味がないのだと覚えておきましょう。

高い北岳を目ざすより、〇〇富士。






2010
雪触れる
冷たい道に
冬の匂い
【まどか】













朝令暮改

理念(ミッション)は守るが、戦略・戦術は変える。
    VS
理念(ミッション)は変えるが、戦略・戦術に固執する。


社長が朝に言ったことを、翌日や早ければその日にコロコロ変える企業は上のタイプ。
しかし、それが正しい。

会社を潰すのは圧倒的に下のタイプの経営者が多い。




0209
曇り空
間に見える
朝の光
【まどか】













仕事と時間

仕事を時間で測ってはならない。
時間で測ろうとするから、時間から時間の仕事をするようになる。

仕事は成果で測るべきである。




0208
春の風
少し吹いて
冬を押す
【まどか】



















ブランド企業

金曜夕方、工場のモーター故障で業者へ電話。

「月曜朝一出て昼ごろ伺います」東芝。

「すぐ来て土日徹夜修理月曜稼働」中小時代の日本電産。

のちに東芝のモーター部門を後者が買収。

お客様が何を求めているかを理解しなければ、どんな立派な組織だろうと崩壊する。




0206
太陽が
顔を洗う
雲の上
【まどか】



























52週

1年は12か月と考えると、すでに1ヶ月が過ぎ去った。
何かを残せただろうか?
経験上、月単位でスケジュールを立てるとなかなか計画通りにいかない。

1年を52週で分割して考えるとスケジュールが立てやすい。

私の場合はバッファーを考慮して50週で一年を考える。
年間に読む本を50冊と決めたら、1週間に一冊のペースで読破する。
年に5回程度の旅行ならば、10週に一度で枠を取りスケジュールを立てる。
意外とうまく予定がはまる。

売上計画も月間スケジュールより、週のスケジュールは修正変更が楽です。
これは本当です。

10年以上活用してきて気がついた最大の効果は「ボトルネック」の気づきが早くなったこと。
早期発見、早期対処!



0203
雪が降り
一時和らぐ
寒い風
【まどか】

















曖昧

「測る」「量る」「計る」「謀る」「図る」「諮る」
すべて「はかる」です。

「真実(インサイト)」を見抜くためには「はかる」ことが必要です。
ハカることの対極にある姿勢は、「感覚的に重要そうな要因を羅列すること」

脳科学の分野では未だに曖昧な数字が出てくる。
人間の脳は10%しか使っていない

また、ポジティブ(positive)思考の広告等には、曖昧なほうが売上が良いと聞く。
数字を明確にすると物事が明確になるが、数字は曖昧である方がお客様にとって都合の良い場合もある。

物事の良さを伝えるには真実を明確に伝える場合と、感動を伝えるために敢えて曖昧な数字を出したほうが良い場合がある。

根拠・メリットを伝える手立ては数字だけではない。





0201
三日月に
ぶら下がる空
朝を待つ
【まどか】













創意工夫

辺鄙な場所にあろうが行列のできるお店はある。

自分のできないことを、環境のせいにするべきではない。




0131
雲の上
お日様座る
朝の色
【まどか】











データ

わたしたちは、たくさんのデータを持っている。

しかし、もっとデータを欲しがるのは何故なのだろう。
もっと沢山の、もっと早く、もっと質の高いデータを・・・・

わたしたちは、データの海の溺れてしまっている。


We're drowned in oceans of data;nevertheless,
it seems as if we seldom have sufficient information.
Dr.Eliyahu M.Goldratt



0130
キラキラと
道を走る
朝の光
【まどか】




















プレゼンテーションの続き

わかりやすい説明を聞いても、自分で分かった気になってはいけない。

あくまでも、「簡略化された説明」
全容を理解した気になるが、あちらこちらで必要な情報が抜けている。

必要な情報は自らが集めなければならない。




0120
空の色
冬の雲を
浮かべる白
【まどか】


















プレゼンテーション

やったことがある方はご存知だと思うんですが、
「システムを全然知らない人」の為にシステムの説明をすることは極めて困難です。

システム用語、通じません。
前提知識、ありません。
工数感、伝わりません。

そんな中、つまり「その技術」自体についての背景の知識は存在しないままに、
 「なぜその技術が必要なのか」
 「その技術を導入することによってどんなメリットがあるのか」
 「その技術にかかる費用は妥当なのか」
を判断してもらわなくてはいけません。


難しいテーマには、「構造が複雑なので難しい」ものと、
「理解しなくてはいけない情報量が純粋に多いので難しい」ものの、大きく二種類がある。

前者を整理して「分かりやすく」説明することは可能だが、後者を「簡単に」説明することは基本的に出来ない。
ただし、情報量を簡略化したり、たとえ話を使ったりで「分かった気になってもらう」ことは出来る。
そして、それで十分目的は達成できることの方が多い。「きちんと」分かってもらう必要がない場合はそれで十分だし、決済権を持つ人たちはそれを承知の上で納得している。

重要なのは、相手に「どのレベルまで分かってもらう必要があるのか?」という見極め。
これはどんな仕事にでも共通する部分がある。




0119
綿雪が
ふわふわ空を
踊ってる
【まどか】
















今日

明日にしようという弱い心に自ら鞭を打て。

明日にはまた明日のやるべきことが待っている。

今日一日を完全燃焼!

よし、やるだけ!




0116
曇り空
青く光る
空の上
【まどか】





















充実の一日

毎日毎日充実して生きていくためには何をすれば良いのだろうか?

私はその日に成すべきことを、決して明日に延ばさないことだと考える。
そのためには、一日の予定を決める事から始めなければならない。


今日一日の予定を具体的に書き出す。
よし!やるだけ!





0113
冷たい空
日向を探して
歩く道
【まどか】















武士道

「武士道とは死ぬことと見つけたり」
葉隠の冒頭の一節である。

よい生き方をしてこそ、よい死を迎えられる。
と理解しよう。




0112
太陽に
向かって走る
雲の跡
【まどか】











商売

商売は相手がいて会話が進んで成約に至る。

商売の基本は、まず最初に相手側の事情を真剣に考える。



0111
曇り空
吸い込む晴れに
かける鳥
【まどか】


















必要なもの

「前向き」、「利他心」、そして、「反省」。

「前向き」であるためには、目標設定が必要。
目標は必ずしも達成できるとは限らないが、そのあとに「反省する」ということを行わなければならない。
反省を習慣化する。

「吾日三省吾身」:吾、日に吾が身を三度省みる。
論語でも言われているように、発展のためには反省が必要です。



0110
冷たさに
背中を押され
冬走る
【まどか】


















人間は弱い

人間は弱いもので、困難に遭遇するとそれに正面から挑戦することなく、
すぐに言い訳を考え、逃げ出そうとします。

しかし、それでは決して成功できません。
どのような厳しい状況にあっても、それを正面から受け止め、誠を尽くし、
誰にも負けない努力を続けることが、成功するためには必要なのです。

稲盛和夫 「成功」と「失敗」の法則




1222
冬の木に
春の前触れ
小さな芽
【まどか】













自分自身

ビジネスマネジメントの第一人者であるゴールドラット博士の言葉に

 「人には選択の自由がある。
 そして、私は充実した人生を送ることを選択する。
 そして、それを実現するために、興味のある分野の因果関係を本当に理解するために時間をかけている…
 あなたが私と同じことをするのを妨げているものは何か?」


人間のエネルギーは無限だ。出せば出すほど入ってくる。
「できる」と思ったとたんに今までできなかったことができるようになる。

限界を決めているのは自分自身なんだ。



1221
曇り空
雨を連れて
朝歩く
【まどか】













過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ