今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

ビジネス

挑戦

失敗は、
自分がそれを失敗と認めない限り存在しない。

敗北は、
自分があきらめて、永遠のものにしてしまわない限り一時的なものです。

また、一時的な敗北は、
自分を次のステップへ押し上げてくれる存在です。

これらは挑戦しない限り、手に入れる事は不可能です。

Ps.何もしない失敗もあるのか?
  それは本当に失敗なのか?
  それとも、必然なのか?
  (考え中)



1215


キラキラと
光る枝に映る朝

【まどか】














logical thinking

「頭をよくする」とはどういうことか?

平たい知識を詰め込むことではなく、論理的思考力を高めるということ。


1214


寒さ滲み
草木が揺らす紅葉の葉

【まどか】





















言い争い

「口論するには最低でも二人必要だということを忘れない」

口論には、口論の原因となるものがある。
原因となる二人の出発点はいつも同じ場所。

「(現状)○○をどうにか(良く)○○したい」との共通の認識。

自分の信条を曲げてまで妥協すべきだ、とは言わないが、
口論の際は、否定ばかりではなく、
相手に対して同意の姿勢を示すことが大切です。


1213

朝色に
染まる道に写る冬

【まどか】













ほう・れん・そう

部下に、ほう・れん・そう(報告・連絡・相談)を求めるには

お・ひ・た・し、の心が必要。

「お」:怒らない
「ひ」:否定しない
「た」:助ける(困り事あれば)
「し」:指示する

部下個人ではなく、時代がおひたしを求めていると理解し実践をする。



1211

風吹けば
秋を探す冬の道

【まどか】















銀行

雨が降ったら傘を貸してくれる金融機関があると思いますか?
雨が降ったら傘を取り上げるのが金融機関です。

なぜなら、
金融機関は株式会社だからです。


1208

曇り空
背筋を伸ばせば冬の風

【まどか】

















数字


日本のGDP   538兆円(2016年.名目); 約4兆8000億ドル(112円計算)
アメリカのGDP 18兆5691億ドル (2016年.名目)
中国のGDP   11兆7953億ドル (2017年IMF推計値)
世界全体のGDP 74兆1964億ドル (2015総務省)

日本の人口   1億2674万人(2017.6.1)
アメリカの人口 3億2574万人(2017)
中国の人口  13億9085万人(2017)
世界の人口  74億3270万人(2015)

一人当たりの生産性を考えるとアメリカの秀逸さが際立つ。



1204

寒さ吹き
日向を探し歩く人
【まどか】

























まずやる

三日坊主でも、
  3日分は前進する。

よし、やるだけ!


1201

キラキラと
光る青空風吹かせ
【まどか】
















物理主義から精神主義

「なにを」、
「何処から」、
「誰から」、
といった視点で商品を購入する消費者は増え続けている。

1120

曇り空
昨日の雨を乾かす風
【まどか】
















数字から閃きへ

数字の目標があれば、その目標に対して自分は何をすればいいかと考える。

いま売るべき商品は何か。
お客様に伝えたい商品は何か。

そうやって一生懸命考えていれば、自ずとお客様に楽しんでもらえる店になる。

さらに、そうやって常に考えていると、次はこんな商品を置いてみよう、
こんな企画を試してみようと、先のことまで考えられるようになる。
やりたいことがドンドン湧き出てくる。

そんな中から閃きは生まれる。


1117

朝の色
道を染める雲の色
【まどか】


















ライバル

マラソン競技の、42.195Kmをひとりで走って世界記録を出せる選手は一人もいません。

100mの短距離も、ひとりで走れば世界記録どころか、オリンピック記録さえ危うい。

スキルを伸ばすのにはライバルが必要。

あれこれ一人で考えていてもしょうがない。


1114

朝日浴び
草木に宿る冬の朝
【まどか】

















信用してはいけない言葉

絶対誰にも言わないから。
この犬、絶対噛まないから。
平服でお越しください。
(学会発表の質疑応答)素人の素朴な質問なんですが・・・
御社が第一志望です。
アットホームな職場です。
お布施はお気持ちの分だけで・・・
それは人生の半分損している。
お年玉はお母さんが預かっていてあげる。
顔より性格が大切だよ。
全然勉強していない。
宿題やったけど家に忘れました。
怒らないから先生に話しなさい。
インストール中です。残り30秒です。

ビジネスキャッチコピーは以上のような事例を参考に作られる。

「実質0円!*」
「全米が泣いた」
「こちら側のどちらからも切れます」


1113

風吹いて
冬の足音聞こえる朝
【まどか】
















菩提心

「人をのみ 渡し渡して おのがみは岸に渡らぬ 渡し守かな」古歌

渡し守はまず人様を岸に渡して、自分は岸には上がらずに、人様を渡すことに努める。

菩提心とは自分のことを忘れて人様の為に尽くすこと。

ビジネスの基本は利他主義のなかにある。


IMG_5766

風遊ぶ
空の気まぐれ木々の声
【まどか】

















事業に失敗するコツ

1.旧来の方法が一番良いと信じていること
2. もちはもち屋だとうぬぼれていること
3. 暇がないといって本を読まぬこと
4. どうにかなると考えていること
5. 稼ぐに追いつく貧乏なしとむやみやたらと骨を折ること
6. 良いものは黙っていても売れると安心していること
7. 高い給料は出せないといって人を安くつかうこと
8. 支払いは延ばす方が得だとなるべく支払わぬ工夫をすること
9. 機械は高いといって人を使うこと
10. お客はわがまますぎると考えること
11.商売人は人情は禁物だと考えること
12.そんなことはできないと改善せぬこと


1108

晴れ間見え
朝の光を浴びる花
【まどか】













経営姿勢

ゴルフにもドラマがあった。

22年ぶりのゴルフは6組規模のコンペに参加。
メンバーにも恵まれ一組目にスタート。

先日ホールインワンを達成した会長職の先輩と大手リース会社の社長。
さらに主催者の先生と私。

ボロボロの内容にも拘らず、温かく見守って下さった。
何とか後半の、それも終了間際にはボールが当たるようになり
最終18番ホールはベストショット連発でのナイスパーON。

ふと、ボールが乗ったグリーンを見ると、カラスが一羽ピョコピョコ歩いている。
「おいおい!ボールに近づくんじゃない」と思う間もなく咥えてしまう。
「こらー!」と叫ぶにも遠い。
そのままボールを咥えて消え去った。

まぁ今日のゴルフはお遊びだから、ロストでいいやと思っている自分。
猛然とダッシュしてボールを探しに行ったのが最高齢の会長。
200億円近い売り上げの会社を作り上げ、誰からも尊敬される方。
問題のボールは、バンカーエッジのブッシュの中に隠されていたモノを会長が探し出してくださった。

このラウンド中みんなのショットを誰よりも注視し、何かトラブルがあったら真っ先に駆けつける。
そして問題解決に率先して取り組み、仲間を安堵と笑顔に導く。

遊びだと気軽に考え、ロストでいいやと思っていた自分が恥ずかしい。
それは問題解決ではなく問題放置だったんだ。

どんな時でも問題は発生する。
自分だけではなく、周りの者の問題まで進んで関わり、そして真摯に取り組む。
そんな人には自然と尊敬の念が生じ、人が集まるのだ。

どんな小さな事であっても、まぁいいや!はない。
問題は正面から解決する。
よし!やるだけ。


1106

晴れ間見せ
微笑む太陽風忘れ
【まどか】



















計画

たいていの計画は数字や図のようなものではなく、まるで小説のように転がって行く。

第1章は、誰とやるのか、何処ではじめるのか、手持ち資金がこれだけ、応援してくれる人が誰々。
リスクがこれこれ、これだけで、利益がこれだけ出るはずと。
計画通りいけば3年で投資金額はペイして、次年度以降は配当が見込める。
主人公の周りには、そういうことを聞こうとする人と、それらをすべて見通しているかのように語る人が集まる。

実際の事業は計画としてスタートしたものの、小説かのようにコロコロと転がって行くんだ。
思わぬ事態にドタバタして、思わぬ人が危ない時に手を差し伸べてくれる。
反対に信頼していた人の裏切りがあり、泣いたり笑ったり、時には怒ったりして物事が進んでいく。

これが小説だったら最高傑作と思うぐらい、思いもよらぬ展開が待ち受けている。

明日3日、文化の日に熊本でのゴルフコンペに参加する。
阪神大震災を契機に封印していたゴルフ。
22年ぶりにゴルフクラブを握る。
まともにプレイができるはずはないだろうねぇ

人生すべてが小説のようなものだと考えれば、これも何処かの一小節。
なるようにしかならんのだろう。

愉しんできます。

1102

雨音のなる道歩く朝の風
【まどか】

























予定

少しの勇気が明日を拓く大きな力になる。


今日から霜月
11月1日の今日は旧暦 9月13日にあたり、
今宵の月は「栗名月」ともいわれる「十三夜」です。

秋の月を愛(め)でながら来年の予定を立てる。
よし!やるだけ。

1101

雨音にかき消される鳥の声
【まどか】
















切手

ちっぽけな切手は、
最後までくらいついて、必ず仕事をまっとうする。

自分の仕事に徹する、根気が必要。
よし!やるだけ。


1026

雨音に葉っぱが歌う秋の道
【まどか】














こころざし

 自分の会社を大きくして自社ビルを建てる。
 社員を100人雇う。
 お店を全国に広げる。

夢を持つことは悪くない。
然し、今一度考えてみよう。


夢は自分だけのものだが志と使命は社会のため。

よって、企業は社会の公器であるのだから夢だけを語っていてはいけない。
社会とともに発展していく志と使命が必要だ。

もっと言えば、志や使命を優先させると夢はかなう。
いつの間にか叶う。


1020
影写す光の道が朝かける
【まどか】





















瞬間的

人間はどこかに頭を使うことが高等で、体を使うことは下みたいな認識がある。
頭を使っているほうが利口そうに見えるとか、立場が上に見えるように。

しかし、その考えの中に入っているものって結構いやらしいものも多い。
人間は弱いものだから、欲とか損とか怖さとか不安とかずる賢さ、
そういうものが考えの中に入ってしまっている。
だから考え過ぎるって意外と良い結果に結びつかないことが多い。

体に正直に、考えずにパッと判断する。
私がいま一番大切にしたい生き方。



1009

朝色に染まる瓦に描く曇
【まどか】













長老のお言葉

金儲けは理屈ではなくて、実際である。
計画でなくて、努力である。
予算でなくて、結果である。

その秘伝はとなると、やっぱり根本的な心構えの問題となる。


1010

雨降りに
朝の飛ぶ鳥
前見据え
【まどか】 Paris






















幸せすぎて怖い

幸せ絶頂の時って何を考える?

マリッジブルーとの言葉があるように。
傍目から見たら幸せだと思っていても本人は不安の塊の時がある。

マリッジブルー、その原因を紐解くと
 「変化」に対する恐れ
 「本当にこの人でいいのか?」と思ってしまう
  結婚式の準備でのすれ違い
  自分が「損」するように感じてしまう
  絡んでくる家庭問題

目的達成した組織も似た問題がある。
特に今季上手く行きすぎた企業がおちいる罠だ。
  変化→新規事業・・・業績の足手まといとならないか怖い。
  来季の事業計画書・・・・本当にこれでいいの?
  周年記念に合わせたイベント・・・面倒
  利益配当の配分 ・・・・頑張った利益が流れていく
  人事      ・・・・人間関係は複雑

これらの解決方法としては(マリッジブルー用)
  あまり深刻に考えすぎない!
  パートナーとちゃんと向き合う
  考え方を変えてみる

とある。

もう一度!
幸せの絶頂期に何を考える?



1004

晴れた空
光り輝く
緑の色
【まどか】 Paris

















商売

ビジネスは次のいずれかを販売している。

  不安・希望・解決



1002
雲描いて
空に流れる
夏の空
【まどか】 Paris

















知識

いわゆる「ビジネスパーソン」と呼ばれる人々は、知識を軽視しがちだ。
問題を効率的に解決する方法や、アイディアの出し方など、
マニュアル化された頭の使い方をマスターすることに夢中で、知識の蓄積を後回しにしがちなようである。

頭の使い方さえ身につけていれば、知識は必要になったときにキャッチアップすればいい、キャッチアップできると信じて疑わない。

本当にそれでよいのだろうか?


0927

冷たい風
抜ける空に
雨の匂い
【まどか】Belgium










101点

百一点は零点と同じ。

真剣に一生懸命頑張れば頑張るほど、余裕がなくなり限界を超える。
限界点を超えると致命的な傷を負う。


0922

雨の後
石畳に
写る空
【まどか】Belgium









美とは、物語を凝縮して見せることである。

何故、絵画を見て感動するかといえば
そこに制作者の物語が見て取れるからである。

商品も同じ。

その商品に作り手や会社の物語がお客様に伝わった時、美しく思う。



0931

青空が
急に泣き出す
雨の音がする
【まどか】Belgium














覆水盆に返らず

It's no use crying over spilled milk.

こぼしたミルクを嘆いても仕方がない。
次を考えよう。

さぁやるだけ!


0919
雨打つ地
雷叩く
雲の中
【まどか】Amsterdam














商売戦術30か条

1.商売は世のため人のための奉仕にして、利益はその当然の報酬なり
2.お客様をじろじろ見るべからず。うるさく付きまとうべからず
3.店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如何
4.棚立て上手は商売下手。小さい店でゴタゴタしている方がかえってよい場合あり
5.取引先は皆親類にせよ。これに同情を持ってもらうか否か店の興廃のわかるるところ
6.売る前のお世辞より、売った後の奉仕。これこそ永久の客を作る
7.お客様の小言は神の声と思って何ごとも喜んで受け入れよ
8.資金の少なさを憂うなかれ。信用のたらざるを憂うべし
9.仕入れは簡単にせよ。安心してできる簡単な仕入れは繁盛の因と知るべし
10.百円のお客様よりは一円のお客様が店を繁盛させる基と知るべし
11.無理に売るな。客の好むものも売るな。客のためになるものを売れ
12.資金の回転を多くせよ。百円の資本も十回まわせば千円になる
13.品物の取り換えや返品にこられた場合は、売ったときよりも一層気持ちよく接せよ
14.お客の前で店員小僧をしかるくらいお客を追い払う妙手段はない
15.良き品を売ることは善なり。良き品を広告して多く売ることはさらに善なり
16.自分の行う販売がなければ社会は運転しないという自信を持て。そしてそれだけに大なる責任を感ぜよ
17.仕入先に親切にせよ。そして正当な要求は遠慮なく言え
18.紙一枚でも景品はお客を喜ばせるものだ。付けてあげるもののない時は笑顔を景品にせよ
19,店のために働くことが同時に店員のためになるよう、待遇その他適当の方法を講ずべし
20.絶えず美しい陳列でお客の足を集めることも一案
21.紙一枚でも無駄にすることはそれだけ商品の値段を高くする
22.品切れは店の不注意、お詫びして後「早速取り寄せてお届けします」とお客の住所を伺うべきである
23.正札を守れ。値引きはかえって気持ちを悪くするくらいが落ちだ
24.子供は福の神。子供連れのお客、子供が使いにきての買い物にはとくに注意せよ
25.常に考えよ今日の損益を。今日の損益を明らかにしないでは寝に就かぬ習慣にせよ
26.「あの店の品だから」と信用し、誇りにされるようになれ
27.御用聞きは、何か一、二の品物なり商品の広告ビラなり持って歩け
28.店先を賑やかにせよ。元気よく立ち働け。活気ある店に客集まる
29.毎日の新聞広告は一通り目を通しておけ。注文されて知らぬようでは商人の恥と知るべし
30.商人には好況不況はない。いずれにしても儲けなければならぬ



時間がない

いまから2000年以上前の古代ローマ。
セネカは言った。
 
「われわれは短い人生を受けているのではなく、われわれがそれを短くしているのである」

「充ち溢れる湯水でも使うように諸君は時間を浪費している」

変わらん。


ルキウス・アンナエウス・セネカ

0914
青空に
秋の風が
走る空
【まどか】belgium






















悔しさ

悔しさをバネにする人もいれば、
悔しさでふてくされてしまう人もいる。


0913
雨の中
冷たい風と
秋混じる
【まどか】













面白い

おもしろいということは、すこし珍しいということと、
共感することの、いっしょになったものではないでしょうか。

珍しすぎると、おもしろいにならず驚きになってしまう。
共感できないものだと、おもしろいは味わえない。

それは、コンテンツとして世に問われる商品でも、まったく同じように求められているものだ。



0912
曇り空
雨の色に
染まる町
【まどか】Amsterdam














過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ