今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

ビジネス

Credit

信用の「信」は、人の言葉。

言ったことは、やる。



0804
光りだす
草木に残る
雨の匂い
【まどか】




















えこひいき

人に嫌われては、出世しない。
依怙贔屓してもらえる人間になる。



0803
走る雲
雨粒落とす
夏の音
【まどか】」


















有言実行

約を以てこれを失する者は鮮なし
(子曰、以約失之者、鮮矣。)
何事にもつつしましくしていれば、失敗する事は少なくなるだろう。

反対に大口をたたいていると非難されることが多くなると考える。
だから、内に闘志を秘めながら結果を出すのが賢明。

また、大口をたたいたらば有言実行しなければならない。


0801





















メモ

エジソンはレオナルドダビンチに憧れていた。
どうしたらダビンチに近づけることができるか?
考える・考える・考える。

その考えるためにメモをしたためたノートは3500冊。
ピンチに陥ると、エジソンはノートと相談した。


0727
じわじわと
汗が流れる
朝の道
【まどか】

















関心

数字を追わず結果を出す経営を目指そう!

経営難になると数字(売り上)に目が向く。
数字に関心が集中してしまう。

そんな時ほどお客様の関心に目を向ける。
お客様によって組織が成り立っていることを忘れてはならない。



0726
ふと吹いた
夏の風に
草の匂い
【まどか】















違う

・結果と成果の違い。
・目標とノルマの違い。
・夢中と必死の違い。
・安定と不変の違い。
・評価と承認の違い。
・マネジメントと管理の違い。
・マネージャーとリーダーの違い。
・暇と退屈の違い。
・「〜させる」と「〜したくなる」の違い。
・仕事と労働の違い。
・信用と信頼の違い。
・任せると委ねるの違い。
・「楽」と「楽しい」の違い。
・正解と回答の違い。
・問題と課題の違い。
・ターゲットとお客さんの違い。
・戦略と戦術の違い。
・クライアントとユーザーの違い。
・成長と成功の違い。
・豊かさと便利さの違い。
・・・・




0725
蝉の声
大木集まる
夏の歌
【まどか】






















習慣

仕事は頑張るよりも、習慣にしてしまうこと。
その為にも、正しく良い仕事を心がける。

習慣は第二の天性なり。
Habit is a second nature



0724
ムシムシと
夏の音が
響く朝
【まどか】













専門家

一般的にひとつの事柄を深く思索する研究者や専門家は、世間知らずと思われているようだ。

例えば専門というものが、ある仕事の深さを意味しているとし、幅ができると深さは浅くなると考えられている。
つまり広く浅くだ。

しかし、物事を深く考える研究者や専門家には創造性がないと大成は難しい。
この創造性は人間としての幅がないとなかなか生まれないのも事実。

これからの研究者は、相当深く、相当広い専門性が求められる。



0427
雲乗せて
星を流す
月の夜
【まどか】


















自由

自由って何だろう?
若い時から仲間と喧々諤々、あーでもないこーでもないと議論してきた。

自由って、理屈というか枠にはめると自由じゃなくなる気がする。
それで自由に度をつけて自由度と考えれば尺度が動く分柔軟に考えられるのではないか、というのが今の結論。


目的に対しては、これは絶対だから自由度は全くない。
その目的を達成するための手段に対してのみ自由が与えられる。

その手段も仲間と共同達成を目的とするなば、自分勝手に行動するわけにはいかない。
企業組織の場合でも、その目的は明確です。
その一つの目的のために多くの人が集まって力を合わせる。
言い換えれば、目的を達成するための役割分担です。

与えられた役割分担に対して、どういう手段を使うかは分担を受け持った人の自由です。
自分の与えられた役割についてのみ自由度が高くなるんだと考える。

逆説的に考えれば、役割のない人には自由度は少ない。
若い時に自由がないと感じた理由がそこにある。


0524
影を踏み
暑さを誤魔化す
朝の道
【まどか】
















ベンチャーマインド

創造性とは新しいこと、革新的なことをやることです。
独創とはだれもやらなかったこと、気のつかなかったことをやることです。

したがって、それを実行した場合、失敗するかもしれない、
途中で思いもよらぬ出来事が起こって、器危機に瀕することがあるかもしれない。
この危険を感じながら敢えて実行することを冒険といいます。

そしてこれを敢えてやるという気構えを勇気と言います。
勇気とは、思い切って決行する気迫です。

人間が何か新しい行動をしようと決心するとき、自分の心の中にそれを拒む抵抗があります。
それは俗にいう、取り越し苦労というものであり、あるいは現状維持本能というものもあります。

こうした心の抵抗を打ち破り、切り捨てて、まず実行することを決心する必要があります。
けれでも,それは単に強引にそれをするということではありません。

まず、それをやれるという自信というものがないと勇気が出てこないものです。
自信はその問題の困難性を見通すことと、それを解決する能力の自己評価との兼ね合いで決まるものです。




0712
緑吹く
サラサラ流れ
雨待つ草
【まどか】




















目的と目標

目的は変わらない、目標(手段)が変わる。

目的には自由がない。絶対に変えてはいけない。
しかし、そこに至るまでの道は創造性をもって変えなければならない。

例えば、東京へ行くと目的を決めたら、これは絶対だから変えてはいけない。
しかし時間を優先して飛行機で行くのか、安さで決めるなら夜行バスの選択もある。

だから、目的は変わらないがその後の制約条件(何時までに・予算・誰と)よって目標は変わる。



0710
雨の中
ふわふわ浮かぶ
夏の匂い
【まどか】






















能率

能率とは目的を果たしながら、もっとも要領よく手を抜くことである。

目的は果たさなければいけない。
しかし、目的さえ果たせば途中のプロセスは、実はたいした問題ではない。

日本では途中で手を抜くことを、何か悪いことのように考える向きがある。
目的よりも途中に手が込んでいるのを尊重するのは職人仕事。

現在の技術の精神とは一致しない。
まず、自分の仕事に職人仕事が重要かを考える。




0707
ムシムシと
昨日の雨が
空に行く
【まどか】














他人の個性は変えられない。

人は必ず自分の型というものを持っている。
あるいは理想像というものを描いている。

然しその目で他人を見ると、それは全部欠点に見える。

例えば几帳面できれい好きな人が上役となり、片付けのできないルーズな人も見ると、
整理整頓しなきゃダメじゃないかと言いたくなってしまう。
しかし乱雑に見えてはいるが、その人にとっては効率的にモノが配置されていたりする。
それが他人の理想像なのだ。

ではどうしたらよいのだろうか。

まず、人の欠点・短所を認めなければよい。
個性というものは自分では変えられるかもしれないけど、他の人では変えられないものだとあきらめること。

欠点という風に見えているその裏には、必ずその人の何か個性があって、その個性がたまたま欠点という形になって表れているだけのことだと考える。

欠点とか短所とか言われるようなものを少し掘り下げて考えてみると、それはその人のあるクセだということがわかります。
そのクセをいい方に振り替えることはできるはずです。


0706
雨滲む
紫陽花の青
跳ねる空
【まどか】

























計算・計画

計画とは上手く行くように計算するから「計画」。
しかし、準備計画を綿密に立てたとしても、完全な準備などありえない。

これからやろうとすることは、知らない新しいことだから、
必ず思いもよらないことが起きるに決まっている。
それがリスクの元なのだ。

しかし、準備とか計画というものは、思いもよっていることしかできはしない。
思いもよらないことに対する処置はあらかじめできていない。

怖いのはそれが完全無欠だと思っている心。



0705




















チャンスは平等

ブラックジャックを20回行ったとき、
20回すべて負けることはほぼない。

負けが続いていても、必ず良いカードが回ってくる時がある。
流れが来たら勝負に出る。
その準備はしておく。

もちろん失敗もあるが、チャンスを生かすとはその波に乗るか乗らないかです。


0626
ジメジメと
草木が乾く
朝の道
【まどか】




















一汽車前

新幹線トラブルが続いた21日、
将棋の公式戦28連勝を達成し、歴代最多の連勝記録に並んだ、藤井聡太四段(14歳)は、
送電線切断による停電前に名古屋駅に着いた。

ビジネスの世界では途中何があるかわからないから、ひとつ前の列車で行って待っていろとの教えがある。
そうすることによって心に余裕が出て落ち着いて行動できる。

武道ではよく隙を作るなと言いますが、それは決してピリピリした感覚ではなく、
心に余裕をもって慌てずに動くことによって、自然に隙のない状態が出来上がることです。

相手も切磋琢磨している勝負の世界で勝ち続ける要素のひとつに、隙を作らない習慣がある。
良い習慣を身に着ける。

よし、やるだけ!


0623
ゆっくりと
昨日の雨を
隠す曇
【まどか】
























アームズ・レングス

アームズ・レングスとは、対等関係という意味で、一定の適正な距離を保つことを腕の長さになぞらえている。
イメージとしてはお互いの肩に手を当てる、日本人的な感覚でいうと、目線を一緒にするという感じ。

年齢の上下や肩書での判断ではなく、人と人との関係を大切にするために覚えておきたい言葉。


アームズ・レングス原則 (arm's length principle :ALP)


0622
大雨に
流れる地面
天の川
【まどか】






























商売

金儲けに才能があるものが、金儲けを真剣にやらなければ、
いったい誰がこの日本の経済を支えるのか?

才能がないものは、金儲けの才能に嫉妬する。
嫉妬されても、商売人は売りつづけなければならない。



0620
朝の道
ゆらゆら寝むる
紫陽花が
【まどか】
























その第一歩

十里の旅の第一歩    
百里の旅の第一歩
同じ一歩でも覚悟が違う

富士山に登る第一歩  
三笠山に登る第一歩
同じ一歩でも覚悟が違う

どこまでいくつもりか   
どこまで登るつもりか
目標がその日、その日を支配する。

後藤静香


0616
朝の風
昼の暑さを
忘れる夏
【まどか】





















雨垂れ

雨垂れ石を穿つ(あまだれいしをうがつ)

漢書・枚乗伝に「泰山の霤は石を穿ち、単極の航は幹を断つ」とある。

軒下から落ちるわずかな雨垂れでも、長い間同じ所に落ち続ければ、
ついには硬い石に穴をあける意味から。

今日も出来ることからコツコツと。
さぁ、やるだけ!


0613
雲ちぎれ
晴れ間が見える
雨の後
【まどか】


















ローカル&グローバル

インターネットの普及により、世界は急速に同じ顔になっていく。
同じ商品・同じ景観が広がりつつあり、文化がつまらなくなってきている。
日本のアーケード街が、○○○銀座商店街だったように。

グローバル化が進めば進むほど、ローカル色の強い泥臭い個性が輝きを増してくる。

まず原石を探し出し、あとは丁寧に磨くだけ。
よし、やるだけ!

0608
晴れの空
梅雨の前に
一休み
【まどか】





















生産効率と職人

採算を合わせるのなら効率の良い分業制を選択してしまうが、仕事はやらされている感が強くなる。
不思議なことに、分業制をやめて一人の人間が全工程を担当すると意識が高まり品質が向上する。

生産効率は魔法の言葉。
職人から誇りを奪い去ってしまう。

数字は長い目で見ないと判らない。


0605
大雨に
洗われ光る
夏の草
【まどか】



















フィデュシャリー・デューティー

お客様の一大事とは、
現在、ただ今の事なり。


Fiduciary duty:受託者責任

0602













良い会社

良い会社とか悪い会社と判断をされるが、
具体的に何が良いのか悪いのか?

自分たちで考えるときは、行動できるところまで落とし込む。
誰が何時までにと、実践に落とし込む。

たくましく、そして優しい会社を目指すなら、
どこまでが逞しいのか。
何に対して優しいのか、どこまですれば優しいのか、具体的に動いてみよう。



0601
















商いの原点

お客様に喜ばれて、自分も喜べる。
そんな気持ちになれるもの。

だから、働けるとは幸せつくりに参加できることです。



0531







血のしょうべん

考えに考え抜いたら、だいたい考えた通りになる。
その通りにならないのは考えが足らないからである。


松下幸之助


0530
















お客様

商売の基本はお客様。

お客様意外に買ってくれる人はいない。










マニュアル

マニュアル対応に批判があるが、マニュアルが悪いわけじゃない。
なぜならディズニーランドはすべてのミッションがマニュアル化されている。

マニュアル対応であっても人は感動する。
それは、誰のためのマニュアルなのかの差。

お客様のためのマニュアル化なら大いに結構だ。



0525
雨の匂い
ふわふわ浮かぶ
朝の道
【まどか】






















翼をください。

海外へのフライトも8時間を超えるとエコノミーシートが苦痛になってきた。
体が贅沢になれたのか、一度あの広々としたシートに座ると癖になる。
しかし平安時代末期の後白河上皇が撰した「梁塵秘抄」すら、

 熊野へ参らむと思へども
 徒歩より参れば道遠し すぐれて山きびし
 馬にて参れば苦行ならず
 空より参らむ 羽賜(た)べ 若王子

なんと、神様に空を飛ぶ羽根をくれと申してます。
「若王子(にゃくおうじ)」とは、十二所権現という十二の神のうちの一つで、別名「若宮」とも言います。

現代語訳に直すと
 熊野へ参ろうと思うけれど、
 徒歩で参詣すれば遙かな道のり。ものすごく山が険しい。
 馬で参上すれば苦行ではないから、ダメだよね。
 いっそ空から参詣しよう。羽を下さい、若王子。

次回のフライト、ビジネスシートでもイイですよね、後白河上皇さま。



0518
春踊る
暖かい日射しに
夏を見る


















縁起

ぼやぼやしてちゃいけないよ。

人がつくった衛星が宇宙を飛んでる時代に、
縁起がどうのこうの、
日の良し悪しや、占いが、迷信が、なんて、

みんな自分自身に、消極的な暗示をかけているんですよ。


中村天風



0510
日が差して
夏の足音
肌に乗る
【まどか】













過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ