今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

ビジネス

こころざし

 自分の会社を大きくして自社ビルを建てる。
 社員を100人雇う。
 お店を全国に広げる。

夢を持つことは悪くない。
然し、今一度考えてみよう。


夢は自分だけのものだが志と使命は社会のため。

よって、企業は社会の公器であるのだから夢だけを語っていてはいけない。
社会とともに発展していく志と使命が必要だ。

もっと言えば、志や使命を優先させると夢はかなう。
いつの間にか叶う。


1020
影写す光の道が朝かける
【まどか】





















瞬間的

人間はどこかに頭を使うことが高等で、体を使うことは下みたいな認識がある。
頭を使っているほうが利口そうに見えるとか、立場が上に見えるように。

しかし、その考えの中に入っているものって結構いやらしいものも多い。
人間は弱いものだから、欲とか損とか怖さとか不安とかずる賢さ、
そういうものが考えの中に入ってしまっている。
だから考え過ぎるって意外と良い結果に結びつかないことが多い。

体に正直に、考えずにパッと判断する。
私がいま一番大切にしたい生き方。



1009

朝色に染まる瓦に描く曇
【まどか】













長老のお言葉

金儲けは理屈ではなくて、実際である。
計画でなくて、努力である。
予算でなくて、結果である。

その秘伝はとなると、やっぱり根本的な心構えの問題となる。


1010

雨降りに
朝の飛ぶ鳥
前見据え
【まどか】 Paris






















幸せすぎて怖い

幸せ絶頂の時って何を考える?

マリッジブルーとの言葉があるように。
傍目から見たら幸せだと思っていても本人は不安の塊の時がある。

マリッジブルー、その原因を紐解くと
 「変化」に対する恐れ
 「本当にこの人でいいのか?」と思ってしまう
  結婚式の準備でのすれ違い
  自分が「損」するように感じてしまう
  絡んでくる家庭問題

目的達成した組織も似た問題がある。
特に今季上手く行きすぎた企業がおちいる罠だ。
  変化→新規事業・・・業績の足手まといとならないか怖い。
  来季の事業計画書・・・・本当にこれでいいの?
  周年記念に合わせたイベント・・・面倒
  利益配当の配分 ・・・・頑張った利益が流れていく
  人事      ・・・・人間関係は複雑

これらの解決方法としては(マリッジブルー用)
  あまり深刻に考えすぎない!
  パートナーとちゃんと向き合う
  考え方を変えてみる

とある。

もう一度!
幸せの絶頂期に何を考える?



1004

晴れた空
光り輝く
緑の色
【まどか】 Paris

















商売

ビジネスは次のいずれかを販売している。

  不安・希望・解決



1002
雲描いて
空に流れる
夏の空
【まどか】 Paris

















知識

いわゆる「ビジネスパーソン」と呼ばれる人々は、知識を軽視しがちだ。
問題を効率的に解決する方法や、アイディアの出し方など、
マニュアル化された頭の使い方をマスターすることに夢中で、知識の蓄積を後回しにしがちなようである。

頭の使い方さえ身につけていれば、知識は必要になったときにキャッチアップすればいい、キャッチアップできると信じて疑わない。

本当にそれでよいのだろうか?


0927

冷たい風
抜ける空に
雨の匂い
【まどか】Belgium










101点

百一点は零点と同じ。

真剣に一生懸命頑張れば頑張るほど、余裕がなくなり限界を超える。
限界点を超えると致命的な傷を負う。


0922

雨の後
石畳に
写る空
【まどか】Belgium









美とは、物語を凝縮して見せることである。

何故、絵画を見て感動するかといえば
そこに制作者の物語が見て取れるからである。

商品も同じ。

その商品に作り手や会社の物語がお客様に伝わった時、美しく思う。



0931

青空が
急に泣き出す
雨の音がする
【まどか】Belgium














覆水盆に返らず

It's no use crying over spilled milk.

こぼしたミルクを嘆いても仕方がない。
次を考えよう。

さぁやるだけ!


0919
雨打つ地
雷叩く
雲の中
【まどか】Amsterdam














商売戦術30か条

1.商売は世のため人のための奉仕にして、利益はその当然の報酬なり
2.お客様をじろじろ見るべからず。うるさく付きまとうべからず
3.店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如何
4.棚立て上手は商売下手。小さい店でゴタゴタしている方がかえってよい場合あり
5.取引先は皆親類にせよ。これに同情を持ってもらうか否か店の興廃のわかるるところ
6.売る前のお世辞より、売った後の奉仕。これこそ永久の客を作る
7.お客様の小言は神の声と思って何ごとも喜んで受け入れよ
8.資金の少なさを憂うなかれ。信用のたらざるを憂うべし
9.仕入れは簡単にせよ。安心してできる簡単な仕入れは繁盛の因と知るべし
10.百円のお客様よりは一円のお客様が店を繁盛させる基と知るべし
11.無理に売るな。客の好むものも売るな。客のためになるものを売れ
12.資金の回転を多くせよ。百円の資本も十回まわせば千円になる
13.品物の取り換えや返品にこられた場合は、売ったときよりも一層気持ちよく接せよ
14.お客の前で店員小僧をしかるくらいお客を追い払う妙手段はない
15.良き品を売ることは善なり。良き品を広告して多く売ることはさらに善なり
16.自分の行う販売がなければ社会は運転しないという自信を持て。そしてそれだけに大なる責任を感ぜよ
17.仕入先に親切にせよ。そして正当な要求は遠慮なく言え
18.紙一枚でも景品はお客を喜ばせるものだ。付けてあげるもののない時は笑顔を景品にせよ
19,店のために働くことが同時に店員のためになるよう、待遇その他適当の方法を講ずべし
20.絶えず美しい陳列でお客の足を集めることも一案
21.紙一枚でも無駄にすることはそれだけ商品の値段を高くする
22.品切れは店の不注意、お詫びして後「早速取り寄せてお届けします」とお客の住所を伺うべきである
23.正札を守れ。値引きはかえって気持ちを悪くするくらいが落ちだ
24.子供は福の神。子供連れのお客、子供が使いにきての買い物にはとくに注意せよ
25.常に考えよ今日の損益を。今日の損益を明らかにしないでは寝に就かぬ習慣にせよ
26.「あの店の品だから」と信用し、誇りにされるようになれ
27.御用聞きは、何か一、二の品物なり商品の広告ビラなり持って歩け
28.店先を賑やかにせよ。元気よく立ち働け。活気ある店に客集まる
29.毎日の新聞広告は一通り目を通しておけ。注文されて知らぬようでは商人の恥と知るべし
30.商人には好況不況はない。いずれにしても儲けなければならぬ



時間がない

いまから2000年以上前の古代ローマ。
セネカは言った。
 
「われわれは短い人生を受けているのではなく、われわれがそれを短くしているのである」

「充ち溢れる湯水でも使うように諸君は時間を浪費している」

変わらん。


ルキウス・アンナエウス・セネカ

0914
青空に
秋の風が
走る空
【まどか】belgium






















悔しさ

悔しさをバネにする人もいれば、
悔しさでふてくされてしまう人もいる。


0913
雨の中
冷たい風と
秋混じる
【まどか】













面白い

おもしろいということは、すこし珍しいということと、
共感することの、いっしょになったものではないでしょうか。

珍しすぎると、おもしろいにならず驚きになってしまう。
共感できないものだと、おもしろいは味わえない。

それは、コンテンツとして世に問われる商品でも、まったく同じように求められているものだ。



0912
曇り空
雨の色に
染まる町
【まどか】Amsterdam














ノアの箱舟

ノアの箱舟がそこにあったとしても、ほとんどの人は洪水がくるまで行動を起こせない。

世の中の大多数の人間が、時流の動きに鈍感だ。
だから、時流の動きを予測できる敏感な人は、簡単に儲かるビジネスができる。

時代を読む目、そして変化に対応していく力をつけよう。


0908
オレンジが
滲む朝日に
雲ひとつ
【まどか】Zagreb





















現場

基本をやり直せば、必ず道は拓ける。

悩んだら現場。現場に答えがある。


0907
さんさんと
光る屋根で
昼寝の鳥
【まどか】Zagreb

















キャッシュフロー会計

利益と現金は合っていることが相応しい。
しかし会計は複雑で、帳簿上では正しく整っていても手元にお金がないことが多い。

「勘定合って銭足らず」では何のために経営しているのかわからなくなる。
そんな苦労を避けるためにも、キャッシュフロー会計は必要。


0904
揺らぐ夏
トンボが飛んで
秋の風
【まどか】

















エトバス ノイエス

エトバス ノイエスとは、サントリー二代目社佐治敬三の座右の銘

ドイツ語(Etwas Neues)で、常に何か新しいことに挑戦するとの意味。
英語に例えるならば、Something new が相応しいであろう。

今日から9月。
新しい月の始まりだ。

まずやってみよう!
まず挑戦しよう!


よし、やるだけ!


0901
空の色
秋の風に
負けぬ夏
【まどか】

















ビジネスマンに一番大切な事

松下幸之助翁が外国人記者から質問を受けたことがあった。

「ビジネスマンにとって一番大事なものは何ですか?」

という記者の質問に松下さんは

「それは愛されることです」

と即答されました。


そして、
「そのためには奉仕することです」
と付け加えられました。


シンプルな答えですが、まさに本質をついたことを
さらりと言われる姿に深い感動を覚えました。


0831
朝の色
夏の風は
まだ止まぬ
【まどか】

















曼荼羅

曼荼羅とは、密教の経典にもとづき、主尊を中心に諸仏諸尊の集会(しゅうえ)する楼閣を模式的に示した図像
この曼荼羅(マンダラ)を会社経営に見立てて考えてみる。

マンダラの上下にある、「滅」と「苦」は、現状と理想の「離れ具合」を示している。
問題とは「現状」と「理想」がどのくらい離れているかの距離によって、かなり離れていれば大問題であるし、近距離であれば小問題である。手が届かないほどであるならば、その問題は大きい。
一方、左右の「集」と「道」は、分析と方法ということになる。
 
そこで、
何を変えるのか=(苦)
よく分析して整理する=(集)
何に変えるのか=(滅)
いかに変えるのか=(道)
ということで、マンダラの苦集滅道は南西北東と歩んでいる。(時計回り)



0830
蝉の声
聞こえぬ朝に
夏の風
【まどか】














発酵

世の中に「2対6対2の法則」というのについて聞いたことがあるでしょうか。
どんな会社にも2割の優秀の社員がいて、全体の8割の売り上げを作る。
逆にダメ社員も2割います。

そして残り6割は日和見社員で、2割の優秀な社員が社内での影響力が大きくなっていると6割の日和見社員は優秀社員に引っ張られて、
8割の社員が優秀になって会社の業績アップに貢献してくれるようになります。

ところがダメ社員の社内での影響力が強くなると、6割の日和見社員はそちらに引っ張られ、
8割がダメ社員となって、会社はとんでもないことになるというわけです。

生物の世界でも同様のことが起こるようです。
細菌の世界でも「2対6対2の法則」に似たものがあります。
2割の善玉菌と2割の悪玉菌、そして6割の日和見菌で構成されています。
善玉菌が強いと日和見菌も影響を受けて、8割が善玉菌となります。これを「発酵」といいます。
逆に悪玉菌が強くなると、日和見菌が引っ張られて、8割が悪玉菌になります。これを「腐敗」といいます。

会社組織の腐敗という言葉は昔からありますが、会社の発酵とは言いえて妙です。
自然界から学ぶことはまだまだあります。


0829
きらきらと
開く葉に見る
初夏の色
【まどか】


















商売

買うての幸い。
売ってのしあわせ。

幸せを真剣に考える。


0828
蝉の声
羽音に少し
秋の気配
【まどか】




















意地張り

毎年お年玉を貰うのが楽しみで待ち焦がれたものだ。
ある年のこと。

お姉ちゃんは今年から中学生だから1000円。
お前はまだ小学生だから500円。

何でお姉ちゃんだけ1000円で俺が500円なんだよ。
そんなんならイランわ!

素直な心があれば500円貰えてお菓子が買えたのに、妙な意地を張って正月早々泣いてた。
「素直」の言葉を頭に描くとき、この0から500円を生み出す理屈を考える。



0825
青空に
夏を並べ
浮かぶ汗
【まどか】












数字と感性

人間はぜいたくな生き物だ。

0が1になる喜びよりも、
10が9になるほうに気を取られる。まだ9つもあるのに。


0824
雨の中
晴れ間が見える
夏の空
【まどか】























Credit

信用の「信」は、人の言葉。

言ったことは、やる。



0804
光りだす
草木に残る
雨の匂い
【まどか】




















えこひいき

人に嫌われては、出世しない。
依怙贔屓してもらえる人間になる。



0803
走る雲
雨粒落とす
夏の音
【まどか】」


















有言実行

約を以てこれを失する者は鮮なし
(子曰、以約失之者、鮮矣。)
何事にもつつしましくしていれば、失敗する事は少なくなるだろう。

反対に大口をたたいていると非難されることが多くなると考える。
だから、内に闘志を秘めながら結果を出すのが賢明。

また、大口をたたいたらば有言実行しなければならない。


0801





















メモ

エジソンはレオナルドダビンチに憧れていた。
どうしたらダビンチに近づけることができるか?
考える・考える・考える。

その考えるためにメモをしたためたノートは3500冊。
ピンチに陥ると、エジソンはノートと相談した。


0727
じわじわと
汗が流れる
朝の道
【まどか】

















関心

数字を追わず結果を出す経営を目指そう!

経営難になると数字(売り上)に目が向く。
数字に関心が集中してしまう。

そんな時ほどお客様の関心に目を向ける。
お客様によって組織が成り立っていることを忘れてはならない。



0726
ふと吹いた
夏の風に
草の匂い
【まどか】















違う

・結果と成果の違い。
・目標とノルマの違い。
・夢中と必死の違い。
・安定と不変の違い。
・評価と承認の違い。
・マネジメントと管理の違い。
・マネージャーとリーダーの違い。
・暇と退屈の違い。
・「〜させる」と「〜したくなる」の違い。
・仕事と労働の違い。
・信用と信頼の違い。
・任せると委ねるの違い。
・「楽」と「楽しい」の違い。
・正解と回答の違い。
・問題と課題の違い。
・ターゲットとお客さんの違い。
・戦略と戦術の違い。
・クライアントとユーザーの違い。
・成長と成功の違い。
・豊かさと便利さの違い。
・・・・




0725
蝉の声
大木集まる
夏の歌
【まどか】






















習慣

仕事は頑張るよりも、習慣にしてしまうこと。
その為にも、正しく良い仕事を心がける。

習慣は第二の天性なり。
Habit is a second nature



0724
ムシムシと
夏の音が
響く朝
【まどか】













過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ