今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

ビジネス

正義と悪

以前にも書きだしていたが、正義の味方と悪の組織はどこが違うか。

■正義の味方の特徴
1 自分自身の具体的な目標をもたない
2 相手の夢を阻止するのが生きがい
3 単独〜小人数で行動
4 常になにかが起こってから行動
5 受け身の姿勢
6 いつも怒っている

■悪の組織の特徴
1 大きな夢、野望を抱いている
2 目標達成のため、研究開発を怠らない
3 日々努力を重ね、夢に向かって手を尽している
4 失敗してもへこたれない
5 組織で行動する
6 よく笑う

他にもいろいろ特徴があるが、要するに正義の味方は傲慢で自己主張が激しい人だ。
でも傲慢な人になるのは難しいんだぞ。

謙虚になるのは簡単。
だが傲慢になるのには勇気が必要なのだと思う。
正しいかどうかわからないが、成功するためには「善い人」を捨てなければならない時があると思う。


0524


青空にさらさら流れる夏の風
【まどか】















経験したことのない時代

心に描いたものは必ず具現化していく。
より良い人生を生きていくためには、
心を綺麗にして善きことを思い描くことが非常に大事だと思っています。

特に、いまの時代は10年前と違う。
口に出すと短期間で本当に実現してしまう。

そんな時代を私たちは生きている。


0523



青々と風になびく道の草
【まどか】












イノベーション

イノベーションが企業間競争のカギだと言われて久しい。
今日ではイノベーションを経営課題の一つとして掲げでいない会社はほどんどないのではないかと思われるぐらいですが、
一方で「イノベーションが競争の鍵だ」ということを誰もが言うようになったということは、
つまりすでにイノベーションは競争の鍵ではない、ということでもある。

本質的なことを申し上げれば、企業は他社との差別化をもって戦略を構築していく。
その為に我々は何を選択するべきか。
IT・イノベーション、次に何を持ってこようか?



0521

雨粒が踊る朝に光る道
【まどか】




















お金と仕事

お金も時間も使うモノ。
つかわれたら駄目。

そして、お金を追うな、仕事を追え!
それがより良い仕事をするコツ。



0518


青空に鳥の歌声響く朝
【まどか】



















正しいこと

「楽しいことより、正しいことをしなさい」

楽しいことでも、正しくないことはたくさんある。
自分が取り組んでいる仕事が楽しいからと言って正しいとは限らない。

”いま自分は正しいことをしているか?“
すぐに答えは出ないかもしれないが、常に問いかける姿勢が大事。




0517

さらさらと道走る夏の風
【まどか】
























続ける力

十年 偉大なり。
二十年 恐るべし。
三十年 歴史なり。
五十年 神の如し。

新卒で入社して65歳で定年。
サラリーマンは神になる手前でリタイアしてしまう。
自営業者に偉大な人が多い理由。


0511


風遊ぶ夏の香りを運ぶ空
【まどか】
















本日の逸品 南洋真珠ブレスレット







見えないものを見る力

昼間の星は見えなくとも、だからといって存在しないわけではなく確かにそこにある。
経済活動においても見えない存在があることを、つねに念頭に置いていることが大切ではないだろうか。

数字やデータに表れない情報、世界の本質に、私たちはもっと目を向けるべきなのだ。
みんなはデータにできる、いくつかの指標を後生大事に、忙しい中それだけを見ている。
しかし世の中にはデータにできない大切なことがいっぱいあるのだ。

現代社会はデータに換算できない、見えないものを見る力が求められている。



0502


青々と空を見上げる桜の木
【まどか】















本日の逸品 小粒のグレー系花珠真珠ネックレス



キャプテン

大きな船でも小さな船でも、キャプテンは一人しかいない。
だから数万人が働く大企業も、わたしの零細企業もキャプテンという立場は一緒。

経営という大海原は自分の意思とは関係なく荒れ狂う時もある。
常に気を抜かず真摯に経営に立ち向かわなければならない。



0423

雲の上春の青空走る風
【まどか】












本日の逸品 マベパールネックレス



我慢と辛抱

我慢と辛抱は違う。

色んな人のいろんな意見があるが、やはり我慢と辛抱は違う。
この違いが分かるまでは我慢しなければならない。


我慢 - Wikipedia

辛抱 - goo国語辞書



0420


雨の予報草木揺れて空見上げ
【まどか】









本日の逸品 アコヤ真珠スルーペンダントネックレス





不満

不満を抱くということは現状に満足していないから。
不満には我慢という時間がセットで用意されているのだが、
この我慢がちゃんと出来ないと他人への批判となって表面に現れる。

学生の時は、勉強が必要な人ほど勉強する人を批判するし、
大人になると、お金を必要とする人ほどお金持ちを批判する。

我慢とは、仏教の煩悩の一つ。強い自己意識から起こす慢心のこと。

自分でもこのままではダメだと分かっているのに自分を自分で変えようとしない。
自分が避けていることを直視したくないから安易に他人を批判する。



0419


キラキラと桜の様に咲く笑顔
【まどか】









本日の逸品 花珠真珠ネックレス 7.0mm〜


満足

お客様は財務諸表なんか見ない。
お客様が最初に触れ合う瞬間はホームページであったりチラシやDMです。

経営コンサルタントや会計士には財務諸表を見てもらってアドバイスを貰うが、そこに答えはない。
答えは満足したお客様の行動を辿っていくことで見えてくる。
お客様は何を求めて、どの入り口から入って、どこにたどり着いたのか。
そしてどれくらいの時間をかけて満足を味わったのかを振り返る。

まず、お客様に満足していただかないと、わたし達の満足は来ない。


0418


風運ぶ春の香りに桜色
【まどか】










本日の逸品 あこや真珠ペンダントトップ K14WG


働き方改革

日本政府が提唱する働き方改革とは、
「一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ。
 多様な働き方を可能とするとともに、中間層の厚みを増しつつ、格差の固定化を回避し、
 成長と分配の好循環を実現するため、働く人の立場・視点で取り組んでいきます。」
とのことだそうです。

でも、なんのこっちゃ?
新聞をはじめとするメディアが盛んに伝え聞くのとはちょっと違う。
彼らが伝えようとしているのは、実行する際に問題となる3つの課題の方です。

  長時間労働
  非正規と正社員の格差
  労働人口不足(高齢者の就労促進)

働き方改革の趣旨は、課題最後の労働人口の減少。
  2013年に8000万人だった労働人口が、
  2027年には7000万人
  2051年には5000万人を割り、
  2060年には4418万人となる見込みです。

そのために、
  働き手を増やす
  出生率の上昇
  労働生産性の向上
に取り組むというのが「働き方改革」の概要です。

左翼系の新聞では長時間労働を過分に取り上げ、過労死や自殺による「労働=悪」の論調が多くて見るに堪えない状態です。
変な事を盛んに書くから、大切な物事の本質はどんどん離れてしまう。
しかし働き改革によってこれから多くの会社が、残業のない正規時間労働を推進していくと考えます。要するに労働時間の短縮ですね。

ここで大切なことは、ボーとした時間が増えるのではなく、成果を出す為の下調べや勉強に充てるための時間を作りなさいねって事。
これからの世の中は勉強の自己管理が必要となり、より成果型の社会になっていきます。

新聞をはじめとするメディアは、社会を不安に陥れて自分たちの情報価値を上げてきた経緯があります。
何か微妙な論調記事で違う方法に持っていく習性がある。
新聞に書いてあるからって鵜呑みにしない、客観的思考を持つようにしたいですね。




0417

曇り空1つ咲いた桜の花
【まどか】













本日の逸品 準花珠真珠ネックレス







理性の先の知恵

直観は筋肉と同じで鍛えることが出来る。

わたし達は無意識のうちに、理性的な心では思いつかない方法で様々なパターンを見出している。
古くからの言い伝えや哲学、星占術、心理セラピー、瞑想などから直観を得ようとしている。

著名な経営者は、一見経営とは関係ない芸術に取りつかれる。
その結果、日本のみならず世界中には多くの私立美術館が残っている。

「左脳」による合理的な分析も知恵ならば、感情に基づく「右脳」も知恵であると考える。
彼らは芸術から経営に対するヒントを得ているはずだ。

特に日本の名ある経営者は茶道に凝り茶室を有している人が多い。
茶の湯に浸り、自社の経営から宇宙観まで見渡したと豪語する経営者もある。
時に直観力は冷静な理性心を凌駕する。

芸術に親しもう。




0402


さらさらと春の風に流す雲
【まどか】











本日の逸品 一粒南洋白蝶真珠ペンダントトップ

幸せは

幸せになるには、やる気を出す必要があります。

やる気を出すには、責任感を持つ必要があります。

責任感を持つには、なぜ働くのか?誰のために働くのか?を理解し、

どのように働くかを自分の意志で決めなければなりません。




0330

水溜り
春はまだかと空見上げ
【まどか】












本日の逸品 グレー系準花珠真珠ネックレス



大阪の粋

身偏(みへん)に美しいと書いて、躾(しつけ)と読みます。
この躾は漢字の国、中国にない言葉です。
不思議なことにほかの外国語にもしつけに相当する単語が無い。
(私が知らないだけかもしれないが・・・・・)

Toilet training は、トイレのしつけと訳されますが Trainingはしつけではありません。
Table manners も同様です。
ドイツ語の die Zucht は調教でしつけとは違うと感じる。
なぜなら、日本語の躾には立ち振る舞いの美しさが求められる。
身の熟し方(こなしかた)を教えるのが躾けだと感じる。

躾けが身に付き大人として円熟していくと、「粋」の領域に近づいていくのでしょう。
また、この「粋」という言葉も、江戸言葉の「いき」と、上方言葉の「すい」別れるのだが、
どちらかと言えば江戸言葉の「いき」=意気よりも、上方の「すい」に近い気がする。

この大阪の地において、粋なビジネスを極めたい。
お客様も取引先も全てが喜ぶビジネスがそこにある気がする。



Wikipedia しつけ

0329

雨音に
歌う鳥が春を告げ
【まどか】















本日の逸品 あこや真珠ネックレス


AI

技術が進歩しても、仕事は人と人との生身の対話によって進められるべきもの。
ところが最近は、ビックデータを基に人工知能によって判断を進めようとしている。

仕事は判断力と実行力が全てだ。

最近の若者たちの理論も一理ある。
然し判断力や実行力を養う(やしなう)のは、彼らが拠り所とするデーターからではない。

経営者には、音楽や絵画、演劇、文学など、様々な芸術分野から自分の興味を生み出し、積極的に学ぼうとする姿勢が必要だ。
時代が変わっても自分の仕事に対する哲学はシステムなどではなく、芸術分野や自然の中から作り出していかなくてならないと考える。



0328



空に咲く
ほのかに色付く桜の木
【まどか】




























本日の逸品 あこや真珠ネックレス






簡単

世の中に簡単な仕事はない。
普通か、難しい仕事かのどちらかだ。

簡単な仕事、と思った時に油断が生じる。




0723





基本

経営には基本がある。
それなのに自分の直感を感性だとか称して本能で物事を選択する経営者が多い。

自然界のルールがあるように、ビジネスも正しく行動すればうまく行くようになっている。
「お客様は商品やサービスを買う」ということ。
ピーター・ドラッカーの言葉を借りれば、いかにお客様に気に入ってもらえる独自の商品やサービスを創れるかどうかだ。

お客様の身になって商品やサービスを見る。
組織や自分の都合で物事を考えていたら基本からどんどん離れてしまう。
そのことを忘れてはならない。


0316

桜の木
知らぬ間に春支度
【まどか】













本日の逸品 






夢の共有

伸びる会社は「夢」を共有している。
それに対して問題を抱えている会社は「危機感」を共有しようとしている。
若しくは危機感を、下の者に持たす上司がいる。

売り上げが、前年比で毎年15%の伸びがあれば、5年で二倍になる。
わたしは、この前年比15%の伸びが夢の共有のご褒美だと考えてます。

「今はダメだけど将来は良くなる」この言葉は嘘だと思う、
「今も善いけど将来はもっと良くなる」が本当の夢の共有だと思います。
伸びる会社の共通点だと考えます。

夢を持ち、働く喜びを持つ会社が増えれば、日本はもっともっと善くなると信じてます。


0315

キラキラと
葉っぱが光る朝の道
【まどか】











本日の逸品 クリーム系準花珠真珠ネックレス


仕事

今からおよそ100年前にフランスの彫刻家、オーギュストロダンは亡くなった。
近代彫刻の父と称される彼は、最愛の妻ローズとの生活の為に室内装飾の職人を続けながら次の道を模索していた。
苦労していたのだと思うが、そんな彼が言葉を残している。

  仕事は生活の方便ではない。生活の目的である。
  働くということが、人生の価値であり、
  人生の歓喜であり、人生の幸福なのである。

またこんな苦言も述べている。

  現代人の欠点は、自分の仕事に愛と誇りを持っていないことである。
  多くの人が仕事を必要悪、のろうべき苦役と考えている。

仕事と人生は一つ。
人生を離れた仕事はない、仕事をはなれて人生はない。


0314

そろそろと
春の顔が開く木々
【まどか】














本日の逸品 南洋白蝶真珠ペンダントトップ









働きがい

わたしも経験があるのだが、なぜ多くの労働者は引退の時を夢見て、その後の計画を立てるのに何年もかけるのだろうか?
なぜ女性たちは、あんなにも働いてからディズニーランドに逃げ込むのだろうか?

その理由は単純だが、気が滅入るものだ。

なぜ会社を楽しい場所に出来ないのだろうか?

アイデア社長が会社をつぶすとの格言がある。
社員は言われたことをやるだけで組織の意思決定に加わる方法がほとんどなく、自分の才能を十分に発揮できない。
そんな環境が出来上がる。

わたしはこれからの組織はモチベーションよりも働きがいだと思う。
それは、目の前のお客様が喜ぶ、自らの行動だと考える。




0312

雨上がり
春に向かって風走る
「まどか」














本日の逸品 花珠真珠ネックレス



結び付ける

ベンチャービジネス経営センスのひとつに、矛盾しているもの同士を合理的につなげる能力がある。

わたし達は、無意識のうちに選択する癖(クセ)がついていることが多い。
つまり通常の「AまたはB(のいずれか)」の考えだ。

「AまたはB」ではこの二つを対立しているものとして見る。
限られた予算、限られた時間、限られた人員から「AもBも」という思考になかなかたどり着けない。

「AもBも」の思考はお互いを必要とする二つの要素としてとらえる。
簡単なたとえは「息を吸う」「息を吐く」行為だ。

息を吸えば吐く。
息を吸えば吸うほど息を吐ける。

「息を吸う」と「息を吐く」は全く矛盾している。
然しながらお互いになくてはならない存在。しかも片一方が大きくなればもう片方も大きくなる。

このように矛盾している存在ではあるが、お互いを認める力量が必要だ。
合理主義では取捨選択(Selection)が重要だが、これからの経営は全体論(Holism)がもっと必要な時代になると考える。

「自由と責任」「自己と他者」「近代化と環境」
世の中には矛盾しているものが満ち溢れている。
ビジネスチャンスに満ち溢れている。


0309

雨雲に
隠れる椿雨を避け
【まどか】









本日の逸品 大珠バロックあこや真珠ピアス・イヤリング


ベンチャーの末期

近代のビジネスはインターネットの発達に添うように、新しいモデルが続々と開発され続けてきた。
本来イノベーションである斬新なビジネスモデルは、その大半が熟成期を迎えようとしている。

それでも我々は基本的に満足しておらず今も新しいニーズを創りだし、それらを満足させようとしている。
本来は必要としていないものでも(新しい・ファッション、医療、美容、車、色々な所有物)増えれば増えるほど幸せになれる幻想を創りだそうとしている。
脆弱なニーズに基づくベンチャー企業の多くが、金銭的にも生態学的にも持続できない事が次第に明らかになり、成長のために成長を求める段階まで来てしまった。

これらは医学用語では「癌」と呼ばれる。




0306


朝の風
春の空気に雨の音
【まどか】




















本日の逸品 準花珠真珠ネックレス

決算書

財務諸表から何を見るのか?
一つの方法として財務諸表は作り方ではなく、読み方を学ぶ方法がある。

 安全性 B/S 貸借対照表
 収益性 P/L 損益計算書
 将来性 C/S キャッシュフロー計算書

財務諸表は最初の取っ掛かりの一段目のハードルが高い。
しくみ・決め事・ルールを覚える。
そして作り方は知らなくてもよい、読み方さえ覚えればいい。

作るのと読めるのは違う。
読み方に集中していれば、見えてくるものがある。



0305


風走る
朝の道に冬の影
【まどか】



















本日の逸品 最高峰花珠真珠ネックレス



教わる

今の将棋は藤井聡太くんや羽生善治永世7冠の動向が世間の関心を集めている。
わたし達の幼少のころは大山康晴という大名人が君臨していた。

将棋に関して面白い逸話がある。
経営の神様と言われた松下幸之助さんが日本将棋連盟から依頼を受けて普及会員になったとき大山康晴十五世名人と対局することになった。
普通に考えれば将棋の名人に素人が勝てるはずがないのですが、なんと勝ってしまったのです。
どんな手を使って?

松下さんは差し手に困るたびに、
 「先生、ここではどう指せばよいのでしょうかね?」
と尋ね、いわれた通りに指すうちに大山名人の王将が詰んでしまったというのです。

そんな馬鹿な!と笑ってしまいますが、
「極めた人から教わる」という姿勢はとても大切なことだと思います。
教えを乞う姿勢ってものがあるのでしょうね。
見習いたいです。



0302



雨の後
晴れた空に春の風
【まどか】












本日の逸品 あこや真珠ネコちゃんペンダントトップ

成功の方程式

昨日、行きつけのお店にヘアーカットに行った。
マスター曰く、「ビットコインってどうなんでしょうねぇ」と問いかけてきた。

申し訳ないが全く興味がない!。
黎明期であった4・5年前から知っていたが、商売・経営とは違うと手を出さなかった。

「その時に買っていたら、いま凄いですよねぇ」と再度問われるが答えは変わらない。
商売でないお金儲けは投機。
競馬と同じで博打だと。

誰かを幸せにするのが商売
自分の欲が満足するのが投機

稲盛和夫さんは成功の方程式は
「考え方 × 能力 × 熱意」と教えて下さった。
人間の能力や熱意は、頑張れば100に近づき、力や熱意がなければ限りなく0に近づく。
しかし考え方は+100から−100まである。
間違った考え方に能力や熱意を傾けると、悪い方向に大きな結果が出ることになる。

考え方は習慣に出る。
商売をしている人が濡れ手に粟を考え始めるとろくなことは無い。




0301


青空に
雲を1つ残す冬
【まどか】












本日の逸品 準花珠真珠ネックレス

経営と考え方

「上手くいった時は窓の外を見て、失敗した時は鏡を見る」

経営者の心構えとしてよく言われ続けてきた言葉です。
上手くいった時は運が良かったと考え、ダメだった時は自分の力不足と思えと。

また、ストレスが溜まる人は、自分でコントロールできないことに悩む癖がついていると教えていただいた。
然しながら景気が悪い時に、景気をコントロールできないが、お客様への喜びは提供できると考える直すことは出来る。

自分の出来る事は?
今日も考え続けていきます。




0228



ふわふわと
漂う陽気に春の色
【まどか】

















本日の逸品 最高級花珠真珠ネックレス


AISAS・・・あいさつ?

現代の購入プロセスはAISAS
 「注意(Attention)」
 「関心(Interest)」
 「検索(Search)」
 「行動(Action)」
 「共有(Share)」


長いこと指針とされてきたAIDMAの最後3つが消えてしまった。
 「注意(Attention)」
 「関心(Interest)」
 「欲求(Desire)」
 「記憶(Memory)」
 「行動(Action)」

 つまり今は「検索(Search)」が購入判断の真実になり、そのうちに買おうというお客様は少なくなり、今すぐ買うが時流となっている。




0227

朝色に
顔を向ける椿の花
【まどか】












本日の逸品 あこや真珠ペンダントネックレス



当たり前

「当たり前」だと考える基準は人によって違う。
これって当たり前だよね。
でもその当たり前を時々忘れてしまう。

  ビジネスマンは約束した時間の10分前に到着しているのが常識だろう。

  後輩は先輩が出社する前に来て、先輩が帰ったあと片づけて帰るのが当たり前。

こんな当たり前のことがなぜ出来ないのかと腹を立てる。
別に10分前に来なくても約束の時間に間に合えば先方に失礼ということは無いだろうし、
後輩が先に出社する必要もないし、遅くまで残業する必要もない。仕事の内容次第で柔軟に対応するのが相応しい。
このように考える人がいたって何ら不思議ではない。

「当たり前」って言葉は不思議な力を持っている。
この言葉を味方にするには、自分の当たり前と人の当たり前は違うことを知る。

自分の「当たり前」は、世の中全ての人の「当たり前」とは違う。
そのひとことに尽きる!




0226



緩やかに
春の日向が近くなる
【まどか】















本日の逸品 最高品質あこや黒真珠ネックレス



罪と罰

いま国会では、働く人の視点に立ち、企業文化、ライフスタイル、働き方を抜本的に変革させようと議論している。
  働き方改革 厚生労働省
基本的には来るべき労働人口減少に対応するための法整備だが、どうしても長時間労働の呪縛が顔を出す。
つらい・苦しい。休めない。ノルマが・・・その向こうに見える「過労死」。
短絡的にメディアが見出しで使う。労働は悪である・・・と。

然しながら日本人にとって働くとは本来「はたをらくにする」ことであり、喜びででもあった。
これに対し、基本的に欧米をはじめ大多数の国々は「労働は悪である」定義が成り立っている。
これは一つには旧約聖書の中にあるアダムとイブとの話から引用できる。

エデンの園で禁断の木の実を食べてしまったアダムとイブは、エデンの園を追放され神に罰を与えられた。
それがアダムは自分でパンを得る苦しみ(労働)
イブは子供を産む苦しみ(出産の陣痛)
すなわち労働とは罰との考えが基本にある。

よって近代の刑法に基づく【懲罰】は労働が組み込まれている。

これに対して日本の懲罰は江戸時代では全く反対で、
罪を犯したならば、遠島(島流し)、閉門蟄居など「働いてはいけない」という罰し方でした。
傍が喜ぶ(はたがよろこぶ)ようなことをしてはいけないと。
この一例を見ても勤労勤勉は日本の文化といえます。
労働に対する基本的な考え方(文化)が欧米とは全く違うんですね。

残業はダメ、長時間労働は厳禁、週40時間を超えてはいけない。
駄目駄目駄目と連呼されると【罰】を受けている気分になるのは私だけなのだろうか。
もっと伸び伸びと、うんと働きたい!
だって気持ちよく働くって、心が本当に喜ぶんですよ。










0223


ちらほらと
春を待ってる桜色

【まどか】



















本日の逸品 準花珠真珠ネックレス

過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ