今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

ビジネス

チャンスは平等

ブラックジャックを20回行ったとき、
20回すべて負けることはほぼない。

負けが続いていても、必ず良いカードが回ってくる時がある。
流れが来たら勝負に出る。
その準備はしておく。

もちろん失敗もあるが、チャンスを生かすとはその波に乗るか乗らないかです。


0626
ジメジメと
草木が乾く
朝の道
【まどか】




















一汽車前

新幹線トラブルが続いた21日、
将棋の公式戦28連勝を達成し、歴代最多の連勝記録に並んだ、藤井聡太四段(14歳)は、
送電線切断による停電前に名古屋駅に着いた。

ビジネスの世界では途中何があるかわからないから、ひとつ前の列車で行って待っていろとの教えがある。
そうすることによって心に余裕が出て落ち着いて行動できる。

武道ではよく隙を作るなと言いますが、それは決してピリピリした感覚ではなく、
心に余裕をもって慌てずに動くことによって、自然に隙のない状態が出来上がることです。

相手も切磋琢磨している勝負の世界で勝ち続ける要素のひとつに、隙を作らない習慣がある。
良い習慣を身に着ける。

よし、やるだけ!


0623
ゆっくりと
昨日の雨を
隠す曇
【まどか】
























アームズ・レングス

アームズ・レングスとは、対等関係という意味で、一定の適正な距離を保つことを腕の長さになぞらえている。
イメージとしてはお互いの肩に手を当てる、日本人的な感覚でいうと、目線を一緒にするという感じ。

年齢の上下や肩書での判断ではなく、人と人との関係を大切にするために覚えておきたい言葉。


アームズ・レングス原則 (arm's length principle :ALP)


0622
大雨に
流れる地面
天の川
【まどか】






























商売

金儲けに才能があるものが、金儲けを真剣にやらなければ、
いったい誰がこの日本の経済を支えるのか?

才能がないものは、金儲けの才能に嫉妬する。
嫉妬されても、商売人は売りつづけなければならない。



0620
朝の道
ゆらゆら寝むる
紫陽花が
【まどか】
























その第一歩

十里の旅の第一歩    
百里の旅の第一歩
同じ一歩でも覚悟が違う

富士山に登る第一歩  
三笠山に登る第一歩
同じ一歩でも覚悟が違う

どこまでいくつもりか   
どこまで登るつもりか
目標がその日、その日を支配する。

後藤静香


0616
朝の風
昼の暑さを
忘れる夏
【まどか】





















雨垂れ

雨垂れ石を穿つ(あまだれいしをうがつ)

漢書・枚乗伝に「泰山の霤は石を穿ち、単極の航は幹を断つ」とある。

軒下から落ちるわずかな雨垂れでも、長い間同じ所に落ち続ければ、
ついには硬い石に穴をあける意味から。

今日も出来ることからコツコツと。
さぁ、やるだけ!


0613
雲ちぎれ
晴れ間が見える
雨の後
【まどか】


















ローカル&グローバル

インターネットの普及により、世界は急速に同じ顔になっていく。
同じ商品・同じ景観が広がりつつあり、文化がつまらなくなってきている。
日本のアーケード街が、○○○銀座商店街だったように。

グローバル化が進めば進むほど、ローカル色の強い泥臭い個性が輝きを増してくる。

まず原石を探し出し、あとは丁寧に磨くだけ。
よし、やるだけ!

0608
晴れの空
梅雨の前に
一休み
【まどか】





















生産効率と職人

採算を合わせるのなら効率の良い分業制を選択してしまうが、仕事はやらされている感が強くなる。
不思議なことに、分業制をやめて一人の人間が全工程を担当すると意識が高まり品質が向上する。

生産効率は魔法の言葉。
職人から誇りを奪い去ってしまう。

数字は長い目で見ないと判らない。


0605
大雨に
洗われ光る
夏の草
【まどか】



















フィデュシャリー・デューティー

お客様の一大事とは、
現在、ただ今の事なり。


Fiduciary duty:受託者責任

0602













良い会社

良い会社とか悪い会社と判断をされるが、
具体的に何が良いのか悪いのか?

自分たちで考えるときは、行動できるところまで落とし込む。
誰が何時までにと、実践に落とし込む。

たくましく、そして優しい会社を目指すなら、
どこまでが逞しいのか。
何に対して優しいのか、どこまですれば優しいのか、具体的に動いてみよう。



0601
















商いの原点

お客様に喜ばれて、自分も喜べる。
そんな気持ちになれるもの。

だから、働けるとは幸せつくりに参加できることです。



0531







血のしょうべん

考えに考え抜いたら、だいたい考えた通りになる。
その通りにならないのは考えが足らないからである。


松下幸之助


0530
















お客様

商売の基本はお客様。

お客様意外に買ってくれる人はいない。










マニュアル

マニュアル対応に批判があるが、マニュアルが悪いわけじゃない。
なぜならディズニーランドはすべてのミッションがマニュアル化されている。

マニュアル対応であっても人は感動する。
それは、誰のためのマニュアルなのかの差。

お客様のためのマニュアル化なら大いに結構だ。



0525
雨の匂い
ふわふわ浮かぶ
朝の道
【まどか】






















翼をください。

海外へのフライトも8時間を超えるとエコノミーシートが苦痛になってきた。
体が贅沢になれたのか、一度あの広々としたシートに座ると癖になる。
しかし平安時代末期の後白河上皇が撰した「梁塵秘抄」すら、

 熊野へ参らむと思へども
 徒歩より参れば道遠し すぐれて山きびし
 馬にて参れば苦行ならず
 空より参らむ 羽賜(た)べ 若王子

なんと、神様に空を飛ぶ羽根をくれと申してます。
「若王子(にゃくおうじ)」とは、十二所権現という十二の神のうちの一つで、別名「若宮」とも言います。

現代語訳に直すと
 熊野へ参ろうと思うけれど、
 徒歩で参詣すれば遙かな道のり。ものすごく山が険しい。
 馬で参上すれば苦行ではないから、ダメだよね。
 いっそ空から参詣しよう。羽を下さい、若王子。

次回のフライト、ビジネスシートでもイイですよね、後白河上皇さま。



0518
春踊る
暖かい日射しに
夏を見る


















縁起

ぼやぼやしてちゃいけないよ。

人がつくった衛星が宇宙を飛んでる時代に、
縁起がどうのこうの、
日の良し悪しや、占いが、迷信が、なんて、

みんな自分自身に、消極的な暗示をかけているんですよ。


中村天風



0510
日が差して
夏の足音
肌に乗る
【まどか】













最初は下手くそ

習い事を始めた頃は誰だって下手くそ。
しかし下手くそな頃は人に見られると恥ずかしいから、隠れて練習などする。
だが、「ある程度見られるようになって披露するのがカッコイイ」などと思っている人が大成した例はない。

まだ未熟で下手くそな時からベテランの人に混じって、馬鹿にされ、笑われて、それでも頑張っていれば特別な才能がなくても上達できる。
何故ならば、道を外したり我流に走ることもない。
そのまま練習し続ければ、馬鹿にしていた人々を超えて達人になっていく。
さらに、人間的に成長もするし、周囲の尊敬も得られるであろう。

今は天下を取った名人でも、最初は笑われ馬鹿にされた時がある。
そのような人からの習い事は、道は正しく、コツコツと道を誤らなければ、多くの人がその教えを授かることが出来るようになる。
どんな世界でも、同じである。


【徒然草 150段】
能をつかんとする人、「よくせざらんほどは、なまじひに人に知られじ。うちうちよく習ひ得てさし出でたらんこそ、いと心にくからめ」と常に言ふめれど、かく言ふ人、一芸も習ひ得ることなし。いまだ堅固(けんご)かたほなるより、上手の中にまじりて、毀(そし)り笑はるるにも恥ぢず、つれなく過ぎて嗜む人、天性その骨(こつ)なけれども、道になづまず、みだりにせずして年を送れば、堪能(かんのう)の嗜まざるよりは、終(つい)に上手の位にいたり、徳たけ、人に許されて、双(ならび)なき名を得る事なり。

天下のものの上手といへども、始めは不堪(ふかん)の聞えもあり、無下の瑕瑾(かきん)もありき。されども、その人、道の掟正しく、これを重くして放埓(ほうらつ)せざれば、世の博士にて、万人(ばんにん)の師となる事、諸道かはるべからず。


700年近い昔から人間の本質は変わっていない。

0421
曇り空
もくもく泳ぐ
雨の後
【まどか】


























自分を知らない

自分のことなのに、自分では気がついていないことが多い。

一流のスポーツ選手には一流のコーチがいることが多く、一流のアーティストには一流のプロデューサーがいることが多い。
もちろん経営者も同じで、本田宗一郎には名参謀:藤沢武夫がいたし、SONYの井深大にも、盛田昭夫がいた。


どんなに優れた技能を持っていたとしても、自分自身のことは自分ではよくわからない。
他人と比較しての相対的な評価はできるでしょうが、絶対値としてどうなのかはいまいち判別しようがない。

相応の結果を残す人というのは、自分自身の問題点を客観的な視点で考える癖を持っている。
また、どうすればもっと良くなるかを共に考え、答えへ導いてくれるパートナーがいる。

つまり組織には、自分自身を客観的に見る能力か、若しくは物事を俯瞰して一緒に考えてくれるパートナーが必要なのだ。




4018
桜の道
花びら敷いて
春の色
【まどか】





















女性限定

お客様の絞込みは、ひとつの条件ではなく、2つの条件が必要。
女性限定だけでは振り向いてくれない。

30歳代・女性限定!二つの条件が重なり振り向き始める。

この春に幼稚園入園の30代ミセス限定!と表現すると、ほぼ振り返る。



0414
キラキラと
水面走る
鳥の影
【まどか】





















下りエスカレーター

目標を達成するに当たって、3つの動きがある。
前進と停止、それに後退です。

目標を忘れるとすぐに停止し、そして後退が始まる。
ある程度の年齢に達すると、私たちの人生は下りエスカレーターに乗っているようなもの。
絶えず目標を心に描き、目標に向かって積極的に行動しなければ下がってしまう。

目標を完全に忘れているわけではないが、
仕事や日常生活を営むには、他にもやらなければならない事が沢山ある。

ただ目標を意識していないと、目標に対し停止し後退が始まります。
目標の達成に失敗する一番の原因は目標を忘れていることです。



0411
桜舞い
飛ぶ鳥低い
雨の中
【まどか】


















きっと

丁寧に生きれば、きっとどこかにつながる。

心を込めた仕事をすれば、きっと結果がでる。

よし!今日もやるだけ。




0410
雨の道
足跡つける
猫のあと
【まどか】






















商売の鉄則

商売は机の前で、いくら頑張って学んでも儲からない。
商売は失敗をして気付くものなのだ。

人のやり方を学んで失敗するのは当たり前。
大切なことは、失敗を通じて自分自身を発見し
自分のビジネスモデルに反映させること。


0406
緑色
優しく咲いて
春の風
【まどか】




















当たり前

【新人に贈る言葉】


商売は決して難しいことではない。

当たり前のことを当たり前にやればいいんです。



0404
雨上がり
ひっそり咲いた
椿の花
【まどか】


















新年度

心機一転、組織の色んなものを変えてみよう。

直感はロジックの燃料。
興味のない事には直感は働かない。

まず改善についてのアイデアを理解し、着手することでさらに興味が増す。
自分が変われば組織は変わる。



0403
曇り空
切り裂くように
鳥が飛ぶ
【まどか】


















沢山する

質は量からしか生まれません。

誰よりも、目の前のことをたくさんやりましょう。
突き抜けた行動量は絶対に成果に繋がります。

数をこなす。
よし!やるだけ。




0329
おはようと
春の風に
雨の匂い
【まどか】



















まず行動

考えているだけでは、成果ゼロ。
成果をだすのは社会人の務め。まず行動する習慣を持ちましょう。

「考えるのに時間がいる」
「まず考えてからじゃないと」
こんなセリフは早めに捨て去る。
考える前に必ず行動が必要なはずです。

まとまった時間は永遠にやってこない



0328
風が切る
朝の雲に
見える空
【まどか】
















許す

人間はスーパーマンにはなれない。
仕事を頑張れば家庭が犠牲になる。当たり前!

すべてを頑張りすぎると私のように倒れるぞ。

仕事、個人、そして家族のすべての分野で、それぞれ目標を設定し、
それをクリアしていくと、論理的にはどんどん成長できそうだ。

しかし、実際には、仕事がうまくいけば、家庭が歪む。
家庭がうまくいき、仕事もうまくいけば、個人の欲求が犠牲になる。

不完全な存在だから人間。
許すことが、本当の強さ。






0324














事前準備

相手を知ることは重要だが、 聞き過ぎたのでは尋問になる。

聞き過ぎないための事前準備。



0322
雨音に
春の足音
桜待ち
【まどか】
























やってお〇〇よかった

「やっておいてよかった」
「やっておけばよかった」

僅か二文字の違いだけども、その差はどこまでも大きい。



0321
曇り空
切り裂く春が
背中押す
【まどか】





















パラダイムシフト

明らかに時代は変わった。

競争主義の数字だけを求める会社は利益を出せなくなっているが、
理念や内なるものを大切にする会社は発展している。


パラダイムシフト






0316
風の音
ドアをノックする
春一番
【まどか】
















過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ