今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

ビジネス

人生を「道」に例えるように、ビジネスを「山」に例えることが多い。

計画の重要性を説くために
「散歩のついでに富士山に登った人はいない」とか
リーダーの重要性について
「登頂するべきか、今すぐ下山するべきかの判断」など、

高い山を目指そうと思えば、資金、計画書、装備、人員・・・・
大変です。

そして現場に対峙すれば天候の問題もあり、
最短距離をとれば険しい道を選ぶことになり、緩やかな道を選べば迂回で時間がかかる。
その時その時の状況を感じ取りながら登るルートの選択を迫られる。

ビジネスは分岐点の連続。
つまり山登りは、厳しい坂、たやすい坂の選択の繰り返しであり、
それを誰に言われることもなく、自分で決め、その分楽しむ為にあるものなのです。




0520



葉が伸びて夏の日差しを揺らす朝
【まどか】










パレートの法則

2:8の法則ともいわれてる、ビジネスにおいて売上の8割は全顧客の2割が生み出しているとの考え方。
あと、仕事の成果8割は、2割の社員の働きによって生み出されている。
住民税の8割は全体の2割の富裕層が担っている。

いろんな説があるが、20対80は正確な数字ではなく経験則からもたらされた概算値。

決定的に重要な数字「少数」に労力を絞ったときに大きな成果を得られやすい。
要は小さな労力で大きな結果を出す考え方だ。

苦手なことをするよりも、好きなことをするほうが集中でき、結果が得られやすいともいえる。
結果として数字を残しているものを考えると自分が好きなものが殆どだと分かる。

仕事でも何でも、まず好きになることが物事の入り口なのだ。
そんなふうに、私は理解している。



0517



朝の道春の草木に風遊ぶ
【まどか】









過半数

過半数は半分より多いということでしかない。
それが51%なのか99%なのか。

商売人はそのどこなのかを確かめる癖をつけたほうが良い。




0514



太陽が春風押しのけ肩たたく
【まどか】






チーム

あるディレクターの昔話
「バンドはな、解散して時間が経てば、誰の才覚で売れてたか残酷なまでに一目瞭然になる。プリプリで第一線で生き残っていくのはたぶん奥居香だけだ」
ザ・タイガースの沢田研二、シャ乱Qのつんく、チェッカーズの藤井フミヤ・・・・・・
他のメンバー、どんな奴か知らん!


ビジネスもバンドも、なにかといざこざ発生しがちですが、チームは解散してしまうと、誰の才能や求心力で成り立っていたかわかる。
恐ろしいけど、いま一緒にやってくれるメンバーの仲間に感謝しつつ、自分の付加価値も磨かねば、いざと言うときに食いっぱぐれるし、自分を不当に高く見積もってはいかんな、という。






0513




春の日にふわふわ踊る綿帽子
【まどか】












インド

「神様の期待を裏切らないように、仏さまが生き方を教えてくださっています。」

てなわけでゴールデンウイークは、インドに生き方を探しに行ってきました。
そんなインドの新聞(HindustanTimes)の第一面は学習塾の広告
全国模試の成績を顔写真付きで(裏面は講師の先生方の顔写真付き広告)
他にもThe Times Of Indiaにも広告を。

マイクロソフトのサティア・ナデラCEO.
グーグルのスンダー・ピツチヤイCEO.
ノキアのラジーブ・スリCEO.
アドビのシャンタヌ・ナヤランCEO
そしてハーバード-ビジネススクールの学長までもがインド生まれのインドの大学卒のインド人。

当然理系の人材は引く手数多。

今回のガイドさんの息子さんはIIT(国立インド工科大学)を出て、バンガロールからドイツの大学院に行っている。
ご本人も元設計士でガイドを副業に手広く商売をし、子供の教育に投資をしたと説明を受ける。
グローバルな視点を持つといろんな可能性が広がる。
結構熱く国際情勢やIT関連のことを話す。
中国嫌い!パキスタン大嫌い!は個人的な意見として聞きましたが(笑)

楽しみな国です。





0508




ゆらゆらと春の草木が歌う朝
【まどか】










まず仕事を好きになる

結果を出した経営者の共通する一言は「私はツイていた」だ。
とにかく目の前のことをガムシャラに取り組んだ結果だと。

何かを生み出そうと思って生み出しているわけではない。
ワクワクすることを一生懸命やっていたら、自然にもっと面白いものが見つかったということなんだろう。

ワクワクするものに出会えたことが「ツキ」というものの本質だろう。
どんな仕事でもガムシャラに取り組み好きになる努力さえすれば結果はついてくる。

今までの成功者はすべて同じ道を歩んできている。
これを成功哲学とよぶのであろう。





0430



春風に遊ぶ草木が朝揺らす
【まどか】


















人として何が正しいか。

「 考え方 × 熱意 × 能力 」

売り上げや利益ではなく、人間を律する道徳や原理を経営の指針や判断基準にする。

結局は正しい考え方が企業や社員を守る。
正しい行動をすれば、利益は後からついてくる。



0426













間違い

間違いを認めることで確実にストレスは減少される。
頑固にならず素直になりまひょ。

正しいか間違っているかの最終評価は自分で決めることではなく、周りが決めること。

「こんなに良い商品なのに買わない人はアホや!」というても
売れんかったらあんたの負け。



0424



キラキラと春が走る朝の風
【まどか】
















批判

批判する人は伸びない。

周りにいる友人たちを見ていても、
同業者でも、
政党でも、
批判する人は伸びてない。





0415



桜敷く春の道に踊る風
【まどか】











流れに乗る。

成功した人たちを見ていると、
勉強が出来る・資格を取った・努力した。
と言うよりも時代の流れに乗り、一歩先を歩いた人が多い。

さらに言えば自社のピークを知り、新たな成長カーブを創りだした人たちだ。



0412


雨の中キラキラ光る春の色
【まどか】


















悩み

振り返って考えると、仕事の事で数年前に激怒したことや、
資金繰りで悩みに悩んだことが、奇妙に・・・・「なんで?悩んでいたのだろう」と。

途方もなく思えた心配事であっても、どうにか切り抜け、より有意義な今がある。

人には誇大妄想的に心配する性質がある。
物事は事実に基づき考えれば楽観視できる。
悩みが悩みたる最大の原因は、正しくその悩みを見ていないからだと分かる。


FACTFULNESS(ファクトフルネス)と言う本がいま売れている。
(10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣)
世界を正しく見る。そのためのデーターが整った世の中になってきている。

自分の頭の中だけで物事を判断しない癖をつける。
悩みと正しく付き合おう。




0411



雨音に春の道ができる朝
【まどか】






















努力賞

ビジネスの世界に努力賞は無い。結果が全て。
アウトプットが必要です。
これがビジネスの本質です。

しかし結果が全てだと言うが、誰にも負けない努力をするべき。
さらに付け加えるとするなら、
謙虚にして奢らず、反省ある日々を送る。
生きていることに感謝する。
善行、利他行を積む。
感性的な悩みをしない。

全てにおいて、人間的成長を求められる。




0410



春風が桜を運ぶ朝の道
【まどか】




















 

利他心

ビジネスの本質を考えた場合、人間として何が正しいかを問う。

何故ならばビジネスも人生の一部。
人間としての原理原則に沿って考えるべきである。



0409



桜咲く青空高く春の風
【まどか】













創造力

創造力とは、新しいものをつくりだす能力。
解答が1つだけではないような課題における思考,すなわち発散的思考の能力と関係があるとされる。

この創造力は才能だろうか?技術なのだろうか?

知能の高い人が創造性に優れているとは限らず、モノの見かたすなわち視点が重要になる。
例えば毎日街で見ているだろうと思うコンビニの看板。
セブンイレブンを例にとれば、7-ELEVEnの最後のNが小文字のnだと気が付く人は少ない。
何十回、何百回、人によっては何万回も見ているはずなのに見ていない。

創造力とは気づきだと思っています。
世間に関心を持つ。
それが創造力の根源です。

711


yjimage









知能の高い人が創造力にもすぐれているとはかぎらず,創造力は鍛えれば上達する技術です。


0408



キラキラと水面に写る春の色
【まどか】





企業

5年後の組織を支えるのは新規事業。
10年後を支えるのは人。



0328



ふわふわと春の風に歌う鳥
【まどか】















ほうれんそうのおひたし

ほう・れん・そう・はビジネス標語として
「報告・連絡・相談」の重要性を謳ったものだが、
「ほうれんそうのおひたし」という言葉が拡散している。

よく新人さんに報告・連絡・相談(ほうれんそう)を教えるけど、その報告に対しての上司の心構え

お:怒らない
ひ:否定しない
た:助ける(困り事あれば)
し:指示する

全てにおいて正しいとは言い難いが、上司はまず話を聞く姿勢が大事。




0327


キラキラと春の日差しが道走る
【まどか】








コンセプトは明確に

高級クラブの売りは、メンバーのお客様への贔屓と敷居の高さ。

ゲイバーの良さはどんなお客さんが来ても、わけへだてが無いこと。



0222



雨音に染まる朝日に春はまだ
【まどか】




















経営

我々のミッションは何か?
我々の顧客は誰か?
顧客にとっての価値は何か?
我々にとっての成果は何か?
我々の計画は何か?

この考えが組織の背骨になる。




3020


椿揺れ春の訪れ知らす朝
【まどか】









仕事の変化

IT・ICT技術の進歩に伴い、多くの管理・監督業務が無用になる。
指示に従うことが重要な資質だと見なされていた時代と比べ、
現在のハイテクの職場ではパースナル・イニシアティヴが非常に重要視されています。

これまでの私たち職場では、
「言われたことしかやらない人」
さらには、「言われたことをやらない人」でも、何とかやっていくことが出来た。

然しながらこれからの組織は、より少ない人員でより多くの仕事をすること。
やるべきことを判断して実行することを求められます。

誰かに言われるまで待っていてはいけません。
やらなければならないことを予測しそれを実行できるようになるために、
自分の会社や仕事のことをよく知りましょう。

ボーと仕事していちゃチコちゃんに叱られるぞ。






0315


雨雲が集まる空に鳥隠れ
【まどか】










まずやる、後で直す。

一時間で一つの答えを出すよりも、
30秒に一つの答えを出して、120回トライした方が絶対に成功率が上がる。

また失敗の経験から自分がどんな人間か分かる。






0301



曇り空地面を探す月の道
【まどか】








怒り

怒らない人は優しいんじゃなくて他人に期待していない人。
期待していないから失望することもなく怒りも派生しない。

然しながら会社と言う組織は社員に期待をかけて成長していくもの。

裏切られ、失望という名の挫折を経験しながら、
ひとも組織も育っていく。





0228



鳥が揺らす木々の音に春混じる
【まどか】










ご縁とは

頂いたご縁を大切にすることと、
   安易に誰かに頼ることは違う。

【自戒】
よく似ているんだけどなぁ。
耳心地の良い言葉で、自分を誤魔化さないように注意しよう。





0227



寒さ吹き道に揺れる花の色
【まどか】














孤高であれ

「人間は弱いから群れるのでない。
 群れるから弱くなるのだ。」


確かに思い当たることが多い。
ビジネスでも軌道に乗るまでは一人で頑張るべきと思う。




0226



青空に乗せる雲に行き乗せる
【まどか】









一流

半人前とは仕事の流れに乗れず、周りの人に迷惑をかけるときがある。
一人前になると右から左へと滞りなく仕事を流せる。

しかしそれで良いのか?
あの半人前の時の必死さはどこへ行ったのだ。
一人前になったと満足していては駄目だ。

一流を目指してこそ、本当の仕事の面白みが味わえるぞ。



0219



北風がたまに顔出す冬の角
【まどか】













仕事

ひとは人生の一番良い時間帯を仕事についやしている。
その最高の時間に過ごす「仕事」は楽しくなければならない。

仕事が楽しいか?

楽しいとは「ラク」と書くが、仕事は楽(ラク)ではない。
楽(ラク)な仕事は誰でもできるが、
楽しくない仕事を楽(ラク)にしてこそ意味がある。

その仕事が楽しくなるには条件がある。
それは、仕事が出来なければ楽しくないとの事。
係長には係長の仕事。
部長には部長の仕事。
社長には社長の仕事。
それぞれが自分の仕事を完璧にこなせれば、会社が、仕事が、楽しくなる。




0215


キラキラと朝の光が冬揺らす
【まどか】













 

古典

渋沢栄一氏に「論語と算盤」の著書があるように、経営者は論語を学ぶべきとの教えがある。

論語を一言で表すならばリーダーのための教科書と言えよう。
論語とは古代中国の思想家、孔子の教えを弟子たちが書き留めたものです。
この論語ではリーダーの事を「君子」という言葉で表現しています。
人の生きる道や考え方、道徳などを述べている。

然しながら「迷った時いつも老子が助けてくれた」との言葉あるように、老子もあわせて読むほうが良いとされる。
(儒家の人為的な仁義道徳思想に対し、宇宙の根本を道や無と名づけ、これに適合する無為自然への復帰を人間のあるべき姿と説く)

格言として「昇り坂の儒家、降り坂の道家」との言葉がある。

昇り坂、つまり人生の順境の時は儒家思想、したがって論語を手本に生きなさいと。
然しながら人生の逆境の時、下り坂の時は道家思想の老子を手本にすると良いとされる。


儒教(儒家思想)

道教(道家思想)







0212


寒さの中走る道を照らす朝
【まどか】










批判

他人から批判されて「何もしていないのに・・」と嫌な気分になったことがあるだろう。
そんな時は、「物事や人を批判をするのは興味があるから」と覚えておこう。
人はそのモノやヒトに無関心ならば無視をするはず。

皮肉なことだが、勉強が必要な人ほど勉強する人を批判する。
お金を必要とする人はお金持ちを批判する。

なぜ批判をするのか?
人間は今の生活を改める事、変化することに抵抗がある。
もし努力しても結果が出なかったら恥ずかしいと。
そして失敗することを恐れるあまり批判してやり過ごす。

何かに興味がわいたら、まずやってみよう。
変化することを楽しもう。

歴史ある会社が教えてくれる。
変化のない組織は衰退すると。




0208



踏みしめる道に落ちる雪の音
【まどか】












リズム

江戸時代の言葉に、
「散る秋があれば、必ず花の咲く春が来る」がある。

わたし達は地球の大地に抱かれて生きている。
良いこともあれば、よくない事もある。
絶対にいいことばかりは続かない。

我々人間は大地のリズムに添うように生きて行けば間違いない。
今は冬だが、春はもうすぐ。






0206


朝色に染まる草木に冬揺れて
【まどか】



















修業とは矛盾に耐える事

修行中は、「こんなことをやってても、本当に仕事の役に立つのか?」と一度は思うもの。

この矛盾こそが修行の本質だと気づくのはもっと後。
修行中は言われたことを黙ってする。

矛盾に耐えてこそ、仕事の本質が見えてくる。




0204



おはようと足元遊ぶ冬の風
【まどか】









変化

時代が移り変わるときに生じる犠牲を最小限にすれば、リスクはチャンスへと変化する。

わたし達の小さいころは55歳で定年だったが、今は10年延びて65歳が大半になっている。
まだまだ延びそうだ。

高齢になっても働かなければならない時代なのに、中途退職すると再就職先を見つけることが困難。
だからこそ会社員の時に、新規事業の立ち上げの知識や経験を学ばなければならない。

ライフワークは自らが設計する時代に変わってきている。




0201



雲の中冬の花を育てる空
【まどか】








過去の ブログ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
お薦め書籍