今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

ビジネス

守破離

成功するために、成功法則を学び、成功法則を手放す。

よし!やるだけ。




1206


落ち葉に落ちる朝の光
【まどか】















チャンスの波

時代が動くとき、今までとは違う波がやってくる。

明治 → 大正 → 昭和 → 平成・・・時代が動く

普段は感じないものだが、確実に時代は変化している。
組織の中で息苦しく思っている社員が居たら、肌感覚でその変化をキャッチできている人だ。
そんな人材は環境を変えることで化けることが多い。

ビジネスは能力だけではない。
波に乗る技術も必要。




1205














非合理

「効率的に仕事を推し進める」ってスローガンを掲げると何となく知的に思える。

しかし、仕事の効率化を推し進めると、非効率な出来事が余儀なく起こる。
不思議なことですが、効率化を推し進めると不思議と時間が掛かってしまう。
結果儲からなくなってしまう。

制約条件の理論「ザッ・ゴール」の著者であるエリヤフ・ゴールドラット博士が提唱する、TOC (theory of constraints) の学びではボトルネックを解消することが最たる目的になる。
ボトルネックはなぜ生じるのか?
それを追求しなければ、業務を効率化しても新たなボトルネックが生まれるだけと教えを乞うた。

ビジネスは、人間的なかかわりによって成り立つ。
効率的・合理的主義が優先してはならない。




1203


雲の中ひっそり潜む冬の雨
【まどか】











お金持ちになるのに、学歴や努力したなどの苦労話は関係ない。

努力が悪いと言っているのではない。
努力したら絶対に結果が付いてくると思い込んでいることが間違い。

お金持ちになる必須条件は、成長産業にいるかどうかが大きい。
自分の会社のピークを知って、新たな成長カーブを創りだす必要がある。

波に乗る。
経営者に絶対必要な能力のひとつである。



1129



空の中秋を写す雲の色
【まどか】















8964

民主化とは、制度や考え方を民主主義的にすること。
主権を国民に与えること。であるが、お隣の中国は民主化できるのであろうか?

経済発展目覚ましい隣国の中国(中華人民共和国)では、1989年6月4日に北京の天安門広場で民主化を求める学生が人民解放軍によって武力弾圧された。
あの時から約30年が過ぎた。

その間、いつか民主化するだろうと言われつつ、香港返還があり(その時も、香港が経済的起爆剤となって本国中国が民主化するだろうと言われた)が、香港は中国の子会社化とされてしまった。
そんなことを考えていたら、今後も中国の民主主義化は難しいだろうとの結論に達した。

こらからも隣国の中国とビジネスを続けていくことを考えると、社会主義国家である中国の思想は注目に値する。
なぜならば、中国において現在の社会的成功者(お金持ち)の多くは、8964当時の学生である。




1128


紅葉ちらし道に作る秋の色
【まどか】

















自己鍛錬

毎日机を磨く。

そういうことを繰り返すことによって人物もまた磨かれていく。



1121



秋走る朝の道に踊る木々
【まどか】















叱られる

50歳を過ぎて、褒められてもさほど嬉しくない。
叱られる方が構って貰えている感じです。との意見があった。

なるほど。
特に経営者になると他人から叱られると言う事は少ない。
著名な経営者が「一倉定」(いちくらさだむ:経営コンサルタント)を心酔する理由がわかる気がする。

歳をとると頑固になる!
そんな自分を違う環境に置くクセをつける。

叱責される厳しい環境に自分を置くという行為もそのひとつ。
それは素直な耳を持つということに繋がる。

よし!やるだけ。


一倉定



1112


曇り空割って入る光る秋
【まどか】












やるべきこと

急に寒さを感じる季節になった。
気温の変化は風邪をひきやすい。

そんな時でも体調を整え、いつも前向きにポジティブな気持ちを持つこと。
それにプラスしてやるべきことを持っておく。

よし!今日も元気で。



1105


青空に描く雲が秋映す
【まどか】











正しいマーケッティング

仏教の開祖は仏陀(ブッダ)であるが、広く世に知らしめたのは仏陀が入滅した後の弟子たちのちからである。

同じようにイエスキリストも人の道を説き各地を遊説したが、
世の人々の心をとらえたのは磔の刑で亡くなった後、弟子たちの言葉やキリストが描かれた絵画であった。

素晴らしい哲学であっても、それだけでは世に定着させ広めることは難しい。
優れた哲学は優れた伝道師(マーケッター)と出会った時に一大宗教となる。
 

良い考え、よい製品を持っていたとしても、それだけで売れるほど世の中は甘くない。
正しい考えには正しいマーケッティング力が必要。

どんなに素晴らしいビジネスモデルであっても、マーケッティングを学ぶ必要はある。




1102



葉を揺らし秋を仰ぐススキの穂
【まどか】



















考える

人は考えるときに、一人で考える方が纏まりやすいと思っている。
だから、会社組織の長・CEOなどは社長室を持ちたがるし、少ない座席のスポーツカーを持ちたがる。

然しながら最近の経営者はみんなの中で考えを纏める人が増えたように思う。
経営の質が変わったのか?それとも人類が進化したのか?

実際に部屋に籠って白い紙に事業計画書を策定しようとするとかなりの労力を必要とする。
あるデーターでは頭脳労働は肉体労働の5倍疲れるとある。
だから多くの人は、頭を使わないで、手と身体を動かしつづけるという肉体労働を一生懸命行うと。

なにわともあれ、私は一人で考えているほうが好きだな。



1031


曇り空見上るススキに秋の風
【まどか】













裏切者

ギャングやマフィアの映画で裏切者が登場するのは「強盗に成功した直後」と決まってる。
喧嘩、裏切り、仲間割れ、これらが起こるのは必ず金を盗んだあと。

今の実社会も同じような問題を起こしている。
それが「株主配当」

会計の世界では儲けの分配と言いますが、決算が赤字であれば配当はありません。
然しながらお客様から頂いたお金をないがしろに考える経営者は強盗と同じ発想をしてしまう。
粉飾決算を起こし、実際は赤字なのに儲かったように振る舞い配当金を分配する。

お客様からお金を頂戴する(お預かりする)発想から、
ライバルとの競争に勝ち、お金を奪い取るとの考えに変わったときに偽装が生まれる。


1030


空撫でるススキの穂が光る朝
【まどか】









創業から3年目の問題

組織を立ち上げて3年も経過するといろんな問題が生じる。

大きな問題は二つ。

ひとつ目が品質問題。
二つ目の原因は適切な資質を持った人材が集まらないこと。




1022


雲の上秋晴れ見える朝の色
【まどか】







Price

価格の下限はコスト。
売値がコストを下回ったら赤字になる。

しかしコストを見極めるよりも、お客様の満足度を図る方が企業はうまくいく。
なぜならば価格の上限はお客様から見た価値だから。

決してよそと比較して価格を決めるんじゃないよ。
よそにはよそ様の事情ってものがある。
だからコストも違えば価値観も違う。

他人と比べて価格を決めるなんて碌なもんじゃない。
それよりも自分の所の会社やお店なりの満足度を上げる努力をしたほうが良い。

もう一回いうね。
価格の上限はお客様から見た価値だよ。
だから切磋琢磨して自分たちの価値を高める努力が必要なんだ。

久しぶりにお酒を呑みながらブログを書きました(^^♪


1019



秋風に足元踊る草木の色
【まどか】




情報

データ、情報、知識。
これらと知恵の間には大きな違いがある。
集めた情報は実際の現場で知恵に変え、仕事や生活に活かすことが情報の対処法である。

今の現代人の多くは、情報の海で溺れながら知識に飢えている。

より良い情報を手にし、その情報をより良い知恵に昇華させた者が勝利を手にすることが出来る。




1017



雲かぶせ空の中も衣替え
【まどか】

複雑系の社会

世の中はITの普及に便利になった。

然しながら、世の中はより複雑化している。
その結果、自分たちだけの力で出来ない事柄が多くなってきている。

どこの誰と組むかによって自社の価値を高めることが出来るかを
真剣に考える時期になった。



1016


雨上がり葉っぱが揺れる風の跡
【まどか】








満足から感動へ

どこの誰に何を売るのか?

お客様は何を買っているのか。
今まで使っていたモノの代わりを求めているのか。
嬉しい気分を表すために買い求めるのか。
見栄を張るために必要なのか。
より便利になるために使おうとしているのか。
価格なのか(安いから買う)

お客様の欲求はどこにあるのか?
それらを深く考えなければ感動にたどり着かない。




1011


雨上がり道に花咲く水たまり
【まどか】






マーケッティング

マーケッティングとは、お客様が望むモノを見つけ出し、新しい方法で提供すること。

ピーター・ドラッガーがいうところの
「企業は、その目的が顧客を創造することであるがゆえに、2つの、いや2つだけの基本的な機能を持っている。
それはマーケッティングとイノベーションである。
マーケッティングとイノベーションだけが成果を生む。
その他の機能はみな、「コスト」だけしか生まない。」

お客様が望むもの・・・・
自分で自分を考えるのではなく、他人の目で自分を見てみよう。
そうすれば少しでもお客様の望むものが分かるのかもしれない。
よし!やるだけ。



1010


雨音に靴音鳴らす朝の道
【まどか】













時代の作り方

安部首相の第4次内閣改造の顔ぶれが整った。
メディアは色んなことを言う。

然しながら時代は、彼らのような特権階級が創るのではない。
名もなき大衆の人たちが、時代を創る。

少数の選ばれた人にやってもらうものではないし、それに依存するという発想は、違う。

未来に目を向けた名もなき人々が結集していくプロセスによって時代が創られる。
商売人はそれ(ミッション)を核にビジネスプランを考える。


1003


秋晴れに泳ぐ雲の船浮かべ
【まどか】






















神無月

昨日は台風接近のためヤマト運輸さんの集荷が無かった。
お客様はどうしても今日の夜、仕事が終わって帰宅する頃に受け取りたいとのことで直接お届け。

ドアを開けると小柄な奥様が恐縮して手土産までご用意されてました。

私たちのお仕事は、よくお客様からありがとうと感謝される。
非常に有り難いですが、それにも増して責任感がハンパない。
昨日のブログにも書いたが、会社は規模ではなく質で維持する気持ちが大切。

台風のおかげで今の仕事をもっと大切にしようと思いました。
よし!やるだけ。




1002


萩揺れて雨を連れて泳ぐ雲
【まどか】

















会社は規模ではなく、質で維持することが大事。

「優良企業」と評価されたら注意したほうが良い。
優良企業のお墨付きを与えるのはお客様じゃない、金融機関や外部の評論家。

わたしは、小さくても質の良い会社を目指したい。


1001



雨の音秋の足音させる空
【まどか】



















人生は旅だと言うのであれば、旅にも生涯があるのだろう。
幼年期があり、少年期を迎え、青年期があり、壮年期になり、やがて老年期を迎えるのか。

そして一度行った場所にもう一度訪れたいと思うとき、旅は老年期に差し掛かっているのだろうか?

なにを体験しても、どんな些細なことも新鮮で楽しかった旅。観るものすべてが新鮮で心が満たされた。
それが、歳をとると昔のものが懐かしくなってくる。
また、どのような体験をしても、これは以前どこかで経験したよなと感じてしまう。
旅の途中で見る風景も、以前どこかで見たのではないかと記憶に確かめたくなる。

ビジネスも旅と似てるよな。
新しいビジネスの旅に出なくてはならない時に差し掛かっているのかも。



0926

鈴の音朝に歌う秋の声
【まどか】













数字

今年の夏は文字通り猛暑だった。
連日38度、39度の予想を耳にし、7月23日に埼玉県熊谷市で41.1度の観測史上最高気温を記録した。
そんな暑い夏のさなかに、なんかの拍子で32度を記録すると今日は涼しいと感じる。

ところで人間とは不思議なもので、同じ気温の15度でも、冬から春にかけての15度と、夏から秋にかけての15度では体感が違う。
冬から春にかけての15度は温かく感じ、夏から秋にかけての15度は肌寒く感じる。
同じ15度の事実でも、受け方が違ってくるのだ。

15度と言う数字は15度であるべきで体感によって変化させて良いものではない。
事実は事実であるべきなのだ。
然しながら私たちの事実認識は温かく感じたり肌寒く感じたり、私たちの主観が混じってくる。

振り返って考えれば色んなところに動かしようない事実に対して私たちは主観を織り込んでいる。
それも意識的に、無意識的に。
東芝さんや神戸製鋼さん。自動車メーカーさんやタカタさん。
たがが数字だろうと思ってやってしまった事だが数の改竄はしてはならないこと。
自分たちの主観を数字に混ぜ入れてしまった。
結果は悲惨だ。

数字を客観的に見る・・・・動かさない。
これは訓練するしかない。
繰り返し繰り返し客観的に数字を見る癖。

よし!やるだけ。




0925


曇り空草木が光る朝の星
【まどか】













探す

組織の業績を上げるために
「お客様の満足度を下げずにコストを下げる。」

その為には気づかない、何かを探す。
(馴れ合いで)無駄な支出がどこかに隠れている。

真剣に探す!
よし、やるだけ。



0921


雨の匂い秋の声に揺れる草
【まどか】





















経営計画

今の情勢を前提に経営計画を立てない。

現在は戦後二番目の景気拡大のサイクルに入っている。
このままの状態で来年の2月まで行けば戦後最長の景気拡大となる。
果たしてどうなるか?

景気とは循環だ。
これから立てる事業計画は社会が停滞期に向かうと考えた方がよい。

メディアは盛んに2020年のオリンピック効果を謳うが直接投資金額は約2兆円。
それも数年かけての総投資額
日本の国家予算は97兆7128億円だが、その中で一般会計費の公共事業予算は約6兆円

毎年6兆円近いお金を公共事業に投資して国の活性化を図っている事実を考えれば、わずか2兆円でメディアが騒ぐほど日本が景気良くなるとは考えづらい。

外野の無責任な言葉に惑わされず、自社を取り巻く業界と社会の流れを鑑み事業計画を立てなければならない。


MIZUHO Oneシンクタンクレポート(東京オリンピック)
財務省 平成30年度予算





9020


秋風に揺れる木々が夏仰ぐ
【まどか】













コミュニケーション

コミュニケーション能力とは人に当初から備わっている才能ではない。

コミュニケーションの能力は創り出すもの、磨き上げるもの。



0914



雨上がり空に並べる雲の後
【まどか】













定点観測と新規開拓

定期的に百貨店の売り場を見るようにしている。
それも一番と言われる、決められた店舗の決められた場所を20年近く見ている。
その他にも土地の値段の高いところで繁盛している飲食店を定期的に訪れるようにしている。
ユニクロの銀座店や心斎橋店は機会があれば、前回来店した時との変化を見逃さないように心掛けている。

定点観測を繰り返していると見えてくるものがある。
それは流行の兆しや衰退の予見。
然しながら、歳を重ねると億劫なのか、新規開拓が少なくなってきた。
だいたいにおいて外出をしなくなった。
勘が鈍ったのか?
数年後に流行るお店や企業を見つけるには「ピン!」と感じるセンスが必要。
この「ピン!」と来る感性は定点観測を続けていて身に付いたように感じる。

これからの時代、会社の寿命は2020年になると10年しか持たないと言われている。
どんな会社も新しい技術やセンスを身につけなければ時代に適応できなくなる。

勢いのある大手企業の動きと、イノベーションで走るベンチャー企業の両方を見る。
そして「ピン!」と来る感性を大切にしたい。

よし!やるだけ。



0912


虫の音秋の色に変わる朝
【まどか】
















まず、やってみる!

まずやる。
あとで直す。

ある程度考えて、少なくとも希望が持てるならやってみる。

完璧主義者になるな。
時間を掛けるほどに否定的な感情がわき出てくる。

でも・無駄・めんどい・しんどい・誰かが・・・・・・
そして何もしない一日が積み重なる。

まずやる。
あとで直す。




17年前の、2001年9月11日の映像を思い出す。
改めて世界が平和であって欲しいと思います。


0911



草を飛び雨に歌う秋の声
【まどか】













決める

経営者になると自分で決めなければならないことが増えてくる。

その中で一番大事なのが「売値」
どんなことがあっても売価(うりね・ばいか)は自分で決めなければならない。
なぜならばそこには責任と自分たちのメッセージが詰まっているから。

その為の訓練:普段からのお買い物はプライスを見る前にお品をじっくり見る。
よく見た後に自分の考えている価格とプライスを比較してみる。
どうだろうか?
価格的にお値打ちであっただろうか?

何回も繰り返すうちに品物を見る目が養われてくる。



0910



雨音に風が踊る朝の道
【まどか】
















台風

台風21号が近づいている。
このブログを書いている今は、室戸岬の南100Kmでこのまま関西に上陸する予定だ。

こんな中、関西近辺の鉄道や新幹線は本数を減らしたり運休予定を掲げている。
商店街はもちろん高島屋をはじめ百貨店各店も早々前日から臨時休業を告知していた。

安全性や諸所の費用を考えると、我々中小企業も休業の方が安心なんだけど、
小さな企業が考えなければならない部分が、このような非常事態にあると考えます。

台風やなんだろうと、大荒れの天気でも来店してくれるお客さんはゼロではありません。
そして、そんな日に来店してくれるお客さんは、顧客価値めちゃめちゃ高いのが普通です。
大荒れのなか来店するぐらいなのでから、きっとわたし達お店のすぐ近くに住んでいて、わたし達のお店が大好きに違いありません。

大荒れの日にお店を閉めてしまうというのは、わずかな経費削減のためにそんな超VIPを追い返してしまうことになりかねません。
長期的に考えたら大きな損失です。

今朝もコンビニエンス各店は普通に何ら変わりなく営業している。
コンビニが強い理由がここにもあります。

商売での差別化とは、通常時ではなく非常時です。


0904


青空に雲を並べて夏めくり
【まどか】



















最後の踏ん張り

しんどくなったとき、最後の最後に踏ん張れるかどうかはお金のためではない。

会社や人に貢献しようと思う心です。



0903


曇り空流れる空に夏が見え
【まどか】








過去の ブログ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
お薦め書籍