宝飾品、焼き物、書画、ブランド物のバッグ・・・・

鑑定眼を鍛えるには、本物を見るしかない。
本当に値打ちのある美術品を鑑賞することによってしか、眼力は養えない。
もちろん、骨とう品などの正確な値打ちを知るためには、歴史や製作者たちの勉強も必要だ。

だた、そうした知識はあくまで補助でしかない。
なにより大切なのは目利きである。

そして、目利きになるには、本当に値打ちのあるものを数多く鑑賞しなければならない。
企業を見る目も同じ。
本当に値打ちある企業を、よく見る・調べる・真似する。



0705



雨音が緑を叩く朝の道
【まどか】