幸福への道と不幸への道の分岐点はどこなのだろうか?
確かに運というものに強く左右されるとは思うが、結局はその運も自分次第なのかもしれない。

そのむかし「オス!」という言葉が好きだった。
小さい頃ですよ。確か12・3歳ぐらいだと思います。
すこし知恵がつくようになると「押忍」と漢字にすることを学んだ。
耐え忍びつつ少しでも先に進む!
逃げない。

じっとこらえて辛抱するか、一時の激情に駆られて爆発するか。
頭にくると、何もかも壊したくなる。

この時の感情が、幸福と不幸の分かれ道になるんだと。
耐え忍ぶことを知らないと、運の道も拓かれないのかもしれない。




押忍 Wikipedia





0628