「人間の世の中は、ひがみといじけで満ちあふれている。
そして、このひがみといじけは思わぬ力を発揮して、世の中を変えてゆく。
愛だとか、慈しみとかは時として、このひがみやいじけに負ける。
なぜなら、ひがみやいじけには、その底に人間に対する憎しみという強い力を持っているからだ」

だからといって、自分の心に湧いたそのいじけやひがみや憎しみの念を、そのまま育てていいということではない。
そういう力を持つ心を、いかに他人への愛や慈しみにかえていくかということが大切である。

スター・ウォーズからは学ぶことが多い。



0604




夏風に踊る葉っぱが扇ぐ空
【まどか】