社長は常に夢を語り続ける必要がある。

現場を見て、理念を語り、働く必要性を説いても社員は動かない事が多い。
頭で判っていても動けない。
現場で働く人には、ここで働くことによって、どれだけ幸せになれるかという夢を語らなければならない。

幸せは向こうから歩いてこない。
幸せになろうな、と言い続けるから幸せになれるのだ。

社長は正しい夢を語り続けなければならない。



1005


朝色に染まる草木に歌う秋