台風21号が近づいている。
このブログを書いている今は、室戸岬の南100Kmでこのまま関西に上陸する予定だ。

こんな中、関西近辺の鉄道や新幹線は本数を減らしたり運休予定を掲げている。
商店街はもちろん高島屋をはじめ百貨店各店も早々前日から臨時休業を告知していた。

安全性や諸所の費用を考えると、我々中小企業も休業の方が安心なんだけど、
小さな企業が考えなければならない部分が、このような非常事態にあると考えます。

台風やなんだろうと、大荒れの天気でも来店してくれるお客さんはゼロではありません。
そして、そんな日に来店してくれるお客さんは、顧客価値めちゃめちゃ高いのが普通です。
大荒れのなか来店するぐらいなのでから、きっとわたし達お店のすぐ近くに住んでいて、わたし達のお店が大好きに違いありません。

大荒れの日にお店を閉めてしまうというのは、わずかな経費削減のためにそんな超VIPを追い返してしまうことになりかねません。
長期的に考えたら大きな損失です。

今朝もコンビニエンス各店は普通に何ら変わりなく営業している。
コンビニが強い理由がここにもあります。

商売での差別化とは、通常時ではなく非常時です。


0904


青空に雲を並べて夏めくり
【まどか】