マーケッティング計画の立案は
状況分析、目的、戦略、戦術、予算、コントロールと6つのプロセスからなる。

自社を取り巻く環境を分析した後、達成すべき具体的な目標とタイムテーブルを設定する。
次に複数ある方法の中から目標を達成する最も効果的な行動指針を定め、
誰が何時までに何をすべきかといった詳細なスケジュールを決める。
そして、予算を決め、実行に着手してからは計画の進捗状況を確認。
計画より遅れがある場合などは、目標や戦略、活動の見直しを行いながら目標達成へと向かう。


しかし、わたし達は市場が2〜3年ごとに変化することを見落としている。

急がないと・・・・・

計画も、実行に移さない限り一円たりとも利益を生まない。
計画策定に多くの時間を使い過ぎないこと。
立てた計画にこだわり過ぎないこと。
大切なことは計画ではなく、成果を出すための活動なのだ。





0730


夏描く朝の道に蝉が鳴く
【まどか】