窮達(きゅうたつ)は命(めい)なり
吉凶(きっきょう)は人に由(よ)る

治乱とか、窮達とか、吉凶とかは、どうにもならぬ運命的事実であるように俗人ほど思いがちである。
困窮に陥る。あるいは 栄達に恵まれる。
これは運命であって 知人力を超えた世界だが、 それを吉にするか凶にするかは その人次第である。

昔から人間の本質って変わらない。
どんな時代でも自分自身で悩み、もがき苦しんで自分の道を切り開かなければならない。
運だからと安易に決めつけない。
よし!やるだけ!


治乱は運なり。之に乗る者あり。之を革(あらた)むる者あり。窮達(きゅうたつ)は時なり。
之を行く者あり。之に遇(あ)う者あり。吉凶は命なり。之を作(な)す者あり。之に偶う者あり。
一来一往各々数を以(もっ)て至る。豈(あ)に徒(いたずら)に言わんや。
(文中子「中説」) 随の哲学者





0607


緑色透かして見える夏の草
【まどか】