「敷島の大和の国は言霊の幸はふ国ぞ真幸くありこそ」
 柿本人麻呂(万葉集)

敷島(しきしま)の大和(やまと)の国は言霊(ことだま)の幸はふ(さきわう)国ぞ真幸(まさき)くありこそ


日本という国は言葉を格別に大切にしてきた民族だと学んできました。
わたし達も出来るだけ、感謝する気持ちを言葉に載せて発することにします。
それが小さな組織、人間関係を明るくする礎(いしづえ)だと思っております。

「ありがとうございます」

今日も出来るだけ声に出して感謝を伝えます。


0531



雨音に踊る草木が朝揺らす
【まどか】