約束です。
思いやりの心をもって事業をします。



【盛岡市にある石雲禅寺の副住職小原宗監さん(28)2日に岩手県宮古市を出発し、野営しながら宮城県石巻市を目指している。素足にゴム草履。お経を 唱えな がら、倒壊した家屋の前では深々と一礼し、犠牲者の鎮魂と街の復興を祈った。「がれきの残る所には人の思いが詰まっている。被災者や復興に関わる人たち。 そして畏怖(いふ)の念を込めて海にも合掌したい。】朝日新聞より


01
02
03