一、ぜいたくをして幸福であると思うのは誤りである。
二、うまく人をだまして自分は頭がよいと思うのはいけない。
三、貪欲の結果、物をあつめて自分にそれだけの手腕があると思うのはいけない。
四、小心でちょっとした事にも恐れている者が慎重派だと思うのは誤りである。
五、喧嘩ばかりしていながら自分には勇気があるなどとうのはいけない。
六、上に立つ者が下の者を叱りつけて、いかにも威厳があると思うのは誤りである。

格言聯璧


1107

風走る
朝の色に滲む空
【まどか】