「背伸びして視野を広げているうちに、背が伸びてしまうこともあり得る。
 それが人生の面白さである。」

城山三郎が言った言葉である。

若いころは見栄を張り、背伸びをした時もあった。
でも見栄を張るからこそ次の扉が開くと信じる。

等身大という言葉が世にはびこる時代だからこそ見栄を張りたいと思う。


1006

雨滲む
地面に落とす
朝の光
【まどか】 Paris