創造性とは新しいこと、革新的なことをやることです。
独創とはだれもやらなかったこと、気のつかなかったことをやることです。

したがって、それを実行した場合、失敗するかもしれない、
途中で思いもよらぬ出来事が起こって、器危機に瀕することがあるかもしれない。
この危険を感じながら敢えて実行することを冒険といいます。

そしてこれを敢えてやるという気構えを勇気と言います。
勇気とは、思い切って決行する気迫です。

人間が何か新しい行動をしようと決心するとき、自分の心の中にそれを拒む抵抗があります。
それは俗にいう、取り越し苦労というものであり、あるいは現状維持本能というものもあります。

こうした心の抵抗を打ち破り、切り捨てて、まず実行することを決心する必要があります。
けれでも,それは単に強引にそれをするということではありません。

まず、それをやれるという自信というものがないと勇気が出てこないものです。
自信はその問題の困難性を見通すことと、それを解決する能力の自己評価との兼ね合いで決まるものです。




0712
緑吹く
サラサラ流れ
雨待つ草
【まどか】