習い事を始めた頃は誰だって下手くそ。
しかし下手くそな頃は人に見られると恥ずかしいから、隠れて練習などする。
だが、「ある程度見られるようになって披露するのがカッコイイ」などと思っている人が大成した例はない。

まだ未熟で下手くそな時からベテランの人に混じって、馬鹿にされ、笑われて、それでも頑張っていれば特別な才能がなくても上達できる。
何故ならば、道を外したり我流に走ることもない。
そのまま練習し続ければ、馬鹿にしていた人々を超えて達人になっていく。
さらに、人間的に成長もするし、周囲の尊敬も得られるであろう。

今は天下を取った名人でも、最初は笑われ馬鹿にされた時がある。
そのような人からの習い事は、道は正しく、コツコツと道を誤らなければ、多くの人がその教えを授かることが出来るようになる。
どんな世界でも、同じである。


【徒然草 150段】
能をつかんとする人、「よくせざらんほどは、なまじひに人に知られじ。うちうちよく習ひ得てさし出でたらんこそ、いと心にくからめ」と常に言ふめれど、かく言ふ人、一芸も習ひ得ることなし。いまだ堅固(けんご)かたほなるより、上手の中にまじりて、毀(そし)り笑はるるにも恥ぢず、つれなく過ぎて嗜む人、天性その骨(こつ)なけれども、道になづまず、みだりにせずして年を送れば、堪能(かんのう)の嗜まざるよりは、終(つい)に上手の位にいたり、徳たけ、人に許されて、双(ならび)なき名を得る事なり。

天下のものの上手といへども、始めは不堪(ふかん)の聞えもあり、無下の瑕瑾(かきん)もありき。されども、その人、道の掟正しく、これを重くして放埓(ほうらつ)せざれば、世の博士にて、万人(ばんにん)の師となる事、諸道かはるべからず。


700年近い昔から人間の本質は変わっていない。

0421
曇り空
もくもく泳ぐ
雨の後
【まどか】