子貢が尋ねた。
「一言で生涯行っていくべき大切なことがありましょうか」

先師が答えられた。
「それは恕かなぁ。自分にそうされたくないことは、人におしつけないことだ」



子貢問うて曰わく、
一言にして以て身を終うるまで 之を行うべき者有りや。

子曰わく、其れ恕か。
己の欲せざる所、人に施す勿(なか)れ。



恕:デジタル大辞泉の解説

0417
春色に
染める風
朝の香り
【まどか】