自分でビジネスを設計するようになって、一人で行動することが多くなった。
旅行も遊びも、みんなでワイワイと行動するよりもひとりで行動することが多い。

人との出会いは、それが偶然か必然か、良いか悪いかは別にして、社会の仕組みに依存していることが少なくない。
もちろん主体的にその場を作っていこうと考えているはいるけども、どうしても社会的な制約をうける。

小学生のことを思い出して欲しい。
一緒に遊ぶ仲間は自分の近所の子か、クラスメート。
それが中学生になり、高校生になって、大学・社会人と円の面積が広がるように大きくなる。

自分が関わった人や出会った人の多くは、自分が生きてきた社会の仕組みがあったからこそ生まれた関係と言える。
新しい人との縁は、その時立っていた円から一歩出たときに生まれることが殆どといえる。

イノベーションとは、今いる自分の「場」から一歩踏み出すこと。
「場」を作るか変えるかしなければならない。
そのためには身軽になって行動できるように準備しておくことが必要。

出逢いの縁は「場」で変わる。「場」を変えると出会いが変わり、自分が変わる。




0314
曇り空
切り分け飛ぶ
朝の鳥
【まどか】