掃除の五徳と言っても、ガスコンロの五徳を掃除する意味ではない。
確かにそのまま「掃除の五徳」で検索すると、ガスコンロ・・・・・が出てくる。

掃除の五徳とは、凡事徹底を説く、鍵山秀三郎氏のことば。
「一つ拾うと一つだけきれいになる」と職場や地域の掃除を推奨している。

そんな鍵山氏が紹介するのが、お釈迦様が説かれたいう「掃除の五徳」

1、掃除をしている人の身も心も清められる。
2、掃除をしている人の姿を見ている人の身も心も清められる。
3、端正の業を終える。つまりすべてのものが整ってくる。
4、全てのものが喜んでいく。
5、天上で幸せになれる。

掃除をすることによって気づきを得ることが多いです。
まず、気配りが出来るようになります。
これは実践すればわかるのですが、物事に無関心だったいろんなことに関心抱く心が生じます。
ゴミやホコリが溜まり易い所があるのですが、なんでそんな吹き溜まりができるのか理由があるんですね。

仕事でも同じで、吹き溜りのような箇所を丁寧に扱えば業績も雰囲気も変わります。
掃除を通して、ひとりでに自分の心が磨かれるって本当だと実感できます。






0427
朝の色
染まる道に
伸びる木々
【まどか】