1、商いは公事である
  商いは「私事」ではない。人のため、社会のために行う「公事」である。

2、お客様に愛される
  あの人がやっているのだから買ってあげようと思ってもらえるまでになりたい。

3、商品は我が娘だと考える
  お得意先を我が娘の嫁ぎ先と感ずるまでの思いに立てば、
  単なる商いを超えた、より深い信頼関係が生まれてくる。

4、商いは真剣勝負
  真剣勝負は切るか切られるかの二つに一つ。
  商いもそれほどの思いで取り組めば、必ず上手くいく。

5、堂々と儲ける
  利益は世の中への奉仕に対する報酬である。
  堂々と適正利益を上げたい。

6、お客様に手を合わす
  お客様が出ていく後ろ姿に心底ありがたく手を合わす。
  そういう店には、人は自然と集まってくる。

7、商品はお金と同じ
  千円の商品は千円と同じ。
  お金と同じ思いで商品を大切に扱おう。

8、商人に好不況はない
  つねに商いの本道をふまえ、仕事をきちんと正しくやっていれば、
  好況だの不況だとあわてることはない。

9、集金と支払いを確実に
  日頃から集金も支払いもきっちりする。そこから商売繁盛の道もひらけてくる。

10、反省なくして繁盛なし
  朝に発意、昼に実行、夕べに反省。
  日々のそうした積み重ねが商売繁盛につながっていく。


(松下幸之助の言葉)


IMG_8778
太陽に
背を向け伸ばす
長い影
【まどか】









花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム