確固とした事業観
経営者は、その事業経営を通じて実際に社会の反映なり人々の福祉に寄与しなければならないという、
基本の事業観を持つべきだと思う。

すぐれた経営的見識
真の経営的見識の持ち主は、適正競争を貫き、共存共栄の精神を持って事業にあたる。
そうして正しい判断の下、必要に応じて拍車をかけ、ブレーキをかける

経営を進めていく実行力
経営者は軍師ではない。大将だ。
つまり、自ら実際に経営を進めていく権限と責任とが委ねられている。
だから、即断実行に移す勇気と決断力がなくてはならない。

強い責任感
経営の仕事に自らの命をかけ、「いっさいの責任はわれにあり」と言い切れるような人でなければ、
ほんとうに徹底したよい仕事はできない。



なぜ経営者の役割は重要なのか。
もし、経営者がその役割を果たさなければ・・・・・・
  会社が赤字になる。
  税金が入らず、国家に迷惑がかかる。
  従業員の生活が維持できなくなる。
よって、社会が不安定になる。

IMG_8766
パラパラと
雨が落ちて
傘開く
 【まどか】









花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム