人多き 人の中にも 人ぞ無き
人となれ人 人となせ人

道歌


とにかく、この世は世知辛い。
つまらぬ人間ほど騒がしい。がさつである。
偏人はモノにこだわる。凝滞する。
世間とは、不協和音の集合体だ。

しかし、人格ができてくると、しっとり落ち着いてくる。
柔らかく、朗らかに、和やかに、自然にリズムが出来てくる。
体の奥底から、リズムを醸し出してくる。

人としての人格ができれば、人生の諸問題は難なく解決する。
不協和音を呑み込んで、自分のリズムで解決ができる。




【意訳】
「人多き 人の中にも 人ぞ無き 人に成れ人  人に為せ人」
これだけ世の中にたくさんの人がいても、立派な人はなかなかいない。
人格者(人物)になりなさい。
との意味らしい・・・?

IMG_8692
春かける
木々を揺らして
香る風
【まどか】








花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム