プロとは、職人のことを言い、
職人とは即ち「プロフェッショナル」をさす、と言った人がいた。
何故なら、職人というのは、一つの仕事を自分でちゃんと完結させられる人を定義するからだと。

現代社会に於いて職人というものを、狭い意味で定義してしまうと、
手に職を持った頑固おやじみたいなイメージになるが、すべての職業には職人:プロがいる。
サービス業にしても、プロのサービスは違う。

プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選で、33年間一位を保持している加賀屋では、
    「サービスとは、プロとして訓練された社員が
     給料をいただいて、お客様のために正確に役に立って、
     お客様から感激と満足感を引き出すこと」
と加賀屋会長の小田禎彦氏は言っている。

サービスを極めようとするならば、そこにはプロと言われる人が必要なのだ。

日本電産の永守社長がTVか雑誌で、語った言葉が記憶に残っている。
    絶対的に必要なことは、
    自分の信念というか、自分の考えを、どんな状況でもはっきり述べられること。
    2つ目は嫌なことから逃げないこと。
    3つ目は健康、これはもう絶対です。

何でもないようなことが、意外と難しい。
究極のプロは、当たり前のことを、馬鹿にせずに、ちゃんとする人のことだと思う。
この、A・B・C

    A、当たり前のことを
    B、馬鹿にせず
    C、ちゃんとする

を、心がけて頑張ります。

IMG_8684
暖かい
陽射しを包む
雲の春
【まどか】






花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム