自分に全く関係ないところで、
自分に全く関係ないと思う事が起こって、
だから自分には全く責任がないと思うことでも、
よくよく考えてみれば、
はたして自分に全く責任がないと自信をもっていうことができるであろうか。

人と人とが、かぎりないまでにつながりあっているこの世の中に、
自分とは全然関係ないといえることが、
本当はあるとは思われないのである。

キリストは、その時代の見も知らぬ人々の責任も、
すべてわが身に負い、その上に、
後の世につづく数知れぬ人々の責任をも、その気高いまでの魂で、一身に引きうけた。

おたがいに、そこまで求めるのはとてもムリ。
キリストなればこそである。

しかしせめて、自分の責任あると思うことまでも、
他人のせいにすることだけはやめにしたい。
犬や猫は、自分が悪くても、自分の気に入らなければ、平気で同類にかみつき、傷つける。

人間と動物とは、天地自然の理によって、ハッキリちがっている。
そのちがっていることの尊さを、
みずからけがすことだけはやめにしたいと思うのである。


「責任を知る」松下幸之助



IMG_8608



今日の空(朝ブログ)
花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム