491c8c98.jpg
人は誰でも歩き始めの頃は、よく躓いた。
しかし何度倒れても歩くことをやめなければ、普通に歩けるようになる。
この普通って何だろう?

親から見たら子供に対しての「普通」は、
自分の足で歩くことだろうか?怪我をしない、転けないことだろうか?

親の保護を離れ社会というフィールドに出されたときに、安全に歩くという選択肢は確かにある。
しかし誰だって新しいグランドに足を踏み入れたときには、
走ってみたいという欲望が湧き出たはずだ。走り方も知らないのに。

人の本能は走りたいんだ。
本能に従って走り始めるとすぐに苦しくなる。
走り続けても苦しいまま。慣れるってことはない。
走っていりゃ、転けるし、膝も擦りむく。
でも、人生走らないと見れない風景が必ずある。

そして、人は生あるうちにしか走れない。
じっとして考えてばかりいるより、息せき切って走っている方がカッコイイ。






今日の空(朝ブログ)
花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中