1014dacd.JPGウェーバー・フェヒナーの法則によれば、
人は刺激に対して対数比例的に慣れると結論付けた。

つまり、刺激の感じ方を2倍、3倍、4倍と等差数列的に増加させるためには、
刺激そのものの強さも、等比数列的に2倍、4倍、8倍と強くしていかなければならない。

ヒットした映画の2作目が外れやすいのは、刺激に対して期待が大き過ぎるためである。

ブランドの確立とは、この壁を乗り越えたものにだけ与えられる。


”ΔR/R=一定”
”E = 定数 log R”
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E2%80%90%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%92%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87