今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

2019年06月

幸と不幸の分かれ道

幸福への道と不幸への道の分岐点はどこなのだろうか?
確かに運というものに強く左右されるとは思うが、結局はその運も自分次第なのかもしれない。

そのむかし「オス!」という言葉が好きだった。
小さい頃ですよ。確か12・3歳ぐらいだと思います。
すこし知恵がつくようになると「押忍」と漢字にすることを学んだ。
耐え忍びつつ少しでも先に進む!
逃げない。

じっとこらえて辛抱するか、一時の激情に駆られて爆発するか。
頭にくると、何もかも壊したくなる。

この時の感情が、幸福と不幸の分かれ道になるんだと。
耐え忍ぶことを知らないと、運の道も拓かれないのかもしれない。




押忍 Wikipedia





0628










普通

秋元康のスターを作り出す戦略を考えると面白い。
街に溢れている「普通の」商品を「普通の」お客さまに販売している。 

昭和の初期は、本当に輝いている人だけがスターになれた。
そして次の時代は、原石を見つけ出し磨き上げてスターを創りあげた。
それが今は、普通が当たり前。

2001年に島田紳助によってM-1グランプリが
2005年に秋元康によってAKB48が
埋もれていた漫才師やスターを夢見るおんなの子たちに、ステージ(場所)を提供した。

我々のビジネスも普通が基本になった。インターネットにより場所が提供された。
まず商品を検討して、次にお客様。
さらには市場、収益シュミレーション、競合、メッセージと順番に、
スター戦略構築法の思考ステップによって考えていくと、改善すべき戦略上の課題を見つけることができる。

しかしどんな商売も20年が一つのサイクル。
次の時代を考えなければならない時が来ている。




0627


雲走る夏の空に雨見えず
【まどか】













人間関係

人が成長するとき、今までの人間関係が切れていく時期がある。

成長できない人は、今までの属していた人間関係に引きずられて行動が起こせない。






0626



夏走る朝の道に開く花
【まどか】










予定

大阪でG20サミットが明後日から開催される。
早くから分かっていたはずなのに準備を怠っていた。

思っていた以上に厳しい警戒網に都市機能がマヒしそうな予感。
当然普段とは違う仕事の仕方にしなければならない。

今から考えたって思い付き程度のアイデアしか出ない。
結果を出すためには予定表に明確なことを書き出さなければならない。

おおいに反省です。


G20大阪サミット2019






0625



空光る夏の風に雨を待つ
【まどか】












クレーム

長くビジネスをしていると変化が見れる。
例えばお客様からのクレーム。

以前は商品のクレームが主だったが、今では自分が大切にされないことに不満を抱いている。
だからクレームゼロ運動をスローガンに掲げたり、クレームを処理している企業は衰退する。

クレームは対応するもの。
クレームはなくならないし、処理するものでもない。

相手の立場に共感し、大切に扱うことが第一優先順位になる。






0624



キラキラと夏が踊る朝の道
【まどか】










托鉢

仏教の中に、托鉢という行がある。

笠をかぶったお坊さんが手に鉢をもって家々を回りお布施を頂くという行です。

その昔、お釈迦様は托鉢に向かう弟子たちにこう言ったとの伝えがある。
「お金持ちの家ではなく貧しい人たちの家を回って托鉢をしてきなさい」と。

普通ならば、お布施を頂くのだからお金持ちの家に行くのが常識、なのに貧しい人の家に行けとは?
貧しい人々だからお布施を頂戴するのは難しいのではないか?と。
しかし、お釈迦様の想いは別のところにあった。

貧しい人がなぜ貧しいのか。

それは、自分のためにしかお金を使わないからであり、
その人たちに与える喜びを味わってもらう機会を生み出すのが托鉢の真の目的だったのです。

お釈迦様の誕生は、紀元前6.5世紀。
その頃より人間の本質は変わっていない。
ならば、お金は自分の為より、周りの人が少しでも幸せになれるような習慣を身に付けよう。



托鉢 Wikipedia






0621






















よい品

ある家電チェーン店で「よい品をどこよりもお安く」とのキャッチフレーズがあった。

違和感があった。
「よい品」って何だろう?と。

また、本当に良い品をお安く提供してよいのだろうか?

キャッチフレーズに惹かれてお店に行くが気に入ったものは少なかった。
程なくその組織は解散してしまった。

この「よい品」とは誰にとってよい品なのだろうか。
お店、仕入先、製造元、それぞれが考える良い品がある。

私たちはお客様にとっての「よい品」を考えなければならない。
そして難しいかもしれないが、その品を、安すぎず、高すぎず、適切なお値段で提供しなければならない。

まず、お客様にとっての「よい品」が出発点だ。




0620



手を開き雨はまだかと空見上げ
【まどか】









ビジネスの変換期

どんな商売でも、最初は馬鹿にされ笑われる。
次に、家族を不幸にするのか、業界を混乱に陥れるつもりかと、激怒される。

ビジネスアイデアが浮かんが時・・・・笑われる。(上手いこと行くはずない、考えが浅い)
そのビジネスを行動に移したとき・・・叱られる。(皆に迷惑を掛けるんじゃない)

この段階を経ないと本当の成功などない。
発想の段階から、みんなが納得するプランなどつまらない。




0619



夏照らす木陰で朝踊る
【まどか】















悩み

自分の悩みでビジネスを構築しないこと。

同じ悩みでも、お客がどんな事で悩んでいるのかを考えよう。
お客の悩みを共有することで効率的に共感をつくることができる。

そして、悩みを解決することで感動が生まれ収益への道筋が浮かび上がってくる。


まずはお客様の悩みを考え解決する。
自分の悩みは後回し。




0618



葉を揺らし空を仰ぐ雨の花
【まどか】
















1/10000の現実

やろうと思う人が1万人。
実際にやってみる人が100人。
やり続ける人が1人。

やり続けるだけで上位0.01%に入ってる。






0617



雨音に踊る雨粒朝知らせ
【まどか】











権限と責任

企業運営のすべての責任は経営者にある。

プロ野球でもシーズン中の成績が振るわなかったりすると、選手ではなく監督やコーチが責任を取らされる。

会社でも同じ。
経営者は会社の方針を設定したならば、その結果に対する責任を負わなければならない。
リーダーは、権限を他者に分担させることはできても、責任を分担させることはできない。





0614



雨上がり地面に咲いた雨の花
【まどか】











経験

経験が才能に勝るのは一定レベルまでのこと。
それを超えれば、人ひとりのちっぽけな経験などしれている。

経営の場合は「才能」を「資本」置き換えれば分かりやすい。

しかし、未来を拓くのは才能や資本ではない「理念理想」。

歳を取り経験で仕事をしていても楽しくないでしょう。
もう一度、経営理念を構築しなおそう。




0613



曇り空夏の雨を待つ紫陽花
【まどか】















幸福

究極の幸せや喜びは、思考によってのみ得られる。
そして、宗教への信仰心から得られるものでもない。
信仰するのではなく、考えなければいけない。
我々人間の頭脳を使い、科学的に考えるべきである。
神様や仏様に祈る必要はないのです。

その点において、釈尊は非常に賢明でした。
「私は人々の苦しみを取り除くことはできません。
 私は人々の否定的な感情を洗い流すこともできません。
 私は私自身の心の平穏を人々に与えることもできません。」
一人の人間としての釈尊であり、自分は神様ではないと言い切った。

ただ神に祈るだけではなく、自らの頭でしっかりと考えることが重要だと。




0612



夏草に顔を上げる雨の花
【まどか】











三年

人間は逆境に遭うと、それが十年も続くと思う。
しかし、逆境というのはせいぜい三年だ。
その間はじたばたせず、脇目なんか振らず、すたすたと自分の信じる道だけを歩いていこう。


岩城が提唱する三年の法則(1000日事業計画)が理解できればジタバタしないで済むと思う。





0611



風の中夏が泳ぐ朝の道
【まどか】





















闇には

闇は、闇で追い払うことはできない。
光だけがそれを可能にする。

憎しみは憎しみで追い払うことはできない。
愛だけが、それを可能にする。


マーティン・ルーサー・キング・ジュニア




IMG_2129ここから


雨雲が覆う朝に夏支度
【まどか】









習慣と希望

「人間には約140億個の脳神経細胞があるが、それを全部使い切った者は一人もいない」

誰しもが大いなる可能性を秘めている。
決して子供に「おまえはダメだ」などと言ってはならない、誰もが大きな可能性を持った「尊いよい子」なのだ。
子供に示すべきことは、誠実な暮らしと良い習慣づくり。

特に学ぶという習慣を身に付けたらならば、これからの楽しい人生の切符を手に入れたに等しい。





0607


風吹けば夏の匂いに朝の道
【まどか】







Dark Horse(ダークホース)

「人間の世の中は、ひがみといじけで満ちあふれている。
そして、このひがみといじけは思わぬ力を発揮して、世の中を変えてゆく。
愛だとか、慈しみとかは時として、このひがみやいじけに負ける。
なぜなら、ひがみやいじけには、その底に人間に対する憎しみという強い力を持っているからだ」

だからといって、自分の心に湧いたそのいじけやひがみや憎しみの念を、そのまま育てていいということではない。
そういう力を持つ心を、いかに他人への愛や慈しみにかえていくかということが大切である。

スター・ウォーズからは学ぶことが多い。



0604




夏風に踊る葉っぱが扇ぐ空
【まどか】






















ギャップマインダーテスト

あなたの常識は、本当に常識?
そんな挑戦的なことがが聞こえるような結果が出てしまう「FACTFULNESS」からのテスト。
質問は13問
選択肢はA、B, C, の三択
一般的常識をお持ちの方なら答えられるはず・・・・・・がっ!

http://forms.gapminder.org/s3/test-2018



https://www.gapminder.org/






0601



風の中ふわふわ光る夏の色
【まどか】










過去の ブログ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
お薦め書籍