今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

2019年05月

悩み

はた目から見て、幸せいっぱいのカップルでも悩みはあるように、どんなに成功しても、
問題はなくならない。
問題がなくなるのは墓場だけ。

人生は、予想できない出来事の連続だ。
どんなに豊かになっても、問題はなくなることはない。
それどころか、よりたくさんの問題が、より速いスピードで流れ込んでくる。

問題は放置せず、初期に対処する。





0531



雨の匂い夏を含んで朝起こす
【まどか】









バージョンアップ

学校を出て10年や20年もすれば学んだことも時代遅れになってしまう。

だから、大人の知識をバージョンアップする方法を見つけなければならない。

車ならリコールの連絡が来るが学校で教わった知識がその後間違っていたとしても連絡は来ない。
「申し訳ございません。お客様に教えたことはもう真実ではございません。
 お客様の脳を回収して、無料でバージョンアップいたします」ってあるわきゃない。

自分で自分の常識をバージョンアップしよう。




0530




きらきらと揺れる朝の日夏照らす
【まどか】










朝日新聞社

朝日新聞社は27日に2018年3月期決算を発表した。

朝日新聞は上場企業ではありませんから、関連会社である上場企業、
テレビ朝日HDが「親会社等の決算に関するお知らせ」という形での開示となります。

朝日新聞、売上は3,750億円、3.7%の減少。でも最終利益は109億7700万円と8.7%減になっています。
ここでは、本業の収益力を示す営業利益に着目してみます。
営業利益は、89億円(+13.2%)と2期連続の増益です。

正確な数字は6月末の有価証券報告書の開示を待たなければならないが、新聞事業は赤字でも不動産収入と過去の利益剰余金、いわゆる内部留保が約3300億円もあること。

表側から見る会社と数字から見る会社は評価が違います。



http://www.tv-asahihd.co.jp/pdf/ir_news/pdf/20190527_asahishinbun.pdf









0529




日が射した朝の道に通る夏
【まどか】












未来予測

未来を予測するうえで確率的に予測可能なのが人口動態。

四半期ごとに数字が出されるGDPでも予測が外れる。
国の経済成長も失業率も、驚くほど度予測が難しい。
それは複雑だから。

それとは対照的に、人口動態は何十年も先までかなり正確に予測できる。
人の生と死の仕組みは極めて単純。
子供として生まれて、大人になって子供を産み、やがて死んでいく。
人のサイクルはおよそ70年から80年

あえてリスクがあるとすれば、
感染症の世界的流行、金融危機、世界大戦、地球温暖化、極度の貧困
そして、まだ人類が経験したことのない、極度のリスク。

でも明日は来る。





0528



雨音にキラキラ光る雨の花
【まどか】














再起

恋とは始めるものではない。
恋とは落ちるもの。

そう考えりゃビジネスでの失敗も笑い飛ばせる。
ビジネスでの失敗、落っこちたそこからがスタート。





0524




雨を待つ紫陽花揺れる春の朝
【まどか】







犯人捜し本能

人は自分の思い込みに合う悪者を探そうとする。
何か悪いことが起こったとき、物事がうまくいかないと誰かがわざと悪いことを仕組んだように思いがちだ。

日本の景気が悪いのは安倍首相が悪いからだ。
韓国と日本の仲が悪いのは文大統領のせいだ。
〇〇新聞は真実を伝えず、日本が嫌いなんだ。

逆に上手くいっている時にも誰か一人の功績にしたり、単純な理由をつけたがる。
これは人間の性質。

然しながら物事というものは、はるかに複雑だ。
うまくいった場合は、「社会基盤とテクノロジーというシステムのおかげ」と思おう。
そして目立たない普通の人々の働きがあってこそ改革が成し遂げられたと考える。
国を進歩させるのはリーダー一人の力でなく、社会を築いてくれる数多くの人々なのだ。







0523



涼しさの中に夏の日差しが見える朝
【まどか】







民主主義

民主主義でなけてば、平和や社会の進歩・経済成長といったいろんな恩恵を受けられないと思い込んでいる人は多い。

しかし急激な経済発展と社会的進歩を遂げた国のほとんどは民主主義ではない。
この20年間に経済が急速に拡大した10か国の9か国は民主主義レベルの低い国だ。
例外の韓国は、1993年に金泳三政権が成立するまではずっと軍の独裁政治だった。

民主主義でなければ経済は成長しないし、国民の健康も向上しないという説は現実とかけ離れている。
民主主義は確かに良い制度だが、いろんな目標を達成するためには民主主義が最も良い手段だとは言えない。

思い込みを排除し、正しい現実に目を向けよう。





0522




葉が揺れてきらきら遊ぶ朝の道
【まどか】








読書

脳みそは新体験が大好きだそうだ。
その入り口として「本」以上に気楽なものはないと思う。

自分のペースで読め、中断も再開も簡単。
忙しい日々の合間、気の向いた時に本と遊んでほしい。

そして体(五感)が、新しいことを求めたら旅に出ればいい。
本は人生を豊かにしてくれる入口だ。




0521




雲並べ春の絵を描く朝の空
【まどか】










人生を「道」に例えるように、ビジネスを「山」に例えることが多い。

計画の重要性を説くために
「散歩のついでに富士山に登った人はいない」とか
リーダーの重要性について
「登頂するべきか、今すぐ下山するべきかの判断」など、

高い山を目指そうと思えば、資金、計画書、装備、人員・・・・
大変です。

そして現場に対峙すれば天候の問題もあり、
最短距離をとれば険しい道を選ぶことになり、緩やかな道を選べば迂回で時間がかかる。
その時その時の状況を感じ取りながら登るルートの選択を迫られる。

ビジネスは分岐点の連続。
つまり山登りは、厳しい坂、たやすい坂の選択の繰り返しであり、
それを誰に言われることもなく、自分で決め、その分楽しむ為にあるものなのです。




0520



葉が伸びて夏の日差しを揺らす朝
【まどか】










パレートの法則

2:8の法則ともいわれてる、ビジネスにおいて売上の8割は全顧客の2割が生み出しているとの考え方。
あと、仕事の成果8割は、2割の社員の働きによって生み出されている。
住民税の8割は全体の2割の富裕層が担っている。

いろんな説があるが、20対80は正確な数字ではなく経験則からもたらされた概算値。

決定的に重要な数字「少数」に労力を絞ったときに大きな成果を得られやすい。
要は小さな労力で大きな結果を出す考え方だ。

苦手なことをするよりも、好きなことをするほうが集中でき、結果が得られやすいともいえる。
結果として数字を残しているものを考えると自分が好きなものが殆どだと分かる。

仕事でも何でも、まず好きになることが物事の入り口なのだ。
そんなふうに、私は理解している。



0517



朝の道春の草木に風遊ぶ
【まどか】









前に進む

毎日・毎年少しずつでもよい成長すること。

たとえ1%だとしても前に進んでいることには変わりない。
前に進む。
ゆっくりした変化でも、変わっていないわけではない。

1%でも70年続けていれば倍になる。
2%なら35年で倍だ。
3%ならたった24年で倍になる。

疑うのなら携帯電話の計算機能で試してごらん。
そして自分の成長目標数値を計算する癖をつけてほしい。

意外と前に進める。




0516



朝色に染まる道が春起こす
【まどか】






考える身体

情報を収集することと、ものを考えるということは違う。
ものを考えるためには訓練がいる。
その訓練は身体的な訓練だと思ったほうがいい。





0515



春の風道を揺らす朝の色
【まどか】











過半数

過半数は半分より多いということでしかない。
それが51%なのか99%なのか。

商売人はそのどこなのかを確かめる癖をつけたほうが良い。




0514



太陽が春風押しのけ肩たたく
【まどか】






チーム

あるディレクターの昔話
「バンドはな、解散して時間が経てば、誰の才覚で売れてたか残酷なまでに一目瞭然になる。プリプリで第一線で生き残っていくのはたぶん奥居香だけだ」
ザ・タイガースの沢田研二、シャ乱Qのつんく、チェッカーズの藤井フミヤ・・・・・・
他のメンバー、どんな奴か知らん!


ビジネスもバンドも、なにかといざこざ発生しがちですが、チームは解散してしまうと、誰の才能や求心力で成り立っていたかわかる。
恐ろしいけど、いま一緒にやってくれるメンバーの仲間に感謝しつつ、自分の付加価値も磨かねば、いざと言うときに食いっぱぐれるし、自分を不当に高く見積もってはいかんな、という。






0513




春の日にふわふわ踊る綿帽子
【まどか】












リスク

リスクは「危険度」と「頻度」。

言い換えると「質」と「量」の掛け算で決まる。
恐怖:「恐ろしさ」はリスクと関係ない。





0510



ひらひらと春を仰ぐ新芽たち
【まどか】








FACTFULNESS

「世間は恐ろしいと思う前に、現実を見よう」

世間は実際よりも恐ろしいと見える。
メディアや自身の関心フィルターのせいで、
あなたのもとには恐ろしい情報ばかりが届いているからだ。

恐怖本能を抑えるには、リスクを正しく計算すること。




0509




雨音に子供の遊び懐かしむ
【まどか】












インド

「神様の期待を裏切らないように、仏さまが生き方を教えてくださっています。」

てなわけでゴールデンウイークは、インドに生き方を探しに行ってきました。
そんなインドの新聞(HindustanTimes)の第一面は学習塾の広告
全国模試の成績を顔写真付きで(裏面は講師の先生方の顔写真付き広告)
他にもThe Times Of Indiaにも広告を。

マイクロソフトのサティア・ナデラCEO.
グーグルのスンダー・ピツチヤイCEO.
ノキアのラジーブ・スリCEO.
アドビのシャンタヌ・ナヤランCEO
そしてハーバード-ビジネススクールの学長までもがインド生まれのインドの大学卒のインド人。

当然理系の人材は引く手数多。

今回のガイドさんの息子さんはIIT(国立インド工科大学)を出て、バンガロールからドイツの大学院に行っている。
ご本人も元設計士でガイドを副業に手広く商売をし、子供の教育に投資をしたと説明を受ける。
グローバルな視点を持つといろんな可能性が広がる。
結構熱く国際情勢やIT関連のことを話す。
中国嫌い!パキスタン大嫌い!は個人的な意見として聞きましたが(笑)

楽しみな国です。





0508




ゆらゆらと春の草木が歌う朝
【まどか】










過去の ブログ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。