今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

2018年10月

創業から3年目の問題

組織を立ち上げて3年も経過するといろんな問題が生じる。

大きな問題は二つ。

ひとつ目が品質問題。
二つ目の原因は適切な資質を持った人材が集まらないこと。




1022


雲の上秋晴れ見える朝の色
【まどか】







Price

価格の下限はコスト。
売値がコストを下回ったら赤字になる。

しかしコストを見極めるよりも、お客様の満足度を図る方が企業はうまくいく。
なぜならば価格の上限はお客様から見た価値だから。

決してよそと比較して価格を決めるんじゃないよ。
よそにはよそ様の事情ってものがある。
だからコストも違えば価値観も違う。

他人と比べて価格を決めるなんて碌なもんじゃない。
それよりも自分の所の会社やお店なりの満足度を上げる努力をしたほうが良い。

もう一回いうね。
価格の上限はお客様から見た価値だよ。
だから切磋琢磨して自分たちの価値を高める努力が必要なんだ。

久しぶりにお酒を呑みながらブログを書きました(^^♪


1019



秋風に足元踊る草木の色
【まどか】




ホラを吹く

今の時代は昔と違う。
夢物語のようなことでも、口に出すと実現してしまう。

少し前なら会社を創るにも、「ひと」「かね」「もの」と基本があると言われていた。
然し今の時代それぞれが全くなくても、相当大きな組織を作ることが出来る。

一年後にどんな自分になっていたいかを明確に描けるならば実現できる。
大きなことを言ってもイイ。
なりたい自分を思い描くことが大事。

目標を口に出す習慣をつくろう。
よし!やるだけ。


1018


雲開けて秋の空気に浸る朝
【まどか】







情報

データ、情報、知識。
これらと知恵の間には大きな違いがある。
集めた情報は実際の現場で知恵に変え、仕事や生活に活かすことが情報の対処法である。

今の現代人の多くは、情報の海で溺れながら知識に飢えている。

より良い情報を手にし、その情報をより良い知恵に昇華させた者が勝利を手にすることが出来る。




1017



雲かぶせ空の中も衣替え
【まどか】

複雑系の社会

世の中はITの普及に便利になった。

然しながら、世の中はより複雑化している。
その結果、自分たちだけの力で出来ない事柄が多くなってきている。

どこの誰と組むかによって自社の価値を高めることが出来るかを
真剣に考える時期になった。



1016


雨上がり葉っぱが揺れる風の跡
【まどか】








倖せ

悲しいことや、つらいことは放っておいても向こうからやってくる。
でも倖せは自分が捕まえに行かなければ掴めない。

だから歩け歩け、
一歩でも前に向かって歩け!



1015


雨音に伸びる足音秋の色
【まどか】








マンネリ

社長業にも飽きはくる
 
課長は1年、部長は3年、役員は5年、社長は15年もやれば、たいがい飽きる。
社員の立場からみれば飽きないと思うだろうが、大企業のトップでも飽きは来る。
それをマンネリと呼ぶこともある。

それはともかく、ある程度今の仕事を続けているとマンネリになってくるのは、いまの地位が頂点でないと言う事。
もっとすべき事柄があり、目指す道があると言う事だと考える。



1012


青空に足跡残す雨雲色
【まどか】







満足から感動へ

どこの誰に何を売るのか?

お客様は何を買っているのか。
今まで使っていたモノの代わりを求めているのか。
嬉しい気分を表すために買い求めるのか。
見栄を張るために必要なのか。
より便利になるために使おうとしているのか。
価格なのか(安いから買う)

お客様の欲求はどこにあるのか?
それらを深く考えなければ感動にたどり着かない。




1011


雨上がり道に花咲く水たまり
【まどか】






マーケッティング

マーケッティングとは、お客様が望むモノを見つけ出し、新しい方法で提供すること。

ピーター・ドラッガーがいうところの
「企業は、その目的が顧客を創造することであるがゆえに、2つの、いや2つだけの基本的な機能を持っている。
それはマーケッティングとイノベーションである。
マーケッティングとイノベーションだけが成果を生む。
その他の機能はみな、「コスト」だけしか生まない。」

お客様が望むもの・・・・
自分で自分を考えるのではなく、他人の目で自分を見てみよう。
そうすれば少しでもお客様の望むものが分かるのかもしれない。
よし!やるだけ。



1010


雨音に靴音鳴らす朝の道
【まどか】













天国と地獄

天国はどんなところ?
地獄とはどんなところ?

ふと思う。
天国も地獄もわりかし身近なところにあるのだと。

天国とは言葉を用いなくても心が通じ合う社会。
地獄とは言葉がない社会。
そして人間界は言葉を尽くして話し合う社会ではないだろうか。

わたし達は今、人間界に居る。
言葉を尽くして語り合わなければならない。
と、考える。




1009


雲集め空に広がる青い色
【まどか】











社長は常に夢を語り続ける必要がある。

現場を見て、理念を語り、働く必要性を説いても社員は動かない事が多い。
頭で判っていても動けない。
現場で働く人には、ここで働くことによって、どれだけ幸せになれるかという夢を語らなければならない。

幸せは向こうから歩いてこない。
幸せになろうな、と言い続けるから幸せになれるのだ。

社長は正しい夢を語り続けなければならない。



1005


朝色に染まる草木に歌う秋



恋愛

恋愛の極意とは
「大きな嘘はついてもいい、小さな嘘はつかない」という。

会社を創業して育てていくのと同じような感覚だな。

世界一お客様に愛される企業を目指す!
絶対、世界一お前を幸せにするぞ!



1004


雨音に踊る屋根が朝歌う
【まどか】








時代の作り方

安部首相の第4次内閣改造の顔ぶれが整った。
メディアは色んなことを言う。

然しながら時代は、彼らのような特権階級が創るのではない。
名もなき大衆の人たちが、時代を創る。

少数の選ばれた人にやってもらうものではないし、それに依存するという発想は、違う。

未来に目を向けた名もなき人々が結集していくプロセスによって時代が創られる。
商売人はそれ(ミッション)を核にビジネスプランを考える。


1003


秋晴れに泳ぐ雲の船浮かべ
【まどか】






















神無月

昨日は台風接近のためヤマト運輸さんの集荷が無かった。
お客様はどうしても今日の夜、仕事が終わって帰宅する頃に受け取りたいとのことで直接お届け。

ドアを開けると小柄な奥様が恐縮して手土産までご用意されてました。

私たちのお仕事は、よくお客様からありがとうと感謝される。
非常に有り難いですが、それにも増して責任感がハンパない。
昨日のブログにも書いたが、会社は規模ではなく質で維持する気持ちが大切。

台風のおかげで今の仕事をもっと大切にしようと思いました。
よし!やるだけ。




1002


萩揺れて雨を連れて泳ぐ雲
【まどか】

















会社は規模ではなく、質で維持することが大事。

「優良企業」と評価されたら注意したほうが良い。
優良企業のお墨付きを与えるのはお客様じゃない、金融機関や外部の評論家。

わたしは、小さくても質の良い会社を目指したい。


1001



雨の音秋の足音させる空
【まどか】



















過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍