今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

2018年05月

言霊

「敷島の大和の国は言霊の幸はふ国ぞ真幸くありこそ」
 柿本人麻呂(万葉集)

敷島(しきしま)の大和(やまと)の国は言霊(ことだま)の幸はふ(さきわう)国ぞ真幸(まさき)くありこそ


日本という国は言葉を格別に大切にしてきた民族だと学んできました。
わたし達も出来るだけ、感謝する気持ちを言葉に載せて発することにします。
それが小さな組織、人間関係を明るくする礎(いしづえ)だと思っております。

「ありがとうございます」

今日も出来るだけ声に出して感謝を伝えます。


0531



雨音に踊る草木が朝揺らす
【まどか】















掃除

人生を真に充実して生きようとしたら、
結局「今日」の一日を、
いかに充実して生きるかということ、
人間の一生といいましても、
結局は一日一日の積み重ねの他ない

森信三


まず、身の回りの清掃だ。
今すぐ掃除を始めよう。
綺麗だと思っていても、まだやることはあるはず。
よし、やるだけ!


0530



雨音に草木が唄う朝の道
【まどか】

















願い

正しい願いに添った行いであるなら、
それは必ず続けられるし、いつしかその願いが相手に届くはず。


続けることはよいことだ。
よいことは続く。
続くことはよいことの証しだ。



0529


青空にツバメが飛んで朝光る
【まどか】
















怒ると間違いやすいのですが、恕(じょ)と読みます。

孔子が人生で一番大切なことだと説いたのが「恕」です。
其れ恕か。己の欲せざる所、人に施すこと勿(な)かれ。

人生で一番大切なこと、それは恕=おもいやり。
自分がされたくないことを人にしてはいけませんよ。
また、もっと自分を思いやる。自分を奮い立たせることも大切だと。

恕のこころで、人生前向きにとらえて行動すれば必ずよい結果につながると。
よし!今日もやるだけ。



0528

雨上がり地面に残る空のいろ
【まどか】












人生の第二章

2018年は私にとってチャレンジの年なので、こだわりを外しにいってみた。

1個プライドを捨て、1個こだわりを外す。

「絶対ヤダ」とか「絶対無理」と思っていたことに挑戦すると何かがきっと起こるはず。
よし!やるだけ。




0525


キラキラと肌を走る夏の光
【まどか】















正義と悪

以前にも書きだしていたが、正義の味方と悪の組織はどこが違うか。

■正義の味方の特徴
1 自分自身の具体的な目標をもたない
2 相手の夢を阻止するのが生きがい
3 単独〜小人数で行動
4 常になにかが起こってから行動
5 受け身の姿勢
6 いつも怒っている

■悪の組織の特徴
1 大きな夢、野望を抱いている
2 目標達成のため、研究開発を怠らない
3 日々努力を重ね、夢に向かって手を尽している
4 失敗してもへこたれない
5 組織で行動する
6 よく笑う

他にもいろいろ特徴があるが、要するに正義の味方は傲慢で自己主張が激しい人だ。
でも傲慢な人になるのは難しいんだぞ。

謙虚になるのは簡単。
だが傲慢になるのには勇気が必要なのだと思う。
正しいかどうかわからないが、成功するためには勇気をもって「善い人」を捨てなければならない時があると思う。


0524


青空にさらさら流れる夏の風
【まどか】















経験したことのない時代

心に描いたものは必ず具現化していく。
より良い人生を生きていくためには、
心を綺麗にして善きことを思い描くことが非常に大事だと思っています。

特に、いまの時代は10年前と違う。
口に出すと短期間で本当に実現してしまう。

そんな時代を私たちは生きている。


0523



青々と風になびく道の草
【まどか】












学ぶ

学ぶということは、覚え込むこととは全く違う。
学ぶとは、いつでも、何かが始まることで、終わることのない過程に一歩踏み込むことである。

一片の知識が学習の成果であるならば、それは何も学ばないでしまったことではないか。
学んだことの証しは、ただひとつ。
何かが変わることである。



0522


青空の海に流れる白い雲
【まどか】












イノベーション

イノベーションが企業間競争のカギだと言われて久しい。
今日ではイノベーションを経営課題の一つとして掲げでいない会社はほどんどないのではないかと思われるぐらいですが、
一方で「イノベーションが競争の鍵だ」ということを誰もが言うようになったということは、
つまりすでにイノベーションは競争の鍵ではない、ということでもある。

本質的なことを申し上げれば、企業は他社との差別化をもって戦略を構築していく。
その為に我々は何を選択するべきか。
IT・イノベーション、次に何を持ってこようか?



0521

雨粒が踊る朝に光る道
【まどか】




















お金と仕事

お金も時間も使うモノ。
つかわれたら駄目。

そして、お金を追うな、仕事を追え!
それがより良い仕事をするコツ。



0518


青空に鳥の歌声響く朝
【まどか】



















正しいこと

「楽しいことより、正しいことをしなさい」

楽しいことでも、正しくないことはたくさんある。
自分が取り組んでいる仕事が楽しいからと言って正しいとは限らない。

”いま自分は正しいことをしているか?“
すぐに答えは出ないかもしれないが、常に問いかける姿勢が大事。




0517

さらさらと道走る夏の風
【まどか】
























鍛錬

「千日の稽古を鍛(たん)とし、万日の稽古を錬(れん)とす」

五輪書:宮本武蔵



3年は続けないと鍛錬の緒もならない。


0516

ふわふわと漂う雲に夏浮かべ
【まどか】















キャリアの向上

人は3日で覚えたことは3日で忘れ、1ヶ月で覚えたことも1ヶ月で忘れる。
3か月で覚えたことも3か月で忘れれば、1年・2年かけて覚えたことでも何もしなければそれぐらいで忘れていくものだ。

しかし、3年もやり続けると、もう止めようなんて思わない域まで達している。
新たなステージに向かいたくなるものだ。

「石の上にも三年」幼少のころ母から繰り返し言われた言葉です。


0515













本日の逸品 あこや黒真珠ネックレス



過去から未来が生まれる。

「他人がどう思うかではない。自分がどう生きたかだ。」

不思議な言葉だ。
「どう生きるか」未来形ではなく「生きたか」と過去形になっている。

人の一生などあっという間だと若い時から言われ続けてきた。
今になって本当にあっという間だと実感出来るが、振り返ってみれば「過去形」の考え方を身につけてから人生が変わった。

自分の人生だから、人様に迷惑をかけない事であれば情熱を持ってやりたいことをトコトンやり抜き、後悔しない生き方をしたい。
そして、そのためには人をだましたりせず、誰に対してもやましいことなく正々堂々と生きる。
昔の道徳の本に書かれていたような王道な生き方がある。

たった一度の人生を悔いなく生きるためには、他人からどう思われようと関係ない、自分に正直でさえあれば良い。



0514

風遊ぶ枝の先に夏が見え
【まどか】


















本日の逸品 南洋真珠ブレスレット


続ける力

十年 偉大なり。
二十年 恐るべし。
三十年 歴史なり。
五十年 神の如し。

新卒で入社して65歳で定年。
サラリーマンは神になる手前でリタイアしてしまう。
自営業者に偉大な人が多い理由。


0511


風遊ぶ夏の香りを運ぶ空
【まどか】
















本日の逸品 南洋真珠ブレスレット







教育

努力すればきっと何とかなるって、そんなわけないだろう。
一生懸命やれば何とかなるほど世の中甘くないってことは、親や周囲の大人が一番わかっているんじゃないか。

必死にやっても上手く行くとは限らなくて、どうにもならないこともある。
それが普通であたりまえだってことの方を教えるのが教育だろう。




0510

葉を開き太陽集める夏の色
【まどか】










綺麗ごとじゃない、
こんな広告が好きです。

32190983_1758416944219715_6639984783524888576_n

戦没者追悼

物で栄えて心で滅ぶ。

家であれ国であれ、過去のお蔭さまを忘れて栄えたためしはない。
各々のイデオロギーはさて置き、先人たちへの感謝から入らなければ浮かばれぬ魂もあると思う。
批判・批評の前にまず「ありがとうございます」と頭を下げよう。



0509

雲並べ
雨を溜め込む空の上
【まどか】















本日の逸品 あこや真珠ネックレス 8.5mm〜9.0mm


重圧

リラックスして楽しいんでいるときは、動きもよくパフォーマンスも発揮できる。
しかしプレッシャー(重圧)を感じている時もそんなに悪い状態じゃない。

棒高跳びで1メートル50センチを跳べる人は1メートルでは簡単すぎて、2メートルも不可能なのでプレッシャー(重圧)は感じません。
「あと少し」という1メートル60センチに挑む時に重圧を感じるもので、何かしらの手ごたえを感じている時に抱くものです。

プレッシャーの本質が分からないと、その重圧に押しつぶされてしまいそうになるが、意味が分かれば楽しむこともできる。
さぁプレッシャーを感じる、一歩上の「ステージ」に登壇しよう。


0508


ふわふわと踊る風が春揺らし
【まどか】
















本日の逸品 トライアングル一粒あこや真珠ピアス











ワイン

どれだけワインに詳しくても、ソムリエにワインのことを語ってはいけない。
そんなことをしたら、ソムリエは大切なことを教えてくれなくなる。
「このワインとても美味しいですね」と話すべきなのだ。


0507

雨の匂い詰め込む雲に鳥が鳴く
【まどか】
















見えないものを見る力

昼間の星は見えなくとも、だからといって存在しないわけではなく確かにそこにある。
経済活動においても見えない存在があることを、つねに念頭に置いていることが大切ではないだろうか。

数字やデータに表れない情報、世界の本質に、私たちはもっと目を向けるべきなのだ。
みんなはデータにできる、いくつかの指標を後生大事に、忙しい中それだけを見ている。
しかし世の中にはデータにできない大切なことがいっぱいあるのだ。

現代社会はデータに換算できない、見えないものを見る力が求められている。



0502


青々と空を見上げる桜の木
【まどか】















本日の逸品 小粒のグレー系花珠真珠ネックレス



まず捨てる

振り返って考えれば、
わたしは職を失ったおかげで自分がしなければならない別の仕事を見つけることが出来た。
もう立ち直れないと感じたほどの喪失感を味わったおかげで、自分がやらなければならない本質を見つけた。

いまならそう言える。



0501

吹く風に夏の匂いが混じる朝
【まどか】















本日の逸品 あこや黒真珠ネックレス

過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ