今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

2017年06月

人生


  一瞬一瞬の積み重ね。



0630


















知識と技術

人間が一度得た知識は、未来永劫消えることはない。
これは人の財産である。

然しながら、財産は使ってみて初めてその価値がある。
いくらそこにお札を積んだとしても、積んだだけではお札には紙屑の値打ちしかない。
それと同じことが知識の問題におある。

知識を得ることを科学だとすると、その知識を何らかの目的に使うことが技術になる。
科学で得た知識、またその他から得た知識もあるかもしれないが、
そういう知識を、私たちの生活に役立たせるのが技術である。

役に立つ、自分の生活が豊かになるためには技術を通じてのみできること。

今年の後半は、技術を磨く!
よしやるだけ!



0629
雨上がり
曇り空に
日が浮かぶ
【まどか】






























僕達はまだ 途中

生きている限り 人生にバッドエンドはない。



0628
曇り空
光るように
咲くお花
【まどか】






















尊敬

人は心底尊敬した人から知らず知らずのうちに多くのものを学ぶ。




0627
紫陽花に
負けじと咲く花
空見上げ
【まどか】






























チャンスは平等

ブラックジャックを20回行ったとき、
20回すべて負けることはほぼない。

負けが続いていても、必ず良いカードが回ってくる時がある。
流れが来たら勝負に出る。
その準備はしておく。

もちろん失敗もあるが、チャンスを生かすとはその波に乗るか乗らないかです。


0626
ジメジメと
草木が乾く
朝の道
【まどか】




















一汽車前

新幹線トラブルが続いた21日、
将棋の公式戦28連勝を達成し、歴代最多の連勝記録に並んだ、藤井聡太四段(14歳)は、
送電線切断による停電前に名古屋駅に着いた。

ビジネスの世界では途中何があるかわからないから、ひとつ前の列車で行って待っていろとの教えがある。
そうすることによって心に余裕が出て落ち着いて行動できる。

武道ではよく隙を作るなと言いますが、それは決してピリピリした感覚ではなく、
心に余裕をもって慌てずに動くことによって、自然に隙のない状態が出来上がることです。

相手も切磋琢磨している勝負の世界で勝ち続ける要素のひとつに、隙を作らない習慣がある。
良い習慣を身に着ける。

よし、やるだけ!


0623
ゆっくりと
昨日の雨を
隠す曇
【まどか】
























アームズ・レングス

アームズ・レングスとは、対等関係という意味で、一定の適正な距離を保つことを腕の長さになぞらえている。
イメージとしてはお互いの肩に手を当てる、日本人的な感覚でいうと、目線を一緒にするという感じ。

年齢の上下や肩書での判断ではなく、人と人との関係を大切にするために覚えておきたい言葉。


アームズ・レングス原則 (arm's length principle :ALP)


0622
大雨に
流れる地面
天の川
【まどか】






























決めるのは自分。

迷ったら、遠い道を選べ。

近道なんぞ選ばず、遠い道を選べ。




0621
葉を揺らし
紫陽花奏でる
雨の音
【まどか】
























商売

金儲けに才能があるものが、金儲けを真剣にやらなければ、
いったい誰がこの日本の経済を支えるのか?

才能がないものは、金儲けの才能に嫉妬する。
嫉妬されても、商売人は売りつづけなければならない。



0620
朝の道
ゆらゆら寝むる
紫陽花が
【まどか】
























今この一瞬

徳を積むには、何か大きなことをしてやろうというのではなく、
毎日毎日の小さな積み重ね。

一日一日を全力で生きていく。
それを十年、二十年と続けることが大事。


0619
雨降らぬ
首を傾げて
待つ紫陽花
【まどか】




















その第一歩

十里の旅の第一歩    
百里の旅の第一歩
同じ一歩でも覚悟が違う

富士山に登る第一歩  
三笠山に登る第一歩
同じ一歩でも覚悟が違う

どこまでいくつもりか   
どこまで登るつもりか
目標がその日、その日を支配する。

後藤静香


0616
朝の風
昼の暑さを
忘れる夏
【まどか】





















大丈夫

「大丈夫?」って尋ねて「大丈夫」って答える方は、大丈夫じゃありません。

何もないなら、『えっ?なにが?』という返事になります。



0615
さらさらと
流れる風に
雲が揺れ
【まどか】


















アジサイの花

今年は梅雨入り宣言をしてから好天に恵まれる皮肉が続く。

「雨は花の父母」と申しますが、
紫陽花の花を見るたび「少しぐらいは降ってくれても」と無い物ねだりをしてしまう。


今日も元気よく。
さぁやるだけ!

0614
朝の色
写す空に
雨の匂い
【まどか】




















雨垂れ

雨垂れ石を穿つ(あまだれいしをうがつ)

漢書・枚乗伝に「泰山の霤は石を穿ち、単極の航は幹を断つ」とある。

軒下から落ちるわずかな雨垂れでも、長い間同じ所に落ち続ければ、
ついには硬い石に穴をあける意味から。

今日も出来ることからコツコツと。
さぁ、やるだけ!


0613
雲ちぎれ
晴れ間が見える
雨の後
【まどか】


















Rain

Some people feel the rain. Others just get wet.

Bob Marley


雨を感じられる人間もいるし、ただ濡れるだけの奴らもいる。



0612
紫陽花が
顔を上げて
雨を待つ
【まどか】



















成り上がり

今日は6月9日金曜日
6月9日は「ロックの日」だとか。
日本でのロックミュージシャンと言えば、矢沢永吉だろう。

 成りあがり。
 大好きだね、この言葉。素晴らしいじゃないか。
 こんな、何もかもが確立されきったような世の中で、成りあがりなんて… 
 せめて、やってみろって言いたいよ。


矢沢さんと恭蔵兄さんは、私の永遠のあこがれです。



0609


























ローカル&グローバル

インターネットの普及により、世界は急速に同じ顔になっていく。
同じ商品・同じ景観が広がりつつあり、文化がつまらなくなってきている。
日本のアーケード街が、○○○銀座商店街だったように。

グローバル化が進めば進むほど、ローカル色の強い泥臭い個性が輝きを増してくる。

まず原石を探し出し、あとは丁寧に磨くだけ。
よし、やるだけ!

0608
晴れの空
梅雨の前に
一休み
【まどか】





















欲望

人は際限なき欲望に翻弄されるが、
なかでも、名利ほど厄介なものないといわれる。

名利とは名聞利用養:良い評価に浴しつつ実利に潤うこと。

そこそこ評価されて、且つ、ほどほどの金運に恵まれたいと思うのは誰でも一緒。
然しながら、それで欲望は満たされるかと言えばそうではなく、それどこではなく、
それを機に、世間的評価と実利への期待が一生膨らむ。


0607
梅雨まだか
雨を待つ花
空を見る
【まどか】
















まず、深く考える。そして学ぶ。

まず本当に深く考えてみる。全身全霊で考える。
しかし自分の考えだけが正しいと思わないで、先人の言葉に耳を傾ける素直さが必要。
学ぶことによって、自分の考えたことが活きてくる。


子曰く、「吾嘗終日不食、終夜不寝、以思。無益。不如学也。」

吾嘗て終日食らはず、終夜寝ねず、以て思ふ。益無し。学ぶに如かざるなり。

私は以前、一日じゅう食事もせず、ひと晩じゅう寝ることもしないで、思索し続けたことがあった。
(思索も大切だが、書物や先生について)学ぶことには及ばないのである。




0606
涼しい風
夏の前を
通る朝
【まどか】

























生産効率と職人

採算を合わせるのなら効率の良い分業制を選択してしまうが、仕事はやらされている感が強くなる。
不思議なことに、分業制をやめて一人の人間が全工程を担当すると意識が高まり品質が向上する。

生産効率は魔法の言葉。
職人から誇りを奪い去ってしまう。

数字は長い目で見ないと判らない。


0605
大雨に
洗われ光る
夏の草
【まどか】



















フィデュシャリー・デューティー

お客様の一大事とは、
現在、ただ今の事なり。


Fiduciary duty:受託者責任

0602













良い会社

良い会社とか悪い会社と判断をされるが、
具体的に何が良いのか悪いのか?

自分たちで考えるときは、行動できるところまで落とし込む。
誰が何時までにと、実践に落とし込む。

たくましく、そして優しい会社を目指すなら、
どこまでが逞しいのか。
何に対して優しいのか、どこまですれば優しいのか、具体的に動いてみよう。



0601
















過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ