今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

2017年05月

商いの原点

お客様に喜ばれて、自分も喜べる。
そんな気持ちになれるもの。

だから、働けるとは幸せつくりに参加できることです。



0531







血のしょうべん

考えに考え抜いたら、だいたい考えた通りになる。
その通りにならないのは考えが足らないからである。


松下幸之助


0530
















モノは捉えよう

夏が来るなぁ
その前に梅雨の季節がやってくる。
毎年のことだが湿度が高いのはどうも苦手。気持ちも晴れない。

しかし人間って不思議。
先日インドで40度を超える気温の中を歩いたが、さほど苦にならなかった。
あぁインドに居るんだと、少し誇らしげでもあった。

ものは考えようで、楽しいと思えば楽しいものだ。
以前見た蛍の夜のことを思い出す。

蛍は夏の風物詩だが、湿度の高い夜にこそ草むらの中から湧き出て雅な光を醸し出す。
その小さな光を見て爽やかさを感じるのは私だけではないだろう。



0529
虫の音
まだ聞こえぬ
夏の朝
【まどか】



















お客様

商売の基本はお客様。

お客様意外に買ってくれる人はいない。










マニュアル

マニュアル対応に批判があるが、マニュアルが悪いわけじゃない。
なぜならディズニーランドはすべてのミッションがマニュアル化されている。

マニュアル対応であっても人は感動する。
それは、誰のためのマニュアルなのかの差。

お客様のためのマニュアル化なら大いに結構だ。



0525
雨の匂い
ふわふわ浮かぶ
朝の道
【まどか】






















演じる

社長は社長の
部長は部長の
係長は係長の役を演じる。
それぞれの役を演じるのが組織。

本能で動くのは獣。
自分の思った通りに動かれては社会の迷惑。
組織はあんたの為にあるんじゃない。
お客様のため、社会の為に存在する。


0524
青空に
緑が映える
夏の朝
【まどか】


















本の字

本人 本当 本物
本心 本気 本音
本番 本腰
本質 本性
本覚 本願
本の字のつくものはいい
本の字でゆこう
いつでもどこでも
何をやるにも

   みつお



0323













変わる

未来のことは、歩きながら考えればいい。
大切なことは、歩き続けること。そして、変わり続けること。

変化しないものに、進化はない。


0522
さんさんと
背中を押す陽に
夏の風
【まどか】




















兆候

「兆候」の「兆」とは、古代の占いで、亀の甲を焼いてできる裂け目の形。
転じて、物事の起こる前触れ。きざし。しるし。気配。を表す。

自分の心に「兆」が現れた時、どのように動くかを神様から試されている。
立ち止まって「挑む」こともできれば、走って「逃げる」こともできる。

わたしたちは、心のあり方を常に見張って、
どんなことからも逃げずに挑むことが大切だと思う。




0519
傘をさす
月が明日を
教えてる


































翼をください。

海外へのフライトも8時間を超えるとエコノミーシートが苦痛になってきた。
体が贅沢になれたのか、一度あの広々としたシートに座ると癖になる。
しかし平安時代末期の後白河上皇が撰した「梁塵秘抄」すら、

 熊野へ参らむと思へども
 徒歩より参れば道遠し すぐれて山きびし
 馬にて参れば苦行ならず
 空より参らむ 羽賜(た)べ 若王子

なんと、神様に空を飛ぶ羽根をくれと申してます。
「若王子(にゃくおうじ)」とは、十二所権現という十二の神のうちの一つで、別名「若宮」とも言います。

現代語訳に直すと
 熊野へ参ろうと思うけれど、
 徒歩で参詣すれば遙かな道のり。ものすごく山が険しい。
 馬で参上すれば苦行ではないから、ダメだよね。
 いっそ空から参詣しよう。羽を下さい、若王子。

次回のフライト、ビジネスシートでもイイですよね、後白河上皇さま。



0518
春踊る
暖かい日射しに
夏を見る


















場所

比叡山も高野山も元は奥山
そこに徳の高い人が住み、訪う人が絶えぬ都になった。

場を作るのは人。



0517
曇り空
さす光に
夏の色















争いをやめ、
人の役に立つことをすれば、
神様が喜び、運が開ける。

西中務(弁護士)




0516
さらさらと
風が撫でる
夏の草色
【まどか】
















花は見えても

相田みつを美術館の館長と深くお話させていただいた。
丸の内の東京国際フォーラムB1にある美術館の館長は私と同い年。
相田みつを先生のご長男。

見た・読んだ・知っただけで、分かった気になったら駄目ですね。
一流と言われる方々の、目に見えない地道な努力には凄いものがあります。

今回お話しを聴く機会を与えられたことに深く感謝致します。
本当にありがとう!


 花を支える枝
枝を支える幹
幹を支える根
根はみえねんだ
 なあ


0515
雨の音
朝の会話に
夏の匂い
【まどか】



















人生

一度だけの人生だ。
だから今この時だけを考えろ。
過去は及ばず、未来は知れず。

死んでからのことは宗教にまかせろ。


中村天風




0512
道端を
流れる風が
アザミ撫で
【まどか】



















欲望

欲は全ての進化と向上の源泉である。
欲を押さえつける必要など少しもない。
求めれば求めるほど愉快になり、楽しくなるのが本当の欲である。

しかも、人の喜びが自分の楽しみとなるものが最も尊い。
この尊い欲の炎をもっともっと燃やすことである。

中村天風


0511
道端を
流れる風が
アザミ撫で
【まどか】
























縁起

ぼやぼやしてちゃいけないよ。

人がつくった衛星が宇宙を飛んでる時代に、
縁起がどうのこうの、
日の良し悪しや、占いが、迷信が、なんて、

みんな自分自身に、消極的な暗示をかけているんですよ。


中村天風



0510
日が差して
夏の足音
肌に乗る
【まどか】













正直・親切・愉快

今日一日、怒らず、恐れず、悲しまず、正直、親切、愉快に生きよ。





0509
朝連れて
働くツバメ
円を書く
【まどか】












インドで感じたこと

心が小さくなった時は
天を仰いで
大きく息をしよう

大宇宙の無限の力を吸引摂取しよう



0508
曇り空
穴が空いて
青空に
【まどか】



























過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ