今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

2017年03月

へた

へたでいい、へたがいい。
うまく書こうと思うな、
うまく書くことは自分を失うことだ。

感心させるな、感動させよ。
自分を小さく限定するな、
常識をぶち破れ。


原田正憲 書道家


0331
鳥の声
響く春の
朝の道
【まどか】


















負のスパイラルを考える

良い習慣を持たないで生きていくことを常に考える。
習慣をもたないで生きた未来と、素晴らしい習慣をもって生きた未来、どちらが幸せだろうか。

損する自分を考えると、良い習慣をつくろうと努力できます。




0330
春風に
向かって泳ぐ
鳥の声
【まどか】


















沢山する

質は量からしか生まれません。

誰よりも、目の前のことをたくさんやりましょう。
突き抜けた行動量は絶対に成果に繋がります。

数をこなす。
よし!やるだけ。




0329
おはようと
春の風に
雨の匂い
【まどか】



















まず行動

考えているだけでは、成果ゼロ。
成果をだすのは社会人の務め。まず行動する習慣を持ちましょう。

「考えるのに時間がいる」
「まず考えてからじゃないと」
こんなセリフは早めに捨て去る。
考える前に必ず行動が必要なはずです。

まとまった時間は永遠にやってこない



0328
風が切る
朝の雲に
見える空
【まどか】
















森友学園

気をつけよう。感情のスイッチをいれてしまえば、
どんな不合理と思われる行動も、正当化してしまうのが人間である。

籠池氏をメディアで見聞きし、そんなふうに思う。




0327
朝の色
隠れる日差し
写す曇
【まどか】













許す

人間はスーパーマンにはなれない。
仕事を頑張れば家庭が犠牲になる。当たり前!

すべてを頑張りすぎると私のように倒れるぞ。

仕事、個人、そして家族のすべての分野で、それぞれ目標を設定し、
それをクリアしていくと、論理的にはどんどん成長できそうだ。

しかし、実際には、仕事がうまくいけば、家庭が歪む。
家庭がうまくいき、仕事もうまくいけば、個人の欲求が犠牲になる。

不完全な存在だから人間。
許すことが、本当の強さ。






0324














人生は習慣の織物である

人の一生は
   頑張りではなく習慣


アンリ.F.アミエルの言葉を借りるなら。
人生というものを一つの織物とすれば、この織物は「習慣」から織りあげられています。
もし、自分の「習慣」が美しければ、そこから織り上げられる人生は必ず美しいものになるでしょう。
もし、自分の「習慣」がその逆であれば、当然そこから織り上げられる人生もその逆になることでしょう。
良い習慣を付けるか、悪い習慣をつけるかによって、まったく人生が変わっていくのです。



0323






























事前準備

相手を知ることは重要だが、 聞き過ぎたのでは尋問になる。

聞き過ぎないための事前準備。



0322
雨音に
春の足音
桜待ち
【まどか】
























やってお〇〇よかった

「やっておいてよかった」
「やっておけばよかった」

僅か二文字の違いだけども、その差はどこまでも大きい。



0321
曇り空
切り裂く春が
背中押す
【まどか】





















自転

何気なく立っている今も地球は動いている。
地球は今日も東に向かって休みなく回っている。

地球が一日に約一回転するということは、地表は時速1600Km以上の速さで回っている。
音速よりも早い、秒速463mのとてつもない早さだ。

そんな激しい地球の上で僕たちは生きている。

小さいことで悩まない。
この世は不思議で満ち溢れているんだから。



地球の自転



0317
まだ寒い
朝の風は
冬の終わり
【まどか】
























パラダイムシフト

明らかに時代は変わった。

競争主義の数字だけを求める会社は利益を出せなくなっているが、
理念や内なるものを大切にする会社は発展している。


パラダイムシフト






0316
風の音
ドアをノックする
春一番
【まどか】
















抵抗の六階層 6 layers of resistance

実際のプロジェクトやスタートアップでは、計画や承認に多大な労力が必要です。
組織内では社内の調整。
独立では周りの説得。
面倒なことではあるが、最初から賛成する人はひとりもいない。

変化に抵抗する場合には順序があることを理解しなくてはならない。

1.取り組もうとしている問題が問題であるとは思わない
  【自分自身の問題だと認識していない】
2.解決しようとしている方向性に合意できない
  【全体最適を無視して、自分の領域の利益:部分最適を優先する】 
3.その解決方法で、問題が解決するとは思わない
  【問題を解決する解決策に同意しない】
4.この解決方法を実行すると、ネガティブな問題が発生する
  【解決策は見えるが、もし実施したらネガティブな効果がある】
5.提案されている解決方法を実行するのに、障害があるので現実的ではない
  【現実的な実施を阻む障害が存在している】
6.知らないことに対する恐れ
  【新しいものに対する抵抗。なんとなくイヤ】


提案に対する抵抗の六階層(6 layers of resistance)に対しては、しっかりとした打ち手を明確にし、確実に打ち込んでいくことで
「変化に抵抗するプロセス」から「合意に至るプロセス」に変革させていくことが可能になる。




0315
春支度
始める花に
飛び乗る鳥
【まどか】



























縁は「場」で変わる

自分でビジネスを設計するようになって、一人で行動することが多くなった。
旅行も遊びも、みんなでワイワイと行動するよりもひとりで行動することが多い。

人との出会いは、それが偶然か必然か、良いか悪いかは別にして、社会の仕組みに依存していることが少なくない。
もちろん主体的にその場を作っていこうと考えているはいるけども、どうしても社会的な制約をうける。

小学生のことを思い出して欲しい。
一緒に遊ぶ仲間は自分の近所の子か、クラスメート。
それが中学生になり、高校生になって、大学・社会人と円の面積が広がるように大きくなる。

自分が関わった人や出会った人の多くは、自分が生きてきた社会の仕組みがあったからこそ生まれた関係と言える。
新しい人との縁は、その時立っていた円から一歩出たときに生まれることが殆どといえる。

イノベーションとは、今いる自分の「場」から一歩踏み出すこと。
「場」を作るか変えるかしなければならない。
そのためには身軽になって行動できるように準備しておくことが必要。

出逢いの縁は「場」で変わる。「場」を変えると出会いが変わり、自分が変わる。




0314
曇り空
切り分け飛ぶ
朝の鳥
【まどか】




















退屈

啓蒙主義を代表するフランスの哲学者、ヴォルテールは、
゛労働はわれわれを三つの大きな悪から逃れしめる”と言いました。

悪徳、欲求、退屈です。

前の二つはわかりますが、最後は退屈です。
それくらい退屈というものは人生にとって辛いものなのです。


I make us run away from labor from three of big vice.
In other words, from boredom, an act of dishonesty and desire.


ヴォルテール:Wikipedia




3013






















有り難い

有り難いとか、感謝とよく言いますが、

まず、日々の生活での愚痴や不平不満を漏らさないことが肝心。




0310
キラキラと
波打つ水に
写る空
【まどか】
















火消

ビジネスの世界では「ひ消し」が大切。

否定、批判、批評、比較、

「ひ」のつく行動を極力しないことです。



0309
鳥運ぶ
春の香りに
冬の風
【まどか】
















営業

親しくなるということは、相手にこびることではない。

また、相手の機嫌をとることではない。

大切なのは自分の機嫌をよくしておくこと。 



0308
曇り空
写す窓に
朝の色
【まどか】





















考えがないと、行動は起きない。

自分が創りたい未来に対して、行く道(方向)を誤ってはならない。

わたしたちの未来は自分の人生に対して責任を負い、
願望実現のための実行可能な計画を立てることから始まります。

出来ることから行動をする。



0307

















死ぬ覚悟

人と生まれ出た以上は、必ず死ぬものと覚悟をする。

 一日生きれば、一日の儲け。
 一年生きれば、一年の利益。

ありがたい。



0306
冬の跡
春と混じる
空の色
【まどか】



















逃げたら痛い!

自分に起こる事柄からは逃げられない。
それらは、痛み・苦しみ・悲しみを伴うかもしれない。

しかし、自分がすべてを受け入れなくてはならない。
痛みも逃げようとするから痛いのであって、その中に入っていけばいい。

自分の身に起こることは全てを受け入れろ。




0303
雨上がり
走る車輪に
水の跡
【まどか】














評価

どんなにその人のために尽くしても、わかってもらえない時がある。
仕事において、どんなに素晴らしい結果を残したところで、誰にも評価されないこともある。

人生そんなもんです。

歴史を振り返ればわかるが、芸術家や作家の作品は死後評価されることのほうが多い。
一生懸命やった仕事に対して、その場で評価されなくても腐らない。
人の評価なんて、見る人、見るタイミング、環境によって変わる。

なによりも他人は好き勝手なことを言う。

それよりも自分がやりたいと思ったことをやり切ったことが大切。
まず自分で自分を評価してあげよう。



0302
雪の下
隠れた春が
顔を出す
【まどか】




















欲求と商品

人間と動物の区別に欲求がある。

その人間の欲求には、大きく分けて二種類ある。
一時的欲求と二次的欲求だ。

一時的欲求は、本能・飢え・渇き・性的行動。生物の本能的欲求です。
二次的欲求は、心理的欲求と言われ、一時的欲求を満たす手段としての欲求。


アブハム・マズローは、人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されていて、低階層の欲求が充たされると、より高次の階層の欲求を欲すると定義した。

マズローの欲求5段階説
↓1、「生理的欲求」食欲、性欲
  2、「安全欲求」身の安全
  3、「社会的欲求(愛・所属欲求)」集団・仲間が欲しくなる
  4、「尊厳欲求(承認欲求)」他者から認められたい、尊敬されたい
  5、「 自己実現欲求」

自分が扱う商品は、どの層の欲求を満たすための品かを考える。
4、承認欲求で他者から認められたい「ステータスシンボル」をターゲットとする品なら、その商品の質をよく考える。

腕時計はステータスシンボルになるが、同じ時計でも置時計はならない。
何故なのか?
そこを突き詰めないと、モノは売れない。


アブラハム・マズロー





0301
朝青く
鳥の鳴き声
響く道
【まどか】



















過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ