今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

2016年12月

欠点

人の欠点はすぐに気がつくのに、自分の欠点は気がつかない。
さらには、指摘されても知らん顔してしまうこともある。

家族や友人の欠点は許せないのに、なぜ自分の欠点は許せるのだろうか?
自分自身の欠点と正直に向き合うのは難しいものだ。

しかし、誰でも何かしらの欠点を持っていると認識した時に、ようやく人を許せるようになる。
いや、人を許せるだけではなく自分をも許せるようになる。

さらに、欠点があるから人間は面白いと思えるようになったら他人の隠れた才能が見えてくる。
来年は、周りの人の才能を伸ばせる人になれたらと考えます。

来る新年が楽しい一年でありますように・・・・
よし、やるだけ!



1227
雨の音
曇り空に
うつる晴
【まどか】






花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中

2013年12月の「今日の空」











鐘の音

祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色
盛者必衰の理(ことわり)をあらわす
おごれる人も久しからず

ただ春の世の夢のごとし
たけき者も遂には滅びぬ
偏に風の前の塵に同じ


祇園精舎(インドのお釈迦さまのお寺)の鐘の音は
「世の中に不変はない」と言っているように聞こえる。
沙羅双樹(ツバキの一種)の花の色は、
盛んな者は必ず衰えることを表している。
思い上がったふるまいをする者は長くは続かない。

それは単に春の夜に見る夢のようだ。
荒々しい強者もゆくゆくは滅びてしまう。
それは、いかにも風が吹くと飛んでいく塵と同じだ。

今年一年を振り返ると、平家物語の冒頭に書かれている祇園精舎を思い出す。
来る新年が平和でありますようお祈りいたします。



1226
光挟む
雲の間に
見える朝
【まどか】

















人間は弱い

人間は弱いもので、困難に遭遇するとそれに正面から挑戦することなく、
すぐに言い訳を考え、逃げ出そうとします。

しかし、それでは決して成功できません。
どのような厳しい状況にあっても、それを正面から受け止め、誠を尽くし、
誰にも負けない努力を続けることが、成功するためには必要なのです。

稲盛和夫 「成功」と「失敗」の法則




1222
冬の木に
春の前触れ
小さな芽
【まどか】













自分自身

ビジネスマネジメントの第一人者であるゴールドラット博士の言葉に

 「人には選択の自由がある。
 そして、私は充実した人生を送ることを選択する。
 そして、それを実現するために、興味のある分野の因果関係を本当に理解するために時間をかけている…
 あなたが私と同じことをするのを妨げているものは何か?」


人間のエネルギーは無限だ。出せば出すほど入ってくる。
「できる」と思ったとたんに今までできなかったことができるようになる。

限界を決めているのは自分自身なんだ。



1221
曇り空
雨を連れて
朝歩く
【まどか】













喜ぶ

喜べば、
喜びが、
喜びながら、
喜びごとを集めて、
喜びにくる。


5年まえに、そのように書きました。
本当でした!


1220
曇り空
冬色染まる
朝の靄
【まどか】














千夜一夜物語

今年を振り返り、どんな一年だったかを検証してみた。

まず、2016年はその前年2015年11月に起こったパリ同時多発テロの影を引っ張った暗い幕開けだった。
その嫌な気分は7月のニース・トラックテロ事件に引き継がれた。
ISIL(イスラム国)の問題は来年以降も世界に影を落とす。

政治的に衝撃だったことと言えば6月ヨーロッパでまさかまさかの英国EU離脱決定。
さらに12月4日にはイタリアの憲法改正国民投票でレンツィ首相が敗北し辞任した。
勝利を得たポピュリズム政党「五つ星運動」はEU離脱運動推進派。
英国のように経済が盤石じゃないイタリアがEUを離脱することは、自殺行為に等しいのだがこれからの流れが読めない。

アメリカは11月8日の大統領選で、民主党のヒラリー・クリントンと共和党のドナルド・トランプが対決し、多くの世論調査を覆しドナルド・トランプが勝利した。
アメリカもポピュリズムの勝利。

アジアでは5月にフィリピン・アキノ大統領が後継者として指名したマヌエル・ロハスを大差で破って、ロドリゴ・ドゥテルテ新大統領が誕生した。

いずれにしてもグローバル化が進んだ世界経済の中で、世界中の主な国が自国最優先のナショナリズムのトップを選ぶ流れとなっている。
自分のことで精一杯で他人のことなど気にしている場合じゃないと言わんばかりだ。
国と国との関係で不必要な摩擦を引き起こさなければ良いのだが。


2017年にはフランス大統領選とドイツの総選挙が予定されている。
今年生じたこの混乱は何処にしわ寄せが行くのだろうか?

いろんなことがありそうな2017年だが、自分の身の回りではどうだろうか?
年末までに、これからの自分の「千夜一夜物語」予想を考えてみる。
1001日後は2年と271日。それは、2019年8月27日


2019年夏は64歳だ。
う〜ん考えられん。

しかし、未来は確実に訪れる。



1219
日向探し
歩く朝に
背を押す日
【まどか】















笑顔でスルー

人は思いつきでモノを言う。
しかも言いっ放しで覚えてない。

だから笑顔でスルーしてOK!



(でも、話はちゃんと聞くように)


1216
空高く
雲が流れ
見える朝
【まどか】


















他人の金儲けには誰も興味がない

あなたがいくら稼ごうが、
他人の金儲けには誰も興味がない。
高い給与をもらっていたとしても貴方が偉いわけじゃない。

これが現実。

イチローは高い給与が欲しくて一生懸命練習を頑張っているのだと思うだろうか。
彼の姿に働く喜びのヒントが隠されていると思う。

今年3000本安打を達成した時の言葉がある。
 「あんなに達成した瞬間にチームメートたちが喜んでくれて、ファンの人たちが喜んでくれた。
 僕にとって3000という数字よりも僕が何かをすることで僕以外の人たちが喜んくれることが、
 今の僕にとって何より大事なことだということを再認識した瞬間でした」

自分のことよりも、一緒に働く仲間、ファン(お客様)を大切にする。
わたしたちが何かをすることによって、自分以外の人たちが喜んでくれる。
今日はそんな働きをしてみたいと思います。

よし、やるだけ!



1215
朝の青
空が透き通る
冬の匂い
【まどか】























レジリエンス(resilience)

レジリエンスとは、粘り強さ、跳ね返す力、心の強さ、など心の回復力についていう場合が多い。

誰しも仕事や人生で逆境に陥ることがあるでしょう。
その時に問われるのが「レジリエンス(逆境力)」です。

「逆境体験や失敗には意味がある」という言葉をよく耳にします。
これは真理だと思います。

ただ、どん底に沈んでいる時に自分のことを冷静に考えれる人はいない。
そんな時は一刻も早く、現状を底打ちしてしまい「もうこれ以上悪くならない」と思い込んでしまうこと。
言い換えれば、恐れや罪悪感、不安などの感情を自分で制御できるようになること。

不安にしたって、なんとなく不安から、ものすごく不安まで色々あるが不安の質を決めるのは自分。
恐れや不幸も一緒。全部自分で決めている。
だから勝手にもうこれ以上悪くならないと決めてしまっても構わない。

レジリエンスが理解できたら、すごい知力がついてくるよ。


レジリエンス(Resilience)




1214
星空に
登る大陽
朝の始まり
【まどか】

















よい仕事

良い仕事とは、お客様に喜んでもらえる仕事のこと。

売上や利益をたくさん稼ぐことではない。
当たり前だが、お金をたくさん得ようと思って働けば無理が出てくる。

それよりもお客様や周りの人に喜んでもらう工夫を重ねれば、自然と笑顔になりお金も寄ってくる。
売上や利益は目的ではない、自分が働いた結果(数字)だ。

結果が出ないのは自分の働く方法が間違っているから。
それは、お客様を第一に考えていないからだ。

良い仕事をすれば、お金は必ずあとから追いかけてくる。



1213
暖かい
日差しを目指す
朝の道
【まどか】




















謙虚に真剣に。

育児ノイローゼで我が子を死なしてしまう。
悲しいけど毎年起こる現実。

それに比べて、仕事が忙しすぎたり、ミスばかりする部下がいてノイローゼになってしまっても
社員の首を絞めて殺す社長などいない。

家事育児は命懸け。本気度が違う。
仕事なんて所詮は自分が選択した結果。

もっと悩め!もっと働け!



1212
日が差して
道ができる
冬の朝
【まどか】

















一歩踏み出す

完璧な見通しなど絶対にない。
まずは頭の中で考えるより先に「やってみる」ことが大切

よし!やるだけ。



1209
冷たさに
冬を見つける
朝の光
【まどか】













信頼

あいつの言葉が気に入らない。
こちらの気持ちを分かって動いてくれない。
期待しているのにいつも裏切られる。
そう思ってストレス感じたところで無駄なだけ。
所詮。他人は他人。よそはよそ。うちはうち。

逆の立場で考えればよくわかる。
相手がどう思うが、どんなに期待されようが、自分は自分。
自分の考えに基づいて自分の判断でやっているだけ。
あんたに大きな迷惑かけたわけでもなし、色々言われる筋合いはない。

逆の立場で考えてみれば同じこと。相手がどう思おうが、どんな期待をされようが、自分は自分。
自分の考えに基づいて自分の判断でやってるだけのこと。
具体的な迷惑でもかけてなきゃいろいろ言われる筋合いはない。

なのに憶測で、あの人にとってはこれがベスト。あの人の考え方はこうだ。そんな思い込みで人と接するから話か噛み合わず、お互いイラッとしてしまう。

他人のことをあなたが決めることなどできない。手放して委ねれば信頼が深まる。





1208











オビ=ワン

経験上、成功にまぐれなどない。
In my experience, there’s no such a thing as luck.


オビ=ワン・ケノービ
スター・ウォーズ エピソード4



1207











考えて喋っていない

役員を引き受けている某社の会議に出て思うこと。

「考えて喋っていない人が多い。」


たまたま思いついたことをそのまま口にする人があまりにも多い。
それも責任ある立場の人が。

だから会議に内容がない。
取り敢えず声に出して積極的に発言しアピールすることが良いことだと思い込んでいる。
そのような人がリードして、薄っぺらく印象に残らない時が過ぎ去る。

会議とは議論を深める場。
その議題の意図することを把握して、意図するところへの適切な筋道を探す。
そうして、自分が仮設構築したものへ導くために適切な言葉を探す。
それだけのことを考えると、どうしても時間が必要になる。

日本の会議は生産性が低いと言われ続けて久しいが、
なんにも考えず思ったことをすぐ口にする、そんな考えない人が会議の場を支配することが一因。

明るく・元気で・いい加減な社長が会社を潰すとの痛烈な名言がある。

会議の前半には思考を深める時間が必要。
当然どのように答えるのが適切かと深く考え、焦って適当なことを口にしない。
また、相手が思考しているならば口にするまで待つ。


相手のことを尊重している・・・・その言葉自体は良いことだと思うが、
相手を尊重しているので発言は深く考えない、そんな風潮が良いと思えない。

面白い会議は、参加者全員が思考して成り立つ。
考えろ!掘り下げろ!



1206
日の光
道を照らす
冬の色
【まどか】











目標

世の中はアウトプット以外は評価しない。

社会が評価するのは結果のみ。
インプットして満足しているだけでは自己満足の領域を出ない。

だから、何に頑張っているのかの、基準「目標」が必要。
目標がないと、いつも頑張っている自分が好きになってしまう。

Out Put=世に出す習慣を心掛けたい。



1205
秋の風
いつの間にか
冬の匂い
【まどか】













閾値

環境が良いと人は働かないという。
何もしなくても食べていけるのであれば、当然そうなる。
しかし、それで幸せか?と問われると考えてしまう。

閾値(しきいち)との言葉がある。
一般に境界線を指し、ある値以上で効果が現れ、それ以下では効果が現れないことをいう。
最小限のエネルギーの値で、電子回路などでスイッチが入る・入らないのギリギリの境界電圧。
生理学では、神経細胞が平常状態から活動状態へ転換するのに必要な最低限の電気的信号の強さの値を指す。
やる・やらないのスイッチの切り替えタイミングだ。


自らが閾値を超えるために何をすれば良いか。
これには二つあると考える。

ひとつめは、意図を明確にする。
 なんの為に、なにをするのか。要するに目的と目標を持って集中して行う。

ふたつめは、限界的練習。
 限界を少し超えたところの負荷の掛かったところで鍛錬する。
 快適ゾーンから脱する練習を繰り返し行う。


スイッチの入れ方は自分で工夫できる。
よし、やるだけ!

閾値


1202
雨の跡
足跡残す
道の上
【まどか】

















東京

昨日、11月30日。東京のセルリアンタワー東急ホテルで真珠の魅力について講演をした。

久しぶりに新幹線で東京に降り立ったのだが新鮮さがない。
東京らしさが全く感じられないのだ。

「情報」という意味ではネットでかなり共有できている。
リアルなイベントも「東京」だけではない。

尊敬する博報堂の木藤氏は「東京の力は、法人税と人口の多さでしかない」と言い切った。

土地・人件費のコストを考えたら、ビジネス拠点として東京に残るのは「プライド」だけかな。

大企業以外は地方で情報ネットワークを構築する。
それがこれからのビジネスに必要だと確信する。



1201
駆け抜ける
朝の道に
光通る
【まどか】














過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ