今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

2016年10月

頑張り

胸に手を当てて考えてごらん。

「人をあてにしてうまくいったことがあったか?」

力は足らずとも、自分が懸命に動いていたときに、
思いも寄らぬ援護者が現れるものなんだ。



1031
秋の風
揺らす香りに
答える空
【まどか】


















序破急

赤信号を無理に進んだら、事故につながるだろう。
さらに、自分だけではなく他人をも巻き込んでしまうかもしれない。

人生には、がむしゃらに突き進む時があるが、必ず焦らずにゆっくり休む時間も必要になる。
それは自分だけではなく、他人のためにも必要な時間。

わたしたちは集団で生きている限り、周りの人達の信号にも気を配らなければならないと思ってます。
誰かが黄信号で進もうとするならば、こちらはペースを落としてぶつからない様にしてやる。
さらに「もうすぐ赤信号になるなら止まろうか。青信号までゆっくり休もうではないか」と声かけ寄り添う。

「ゆっくり」
「少し速く」
「もっと速く」

これを、序破急という。

人生を有意義に過ごすためにも、序・破・急・のリズムは理解しておくと良い。
急がなくて良い時は、急がない!
いっぱいいっぱいだと、そんな当たり前のことも見逃してしまう。



1028
曇り空
そっと輝く
金木犀
【まどか】

























「証拠」

「喧嘩する」のは、一緒だった証拠。  
 
「つまずく」のは、進んでいる証拠。  
 
「裏切られる」のは、信じていた証拠。  
 
「失恋する」のは、愛していた証拠。  
 
「不幸になる」のは、幸せだった証拠。

「疲れた」は、頑張った証拠。

「失敗した」は、挑戦した証拠。

「もうやめようかな」は、まだ希望を捨てず、頑張ろうとしている証拠。

「素直になれない」は、それだけ愛している証拠。




1027
青い海
ぷかぷか浮かぶ
残る月
【まどか】




















時流

常識や教養が大切だと言って新聞やニュースばかり見ていたら、
ピコ太郎の存在に気がつくことは無いだろう。

これからの時代は頭で理解するのと同等に感性が非常に大切になる。
ITとグローバル化の波は急速に旧弊を流し去ろうとしている。

今年、世界は大きく変化した気がする。




1026
川の上
走る太陽
雲を避け
【まどか】




























完璧主義者

完璧に仕上げることが良いことだと思っている時期があったし、
綺麗に仕上がると嬉しいものだった。

一生懸命、計画を策定して、必死で実行していた。
本気で戦っていた。


なにもかも理想通りに物事が進まないと気が済まない完璧主義者は、
それが良いことだと思っているフシがある。

しかし、それで周りが迷惑しているという事実が存在する。




1025
光さす
朝の色に
光る木々
【まどか】












考えろ。頭を粉にしろ。

深く考えるという癖は、藤田田さんに教えてもらったようなもの。
日本マクドナルドの創業者である藤田田さんは、当社の事務所のほんの近く、大阪・淀川区に生まれ北野中学(高校)から東大へ進んだ。
そして私が16歳の1971年7月に日本マクドナルド1号店を銀座にオープンした。
爾来、私の人生の節目にはマクドナルドのハンバーガーが隣にあった。

そんな藤田田さんからの強烈な一言は。

「身を粉にするな、頭を粉にせよ。
 最悪のあとには必ず最善がある。
 いかなる苦境にも屈しない強さを身につけていれば、おのずと道は開ける。」

田舎では常に「身を粉にして働け!」と叱責され続けてきた。
そんな青年がこの言葉に出会った時の衝撃は計り知れない。

また商売の基本も時代に合わせて変化しだしたのもこの時代だろう。
コツコツ真面目に働く美学から、実利が伴いその利で社会貢献を果たす新しい時代。

「ビジネスとは儲けることである。
 儲かるからこそ面白いのだ。
 どんなにきれいごとを言おうと、儲からなくては商売をする理由がない。
 売れないとか、景気が悪いからと言って嘆く人は、はっきり言って商人の資格がないと私は思う。」
と藤田田さんは言い切った。

お金がない苦しい時には、マクドナルドのハンバーガーで飢えを凌いだ事は一度や二度ではない。
人間、本当に苦しい時に食べていた味覚は忘れない。
またその著書を通して頭にまで栄養を頂いた。

「人生は希望を6割達成できればまあまあいい。
 7割いけば上出来である。
 8割できれば感謝すべきなのである。」

感謝です。



1024
キラキラと
水面を変える
空の色
【まどか】


















伝える

北野武に名言は多い。
物事の本質を捉えるのが上手なのだろう。

「人に何かを伝え理解させるのに必要なのは、
 巧妙な話術でも、甘いお菓子でもなく、伝える側の本気度だ」
(たけし)

教えること伝えることは違うという。
どこが違うのかといえば、教えるということは自分が理解していること他人に教えること。
伝えるためには、そこに気持ちがこもっていなければ伝わらない。

残念ながら、多くの頭の良い人は、伝えなければならないことを教えてしまう。
簡単なことでも、自分に信念がないと伝わらないものだ。

今日は、どうしたら伝わるかを考える一日したい。




1021
太陽に
撫でられ光る
ススキ色
【まどか】














鬼退治

心に棲む【五匹の鬼】

 「貪」(とん)・・・・・・・・物を欲しがる心、自分を評価してほしい心
 「瞋」(じん)・・・・・・・・自分の思い通りにならないと腹が立つ心
 「掉挙」(じょうこ)・・・おだてられると図にのる心
 「惛沈」(こんじん)・・・いじける心
 「疑」(ぎ)・・・・・・・・・・疑う心、受け入れない心


鬼さんは、完全に退治しなくてもイイと思う
おとなしくしていてくれ


1020
キラキラと
泳ぐ雲に
見える朝
【まどか】













静思

お経の中にある「静思」という言葉は「じょうし」と読む。

「よく考える」ことを仏教で「静慮(じょうりょ)」または「静思」という。
そして、よく考えるときに自分の損得や好き嫌いを一度横に置いとく。
自分の損得や好き嫌いは、自分だけの物差し。

未来を変えたいのであれば、今までのモノさしを捨てる(変える) そして一歩を踏み出してみる。

さぁやるだけ!



静思(せいし)




1019
見えずとも
明るく照らす
朝日揺れ
【まどか】









反省

君子は諸(これ)を己に求む。小人は諸(これ)を人に求む。

君子は自分を振り返り反省するが、小人は他人に反省を求める。


うまくいかないのは、すべて自分のせいである。
素直に自分で反省してみよう。

子曰、君子求諸己、小人求諸人、
衛霊公第十五




1018
秋晴れが
背中を撫でる
風の後
【まどか】













歩歩是道場


いま、自分が置かれている立場、状況は、

そのまま自己を磨く道場である。



1017
青く染め
ふわふわ泳ぐ
秋の空
【まどか】















限りのない高さ
   人間の登れる高さ

果てしのない遠さ
   人間の行ける遠さ

なんという深さか
   人間ののぞける深さ


河井寛次郎


1015
うろこ雲
冬の架け橋
作る空
【まどか】










悟り

悟ることよりも、目標を実現することに邁進しよう。

仙人のように山に籠って悟りを得た素晴らしい人物は素晴らしいと思う。
でも、悟りってなんだ?
自分だけが分ったつもりになっているだけではないだろうか。

悟りってなんだ?

孔子は論語の中で、自分がなかなか認められない現実社会で、
どのように生きていくのが正しいのかについて書いている。

現実社会から離れて悟りを得るのもイイが、現実社会でもがき苦しみながら結果を出すものイイと思う。
泥臭い悟りがあっても良いと思う。




1014
雨の後
飛ぶか飛ばぬか
迷う鳥
【まどか】








素直

機会は最高ではなく最悪の状況に訪れる

チャンスって最高に乗っている時や調子の良い時よりも、
しんどくって落ち目の時にやって来る。

調子の悪い時だからこそ、頭を使い頑張るから道が開ける。
その時に必要なものは「素直」さ。

これは習慣だと思うが、人の話を素直に聞く。
素直さこそ人間を成長させるものはないと思います。

偉人と言われる人に共通するのは、逆境の時にでも素直に人を信じる姿です。

今日も笑顔で行ってきます。



1013
雨の後
飛ぶか飛ばぬか
迷う鳥
【まどか】
















否定的意見

なにかにつけ否定的な言動で他人のやる気を萎えさせたり、
批判的な強い言葉で攻撃をしてくる人はどこの世界にでもいる。

しかし、困ったことに「本人は善意」で言っていることが多い。

もちろんスルーできれば良いのだが、そう言う人に限って無視をすると激高する率が高い。
本当に厄介である。

もちろん話を聞くだけ聞いて、活かせる部分があれば参考にさせていただけたら良いのだが、
まぁ良い意見かもしれないが、上から目線で言われているだけに素直に聞けないのだ。

要するに他人の意見や行動に否定的な意見を言う人は、言った自分を認めて欲しいだけ。
私を見て。私の話を聞いて。凄いでしょ、ほら。
誰にでもある生理的欲求であって、承認欲求と呼ぶらしい。

わたしも、気をつけます。



承認欲求




1012
雲の中
揺れる太陽
顔を出す
【まどか】






















嫌われる勇気

自分で起業家を選んだならば、嫌われる勇気が必要だ。

ひとは「好きな道を選べ」と諭してくれるが助けはしない。
そんな中、起業家の道を選んでしまったならば、
歯を食いしばって、みんなが遊んでる時も頑張って、さらに努力して結果を残さなければならない。

何か大きなことを成し遂げようとすれば、最低10年はかかる。
他にもやりたいことがあっただろうが、あなたはひとつの道に打ち込んで多少なりの結果を出した。

精神をすり減らし、肉体の限界まで努力して、
少しの高さかもしれないが、下界を見下ろせる山肌に立つ。


その時に気づく。
自分が嫌われていることに。
好きなことを選んだ代償として、究極のしっぺ返しがくる。

もちろん、味方も数多くいる。場合によっては熱狂的な信者もいるだろう。
しかし、かつてあれほど親しくしてくれていた友人は何故か自分を嫌っている。
かつての同僚は他人行儀である。「無関心」という野獣が牙をむく。

何故オレは嫌われるんだ?何も悪いことはしていない、迷惑はかけていないはずだ……
成功すれば成功するほど、いい奴だと思っていた者から無関心のほっかむりをして去っていく。

成功した起業家たちがひとクセもふたクセでもあるのは、そのためだ。

 何故か?

現代社会で最も羨望の的になる「好きなことを仕事として」やっているから。
その好きな仕事で結果を出してしまった時、身近な者の成功は、羨望から嫉妬に変わる。
そして憎悪に変わるのに時間はいらない。

簡単な話、あなたの成功は友人に対して「自分は無力だ」と自覚させてしまう。
そんな無言の圧力をかけている。
それ故、嫌われてしまうことになるのだ。

しょうがない、それが起業家の宿命だ。



1011
雲覗き
過ぎた後に
晴れた朝
【まどか】

































奈良の若草山の麓に古梅園の製墨販売部はある。
創業1577年だから439年前から墨を製造販売している計算になる。

93歳のご主人に家宝であるお品を触らせて頂いた。
若主人も未だに触ったことがないと、となりで微笑んでおりました。
それほど貴重なお品を拝見することができた。

古文書解説書を指す指先は、御年93歳のご主人のものです(美しいです)


1枚目の画像の下に、「ひたすら袋に仕舞い込み、家宝として代々踏襲して子孫に・・・・」と書いてあるように殆ど布を開けることは無いといいます。
墨の製造工程に膠(にかわ)を使用するのですが、ほのかに香る匂いがなんとも妖艶です。
30年前の墨と比較するとその違いは歴然でした。

貴重なお品を拝見させていただき、また歴史の重みに触れ合う機会を頂いたことに感謝致します。



IMG_3414



IMG_3413



IMG_3416



IMG_3415









人生

人生では何が辛いか、
過ぎてみないとわからないもの。

最初にやれるを限定してしまうと、
それ以上前に進むことはできない。

だから何でもやる。

そして、良いことがあっても手放しで喜ばず、
悪いことが起き際は必要以上に囚わないで受け止める。

そんなふうに人生を創っていきたい。




1007
秋の空
巻き込む風
秋に変え
【まどか】

















躾の三原則

 朝必ず、親に挨拶をする子にすること。

 親に呼ばれたら必ず「ハイ」とはっきり返事する子にすること。

 履物を脱いだら必ず揃え、席を立ったら必ず椅子を入れる子にすること。


まず、親が見本を示すことが大事です。




1006
月覗く
朝の訪れ
緑揺れ
【まどか】

















人を知る基準

いかなる人を、師匠としているか。
いかなることを、自分の一生の目標としているか。
今日までいかなることをしてきたか。
愛読書は何か。
どのような友人がいるか。


わたしも、目標を持って前に歩みを進めよう。




1005
さらさらと
揺れるススキ
月を呼ぶ
【まどか】





















商品

商品を娘だと思え。


自分たちの商品はどうだろうか?
嫁いだ相手先で幸せになってもらえるだろうか。






1004
雨の中
空を駆ける
雲の色
【まどか】
















「優先順位」のつけかた


あらゆる課題を、

  1.重要でも緊急でもない課題
  2.重要ではないが緊急である課題
  3.重要であり緊急である課題
  4.重要だが緊急ではない課題


 の4つのカテゴリーに分けて考える。




1003
雲の色
キラキラ変わる
朝の雨
【まどか】









過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ