今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

2016年07月

トラブルの原因



「無知」と「ものぐさ」

 
思いどおりに事業を展開できない人に共通するのは、
事業に対する事前準備が無知であるか怠慢である。




0801
空流れ
晴れ間に見える
夏の雲
【まどか】















言葉

相手のことを想うからこそ言葉にできる。
自分のことを守ろうとするから言葉にできない。






0729
雨上がり
静かに揺れる
葉の粒
【まどか】


















未来思考

多くの人は、現在がこうだから、未来はこうなるだろうと考える。

しかし希に、数年後こうなっているはずだから、今どのような行動をするべきか考える人がいる。


もちろん成功するのは後者の人。
イチローのように考える。




0728


















立地

これからのビジネスのあり方。



ヨーロッパの20室以下の良いホテルやレストランは、レンタカーでないと辿り着けない。




0727
雨包む
街の景色に
映る空
【まどか】














見える人・見えない人

昔は頭の良い人は、
   記憶力の良い人だった。

それが、頭の回転が速い人になった。

そしてこれからはセンサーが鋭い人となる。

同じものを見ても、
   ちゃんと見える人と見えない人の差がこれからは大きい!



0726
朝の色
雨を含んで
青くなる
【まどか】














形を変える

先日の役員会議にて、思ったこと。

同じことを考えるように伝えるにしても、

トップは、目的 (結果の明示)
エグゼクティブは、目標 (目的への戦略)
ミドルは、方針 (目標達成のための方法)
一般社員は、手順。

といった形に変えていく情報加工がないと、 馬の耳に念仏で終わる。




0725
蝉の声
いつの間にか
朝の音
【まどか】













想像力が創造力



イメージしてごらん。

  それが現実なる。








0722
ちりばめた
雲が流れて
満月が
【まどか】














一歩前に

どんな状況になろうとも、一歩踏み出す勇気を忘れてはならない。

口だけ頭だけの人間には絶対なるな。
これからも実践することをなによりも大切にしていく。


よし、やるだけ。




0721
雨静か
優しく触れて
夏に溶け
【まどか】


















嘘つき

私には出来る!

不思議ですが、いつも言い聴かせているとそれが嘘だとしても、最終的に信じるようになります。

自分に正直に「私には出来ない。」と考えたり、つぶやいたりすると、それは事実通りに出来ない。
確かに理論としては正しい。

しかし、そんな人生はつまらない。
嘘つきになって、自分ができないと思っていることを「私は出来る」とだましてやってください。
他人を騙す嘘つき人生はちょっと困るけど、自分を騙す嘘つき人生は楽しいと思いますよ。


私も随分と自分を騙してきました。




0720
風走る
夏草揺らし
キラキラと
【まどか】
















お客様第一主義

企業がお客様に喜んでもらうためにどれだけ努力しようとも、
それを評価するのはお客様です。

自分たちで 「良く頑張った」 と慰めあっても仕方がない。



0719
明ける雨
蓋をする雲
夏の音
















お金持ち

お金持ちになりたいのなら視点を変えればいい。
極端な話、物価の安い国に行けば良い。
今の年収でたちどころに大金持になれる。

お金とは相対的に価値が決まるもの。
自分の意思決定で決めれるのは場所。

立ち位置を変えれば、あなたの持つお金の価値も変わる。




0714
















引き算の時代

ずいぶん前からだけど、世界は引き算の時代に突入した。

形而下的なモノ、要は物質的なモノは持たない方が良いとの考えが蔓延している。

大きなもので言えば核兵器。
身近なもので言えばマイカーやおしゃれな服など。

核兵器を持とうとする国は、怖がられる前に嫌われる。
爆買されて感謝の前に、笑顔のない複雑な表情のお店の対応を見てると、
モノを必要以上に持つことが重要ではなくなった時代とも言える。

ましてや、広大な土地を持っているのに、
まだ領土を広げようと人工島を造る国は足し算の発想から脱しきれていないのだと思う。

持つことがステータスの時代から、持たない時代が続いている。
あと数年で新しい時代が幕を開けようとしている。

今は精神的な産みの苦しみの時代だと考えている。


Ps.都知事選も足し算の理論(鳥越俊太郎)と引き算の理論(小池百合子)で考えると興味深い。





0713



















幸せ2

「恋はするものじゃない、落ちるもの!」

仕事だって一緒だ。
惚れて落ちてしまえば夢のような日々が過ごせる。


しかし振り返ると、あっという間に数年単位で時間が過ぎてしまうがね。
幸せってそんなもの。




0712
小雨降る
道に乗せる
雲の影
【まどか】
















幸せ

幸福を夢見ている限り、それは夢で終わる。

幸福は身近にある。
どんな障害があっても、いまこの瞬間に幸福を見出すことができる人がいる。

それは、今をきちんと認識しなければならない。
不幸にちゃんと向き合い、足らない何かを感じ取っる能力が必要。

それは少しの努力さえすれば手に入る。




0711
曇り空
夏に落ちる
雨の朝
【まどか】















感謝

不平不満を言うよりは「感謝」の心を持とう。

人は多くの人と出会い、厚意と善意に満ちたアドバイスを貰う。
その感謝の想いを元に、日々少しでも善きことに努めていく。

ほんの小さな心掛けで運命が大きく変わっていく。



0708
夏色の
音が響く
朝の道
【まどか】















少しの差



140円の切符が100円で買えないことは、
5円で買えないのと同じである。

もの事は最後の数十円・数パーセントで勝敗が決する。




0707
気が付けば
地面を叩く
空の音
【まどか】











原因

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。
負けには、負けるだけの理由がある。

何もしないでも不思議と業績の良い時がある。
モノは売れるし、ちゃんと利益も残る。

しかしダメな時にはちゃんと原因がある。




0706
空光る
雲の隙間に
見える朝
【まどか】















話を聞く

トップとナンバー2が不仲でも上手くいくのは、
景気のいいときの大企業と、国家だけ。

経営に裏技はない。
サボったら後退するし、真面目にコツコツ精進すれば前進する。
その業績は数字で表される。

我々中小企業は、人の話をちゃんと聞かなければならない。
人の話を聞かなくなったら、業績は落ちる。



0705
雨の中
走る傘が
色付く街
【まどか】















光と影

感情とは、時に不思議で気まぐれで予測不能。
目の前にあるものを正しく見ているつもりが、後で見ると「何で?」となる。

あらゆる物質・事柄を正しく見る唯一の方法は、真剣に見ること。
真剣に見るように心がけること。


昨日を含め3日間デッサンスケッチに取り組んだ。
あるがままの姿をスケッチしたが、正しく描写できない。

集中して真剣に物を見ると、全体像が捉えられない。
すべてを見るとは、モノをも含めて周り全て(空気感)を見る。

見ているつもりが見えてない自分がある。
集中しすぎてもダメなんだ。

静物を描くのにさえ正しく捉えられないのだから、揺れ動く人の心はもっと難しい。



Focusing on everything is synonymous with not focusing anyting.
すべてに集中することは、何にも集中しないのと同義語である



0704
緑色
雨を貯めて
光る朝
【まどか】













ハナタレ小僧

渋沢栄一の
「四十、五十は洟垂れ小僧、六十、七十は働き盛り、
 九十になって迎えが来たら、百まで待てと追い返せ」

の言葉が今では
「60歳・70歳はハナタレ小僧
  男盛りは100歳からですよ。」と置き換えられているらしい。

この言葉は、木彫り彫刻家の平櫛田中(ひらぐしでんちゅう)が言った。
言った相手が、松下幸之助。

深い!

私も、あと20年は働けるな(^O^)




0701
雨の匂い
溶ける空に
晴れ間見え
【まどか】











過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ