今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

2016年02月

一所懸命

一所懸命という言葉は、
中世の武士が先祖伝来の所領を命懸けで守ったことに由来する。

一所に懸命になること。
最初はたいした仕事も出来ないが、与えられたポジションを懸命にこなすことから始まる。


何事も主体性を持って取り組む。
それが一生懸命に繋がっていく。


0229
顔を出し
まだかまだかと
春待つ芽
【まどか】















覚悟

「散歩のついでに富士山に登った人はいない」との言葉があるように、
高い山にの登ろうと考えるならば、それなりの準備が必要。

まず日程(時間の確保)と装備。
険しい山になるほど、日程と装備は慎重を要する。

ビジネスも同じだ。
なんとなしに、エイヤーとビジネスを始めたとしたら、十分な結果を得ることは難しい。
まず、目的を明確にしてスケジュールと予算を決める。

そこから必要になるのが覚悟。
覚悟が決まったら、毎日希望を持って生きるだけ。


高くて大きな山に登るのは、毎日毎日、一歩一歩と近寄らなくてはならない。

急ぐべからず、これが原則。
しかし、休むべからず、これも原則です。

一歩一歩、休まず歩を進めるのが、高い厳しい山を登るコツ。
厳しいことや苦しいことが待ち構えていると思うが、それでも一歩々々前に進む。
覚悟とは前に進むための呪文



0226
青色に
雲ひとつ
並べた冬
【まどか】
















コピーライト

コピーライター講座が大流行り。
確かに、あなたの商品がどんなに優れていても、
それがお客に伝わらなければ、ゴミである。

商品の効果効能を適切に伝えることは、
キャッチコピーの大切な役目のひとつです。

しかし基本は「商品」
なんといっても、販売するべき商品やサービスがおろそかでは話にならない。
コピーライティングとお客様へお届けする商品は同一品質でなければならない。


0225
冬の跡
見上げれば
梅の花
【まどか】










許す

競合相手を徹底的に叩いてつぶすと宣言する企業がある。
しかし本当に強い会社は、相手を認め共存する気持ちを持つ。

人でも組織でも間違いを犯さないものはない。
間違ったことをいつまでも糾弾していてはつまらない。
難しいことだとは思うが、罪を許す強さが必要。


  弱きものは、相手を打ち負かし、強きものは、相手を許す。


相手を打ち負かせば、あとに悲しみだけが残る。


0224
梅の花
落とさぬように
優し雨
【まどか】












不安

期待は不安と恐れの裏返し
過大な期待をしてしまうと、不安がどんどん大きくなっていく。

人を愛すれば愛するほど、不安になってしまう自分がいる。
こんなにも、アナタのことを愛しているのになぜわかってくれないのかとジレンマに陥る。

ビジネスでも、親子の愛情においてもよく似たことが起こる。
自分の思い通りに相手を動かしたいという傲慢さが少し出ているのかもしれない。
お前のためにとか、あなたのためにとか言ってるけど嘘です。自分のためです。
支配欲は人間の欲求だから、自然に芽生えてくる。

しかし自分に力がないのに欲求だけ強くなると、単なるワガママ。
まず自分で行動して力をつける。


自分を愛し自分に自信を持てれば、
他人からの束縛から解放される。他人を束縛しなくなる。

不安は「あなたは行動していないでしょ。動きなさい。」と教えてくれる指標です。


0223
寒春を
泳ぐ雲に
乗せる光
【まどか】








忘れる

最近よく忘れ物をする。
歳のせい?(笑)

しかし人間の能力に中で、この「忘れる能力」は絶対不可欠で素晴らしい能力だと思う。
無意識に忘れてしまうこともそうだが、意図的に忘れてしまおうとする能力こそ凄い!

そう、嫌なことを忘れてしまう能力。

そもそも揉め事の殆どが知人とのゴタゴタ。
そんなにも重要なことではないが、自分の真意を分かってもらえないからとか、勘違いからくる。
他人から見ると放っておいたらよいようなことでウジウジ悩んでしまう。

そもそもあの人はあなたのことなんか考えてない。
あなたが何を言って、何をしたかさえ気にしてないし覚えてないのがほとんど。
些細なことを、なぜか覚えているから妄想が膨らみ、心を締め付ける原因となってしまう。

自分の力でどうしようもないことや、
自分にとって嫌なことは、笑って忘れてしまいましょう。

そう。笑うと、どうでも良いことは忘れてしまう。



0222
暖かい
日向を渡る
冬の風
【まどか】











引き寄せの法則

会いたい人がいるならば、会いに行こう。
会いたいと思う気持ちが、会いたい人を引き寄せる。

ビビッときたなら、その感覚に従えばいい。
その直感を信じて従って会いに行けば、だいたいは上手くいく。


0219
光の束
突き抜け覗く
春の顔
【まどか】














健康第一

ビジネスマン・経営者にとって健康であることは基本だ。
しかし健康を最優先するようではビジネスマンとして失格!

なぜならば、ビジネスは相手の困っていることを解決することで成り立っている。
相手のストレスを引き受ける事で、あなたの仕事は成り立っているんだ。

だからストレスが毎日怒涛のように押し寄せてくるのが自分の仕事だと考えたほうが人生が楽しめる。
そして、からだを壊すぐらいお客様のことを考えて仕事をしてこそ仕事の本質に近づく。


健康第一って響きの良い言葉だが、
健康を第一に考えて行動していたら、いつまで経っても正しいビジネスは出来ない。



0218
影作る
優しい光に
目覚める空
【まどか】












仕事の流儀

心を穏やかに毎日を楽しく過ごすための、具体的な考え方

   人の気持ちは変えられないものと割り切る。

   白黒ではなく、薄いグレーか濃いグレーと考える。

   感情的に反応する人は、放っておくしかない。

   悪意を感じたときは、受け止めないで聞き流す。

   根本的な解決なんか目指さなくていいい。

感情に流されず気持ちよい一日を!


0217
空映る
道に残す
飛行機雲
【まどか】














社員教育

僕の持論なのだが、社員教育に力を入れると無難(無駄)な社員が増えるような気がする。
ようするにスマートにビジネスをするエリート思考の、頭でっかち社員を育てているような気がしてならない。

教育を否定している訳ではないのだが、そもそも社員教育って吹けば飛ぶような会社がすることではない気がする。
社員は他人だ。教育で変わるほど人間は素直な生き物ではない。

一癖も二癖もある人間が集まって、社会のために何かをなす。
そこに経営の醍醐味がある気がする。
組織として意志の統一は必要だが、それは教育ではない。

振り返ってみれば、
死ぬほど働いてきた社長の自分が「こいつ!」と思う人間以外は社員にしてはならないと思っている。
みんなで仲良くが良い会社ではない。
良い会社とは切磋琢磨する仲間たちがいる会社だ。

人間って失敗から学ぶ生き物だと思ってます。
座学で失敗事例や成功方法を学んで、組織運営できるほど世の中甘いものじゃない。
(但し、どっちゃりお金を持っている会社は別です)



0216
光向き
両手を広げる
緑の葉
【まどか】













春を待つ心

冬来たりなば春遠からじ。

自然はすごい!
永遠に続くかと思った寒さも和らぎ、昨日は春一番が吹いた。

人生も一緒かもしれない。
逆境に落ちると落ち込むし、そこから抜け出そうと焦る。
しかし、これは先決ではない。
かならず春が来ると信じれば、焦ることなど何もない。

焦ってバタバタと、もがくから沈んでしまう。
逆境の時には焦らず流れに身を任す根性も必要。

そう、流れに身をまかすのは無責任じゃない。
強い意志力が試される。



0215
大雨が
地面に作る
空の跡
【まどか】


















良い社長

「良い会社とか悪い会社はない、あるのは良い社長と悪い社長である」
一倉定先生の言葉です。

同じように、
あなたの会社は、あなたが想像する以上に大きくなることは決してありません。
との言葉がある。

スケールの大きなことを達成するためには、スケールの大きなアイディアが必要だ。
まず自分の心に想いを描くこと
心に思い描けることであれば、それを創造することは可能になる。

但し、その前提として正しいことを考える人でなければならない。
そうでなければ、東芝やVWのようなスケールの大きな不正が出来てしまう。

当たり前のような言葉だが、
今日は、良い社長とは何かを考える。


0212
朝の雨の
跳ね返る空
霞む道
【まどか】
















伝える

本当に良いと思うものを販売しているのだが、うまく説明できないから伝わらない。
特に通信販売をしている商品は詳しく伝えたいのに、詳しく説明すると余計に伝わらない。
何でだろうと、時々悩む。

そんな時、思い出す言葉が、
「愛に理由は無い。理由がないから説明できない」だ。

どうにもこうにも、いい加減な言葉に聞こえるが、
説明できないものは、行動と結果で示すしかない。

相手の立場に立って、思いやりを持って行動することに尽る。


0210
光る影
うつす姿に
春落とし
【まどか】











自分で評価する


他人がどう思いどう評価するかではなく、

自分がどう納得できるかを考えればうまくいく。



今日は自分を信じる。
    そんな一日にしたい。

0209
光る影
うつす姿に
春落とし
【まどか】



















遠慮

子曰く。
人、遠き慮りなければ必ず近き憂いあり


現代語訳
孔子いわく。
「先々の事を考えて行動しないと、禍(わざわい)は身近な所からやってくるだろう。」


遠慮とは遠きを慮る(おもんばかる)ことである。
この「遠き」には二つの意味がある。
時間的な遠さと空間的な広さだ。

人間関係には遠慮が必要なものです。
その為に私たち祖先は、思いやりや、礼節を創りました。

相手を思いやり、礼をわきまえ、
   今日一日を充実した時間で過ごしたいと考えます。


0208
隙間から
降り注ぐ光
雲を割り
【まどか】
















忘れる

今の自分には、

忘れていいことと、
忘れたらあかんことと、
絶対に忘れなあかんこと

をきちんと仕分けのできる力が必要。

そんなふうに、価値に遠近法をつけることが必要。



0205
隙間みる
梅の花が
香る空
【まどか】














はたらく

若い時は一生懸命はたらくことは、お金を儲けるためだと思っていた。

確かにそういう側面もあるが、
実際に死に物狂いではたらいて、強く実感することが別にある。

それは人間的成長だと知りました。


0204
空の色
あかりに溶けて
朝模様
【まどか】













希望


希望をもって生きることの出来るのは、人間だけである。


そして、希望の内容が人間の格を創る。



0203
寒さ止み
曇り空に
登る顔
【まどか】























反省

人のせいにしていたら、いつまで経っても反省はできません。

   反省できなければ、成長もできない。

幾つになっても、
肝に銘じて繰り返し心の中で自問自答してます。


   反省できなければ、成長もできない。
   反省できなければ、成長もできない。
   反省できなければ、成長もできない。



0202
曇り空
ろう梅香る
春の匂い
【まどか】








夢は面倒くさい。

夢を与える仕事とは、

面倒くさい手間ひまを、たっぷりかけ仕立てる。



今日から2月。
笑顔ではたらきます(^-^)

0201
風吹いて
冬を動かす
朝の匂い
【まどか】




























過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ