今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

2016年01月

二宮金次郎

携帯電話のAUのCM、「三太郎シリーズ」の金ちゃんがいつもと違う金ちゃんで出ている。

ある日、桃太郎と浦太郎が歩いていると、前方から金ちゃんらしき姿が。
しかし、薪を背負い、読書をしながら歩いており、「あれって金ちゃん?」と普段と違う様子に戸惑い気味の2人。
本に夢中で2人の横を素通りしようとする金太郎に、「金ちゃん!!」と大声で呼びかける浦島太郎。
やっと2人に気付いた金太郎は「おぉ、友よ!」と挨拶。

そう、金太郎から二宮金次郎に変わっていた。

薪を背負い、歩きながら本を読むというスタイルから「貧しくても忙しくても、勉強が大事だ。本を読め!」
とのメッセージを受け取りやすいが、本意は別にあると二宮金次郎の子孫は言う。


   あの姿で一番大切なのは、背負っている薪と、一歩を踏み出している足なの。

   だからあの像はね、本を読むことも、理想を追求することも大事だけど、
   でも、どんなときも行動することを忘れてはいけない。

   どんな状況でも一歩を踏み出すこと。だと・・・・


二宮金次郎の遺言は「私の名をのこさず、おこないをのこせ」だった。
どんな状況下でも諦めずに、こつこつ一歩を重ねることで未来を切り拓いてきた金次郎。

功績よりも、前に一歩踏み出す勇気を伝えたかったのではないだろうか。



0129
風吹いて
冬を動かす
朝の匂い
【まどか】











考える。

今日は、どっしりと構えて、と。
「販売するために、考えなければならないこと」を考える。

商品を販売するために、大切な質問が2つあるという。

 1.あなたが売ろうとしている商品はどんな商品か。
   特長2つを入れて、20秒以内で説明せよ。

 2.商品をみたとたん、いったいどんな客が「是非、売ってください」と、頭を下げてくるのか。




0128
暖かさ
窓にうつる
冬の朝
【まどか】











忙しさを楽しもう

今年に入り、あれもこれもと、やりたいことが手付かず、気ばかりが焦る。
あかん、あかん。
吉田松陰が残した言葉を糧に、今日の仕事を楽しもう。

   聖人の胸中は常に多事にして楽しむ。

   愚人の胸中は常に無事にして楽しまず。

心ある立派な人の胸の内は、いつも仕事が多くて、それを楽しんでいる。
愚かな人の胸の内は、いつも仕事がなくて、楽しんでいない。


0126
雪色に
染まる地面を
隠す草
【まどか】















万理一空

この言葉は、宮本武蔵の『五輪書』に登場する。
『五輪書』の「山水三千世界を万里一空に入れ、満天地とも攬る」という一節で使用されている。

万理一空とは、世界のすべては同じ一つの空の下にある、という見方を表す表現である。
どこまで行っても同じ世界だと、冷静に物事を捉える精神的境地を示すとされる。

昨日大相撲で優勝した琴奨菊関の、大関昇進の言葉が万理一空だった。

「世界のどこでも、空はひとつ」だと例えるならば、
「すべてのものはひとつ」ないし「ひとつの世界にとどまっている」とも解釈できる。

万理は常に変化し続けている。
しかし、原理原則はひとつだけ。変わらない。



0125
雲伸びて
寒さ走る
白い息
【まどか】
















天職

人は誰しも、好きな仕事に就き、できれば天職と思える職と巡り合いたい。
そう思うものなのではないでしょうか。

天職に巡り合う為に必要なことは「素直なこころ」のひとことに尽きる。と考えてます。

まず、巡りあった目の前の仕事は、取り組んでみないと、天職かそうでないかわからない。
このように、どんな仕事であっても、素直に取り組む心構えが必要。

つぎに最初は好きでなかった仕事も、続けているうちに一人前などへ腕が上がるうちに
「これが天職だ」と思えるようになることが多い。


天職の要素のうちに、その仕事が好きだってことは重要なこと。
しかし、好きになった時期はそれぞれが違うはず。

最初から好きだった人もいれば、途中から好きになった人もいるはず。
そのように考えれば、それがどんな仕事であれ、
やってみなければ自分の天職かどうかはわからないという結論になる。

まず目の前の仕事に素直に取り組むところから、天職への道が拓ける。


0122
太陽を
背中に乗せて
冬の間に
【まどか】












綸言汗の如し

【りんげんあせのごとし】とよみます。
昔の「上方いろはかるた」の「り」に出てくることわざです。

綸言汗の如しとは、君主が一度口にしたことばは、訂正したり取り消すことができないということ。
一度出た汗を再び体内に戻すことはできない意味から。

よく、「汗水流してはたらく」というように、汗を題材にしたことわざは多い。
しかし、冷や汗、脂汗、寝汗などあまりありがたくない汗もある。
できれば良い汗をかいて働きたいものだ。

今日も、いい汗をかいて働きます。

いろはかるた一覧(江戸・京都・大阪 編)



0121
日の光
溶け込む道に
冬の風
【まどか】













夏炉冬扇

「かろとうせん」と読みます。
意味は、時期はずれの無駄なもののたとえ。
また、無用なもの、役に立たない言論や才能などのたとえ。
夏の囲炉裏(いろり)と冬の扇(うちわ)の意からきてます。

しかし、世の中に無駄なものなどないと考えるのが私たちの心構えです。

ことわざとは、先人たちの蓄積してきた常識が基準となっています。
イノベーションとは、今までの常識をくつがえし、将来の常識にすること。

新しい道を創るために、一歩踏み出す勇気が欲しい。



0120
朝色が
差し込む道に
泳ぐ空
【まどか】










ニッパチ思考

「りんごだって熟れたら落ちる。
 商売だって、売れたら落ちるもんだろうね。」

でも、わたしには今までの下積み販売の蓄積がある。
どんなに景気が悪くなり商品が売れなくなっていっても、何も怖くないんですよ。
もともと、思いっきりマイナスベースからのスタートだったから。

また1から頑張ればいいじゃないですか。



しかし、真面目に2月販売計画を考えなきゃ・ダメですよね。

0119
朝色に
輝く雲が
伸びる空






ニュース

目立たなくても、コツコツ出来ることはいっぱいある。
表立つと、いらぬ批判がついてくる。

人間には不思議な習性が有り、
勉強が必要な人ほど、勉強できる人を批判し、
お金が必要な人ほど、お金持ちを批判する。

勉強できる人は、努力して勉強ができるようになった、というのは頭では分かっているが、
自分は変化を嫌い、現状から抜け出せない。

変化が必要な人ほど、変化を嫌い、現状を変えようとしない。
これは人間の悪い習性。
さらに自分ができないことを、身近に感じる人ができると嫉妬心が生じる。
そうなると、共感よりも批判が先に生まれる


自分も会社も、むやみやたらに社会にニュースを提供しないこと。
いらぬニュースにならぬよう注意が必要ある。


0118
曇り空
蓋をする様
冬の白
【まどか】










流れ

自分の身に起きることからは逃れることはできない。
ならば自分ですべてを受け入れるしかない。

痛みも、苦しみも、これから逃げようとするから辛いのであって、その中に入っていけばいい。
痛いときは痛い、苦しいときは苦しい。

しんどいとき、苦しいときは、流れに身をゆだねたほうがよい。



0115
聞こえる声
朝日に滲む
影揺れて
【まどか】

















目標

[「人はみんな、そのひとなりの星を持っている。
 旅をする人たちなら、星は案内役だ。
 そうでない人たちなら、ただのちっちゃな光。
 学者たちにとっては研究するものだし、
 ぼくが会った実業家にとっては、金でできているものだった。
 でもどの星も、口をつぐんでいる。
 だからきみには、誰も持っていないような星を上げるよ・・・・」

   どういうこと?

「きみが星空を見上げると、そのどれかひとつにぼくが住んでいるから、
 そのどれか一つでぼくが笑ってるから、きみには星という星が、ぜんぶ笑っているみたいになるっていうこと。
 きみには、笑う星々をあげるんだ!」




P132
0114
寒空に
するする伸びる
春支度
【まどか】












忙しい

「人間たちって」小さな王子さまが言った。

「特急列車に乗っているのに、なにをさがしているのかもうわからないんだね。
 だからせかせか動いたり、おなじところをぐるぐるまわったり・・・・・・」

そしてつぶやいた。

「そんなこと、しなくていいのにね・・・・・」



P118
0113
雲流れ
朝日に溶ける
夜の跡
【まどか】

















コツコツと

仕事には、先延ばしにしても大丈夫なものも、たまにある。
でもバオバブの場合は、ぜったいにとりかえしがつかなくなる。
ぼく、なまけ者が住んでた星を知っているんだ。
そいつ、バオバブの小さな木を三本ほっておいたから・・・・・



P30
0112
登る雲
朝日に溶けて
染まる青
【まどか】















いい格好しい

人は、しゃれたことを言おうとすると、ついうそが混じってしまうことがある。




星の王子様 P85
0108
明けた空
少し降る雨
たたく肩
【まどか】











星の王子様


蝶々とお友だちになりたかったら、毛虫の二匹や三匹がまんしなくちゃね。




P49
0107
満月を
囲む様に
描く円
【まどか】












いちばん大事なものは、目には見えない

一番大事なものは、目には見えない・・・・・
その言葉を探しに僕は砂漠に来た。

僕はずっと、砂漠が好きだった。
なだらかな砂の丘にすわれば、あたり一面、なにも見えない。なにも聞こえない。
それでもその静寂のなかで、なにかがひっそりと光っている・・・・・

  「砂漠が美しいのは」王子さまが言った。
  「どこかに井戸を、ひとつかくしているからだね・・・・」

サン・テグジュペリの書いた「星の王子さま」の、この一節が好きだ。

地球に疲れ果て、王子さまが眠ってしまう場面では、胸がいっぱいになる。

 そんな王子さまを抱きかかえ
 自分が、壊れやすい宝物を抱いている気がした。
 地球の上に、これ以上壊れやすい宝物はないような気さえした。
 月の光のなかで、僕はその白い額を、閉じた目を、風に震える髪の房を、見つめた。
 そして思った。

  「こうして今見ているものも、表面の部分でしかないんだ。いちばん大事なものは、目には見えない・・・・」



2016年 1月 5日 エジプトにて


20160104
朝の日に
もえる暗闇
青になり
【まどか】
















過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ