今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

2015年10月

親方の言葉

今からうん十年前のお弟子さん時代の頃に教えていただいた言葉に、

「うちやったらええけど、よそいってやったらあかんで」って言葉。
これっ、うちでも何処でも、あかんで!ってこと。

どん臭い、無知な行動に際して言われる言葉ですが、
暗に気のきかないヤツと諭している。

ちょっと気をつけたら分かることなのに、ボーとしていると単純なミスをしてしまう。
うちやったらええけど・・・・・この言葉を真剣に聴くかどうかで成長度合いが違う。


ある場所で、親方が若い職人さんに注意しているのを見て、若い自分を思い出した。




1030
青い空
光を集めて
秋の色
【まどか】










世間に合わせる

自分の考えというものは、世間の役に立つかどうかを基準にすると判断しやすい。

アイデアや閃(ひらめき)は、そのほとんどが自分本位で考えてしまう。
それを一旦突き放して、世間という目で見てみると至らない部分が見えてくる。

「すべての人を一時的に騙すことはできるし、
 一部の人をいつまでも騙すこともできる。
 しかし、すべての人をいつまでも騙し続けることはできない。」
リンカーンが言うように、自分本位の悪知恵で一時的に儲かったとしても長続きはしないものだ。
また、一部の人をうまく騙せても、世間全体を欺くことはできない。
ものごとは結果的には、世間を基準にまともな状態になるようになっています。

反対に、頑固なひとは困りもの。
売れないのは無知な奴が多すぎるとか、「時代が俺についてこない」と言い出す。
一生懸命勉強していても、自分にこだわっている限りは成果が出ない。
なぜなら、採点(評価)は世間がするというのに、
自分を基準に考えているからいつまでたっても世の中とマッチングしない。

世間が正しいと考えれば、世間の求めに応じた考え・経営をするようになる。
これほど安心安全で確実な商売はない。


自分の考えを世間に合わせる。
これが基本。
今日一日、自分の考えが世間の感覚とズレていないかを今一度考えてみる。


1029












海からの贈り物

女性が真珠を身に纏う(まとう)ときには、さまざまな意味が込められている。
そのほとんどはハレの場とよばれる、慶びのステージだ。

女性にとっての人生の転機は、一生のうち幾度となく訪れる。
慶びも、喜び、悦び、歓びと、いろんなよろこびが訪れる。

恋に胸躍らす、この上ない喜びに包まれた甘美な時。
また、生きる悦びを語り合える友との貴重な時。
そして、やすらぎを得られるパートナーとの結婚、出産。

人生とは、このような瞬間が幾重にもつながり、輪となって繰りかえされるもの。
緊張の瞬間もあろうと思うが、清楚で女らしさを代弁してくれる真珠という名のジュエリーは、
常に安らぎと安心感を与えてくれる。
人生を共に歩んでいく、大切なパートナーといってもよいだろう。

そんな真珠を一生の仕事として商いさせてもらってる。

今日も、岩城真珠にとっても、私にとっても大切な一日になるだろう。
これからも大切に取り扱っていきたい。


徒然に真珠について語ってみた。



1028
秋色に
変わる朝に
夏思う
【まどか】















はたらく

大人になって働くこと以外で社会貢献をすることは難しい。

その仕事は苦しいことが多いだろうし、楽ではないことは確か。
でも、働くことは人間にとって多くのものをもたらす。
それらを紐解いてみよう。


1、まず、働くことはお金をもたらす。
お金じゃないという人もいるかもしらないが、まずはお金のために働くと考えよう。
なぜなら、お金は働く基準となる、通知表のようなものと考えている。
今の世の中、正しく働けば儲かるようになっている。
儲からないのは、自分の働きのどこかが、世の中と違っているからだ。


2、次に、働くことは出会いをもたらす。
働くとは社会に参加すること。必然的に様々な出会いが生まれる。
お客様、一緒に働く仲間、仕入れ・取引先、いろんな人々との出会いが待っている。
良い出会いばかりだとは限らないが、出会いは人生の領域を広げてくれる。


3つ目に、働くことは、やりがい・明確な目標をもたらす。
何も考えずに無為に日々を過ごす事ほど虚しいものはない。
働くと決めたら、明確な目標を持ち、それを達成するために努力をはじめるのです。
一枚一枚、壁を乗り越えたときに、大きな達成感を味わうことが出来るでしょう。


4つ目に、学びがあります。
働くことは、学びをもたらします。
お金の流れはもちろん、商品知識やお客様の動向など、学ばなければならないことが増えてきます。
社会に出てからの学びは、学校で学んだ事と決定的に違うところがあります。
それは答えが一つではないということ。
学校だと先生が採点してくれます。なぜなら模範回答が示されています。
しかし、仕事での正解はないと言いますし、すべてが正解だとも言います。
答えは自分で出します。


最後の5つめは、希望です。
仕事は働きに応じて、結果をもたらします。
一生懸命働けば、儲かる儲からないは別として、絶対に自信がつきます。
この自信がすべての始まりです。
仕事とは、一生懸命働き、
そして、学び、社会に貢献をしていくことによって、周りの人に希望を与えます。


は・た・ら・く・とは、傍(はた)を楽にすることから、「はたらく」なんだと学んだことがあります。
わたしは、周りひとを幸せにする働きを、これからも続けていきます。


1027
キラキラと
光る秋晴れ
色づく木
【まどか】













評価

組織において、役職を決めるのは自分でなく他人。
よく、「会社が、自分の仕事や能力を認めてくれない」と悩む人が多いですが、
本当に自分の評価が妥当なら傍であなたの働きを見守っている人がいる。

自分は大学で専門分野を4年・6年間も学んだと自負していても、
人の能力は若いときに分かるものではないし、能力を評価するのはあなたではなく他人である。

しかも専門能力の前に、人間としての信頼度が問われる。



1026
動く空
風に踊る
雲の跡
【まどか】











提言・苦言

他人の短所は気がつきやすい。
また、人の短所を批判するのも簡単だ。
しかし、それがその人のためだったとしても、考えもせず口にすることは避けたほうが良い。

自分の気に入らない状況や他人の行為の中に、ミスを見つけるのは簡単なこと。
その人の改善のために意見を言うのであるならば、具体的な提案を含め、成功の可能性に目を向けたものにしよう。

なぜならば、私たちが批判するものは、
その批判が相手の「人そのもの」にではなく「行為」に向けられたものであり、その行為は改善の余地があるからだ。

ミスに対する言葉は、改善のきっかけを含めた、建設的な提案をするべき。
言葉足らずで人との関係を壊してはならない。

しかし、言葉は難しい・・・・・・


1023
秋の風
かおる朝に
踊る髪
【まどか】
















五訓

昨夜を反省して・・・・・・


  クヨクヨするな

  フラフラするな

  グラグラするな

  ボヤボヤするな

  ペコペコするな 


坂村真民



1022
秋の匂い
漂う朝に
隠れた月
【まどか】










自由

自由ってなんだ?

若い時に、学校や親からの束縛から解き放されて「自由になりたい」と思ったことは一度や二度ではない。
その後、少し知恵がつき「自由」ってなんだ?と悩み始めた時から、まだ答えは出ていない。

解放される
何をやっても良い
寝たい時に寝て、起きていたい時に起きている

あまりにも単純に自由を使っていた若い頃、自由気ままが自由だと思っていた。
でも違うだろう。
ほんと!自由ってなんだ?

坂本龍馬はデモクラシーという言葉を民主主義と訳さずに、自由と訳した。
「自由」とは「自ら(みずから)を由(よし)となす」。
自分が法であり、自分が正しい。と言うことだ。


freedom; liberty 自由とは、他のものから拘束・支配を受けないで、自己自身の本性に従うことをいう。
哲学用語である。
その言葉、リバティ; libertyという英単語から「自由」という日本語を創作したのは、かの福沢諭吉氏である。
初めは、「御免」と訳す予定であったが、上意の意味が濃すぎると考え、あらため「自由」とした。

つまり、自由という日本語は、語源的には「なんでもオッケー!」みたいな意味ではなく、直訳すると「自らを手段とすること」となる。

「自由。自らを由となす。自らが法。自分が正しい。」
そう考えると、簡単に自由という言葉は使えない。

自分が正しいと言えるほど、私は勉強を積んでいるとは言えない。
自由とは大変だ。


自由:Wikipedia


1021
青空に
太陽見えて
秋の色
【まどか】

























時の流れ

歴史を探検することが好きだ。

日本では古事記に記載されている神々と神社を彷徨い歩く。
世界に目を向ければ紀元前からはじまる古代史の土地に惹かれる。

史料を紐解いていると、人々の暮らしと時の流れは、

  連続

  断絶

  変質

三つの要素で出来上がっている。

限られた一場面を切り取れば、古い時代からの連続面を見て取ることは容易ですが、
実際には時代に合わせて変化している。
注意深くその様子を追っていくと、世俗化論で指摘されているような現象に出くわす。
すなわち、組織が拡大し分化していき、それに伴って為政者を中心とした官僚の役割が相対的に重要視されていく。

伝統的な秩序と新しい権力者による方向性
どんな組織でもあり得ることを、壮大に規模で行ってきた国の歴史。

自分の会社に置き換えて考えてみるのも楽しいものだ。



1020
青空に
生える秋の
木々揺れる
【まどか】









三社託宣

三社託宣(さんしゃたくせん)という言葉がある。
私が小さい頃、少し大きなおうちに行くと、床の間に飾ってあった掛け軸の呼び名だ。

真ん中がお伊勢様
向かって右が八幡様
左が春日様の
「三社」の神様を描いた掛け軸で、「託宣」とはお告げのことです。
それぞれの神様は、ひととして守らなければならない大切なことをお示しになってます。

すなわち、お伊勢さまは天照大神の「正直」
八幡様は石清水八幡宮の八幡大菩薩の「清浄」
春日様は春日大明神の「慈悲」
の大切さを仰せられてます。

調べると、幼少の頃に見たものとは違うものがたくさんあるようですが、その中身は一緒。
「正直」「清浄」「慈悲」の三徳目は、
日本人にとって人生の理想であり、目指すべき行為であり、根幹となる価値観であったわけである。
わかり易くいえば、「清く」「正しく」「美く」であろう。

正直で、潔くて、情け深い。そんなひとを目指したい。







【三社託宣】  Google画像
神儒仏三教を融合するとともに,皇室,貴族,武士の信仰を1つにまとめている。


1019
晴れた空
ふわふわ揺れる
秋の風
【まどか】
















どうせ・・・

窮地に陥ったとき、打つ手は2つある。
一つはあきらめる、もう一つはあきらめない、だ。

ビジネスでは「あきらめるな」と叫ばれる時が多いが、
古来、日本人はあきらめのなかに美を感じ取り、あきらめようとしない人間を軽蔑していた。

物事をあきらめるにはいくつか手がある。
そのうちの一つは「どうせ・・・」の法則。

「どうせ・・・・だから」は物事をあきらめさせるのに絶大な力を持つ。
最終的にロクなことにならないと結論付け、努力することは無駄だと方向づけをする。

どうせダイエットしても挫折するのだから、やめておこう。
どうせ、こんなに高い予算目標、達成できるはずがないのだから、頑張っても無駄。

しかし、「どうせ・・・・だから」、と思っていても本気であきらめていないことが多い。
こころの隅っこでは、いやひょっとして上手く行くかも・・・と、微かに成功を期待している。

あきらめは美学かもしれないが、美しいだけではメシは食えない。
あきらめが悪いと言われようがジタバタしながらでも、少しの可能性に掛けていく自分がいる。
もうちょっとだけ夢を見させてくれ・・・・と言いながら、叶えられそうもない壮大な夢を。


1016












捨てる

新たに何かを始めようと思うなら、捨てることから始める。

モノを捨てたとたんに、そこを埋めようとして新たなことが始まる。

いらない靴・服・本・・・・・・

いらない顧客リストを捨てると、
不思議なことに、その空白を埋めるように顧客が増える。


1015
雨の音
朝を知らせる
地面の光
【まどか】














10年前に知っていたらよかった10のこと

(1)誰かを愛しても自分を失ってはならない
正しい愛とは、あなたに力を与えるものであって、あなた自身を消してしまうものであってはなりません。
そして真の愛に包まれた時に初めて、人間は情熱、優しさ、善行などを通して成長したり、目標を達成したりすることができるのです。
一人で立っていられるように強くなりましょう。
そして自分を失わないために、あなた自身で振る舞っていましょう。
ただし、時が来たら誰かと一緒に生きることができるように、賢くなりましょう。


(2)仕返しは何も生まない
仕返しをしたところで、相手の先を行くことができるようになるわけではありません。
裏切った人を許すことはなかなか簡単ではないかもしれませんが、裏切った方にも裏切られた方にも「許し」は必要であり、私たちは「許し」なしでは前に進んでいくことができません。
許すことで、裏切りによって断ち切られた心の平穏を再発見することができるのです。


(3)自分の行動は自分に返ってくる
受け取りたいものがあるならば、それをあなたが他人に与えることから始めましょう。
幸せ、自由、心の平静などは、それらを他人に与えることで必ずあなたに戻ってきます。
他人を幸せにする人ほど幸せになり、他人に助けを差し伸べる人ほど周囲から助けられるものなのです。
右手を自分に、左手を他人に差し伸べましょう。


(4)失敗から学んだ時、それは成功となる
もし、ある出来事から望んだものを得られなくても、そこからは経験を得ることができます。
どんな障害も、どんな問題も、どんな人もあなたを止めることはできません。これらの障壁は一時的なものでしかないのです。
人生であなたを止めてしまう最大の要素は、あなた自身なのです。諦めてはいけません。
地獄を見た人には、必ず天国が待っています。


(5)乗り越えることは力となる
今のあなたを作ったものは、あなたが過去に経験したネガティブな出来事そのものではなく、あなたがそれらを頑張って乗り越えてきたという事実なのです。
あなたが経験する全ての苦境、失敗、痛みは、人生のどんなに暗い局面でも、あなたに知恵や力を与えます。


(6)今でも過去の出来事で苦しんでいるのは、自分がそうさせているから
過去が悪いものであるならば、その過去に注意を払う必要はありません。
ときには、許可も理由もなく苦しみを解き放ち、幸せを感じることが必要な時もあります。
悪い過去から解放されるには、過去を捨てて歩き出すしかありません。
過ぎ去った瞬間を何度も生きていると、まだ見ぬ特別な機会を棒に振ることになりかねません。


(7)自分がなれる人間になるのに「時すでに遅し」はない
私たちはみな自由であり、いつからでも人生の目的や目標に向かって歩み出すことができるのです。
人生の目的や目標とは、単に幸せになることではありません。重要な存在になり、生産的に生活し、役に立つようになることを通して、世界に違いを作り出すことが大事なのです。
人生は常に変化していますが、その中で成長するかどうかはあなたが選ぶことです。
賢明な選択をしましょう。今この瞬間から。


(8)情熱は重要である
もしあなたの夢と、周囲の人があなたに合っていると言うことが合致していない時には、必ずあなた自身が幸せだと思える道を行きましょう(自分以外の人を幸せにしたいと思うのでなければ)。
そして何をするにしても、お金に目がくらまないようにして、あなたがやっていて幸せなことをするようにしましょう。
お金では買うことのできない価値あるものを追い求め、そこからそれに関連した職業へと繋げていきましょう。


(9)痛みには価値がある
山は、山頂に着くまでの苦労があって初めて、山頂からの景色の価値がわかるようになります。
人生も、苦しみを経験して初めてその価値がわかるものです。愛も、寂しさを経験して初めてその価値がわかるものです。
幸福も、悲しみを経験して初めてその価値がわかるようになります。


(10)望まないものが必要なものであることもある
時に、あなたには変えることのできない物事が、あなたをいい方向に導いてくれることがあります。
外で起こる出来事を、常にコントロールしようとするのはやめましょう。
辿り着きたい場所に辿り着くことは難しいことです。
しかし、あなたが辿り着くべき場所には必ず辿り着くのです。


1014
蓋をする
稲穂を揺らす
秋の風
【まどか】



















言い訳

人間は本能的に、自己防衛の思想がはたらくのだろう。
自分に不利なことや、都合の悪いことが生じると「言い訳」をはじめる。

これは大人だけではなく、小さい子供や、時には飼い犬の行動にもみられる。
(もっとも犬は飼い主の行動をみて真似ているだけなのかも・・・)

主観的に物事を考えている癖をつけると、自分の都合の良いように解釈しがち。
世の中は、私のことなどお構いなしに進んでいく。
これは事実。

仕事をしていると愚痴をこぼしたいことが多々あります。
しかしそんな時こそほど、客観的に物事を考える癖をつけたい。
誰かのせいにしたって問題は解決しない。
自分の責任で生じたことと考え、自分の力で解決の糸口を探る。


問題が生じて解決しなければならないときに、正しい判断とは、
客観的に外側から内側を見ることです。



1013
曇り空
見える雲に
青を照らす
【まどか】











人間とは?

人間には他の動物と違うところがある。
言葉で考えることを覚えたという点です。
それが、私たち人間の特徴です。

そして人間は、便利なこと・発明を言葉を使って周りに伝達していった。
頭の使い方も、楽な方に、便利な方に使うことが主な目的になっていった。

然しながら、他の動物にはみられない自殺やノイローゼが増えていった。
自殺やノイローゼは、言葉を使う人間に与えられた宿命なのだろうか?


私見だが、対処方法として文明の頭の使い方を逆に使う。
しんどいほうに、不便な方に使えばよいのではないだろうか?
絵画だとか陶芸など、なかなか結果が出ない学びごとなども当てはまるだろうし、
誰からも認められない地道なボランティアにも共通する。

5S運動やトイレ掃除が会社単位で普及しだしたのは偶然ではないだろう。
そのような精神的充実感を覚えるようなモノが必要な時代だと考える。

人が人であるために、
物欲だけに走らず、精神的充実感を保ちながらビジネスの世界を邁進したい。


1009
曇り空
見える雲に
青を照らす
【まどか】













信用しなけど、信頼する。

航空機の運行は、通常二人で行う。
機長と副操縦士だ。

通常は左側に機長が座るが、これは船の船長席の名残。
船の場合は通常左舷で着岸するので船長席は左側にあった。

飛行機に話を戻すと、機長と副操縦士の職務は明確に分かれているわけではなく、
その時々によって業務を交代している。
副操縦士は補佐の印象が強いが、操縦に関しては同等のスキルを持った二人の操縦士によって運行されていると理解したほうが良い。
そのためにフライト前にお互いに
「You have control.」
「I have control.」
と声に出して確認をするという。

安全運航を確実にするために、
あえてお互いを信用しない。
けれど、信頼するシステムだ。

以前から会社組織の共同代表制を提唱している。
組織では、あらゆる場面で決断を求めれるが、
最終決断を下すにあたって大切なことは何が正しいかではなく、
何がベストな選択なのかを考えること。

その為には、代表取締役社長以外の代表取締役のポストを儲けるべきである。
組織としての責任を果たすために。

1007
青空に
稲穂がゆれる
風走り
【まどか】










負けたら終わりじゃない

負けたら終わりじゃなくて
やめたらおわりなんだよね
SEAMO



やれるやれる まだやれる 心の底で力をためる
そしてかなえる 君の人生 費やした時間をたたえる

負けたら終わりじゃなくて やめたら終わりなんだよね
どんな夢でも叶える魔法 それは続けること
苦しみ 悲しみ その先見える光 自分の道
ずっとずっとContinue(コンティニュー)



青空に
顔出す月が
溶ける朝
【まどか】












日々の努力

 
  花作りも
  人間作りも同じだ
  どんないい種でも
  しっかりと土作りをし
  たっぷりと肥料をやり
  うんと水と光とを与えてやらねば
  いい花は咲かない
  日々の努力
  念々の精進
  その果てに
  見事な花が咲き
  見事な実がなり
  真実な人間が出来あがる

坂村真民



1006
秋空に
ススキが揺れる
月の朝
【まどか】
















倒産しない会社の経営者とは


1.社員を大切にする経営者
2.社員教育を大事にし、社員を成長させる経営者
3.社員をコストと考えない経営者
4.会社の金・資産を公私混同しない経営者
5.会社の未来のビジョンを描ける経営者
6.会社の経営情報を社員に公開している経営者
7.時代の変化に対応している経営者
8.社員に尊敬される経営者


1005
秋色に
辺りを照らす
月の灯
【まどか】










一葉落ちて天下の秋を知る

下を向いていたら、虹を見つけることは出来ないよ。と教えてくれたのはチャップリンだった。

イチョウの葉っぱが、路に落ちている。
いつの間にか青々していた葉が薄く色付きはじめた。

10月下半期のスタート
顔を上げ、前を向いて、これからの季節を楽しみたい。


You’ll never find a rainbow if you’re looking down.
Charlie Chaplin (チャップリン)


1002
雨の匂い
雲を伝って
流れる空
【まどか】







働く仲間

「人を切きれない者は経営者ではない。
 ただし、平気で人を切れるような人間も経営者ではない」

本当に経営とは難しい。
少しでも業績が悪くなると、人件費が重荷になってくる。
事業をやる上で従業員を守る責任があるが、それ以前に会社を守る責任がある。
会社がなくなってしまえば、残った従業員も守ることができないし、社会的責任も果たせない。

冒頭の言葉はジャック・ウェンチが言ったことばだが、
同じような苦しい場面で松下幸之助翁は一人も解雇したらいけないと部下に指示をした。
「不況とは、ちょうど大暴風雨にさらされているようなもので、まったく濡れないでいくようなうまい方法はない。
 だから、ここは濡れるのも仕方がないと覚悟を決めて、とにかく慌てず、うろたえないことだ。
 そうでないと、出るべき知恵も出ず、かえって深みにはまりかねない」

どちらも正しいと思うが、やまない雨はないと信じ、
また、人を信じる松下式経営に惹かれるのは日本人だからでしょうか。
グローバルなビジネスの世界で、義理人情の日本式経営がどこまで通用するか試してみたい気もあります。


ジャック・ウェルチ - Wikipedia

松下幸之助 - Wikipedia






1001
鱗雲
空に並べて
秋の模様
【まどか】






過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ