今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

2015年09月

働く

は・た・ら・く。

傍(はた)が、楽になるから、「はたらく」と、習ったことがある。

仕事とはそもそも、喜びが多い、楽しいものだ。
目の前の仕事に集中して、結果を出し、周りの人に喜んでもらう。

一生懸命働くことによって、多くのお客様に満足していただき、経済的にも豊かになり、国としても栄える。

素直に良いものを生みだし、多くの人に満足していただく価格で販売すれば、商売は繁盛する。
そう、当たり前のことを当たり前に行動するだけ。
それだけでいいのに、難しく考えてしまう。


0930
月照らす
雲にも負けず
光る空
【まどか】








9月未掲載
雨音に
浮かぶ太陽
雲隠れ

雨の匂い
風に乗って
空覆う

水たまり
飛ぶ鳥映る
低い空

曇り空
照らす緑に
秋の匂い

雨ふくみ
雲が膨れる
光の間

雨音に
揺れる秋風
空塞ぐ

雨音に
耳をすませば
曇り空




月曜日の朝

社員の士気を高めるために苦心している社長がいる。
「どうしたらモチベーションが上がるのか」と相談してきたが、
そもそも、モチベーションを上げなければ仕事にならんなら辞めてもらったら、と返した。

大の大人が自分の仕事をするのに、いちいち手間ひまかけてモチベーションを上げるなんて信じられん。
自分の人生の中で大半の時間を掛ける仕事を前にして、やり甲斐を感じないとしたら何かが間違っている。

「働きがい」この言葉の中には、夢も、責任も、プライドも、すべてが詰まっている。
モチベーションアップよりも、月曜日の朝が待ちどうしい魅力的な会社にしようじゃないか。


0929
キラキラと
緑に注ぐ
秋の日
【まどか】











進歩

昨日より今日、今日より明日・・・
人間には進歩が必要。

真面目にコツコツ努力をすれば、人として少しは成長するものだと思っていた。
然しながら、この真面目にコツコツだけではなかなか成長できない。

多くの人は、努力をしていても、進歩しているかをチェックしていない。
頑張っても、昨日と同じ頑張りをしている限り進歩はない。

昨日より今日、今日より明日
一年ぶりに会う友人に「お前変わったなぁ」と言われるには進歩する気持ちを持たないといけない。


0928
緑色
気が付けば
秋の色
【まどか】



















もっと働く

なぜ月給の三倍は働けという格言があるのか?

売上総利益で考えると、一般企業の場合、給与の3倍から25倍の売上額が必要となります。
業種によれば30万の給与を貰う人は、750万円の売上高が必要だということです。

格言の意味に戻ると「月給が10万円の人であれば、少なくとも30万円分の働きをしなくてはならない」
この意味は、働きが正しければ付加価値を産み社会貢献に繋がるからです。
10万円の給料の人が30万円分の働きをすれば、会社は潤い、社会は豊かになる。
その結果、働く人の給与も15万円・20万円と上がって行きます。
これが健全経営です。

会社を儲けさせて、社会の還元した対価として給料はあります。

もっとも実力があり、自分で稼いだ分はすべて欲しいと思えるならば独立をしたらよい。
これはこれで豪快でスリルのある人生が楽しめます。
苦労がもれなく付いてきますがお勧めします。

いずれにしよ、我々が働いてこそ社会貢献が実現できるのです。


0925
風に乗り
夏の匂いが
混じる朝
【まどか】



















とにかく急げ

お前のがんばりは認める!
わしは一年でも二年でも待つ。
でも、世間が待ってくれるかどうかは知らんで。
と、言ったのは松下幸之助翁だ。

成功する人の条件の一つに「せっかち」がある。
仕事は忙しい人に頼めとの格言もある。

仕事の精度を高めるには、時間をかけてじっくり取り組んだほうが良いように思うが、
仕事の質がそこそこ良く、スピードも早いなら、お客様はどちらを選ぶだろうか?

時間は国籍・年齢にかかわらず誰にでも等しく、わかり易い数字として表される。
ビジネスの世界において、時間を味方にすると大きなチャンスが生まれる。


0924
秋風に
ふわふわ泳ぐ
雲の糸








桜の心

秋・・・・
安保法案が、成立する。

世論は真っ二つに見えるが、本当に?
マスメディアの偏った論調が気になる。

贅沢は言わない。
日本人として矜持を持って各々の意見を伝えて欲しい。
それが仕事だろう。


あと半年もすれば、春。
いつまでも美しい桜を愛でる国であってほしい。


「竹内まりあ」の詩から

満開の桜や 色づく山の紅葉を
この先いったい何度 見ることになるだろう
ひとつひとつ 人生の扉を開けては 感じるその重さ
ひとりひとり 愛する人たちのために 生きてゆきたいよ

I say it's fine to be 60
You say it's alright to be 70
And they say still good to be 80
But I'll maybe live over 90



0918
秋風に
夏の虫が
低く飛ぶ
【まどか】















スペシャリスト

ゼネラリスト(Generalist)とは、広範囲にわたる知識を持つ人を指す。
各種のプロデューサーはジェネラリストとみなされる事が多い。

経営者=ジェネラリストみたいな風潮がありますが、
わたし的にいえば、ジェネラリストは何でも大体わかるけど、実際細かい作業は何もできない、みたいなイメージがあります。
社長は社長の仕事が有り、頭を使うのが仕事、
実務の細かい部分は知らなくても良いみたいな感じです。

私の場合は、まず一つの分野を徹底的に深堀りする。つまり、根っこの部分を深くする。
そして、徐々に周辺の分野を知り、幅を広げていく。
そして、さらに根っこを太くするスペシャリストを志向しています。

なぜならば、経営者の資質のひとつに人に頼らない強さが求められます。
他には負けない強さとは、その業種の中でスペシャリストに成ざるを得ません。

このスペシャリストと言われる人たちは、すごい質(強み)を持っていますがこの「質」は最初から持ち得ていた訳ではない。
なんども涙しながら「質」を高めていった結果です。

スペシャリストになるためには、「質」を求めながらも、「量」をこなすことだと考えます。
それは量に裏付けされない質はないということ。
量もこなしていないのに、質の高い仕事をたった一回やるなんてありえないからです。

量をやり、失敗を経験して、初めて質が磨かれていくと思います。
極端な話、圧倒的な「量」をやった人間じゃないと「質」を語っちゃいけないと思います。
とにかく自分を成長させるためには、実務的な量をこなすことだと思います。

Wikipedia ジェネラリスト



0917
雨音に
浮かぶ太陽
雲隠れ
【まどか】













実践すべき5つの言葉・・・・だが。

 ■ 夢(やりたいこと・目標)を持とう

 ■ 失敗を恐れない

 ■ やろうと決めたことは、最後まで諦めない

 ■ 好奇心を大切にする

 ■ 仲間の輪を広げる。

すべてじゃない
このうちの一つでも実践できたら人生が楽しくなる。
繰り返すが、すべてが大切と考えて行動したら、その瞬間に重荷になる。
ひとつだけでいいんだよ。



0916
雨かぶせ
ぼやける空に
朝の色
【まどか】











打つ手は無限にある

すばらしい名画よりも
とてもすてきな宝石よりも
もっともっと大切なものを
私は持っている
どんな時でも
どんな苦しい場合でも
愚痴を言わない
参ったと泣きごとを言わない
何か方法はないだろうか
何か方法はあるはずだ
周囲を見回してみよう
いろんな角度から眺めてみよう
人の知恵も借りてみよう
必ず何とかなるものである

 ー なぜなら

打つ手は常に無限であるからだ



0915
緑色
青に溶け込む
朝の色
【まどか】








誤解

他人から見て誤解を受けるのしょうがない。

一緒に目標を追いかけていても、
その人の置かれている状況や環境、それこそその人の価値観によって、考え方は違ってくる。

もちろん意図してそうしているわけじゃない。
説明している方も、聞く方も誠実に向き合っていても、誤解が生じるなんてあたりまえ。


しかし、愛があれば誤解はある程度防げる。
相手の立場になって、相手の想いを優先させて考えればよい。


0914
曇り空
秋を含んで
隠れた太陽
【まどか】















光の言葉

真に幸福な人は、一日中、
自分のことなどはまったく考えていません。
夜、寝るころになって、ふと気がつくと、
「今日は、自分のことを考えなかったな。
『私は』という主語で一度も考えなかったな」
と思う人は、かなり幸福な人です。
その反対に、一日中、

自分のことを考えている人は、
不幸な人です。
「自分を護りたい」という気持ちは
誰にもありますが、
自分が主語になっている人は、
残念ながら、
あまり幸福ではありません。
自分自身のことを考える時間を短くして、
ほかの人のことを思いやる時間を
増やすことが大事です。



0911
雨の音
聞けばもうすぐ
晴れ模様
【まどか】















望むカタチ

考えるより動いたほうが形になる。

納得できる話ではある。
だが、形にはなるが、どのような形になるかは判らない。

考えて動く!
このインタバルをどれだけ短く出来るか。
それを考えるだけでも、たった3年後に大きな差となる。


0910
雨音に
目覚める朝
光る空
【まどか】
















出来ないことは、しない・悩まない。

出来ることを今すぐやれば、問題のほとんどは解決できる。
出来ないことを考えるより、今すぐやることを決めて動き出そう。

自分の出来ること、自分の力では出来ないことを見極める。
飛行機の遅れなど自分の力ではどうしようもない。

少し冷静になって考えてみれば、物事なんてそうそうややこしいことでもない。
その原因はどこかにあるわけで、それ自体は単純なこと。

その中で、自分が出来ることをやればいい。


0909
雨宿り
鳥が話す
屋根の下
【まどか】












絵画

絵を描こうと考えるならば、
すぐにキャンバスの前に座るな。

絵は考えている時間が大事。

仕事も同じだよね。


0908
雨音に
じっと隠れる
夏の音
【まどか】




















依存心

安心や安定を信じてきた人が次にいう言葉・・・・・・

   「裏切られた!」


他人に自分の人生を委ねる考え方はいずれ破綻する。
これはビジネスでも男女関係でも同じだ。

自らが考え、決断する癖を付ける。


0907
ふわふわと
散らばる雲に
夏の後
【まどか】
















仕事



仕事に命をかける楽しみ、命をかける喜び。


    そういうものを持たずして何も生まれない。






0904
風過ぎて
残った空が
暑さ照らす
【まどか】









心配事

大木も内部を小さに虫に喰われて枯れる。

人間は小さな心配事や恐れから元気を失う。

英語でも、
It is not work that kills, but worry.(仕事ではなく心配事が人を殺す)
の言葉がある。


心配事を忘れてしまう習慣を身に付けよう。

0903
窓を打つ
雨に滲む
緑色
【まどか】











手柄は足にあり

運は天にあり、鎧は胸にあり、手柄は足にあり
何時も敵を我が掌中に入れて合戦すべし
死なんと戦えば生き、生きんと戦えば必ず死するものなり
運は一定にあらず、時の次第と思うは間違いなり
武士なれば、わが進むべき道はこれほかなしと、自らに運を定めるべし



上杉謙信の居城、春日山城の壁に書かれた『壁書』は禅問答の趣がある。

「死なんと戦えば生き、生きんと戦えば必ず死するものなり。
家を出ずるより帰らじと思えばまた帰る。
帰ると思えば、ぜひ帰らぬものなり。不定とのみ思うに違わずといえば、
武士たる道は不定と思うべからず。 必ず一定と思うべし」とあるように、
運を一定の周期で巡って来るものと思うのは間違い。
武士なら自分の進むべき道は自分で考えて、自分の責任で行動するべきである。
と説いている。

自分の道は、己の足で、己の意思で歩くべし。



0902
雲並べ
夏を隠す
空模様
【まどか】













秋高馬肥

今日から9月
ようやく過ごしやすい天候になったが、日本は経済をはじめ
政治や山口組・中国問題など諸問題が解決とは言え難く、混沌としてきた。

昔から「天高く馬肥ゆる秋」と言われるが、肥えた馬は略奪されやすい。
秋には事故や事件が起こるから注意が必要とのことわざとして用いられてきた。

収穫時期はより一層の注意が必要だ。



0901
揺れる雲
キラキラ光る
水たまり
【まどか】





過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ