今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

2015年01月

第一印象

第一印象をとても気を遣う人がいる。
確かに第一印象で決まってしまうことが多いのは確か。
その時点での印象が、その後のコミュニケーションの内容を左右することが往々にして多いから。

でも、第一印象を気にする人って、最初にだけエネルギーを使っている気がする。
出会った時には、紳士でスマートな印象を持ったのに、時間とともにルーズな部分が気になりだし、
人に対する気遣いなど無縁の人となり果てた、そんな人を数多く見た。
たぶん、元々がそう言う人だったんでしょう。

それに対して、第一印象に気を使わない人も多い。
一見取っ付き難いのだが、なぜがウマが合って長い友人になっていた、そんな人もいる。

要は、人間の本質など見た目で判断できるワケなどない。
付き合ってみなければ判らない、時間が必要なんだ。
なので、初対面での印象についてあれこれ考えてもしょうがない。

相手にどう思われようと、自分は自分だと自信を持っていればよい。
初対面でシャッターを下ろされたならば、そんなご縁だと思えば良いだけ。
無駄な時間を使わずに済んだことに感謝すればよい。



0130
花咲いて
なかなかこちらを
向かぬ顔
【まどか】






心配

心配性の人がいる。

心配から、どうじても抜け出されない。
そう言う人は、普段の心の波長が心配の波長に侵食されているんだと思う。

心配で心配で、他のことが考えられなくなっている。
心の中は心配でいっぱいだ。
そうなると人間は心が強く思っている方向に進んでしまう。

解決方法を考えるよりも、心配している自分に満足しているといえば言い過ぎに思えるかもしれないが、
結局は、心配している「優しい自分が好き」となってしまう。

一緒に心配しないで、解決方法を模索していると「冷たい奴」と呼ばれるかもしれない。
しかし、くよくよしていても前に進まない。
心配から逃れる一番良い方法はその原因を取り除くために、積極的な行動を起こすこと。



0129
パラパラと
雪にならない
雨の音








ほんの少しだけ、前に。

行動しようと動き始めた時に、最初に立ちふさがる壁が、「3無」だ。


「時間がない」

「お金がない」

【自信がない」

でも、この3つが揃うのを待っていたら幾つになってしまうかわからない。
全部揃うのを待っていたら、永遠に始められないと思ってください。

普段から「まずはやってみよう」と前に進む癖をつけてください。
数日間考えたところで状況はさほど変わりません。
やれば必ず、結果が出ます。
まずは、一歩踏み出す。そんな癖を身に付けると面白いぐらい人生が変わります。

うまくいかなくっても、経験が必ずついてきます。


0128
曇り空
ふんわり揺れて
空走る





エクス・フォーメーション

イン・フォメーション(information)とは、「情報。報道」の意味だが、
外側からの情報を受け取り、自分の中で認識を型創ると理解して良い。

それに対して、エクス・フォーメーション(Ex-formation)とは、「外に形創る」意味を持っている。
自分が想い描いたものを、世の中に創っていくことです。

白い紙に自分で絵を描きだすこと。
自分で価値を産みだすこと。
その価値が、社会貢献につながると信じてます。

「Ex-formation」の語源




0127
空模様
地面に跳ねる
雨の音

人生の節目

人生の中で、最も重要なポイントは、
人を恨まない・許す心を持った時ではないだろうか?

恨みとか、妬みとか、全て相手がいて、その相手を悪者にしている。
許すとは、人のせいにしない覚悟を持つことです。

覚悟が決まれば、自分の道を歩むことができます。
ようやく、自分の足で自分の人生を歩む事が出来た瞬間です。

だから、人を許す心を持つことが重要だと思います。



0126
花咲いて
なかなかこちらを
向かぬ顔










システム

社内業務に、システムを入れても、お客様を数字(データ)で考えてはいけない。

お客様をデータとして扱うと、私たちもお客様からデータとして扱われる。

データとは相対的な資料に使われる。
「行動する・行動しない」
「買う・買わない」
「高い・安い」

バーゲンでないと買わないお客様が集まるのは、顧客をデータとして扱っているから。

お客様は縁あって知り合った大切な大切な友人。
友人の為だと思えば、面倒な仕事も楽しくなる。
値引きはなくても、最高の笑顔で楽しくお買い求めいただける。


0123
水をきる
車の音に
雨の後









利他の心

ひとというものは、 

ひとのために、 

何かしてあげるために生まれてきたのです。



0122
道の上
ふわふわ浮かぶ
ふくら雀
【まどか】





柿の木は嫁入り道具だったと、宮本常一は言った。

田舎に行くと、だいたいの家に柿の木がある。
宮本は地名を上げて語っている。

 大阪に河内長野市に瀧畑という村にはどこの家にも渋柿がある。
 女の人がお嫁入りに持ってきて、食用の他に柿渋を作って防腐剤として重宝した。
 そして、死ぬとその木の枝で火葬をする。
 最後にその人魂は必ず柿の木に止まる。
と。

柿の木が、女の一生に寄り添う存在だったとは驚きだが、
ほんの数十年前の人々は自然と寄り添いながら生きていた。

民俗学を紐解くと心が豊かになれる。


Wikipedia 宮本常一



0121
春を待つ
花に浮かぶ
空の雲
【まどか】



リーダーとは

リーダーとはどのような立場なのか?。
リーダーはボスのような傲慢な姿勢ではいけない。


ボスとリーダーの違いを具体的に表してみよう。

● ボスは部下を追い立てる。
〇 リーダーは人を導く。

● ボスは権威に頼る。
〇 リーダーは志、善意に頼る。

● ボスは恐怖を吹き込む。
〇 リーダーは熱意を吹き込む。

● ボスは私という。
〇 リーダーはわれわれという。

● ボスは時間通りに来いと言う。
〇 リーダーは時間前にやってくる。

● ボスは失敗の責任を追わせる。
〇 リーダーは黙って失敗を処理する。

● ボスはやり方を胸に秘める。
〇 リーダーはやり方を具体的に教える。

● ボスは仕事を苦役に変える。
〇 リーダーは仕事をゲームに変える。

● ボスはやれと言う。
〇 リーダーはやろうと言う。


まだまだ、違いがありそうですね。

0120
冬の風
雲を巻き込み
雨降らす
【まどか】












何々されると喜ぶ

贈り物をするのが好きな人は、贈り物をされるとひどく喜ぶ。
席を譲る習慣の人は、席を譲られるとひどく喜ぶ。
手紙をよく書く人は、便りが届くとひどく喜ぶ。

我々は潜在意識の中で、〇〇してもらいたいから、〇〇してしまう習性を持っているのかもしれない。

そうならば、いつも親切にしてくれる取引先や周りの人に感謝を行動で示さなければならない。
いつもの事だからと、慣れてしまうことに気を付けよう。



0119
道の上
ふわふわ浮かぶ
ふくら雀
【まどか】









経済の基本(おさらい)

経営者や経済を勉強しているものなら、誰でも耳にする「GDP」という単語。
マクロ経済を紐解く最も大事な指標ですが、意外と理解していない。

GDP(国内総生産)とは、何だろう?
GDPを簡潔に述べるのであれば「ある地域で、一定の期間内に生み出された付加価値の合計」であると定義できる。

では、付加価値とはなんだ?
ざっくりと言えば、「企業の売上高から仕入れ高を引いたもの」です。
企業でつくり出された、儲け=価値のことをいいます。
それを国内全てを足したものをGDPといいます。


このGDPには、「名目」と「実質」の二種類があります。
「名目」は実際の金額を表し、
「実質」はインフレやデフレを調整したあとの金額を表してます。

日本ではデフレが続いてきたので、名目GDPよりも実質GDPのほうが大きな数字になってました。
逆にインフレが実現すれば、名目GDPよりも実質GDPのほうが小さな数字になります。
名目GDPと実質GDPは並んで表示されることが多いですので、今の経済はデフレなのかインフレかの指標になります。

数字として基準としたいのは「名目GDP」
何故ならば、多くの経済指標は名目GDP比率で計算されています。
例えば、国の借金と表現される政府債務残高ですが、今1000兆円規模の政府債務残高を名目GDPで比べると200%を超えることになります。

ほかの国も同じように名目GDPを指標として計算してますが、財政破綻のギリシャが約170%。
やばいと言われているイタリアが約150%。
年間1兆ドルを超える財政赤字の報道で経済新聞の表紙を飾るアメリカは、106%の残高でしかない。
日本の財政赤字が突出しているのが、このように理解できる。



Wikipedia 国内総生産
GDP 内閣府統計





0116
鱗雲
空に見せる
冬の跡
【まどか】




生きる

世間ではお金持ちや名声のある人を成功者と呼ぶ。
それも正しいかもしれないが、

いま、生きている。
とにかく生きている、それを成功者という。


0115
雨の音
朝に響く
道の声
【まどか】





マクロの視点

長年、研究開発型企業の役員をしていた経験から言えば、
開発に成功したらそれで儲かった気持ちになってしまう同僚(役員)が多いことです。

実際には商品にして売って儲けて開発費を償却するには営業等、開発者以外の人の大変な努力が必要です。

私の師匠の言葉ですが、
「開発に成功するまでに1のエネルギーが必要だとすれば。商品を試作するの30倍。
 それから商品化するのに100倍。最終的に利益が出るまでには1,000倍はかかる」

制約のない開発などない。
売らなきゃ、お金は入ってこないのは事実。

マクロの視点で開発に携わる。



0114
朝の色
昨日の月も
染まる空
【まどか】





ツキ

人生に、運やツキといえるものは、必ずある。


それは黙って棚ぼた式に手に入るものでもない。
然しながら運を引き寄せる、何らかの秘訣は昔から確かに言い伝えられてきた。

その一つは、基本に忠実にコツコツ努力を重ねることだと。

履物を揃える、服を畳んでおく、ゴミを拾う・・・・・
気持ち良く毎日を過ごすための「基本」

そんな、何気ない小さなことを、当たり前に積み重ねることによって運を引き寄せるという。

歴史上の偉人たちが口を揃えていうのだから、本当なんです。


0113
雲絞り
雨が肩押す
人の波
【まどか】


教養を手に入れる

知識は勉強すれば身に付く。
教養は嫌なことをして身に付く。


その前に、嫌なことをされたら、「嫌だ!」と思う感性が必要。
嫌なことが起こったら、感性を磨く修行だと思えば良い。

自分が嫌なことは、人に強要しない、感じさせない。


0109
青空に
雲を並べて
曇り空
【まどか】











謙虚な姿勢

反省しろとよく言われた・・・・・今でも時々言われているのかも知らないが、
ハリウッド映画に出てくるヒーローたちは反省などしない。

失敗してもメゲずに、最後まで自分を貫き通る。
ある意味、傲慢。
ワガママに自分を貫く姿勢に、やがてシンパが出てくる。

「謙虚は美徳」だと教えられたかもしれないが、謙虚さばかりだと卑屈に見える。
まず自分を貫く考え方・姿勢が必要。

考えが空っぽなのに、謙虚などありえない。
だから、最初から謙虚な姿勢など、とる必要はない。

自分の考えを持っている人が、謙虚に反省するから結果がついてくる。


0108
足早に
空を流れる
風踊る









GOODはGREATの敵

一生懸命仕事を覚え、ようやく一人前になる。
みんなそうして頑張って一人前になった。

しかし、一人前になった途端に成長が止まる。

何故か?
一人前だから、それで良いと思ってしまうのか。
周りも、もう一人前だからと注意や意見を言わなくなるからなのか。

経済書の「ビジョナリー・カンパニー2」の冒頭に、「GOOD(グッド)はGREAT(グレイト)の敵である」と出てくる。
身近な日本語に訳すれば、「一人前は一流の敵である」と言えよう。

一人前になって、精進するから一流になれる。
逆に言えば、一人前になってしまうと、なんでも自分で仕事が出来、そこで成長が止まる。
俺は一人前なんだと、なんでも「出来る気」になっているだけ。
大きな勘違い。

一流と呼ばれる人は、その人でないと出来ない仕事を持っている。

自分に与えられた人生。
一流を目指しましょう。

最高の自分を目指しましょう。


0107
光さす
白靄に浮かぶ
朝の色








コツコツ

「小さな努力の積み重ねが大きな実を結ぶ」

みんなそうやって、夢を形にしてきた。

今年は、多忙であっても「“面倒くさい”って、絶対に思わない」。


106
朝の色
塗り替える雪
白い道
【まどか】












New Year's resolution. 2015年の決意

新年あけましておめでとうございます。

毎朝仕事前に書いておりますブログのようなものも、
1996年7月から書き始めて19年目になります。

当時はホームページ制作ソフトもなく、プログラムを直接書き込んでサーバーにアップしていたのが懐かしいです。
電話回線代金が高く、テレホーダイなるものがあり、早朝しか接続できなかったために、早起きの習慣がつきました。
逆境は人を育てるって、本当かもしれませんね。

そんな私の今年の目標は、新しいことへのチャレンジ。

If one sheep leaps over the ditch, all the rest will follow.
(一頭が溝を飛び越せばすべての羊は後から続く。)
諺にあるように、最初の一頭になる決意で、勇気を持って進んでみようと考えております。

どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。


0105
もくもくと
踏みしめる道
雪の音
【まどか】





花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中




真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム





過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ