今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

2014年11月

知恵

知恵を抱え込んではいけない。
知恵は分かち合うものだ。

情報も溜め込むものではない、そのまま溜め込んでおくと古くなる。
発信するから、新しい情報が入ってくる。

私たちは。本当に頑張った時に勘違いをする。
急に自分が偉くなったような気がする。
目に見えないエゴのバリアを張ってしまう。

そんな時こそ、頑張って得た知恵や情報を開放をする。
そうすること以外に新しい領域にたどり着くことはない。

頑張っても、腰は低く。



1128
空色に
染まる夕焼け
水たまり




簡単

難しい : むずかし・い〔むづかしい〕
[形][文]むづか・し[シク]《「むずかる(むつかる)」と同語源。「むつかしい」とも》

意義素             類語
扱いづらい            めんどう ・ デリケート ・ 微妙
簡単でない            ムズい ・ 困難 ・ むずい ・ 難し ・ 難い
消耗といっていいほどの
努力によって特徴づけられる 苦しい ・ きつい ・ ヘビー ・ 辛い ・ ハード ・ しんどい ・ つらい ・ 困難 ・ ・・・
扱いにくいさま          厄介 ・ やっかい
対処するのが難しい      煩わしい ・ めんど臭い ・厄介 ・ うるさい ・ しんどい ・ 面倒臭い ・ 煩い ・ ・・



簡単/簡短 : かん‐たん
[名・形動]  物事が大ざっぱで単純なこと。

意義素             類語
容易ですぐできるさま     簡単 ・ 難しくない ・ 朝飯前 ・ お茶の子さいさい ・ お安い御用 ・ お安いご用 ・
                  余裕のよっちゃん ・ 楽勝 ・ 楽々 ・ 簡単 ・ 余裕 ・ 手間ヒマかけずに ・
                  手間ヒマかけず ・ 楽勝で ・ 楽々で ・ チョロイもん ・ 赤子の手をひねるようなもの ・
                   屁のかっぱ ・ へのカッパ
簡単にできるさま       易しい ・ 容易 ・ 難易度が低い ・ 簡単 ・ 敷居が低い ・ 難しくない ・ 気軽にできる ・ しやすい



難しいと思っている事を始める時に、「簡単だと思って取り組む」
コツは大雑把で良いんだと思うこと。

物事は気持ち次第。


1127
雲の色
だんだん繋がり
青になる
【まどか】







管理

管理されて、嬉しい人はいない。


特に、起業家と管理者は、会社のなかで最も反発しあう。
起業家は管理されることが大嫌いで、伸び伸びとビジネスをしたい。
それに対して、管理者は混乱が嫌いで共通認識と言いながら管理をしたがる。

しかし、起業家認識が強すぎるとカリスマ経営となり、組織は伸びない。
企業はある一定の成長過程で、組織をシステム化しなければならない。
そうでなければ、いずれその組織は弱体化してしまう。

起業家と管理者の戦いは必然。
全体最適の考え方から、管理者の強化は必然。



1126
雨音に
跳ねる足音
冬の匂い
【まどか】












日々是好日

「人々悉く道器なり 日々これ好日なり」とは、曹洞宗の経典のひとつから出た言葉。

ほんとうに「日々すべからく好い日である」と思えるような毎日を過ごしたいものだ。
だったら、これからの人生どうすればよいかを、この三連休に徒然と考えてみた。


結局、自分のなすべき仕事を淡々とすることだと悟った。
森信三先生の修身教授録にも書かれているが、私たちは仕事を中心に回っている。

 すなわち、少しも仕事を溜めないで、
 あたかも流水の淀みなく流れるように、
 当面している仕事を次々と処理していく。

 これがいわゆる充実した生活と言われるものの、
 内容ではないでしょうか。

充実した生活とは仕事があってこそのもの。
有難いです。



1125
冷たい風
するりと抜けて
肩たたく
【まどか】





平和を願う祈り

神よ、わたしをあなたの平和の使いにしてください。
憎しみのあるところに、愛をもたらすことができますように
いさかいあるところに、赦しを
分裂のあるところに、一致を
迷いのあるところに、信仰を
誤りのあるところに、真理を
絶望のあるところに、希望を
悲しみあるところに、よろこびを
闇のあるところに、光をもたらすことができますように、
助け、導いてください。

神よ、わたしに
慰められることよりも、慰めることを
理解されることよりも、理解することを
愛されることよりも、愛することを 望ませてください。

自分を捨てて初めて自分を見出し
赦してこそゆるされ
死ぬことによってのみ永遠の生命によみがえることを
深く悟らせてください。
(アッシジのフランチェスコ)



【Prayer for Peace】

Lord, make me a channel of your peace,
That where there is hatred, I may bring love,
Where there is wrong, I may bring the spirit of forgiveness;
Where there is discord, I may bring harmony;
Where there is error, I may bring truth;
Where there is doubt, I may bring faith;
Where there is despair, I may bring hope;
Where there are shadows, I may bring light;
Where there is sadness, I may bring joy;
Lord, grant that I may seek rather to comfort
than to be comforted;
To understand than to be understood;
To love than to be loved;
For it is by forgetting self that on finds,
It is by forgiving that one is forgiven.
It is by dying that one awakens to eternal life. Amen.



1121
温かい
日差しに踊る
冷たい風



リーダーとは、

最も理想的な指導者は、部下から存在することさえ意識されない。
部下から敬愛される指導者は、それよりも一段劣る。
これよりさらに劣るのは、部下から恐れられる指導者。
最低なのは、部下から馬鹿にされる指導者。

約束を守らない指導者は、部下の信頼を得ることができない。
立派な指導者は、弁解も宣伝もしない。
すばらしい業績をあげても、それが彼の働きだとは認識されない。
そんなあり方が最も理想的なのである。


老子


1120
少しずつ
あらわる寒さに
絶える花

何を売るか

ダイヤモンド産業最大の企業デビアスは、セシル・ローズという男によって創り出された。
その生涯は面白い。

彼は最初はつるはしを振るってダイヤモンド原石を採集していたが、
掘り進むうちに穴は大きく深くなり、そこに雨水が貯まるようになった。
雨水が貯まると掘れないから排出しなければならない。
その初期の時代に、採掘者達に排水ポンプを貸して大儲けしたのだ。

ちなみに、キンバリー鉱の掘られた穴は、直径1Km近くあり、その深さは300Mに達する。

現代を見回しても、インターネットで物を売っているのは商店であり、
その場所を提供しているのは楽天、Yahooなどのモールである。

時代は変わっても、ビジネスの原理は不変であると言える。



セシル・ジョン・ローズ

デビアス

楽天決算発表



1119
月欠けて
朝に消える
高い空

陰陽

陰陽(いんよう)とは、中国の思想に端を発し、森羅万象、宇宙のありとあらゆる事物をさまざまな観点から陰(いん)と陽(よう)の二つのカテゴリに分類する思想。
陰と陽とは互いに対立する属性を持った二つの気であり、万物の生成消滅と言った変化はこの二気によって起こるとされる。Wikipediaより

古代中国では、自然界のあらゆるものを陰(いん)と陽(よう)にわけました。
たとえば、太陽は陽で月は陰、奇数が陽で偶数が陰、表が陽で裏が陰という具合になります。
こうした思想を陰陽思想といい、この陰陽思想はやがて五行と結びついていくことになります。


陰が悪くて陽がよいという誤解もあるようですが、決して陰が陽より劣っているというわけではありません。
陰と陽は相対する2つのエネルギーで、単一では存在することができず、お互い補い合ってこそバランスよく調和できるというもの。
陰だけがあっても、陽だけがあっても、調和は成り立ちません。

陰: 静・闇・暗・柔・水・冬・夜・植物・女・月
陽: 動・光・明・剛・火・夏・昼・動物・男・太陽

女性は「陰」の気、男性は「陽」の気を持つとされていますが、男性と女性が結婚するというのは本能からくる行動。
一緒になることで陰陽のバランスが保たれ、全身の気がめぐり、健やかになる。

マクロビオティックも食物を引用で分ける。
お肉やチーズは陽が強いので避けるとかいろいろ厳しいところがありますが、原理はわかり易い。
夏の野菜(キュウリ・ナス・トマトなど)は「陰の食べ物」であり、夏の暑い日に体温を下げてくれる効果があります。
冬の野菜(ニラ・カブ・白菜など)は「陽の食べ物」であり、冬の寒い日に体を温めてくれる効果があります。
旬のものをおいしくいただくことで、体のバランスも整えられるという思想だ。

食べ物の陰陽表

影も日向も併せ持つ。
それが人間を創りあげている。
今日も楽しく。



1118
日が当り
寒さの中に
秋うつす


いきる

以前、後輩が言った言葉を即座に否定したことがある。

「岩城さん、本当にありがとうございます。
  このご恩は一生忘れません。いずれちゃんとお返しします」

「アホ、ちゃうねん。恩は返したらあかん。
 与え続けていくものだぞ。
 俺は今回お前を助けた。でもお前のお返しが楽しくしたんじゃない。
 
 そうじゃなくって、お前はお前の目で困っている人を助ける。 
 与え・与え続けていくことが、今まで多くの人から受けた恩を返していくことになる。
 俺に返すとか言うな」

そんな僕の心情を文字で表した文に出会った。
わかり易いなぁ
あの時、こんなふうに言えたらよかったんだと。


 生きているということは、
 誰かに借りをつくること


 生きているということは、
 その借りを返していくこと


 誰かに借りたら、誰かに返そう


 誰かにそうしてもらったように、
 誰かにそうしてあげよう


 誰かと手をつなぐことは、
 その温もりを忘れないでいること


 巡り合い、愛し合い、
 やがて別れのその時、
 悔いのないように今日を生きよう


 人は一人では生きてゆけないから


 誰でも一人では歩いてゆけないから


『生きる力になる言葉』から



1117
月欠けて
朝に消える
高い空

愛想一つ

昨日の夕食は中華にした。
近所の少し寂れた感じのお店だった。

入店しても店員はなかなか来ない。
メニューを尋ねる際も、調子が悪いのかイライラしているように伺えた。

お料理はお得感満載の、しかし、ちょっと塩辛いと思う料理。
食事も終わって、勘定してお店の外に出て
「うぅ〜ん、もっちょっとでも愛想が良かったら・・・」
と、思う自分がいた。

ふと、手元を見るとカバンを忘れていた。
すぐに引き返すと、店員さんが追いかけてきてくれた。満面の笑みで!

つい先程まで、「もうひとつのお店」が「最高のお店」に変わった瞬間だ。
人間って思い込みの人種だ。
「良い店」・「気に入らないお店」は自分の心一つで決まってしまう。


謙虚に物事を見ればなんでもないことなのに、些細なことにこだわる。
 もっと早くオーダーを取りに来い。
 丁寧に皿を置きなさい。
 笑顔でお釣りを渡しなさいからダメだ。
自分が勝手にダメだと思うと、本当にダメだとなってしまう。



でも、ほんのちょっとだけ塩辛かったなぁ。
また、確認をしに訪れてみよう。


1114
追いかける
冬の寒さに
秋の陽射し






ABCの法則

日本における中小企業の数は約400万社といわれている。

ブランド力や資金力で勝る大手メーカーとの競合にいかにして打ち克っていくか。
中小企業を経営していくには越えなければならない壁が幾つかある。

そのひとつが、「凡事徹底」

平凡なことを非凡に努める。
あたりまえのことを、ばかにしないで、ちゃんとやる。

わたしは、頭文字をとって、ABC、ABC・・・・・と常に口ずさんでいる。

お客様対応はもちろん、日々のお掃除・片付け。
やらなくてはいけないが、放置してしまいそうな時には特にABCの法則が役に立つ。


1113
夕暮れに
揺れる紅葉に
半月の顔















不満

「不満」=十分に満たされていたない状態を言うが、現状では満たされない何か、
漠然とした隙間のようなものを多くの人は抱えている。
何かが足りない、その何かがわからなくて不満となっていることもある。
幼い時から何かが足りないと思い、充たされない何かを追い求めて歳を重ねてきた気がする。

三重の漁村の片隅で生まれ、都会に憧れて出てきた。
キャリアを積み、地位が上がり、それなりの報酬を得る術も得た。
だからといって十分に満たされたかと聴けば何かが違う。

若い頃は今よりも、もっと飢餓感を持っていた。
ギスギスした心を隠さず、いつも何かに当たり散らしていた。
歳と共に不満は少なく丸くなったが、それでも何かが足りない。

誰かが言っていたが、「満足した人間は堕落する」
現状を守ろうとするからだろうか

不満が良いとは思わないが、満足もしたくない。
人の気持ちって難しい。


1112
キラキラと
星にも朝が
やってくる
【まどか】



27のコト

後悔するくらいならやっておく。
ソレが失敗したら笑い話にはなるが、やらずに終わったら話の種にもならない・・・。
そんな27のコト


1. 食事中はスマホを使わない
友達や家族との食事中、スマホをいじっていないだろうか?目の前の人との会話を楽しもう。
その時間は二度と訪れないのだから。

2. 気の合わない友達と距離を置く
一緒にいて居心地が悪ければ、その人とは距離を置くのがいいかもしれない。
あなたの時間は無限ではない、一緒にいて幸せな人と時間を過ごそう。
八方美人になるほど、人生は長くない。

3. 早起きして何かする
忙しい毎日、どれだけ自分の時間を取れているだろうか。
日々のタスクを終えるもよし、新しいことを始めるもよし。
自分に集中する時間は、朝早く起きることで作れる。

4. 断る勇気をもつ
やりたくないと思ったら、勇気を出して断ろう。
嫌々やることの結果は目に見えている。

5. 毎日新しい気持ちに切り替える
過去の失敗にとらわれ過ぎると、目の前のチャンスを逃してしまう。明日は明日の風が吹く。毎日気持ちを切り替えて、一日を前向きに過ごそう。

6. 家族に感謝の気持ちを伝える
最後に家族に「ありがとう」と言ったのはいつだろう。
照れくさくても、出来る限りたくさん感謝の気持ちを伝えよう。
家族だけでなくあなたも幸せを感じるはず。

7 .写真をアルバムに保存する
携帯やカメラで撮ったたくさんの写真、データのままで保存しておくのはもったいない。
印刷しておくことで将来、あなたの大切な時間を手に取って見返すことができる。

8.  何かを選択する時は、直感を大事にする
人生の様々な局面で難しい選択を迫られることがあるだろう。
その時は、自分の直感に従ってみよう。
案外、頭で考えすぎるとその選択に後悔することがある。

9.  同窓会に出席しない
大して仲良くなかった人たちとの同窓会に、何となく出席しては時間がもったいない。
大事なのは、あなたにとって今大切な人達だ。

10.  家族写真を撮る
家族や親戚で集まったら家族写真を撮ろう。
かけがえの無い時間を、形に残すことができる。

11. 一度決めたらやり通す
「○○をしよう」と決心するものの、実行に移してないことはないだろうか。
その状況を脱し、まずは一歩を踏み出そう。
最後までやり切った時、今までとは違う自分に気づくはずだ。

12. 休みを思いっきり楽しむ
せっかくの休みの日に暇をもてあそぶのはもったいない。
携帯の電源を切り、溢れる情報をシャットアウトして、休日を思いっきり楽しもう。

13. 持ち物の手入れを怠らない
気に入って買った物は、心を込めて手入れをしよう。
長持ちするし、もっと愛着がわくだろう。
そして必要のないものは積極的に持たない。

14. スキンケアをする(男性も!)
肌は体全体を覆う大切な組織。紫外線対策などはしっかりしよう。
男女関係無く、しみやソバカスは少ない方が良いに違いない。

15. 昇給をお願いする
もちろん、努力をした後での話だ。
自分の仕事ぶりが昇給に値すると思ったら、勇気を出してお願いしてみよう。
吉と出るか凶と出るかは・・・わからない。

16.  共有スペースの環境を整える
近所でも、家のリビングでも良い。
みんなでシェアする場所は綺麗にして、楽しい時間を周りの人と共有しよう。

17. 旅行中はお金をケチらない
一生に一度の旅行の時くらい、躊躇せずにお金を使っても良い。
かけがえの無い経験をお金に代えることは出来ないのだ。

18.  自分の意見をはっきり伝える
相手を気遣いすぎると、自分の意見を伝えるのに尻込みするかもしれない。
でも、思い切って伝えてみよう。案外相手は平気なものだ。

19.  クリエイティブに自分を表現してみる
たまには、絵や写真を使って自分を表現してみることが大事。
たとえ作品を人に見せなくても、きっと新しい自分を発見できるはず。

20.  自信をなくすような環境から身を離す
不安を感じたり自信を失ってしまうような環境からは、すぐに離れよう。
そこに身を置いても、何も良いことが無い。

21.  どんどん冒険する!
規模なんて関係無い。どこでも良いから冒険してみよう。
そこで得た思い出や経験は、きっとあなたの武器になるはずだ。

22.  少しだけ、貯金する
人生、何が起きるかわからない。
何かあった時の為、少しずつでも貯金しよう。
いつかそんな自分に感謝する時が来るはず。

23.  友達を大切にする
年を重ねるほど、友達の大切さが身にしみるもの。
数少ない友達を家族のように大切にしよう。
いつでもあなたの支えになり、手を差し伸べてくれるだろう。

24.  Facebookに接する時間を減らす
ネット中毒、そしてFacebook中毒になっている人は少なくない。
何の目的もなく、気づいたらFacebookを開いている人もいるのではないだろうか。
時間の無駄だと気づいたら、離れてみよう。

25.  他人の幸せを祝福する
友達に幸せな出来事が起こった際は、素直に祝福しよう。
羨ましいと思っても、そこはぐっと我慢。
自分がしてもらって嬉しいことは、他人も嬉しいに決まってる。

26.  大切な人との時間を作る
どんな些細なことでも良い。大切な人に毎日何かしてあげよう。
あなたの毎日に彩りを添えるはず。

27.  親友と笑いまくる
親友は、間違い無く一番大切な存在。
彼ら・彼女らと会い、話し、思いっきり笑おう。
日頃のストレスなんてどっかに消えてしまう。


TABI LABO



1111
青空に
溶ける月に
秋の空
【まどか】









殉愛

やしきたかじんの晩年を書いた「殉愛」(百田尚樹)がベストセラーになる勢いだ。

手元にたかじんが書いた生前のコピーがある。

 「ぼくが幸せにしたいのにできん
  まもりたいのにできん
  金があっても、食道は買えん
  命も延ばせん
  60で死ぬと決めといて、
  いつしんでもええと
  生きてきたのに、
  惜しくなるんは恥や
  惜しいと思うんはさくらがおるからか?
  まだおりたい 約束あんのに
  まだ死ぬんは嫌や、
  もう会えんくなる」
(やしきたかじん)

アメリカでも最愛の妻を亡くしたコメディアン:「ジョージ・カーリン」が、素晴らしいメッセージを残している。
今、自分たちができること。
それは目の前にあるものに、真摯に向き合うことではないだろうか。
愛は奥深いです。


ビルは高くなる一方だけれど、人の気は短くなる一方。

高速道路は広くなったけれど、人の視野は狭くなった。

お金はじゃんじゃん使っているが、得るものは少ない。

物は買いまくっているものの、楽しみは少なくなるばかり。

家は大きくなったが家族のかたちは小さくなり、ずっと便利になったのにも関わらず、私たちには時間が無い。

学のある者は増えたが常識がある者はめっきり減り、その道のプロフェッショナルと呼ばれるやつが増える一方で問題は一向になくならない。

薬が増えたのに、病気がなくなる気配はない。

飲み過ぎ、吸い過ぎ、浪費に走る。

それなのにほとんど笑うことはないし、スピードを出し過ぎるし、すぐに怒る。

夜更かしをし過ぎるあまり、朝起きた時にはすでに疲れている。

読書しなくなった分テレビばかり、そして祈ることもめっきり少なくなった。

たくさん物を持つ、その一方で物の価値が目減りする。

私たちはおしゃべりが過ぎる。

愛するということを滅多にしなくなって、いつのまにか憎むことばかりが増えていった。

私たちは生計の立て方は学んだが、生きることを学んでいないのだ。

寿命が増えただけで、真の意味で生きてなどいない。

月まで行けるようになったというのに、隣人とはトラブルばかり。

外側の世界を征服したところで、私たちの内なる世界はどうなんだ?

大規模なことは成し遂げてきたけれど、本当に善いことは未だ達成されていないだろう?

空気を洗浄したぶん魂を汚し、原子核をも支配したが差別は一向に消えない。

たくさん書いているのに多くを学ばず、計画は増えたのに成し遂げられていない。

急ぐことばかりを覚え、待つことを忘れた。

多くの情報を抱えるべくコンピューターを作り、どんどんコピーを生みだしたが、コミュニケーションは減る一方だ。

ファーストフードのおかげで消化は遅く、体ばかりでかくて人格は極めて小さい。

利益利益で人間関係は希薄。

共働きで収入が増えた分離婚も増え、見た目ばかり良い家が増えたけれど、その中は崩壊している。

手軽な旅行に使い捨ておむつ、モラルはなくなり、ワンナイトラブが溢れる。

太り過ぎの体を持て余し、死に急ぐため薬を多用する。

ショールームに物が溢れかえるなか、倉庫は空っぽのまま。

テクノロジーはあなたの元へすぐにメッセージを届けてくれるけれど、読むも読まないも、また消すのだって、今やあなたの指先ひとつですべてが決まる。

今はそういう時代なんだよ。

忘れないで、愛する人と多くの時を過ごすことを。

だってその時は、永遠には続かないのだから。

忘れないで、あなたに畏敬の念を抱く人たちに優しい言葉をかけることを。

だって彼らはすぐに大きくなって、いずれあなたの元を去ってゆくのだから。

忘れないで、側にいてくれる人に温かなハグをすることを。

だってこれがあなたが持っている1番の宝であり、しかもこれをするのに1円もかからないのだから。

忘れないで、愛する人に「愛している」と伝えることを。

そのときどうか、心をこめて。

心からのキスと抱擁は、相手の心をも必ず深く癒してくれるから。

忘れないで、相手の手を握り、共にいる時間を慈しむことを。

だってその人はいずれ、あなたの前からいなくなってしまうかもしれない。

愛するため、話し合うため、そして思いを共有し合うための時間を作って。

そしてどうか、これだけは覚えておいて。

人生は呼吸の数で決まるのではなく、どれだけハッとする瞬間があったかで決まる、ということを。

Decolog

「殉愛」(百田尚樹

やしきたかじん:公式サイト


1107
雨落とす
冷たい空気に
衣替え
【まどか】













架空の観念

「戦争だというから戦争と思い、
 終戦だというから終戦と思い、
 民主主義だというから民主主義と思い、
 それだけのことで、それは要するに架空の観念であるにすぎない」

と言ったのは坂口安吾である。
何故か私たちは、無闇に他人の言った言葉を頭から信じてしまう時がある。

それは生きにくい現実から、自分の心を守る為だと、誰かが解説をしていた。
だったら、自分で考えよう。真剣に悩んでみよう。
それが、自分たち、そして子供たちの未来につながる。



1107
雨上がり
地面にうつる
空の星
【まどか】




「ゴロを正面で捕る」
ちょっと野球を知っているものなら、この言葉が原理原則であることはわかる。

球を後ろに逸らさぬよう、ミスを最小限に防ぐため、
もっと言えばみんな見迷惑をかけないために打球の正面に入ることで、
取り損なっても球が体のどこかに当たって前に落とすことができる。
前に落とせば拾い直して送球し、アウトにするチャンスも出てくる。
しかしバックハンドで捕りにいってそらしたら、球はそのまま後ろに転々と転がっていく。

日本の野球界はこの思想に凝り固まっているので、正面に入れる打球に対し、
バックハンドで捕ろうものなら「怠慢プレー」と非難をされる。


プロ野球の名遊撃手としてオリックスからメジャーリーガーのカージナルスに所属した田口壮がいる。
彼は大リーガーの視点から、人間の自然なかただの動きをできるだけシンプルに考えれば、
メジャーリーガーのようにバックハンドで捕球した方が理にかなっているという。

原理原則はわかるが、一つ一つの打球はそれぞれ違う。
それぞれのリズムと癖をもったゴロに対し、瞬時に反応し、足の運びや捕球から送球の動作を創造していく。
創造性が求められる。芸術だともいえる。


全体主義で考えれば、原理原則は確かに大切だが、
ひとつのことを突き詰めていけば、自ら考え創造しアートの分野まで突き詰めていかなければならない。
基本は大事だが、無理に型に嵌めることは夢を壊すことにもなりかねない。

Wikipedia 田口壮


1106
雲さえも
明るく照らす
お月様















頭が良いとは

頭の善し悪しとは、具体的にはどういうことだろうか?
計算が早いは関係あるだろうし、スポーツも勝つためには頭が良いほうがいいのではと思う。

安岡正篤氏は人間の頭の善し悪しを3通りに示している。


その一は、自分ではっきり考の立つもの、

その二は、他人の考がよくわかるもの、

その三は、自分の考もなく、他人の考もわからぬもの。


他の所で、彼は又、どうせねばならぬかを自ら知る者は上の人、
次は、他人の善い勧告を用いる人、
最下は、自ら人に忠告するすべも知らず、
又人の忠告にも従わぬ人間であることを挙げて説いている。

頭の良し悪しというが、
それよりも根本的に大切なことは、やはり性情の良し悪しである。

我執の無い、よく人と打融けあえる性情の人は自然に頭が良く、
自分自身知見が立たずとも、賢者の意見を能く判断して用いることができるから、
なまじい私見が立つより、もっと頭の良いことにもなるのである。



1105
朝の空
浮かぶ月が
寝ぼけ顔
【まどか】


計算

本来人間の人格は、「知」「情」「意」から成り立つ。
それぞれが補い支えあって、渾然として人としての人格を醸し出す。

電車・高速道路・コンビニ・・・いたるところの支払いがコンピューターによって計算される。
お金の計算をしない場面が急激に増えた。

「知」の一部である計算力は一度では成し得ない、日々の努力が必要だ。
その「知」がどうなってしまうのか、この先少し心配だ。

【出来ること】
答えが出るなら、これ幸いにと自分で料金を計算して、答え合わせを楽しもうと思う。


1104
空の色
抜けた穴に
明日の色






過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ