今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

2014年04月

ゴールドラット博士の推奨する、TOC (theory of constraints) 制約条件の理論とは、収入はボトルネックにより制限されるという前提を基礎にしている。

あるシステムの目的(ゴール)を最適化(最大化)するには、全体的な視野が必要。
そのゴールをお金とするならば、将来におけるのと同じくらいより多くのお金を「現時点で儲ける」との考え方。

一例として、収入はボトルネックプロセスにおけるスループット (生産率) の増大によってのみ、全体的なスループットの増大が可能になるとの考え方がある。
その制約条件の一つに、ドラム-バッファ-ロープ(Drum-Buffer-Rope)がある。

簡単な話、自分たちは仕事場において「暇だと見られるのは嫌」「サボっているように見られる」が嫌なんだ。
だから、手が空いたら一生懸命仕事をしてしまう。
また、ある程度の仕事の山がある方が、安心できるのも人間だ。
結果、自分の机(仕事場)の前には、仕掛り品の在庫が積み重なる。
何時の間にか、そこ(自分の机)が、事業全体からみると制約ポイントとなっている。

もう少し考えてみよう。
「仕事がないときには、何もしないでいろ」
「モノを作るな」
「お前の部署は、仕事をしてはいけない」
(自分たちの部署は問題がないが、次の工程部署が手詰まりで作業が停滞している場合)
と言われたら・・・・・

しかし、会社全体で考えた場合、そのようなこともありえる。
よって、頑張って仕事をすることが利益損失(不良在庫の山)につながる例が多い。

例えば、ある大手企業の子会社だとした場合、その親会社が宮城県にあったとしよう。
先例の東北大震災の時のように、製品が納入できない事態が派生した。
そんな時に一生懸命働いて、製品を作ってしまったらどうなるだろうか。
素晴らしく優秀な製品ができたとしても、それは「不良在庫」と呼ばれるのではないだろうか。

昨日とは正反対で、モノを造るなと指示された工場ではたらく人達はどのようにすればよいのだろうか?
あなたが工場長の立場だったら、どのような指示を出すだろう。
基本的には、本来の仕事は暇にしていなければならない。
でも、「仕事をしなくていい」と言われたら、社員は会社が潰れるのか、自分は首を切られるのではと思ってしまうのではないだろうか。

このように、人は暇に耐えるのが下手である。
中国清代末期の軍人、曽国藩が、四耐四不訣(したいしふけつ)という言葉を残している。
この「四耐」とは、
1、冷ややかなことに耐える。
2、苦しいことに耐える。
3、煩わしいことに耐える。
4、閑に耐える。

退屈に耐えるというのは、昔から一番難しかったようだ。
暇にされるのは怖い、人間の性(サガ)とも言えよう。

「小人閑居して不善をなす」の言葉があるように、暇だとついつい善からぬことを考えてしまうのも性なのだろう。
それを全体最適で考え結果を出すTOCとは、良くできた管理哲学だといえる。

暇なときに、何をするかで人間性が出る。

会社が暇な時、あなたなら何をどのようにしますか?
深く考えてみたい。


制約条件の理論
曽 国藩

IMG_8695
ゆっくりと
夏の日差しが
近づく空
【まどか】






花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム








フランク・ベトガーの教え

フランク・ベトガーという、全米No.1セールスマンの心構え。

元野球選手だった、ダメ・セールスマンが全米1になった秘訣は、
「ベンジャミン・フランクリン自伝」という一冊の本だった。

その本に書かれていた「フランクリンの十三徳目」の6項目をそのままに、
7項目を自分流に書き換えたのが、ベトガーの十三徳目だ。
一週間に一項目ずつ全力を傾けて体得するよう努めれば、道は拓けるとの事。


【ベトガーの十三徳目】

1、情熱

2、秩序(自分自身の行動を組織的にすること)

3、他人の利益を考える

4、質問

5、中心問題(真の問題を捉える)

6、沈黙(相手の話をよく聞くこと)

7、誠実(信用を得るに値することをする)

8、自分の事業に関する知識

9、正しい知識と感謝

10、微笑(幸福感)

11、人の名前と顔を記憶すること

12、サービスと将来の見込みに対する予想

13、販売を取り決める(購買行動を起こさせる)

IMG_8694
日が落ちる
時間が伸びて
夏近い
【まどか】






花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム





感化

枝葉末節のものほど、
非常に移り変わりが激しいから影響力が大きくみえるが、
それはまことに影であり響であって空しいものだ。
直ぐに消えてしまう。

本質的なるものの影響は影響ではなくって、
それはもう骨髄に入る。
ものになる。
身になる。
身に附(つ)く。

これは影響ではなくって感化という。



安岡正篤一日一言より

枝葉末節(しよう・まっせつ)
主要でない部分。些細ささいな部分。本質からはずれた些末さまつなこと。
「枝葉」は枝と葉で、幹が主要なもののたとえであるのに対して、主要でない部分のたとえ。
「末節」は木の末のほうの節ふしの意で、主要でない些末な部分のたとえ。

IMG_8693
キラキラと
光る窓に
空うつる
【まどか】






花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム





人物

人多き 人の中にも 人ぞ無き
人となれ人 人となせ人

道歌


とにかく、この世は世知辛い。
つまらぬ人間ほど騒がしい。がさつである。
偏人はモノにこだわる。凝滞する。
世間とは、不協和音の集合体だ。

しかし、人格ができてくると、しっとり落ち着いてくる。
柔らかく、朗らかに、和やかに、自然にリズムが出来てくる。
体の奥底から、リズムを醸し出してくる。

人としての人格ができれば、人生の諸問題は難なく解決する。
不協和音を呑み込んで、自分のリズムで解決ができる。




【意訳】
「人多き 人の中にも 人ぞ無き 人に成れ人  人に為せ人」
これだけ世の中にたくさんの人がいても、立派な人はなかなかいない。
人格者(人物)になりなさい。
との意味らしい・・・?

IMG_8692
春かける
木々を揺らして
香る風
【まどか】








花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム



お金

お金が汚らしい、というのは間違っている。
ものを知らない人間が持つことがいけないのだ。
金があるなら持っているがいい。
いつでも未練なく捨て得る心を持っていればいいのだ。

と、言ったのは、森鴎外だった。(森茉莉:父の帽子)

お金が悪いわけじゃない。
それを用いる人間の問題なんだ。

IMG_8691
桜の枝
葉っぱを伸ばし
夏を待つ
【まどか】








花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム





制約

「エレファントシンドローム」という、象の調教方法がある。

象が小さいとき、足を鎖をつないでおきます。
子供の象は、はじめのうち、鎖を引っ張って逃げようとしますが、
鎖を引きちぎることができずに、そのうち「あきらめて」しまいます。

地球上で最も力のある生き物と言われている象は、
その鼻で1トン(1,000Kg)のモノを持ち上げる力がある。

ところが、小さいときに何ども逃げようとして逃げれなかった経験が
大きくなって十分な力が出来たとしても、その鎖から逃げようとしなくなるのです。

すなわち、実際には十二分以上の力を持っているにも拘らず、
「鎖は取れない」「自分は動けない」と勝手に思い込んでいるのです。

「制約」とは目に見えるものだけではなく、
目には見えない、勝手に思い込んでいるものの方が厄介です。

本人も薄々気がついてい入るけど、やめれない。
そんな習慣が制約です。

制約は壁。
乗り越えれば、新しい世界があなたを待っている。

IMG_8690
キラキラと
雨のあとの
道光る
【まどか】







花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム

原因と結果

人間の行動は、すべて原因と結果で決定されている。

原因があれば、結果がある。
よい原因をつくれば、よい結果が得られるし、
悪い原因をつくれば、悪い結果が得られる。

ものごとのすべては、原因を生み出すときの瞬間で決まる。
問いには答えが含まれるように、原因は結果を内包している。

気を付けなければならないのが、怒りのスイッチ!
感情的になればなるほど、自分を正当化してしまうのが人間である。

感情を元に原因をつくらないということは、
勢いで行動を起こすなということだ。

IMG_8689
雨雲が
桜を睨む
春の風
【まどか】






花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム










やらない。

やるべきことよりも、やらなくていいことを決める。

今日もたくさんの仕事が待ち構えている。
あれもこれもと、大変である。

「今日、死ぬとしたら、いったいどれはやる必要がないか?」

やらなくていいことを決めると、自然にやるべき優先順位がわかる。

IMG_8688
落ちそうな
丸い月が
照らす道
【まどか】







花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム







時世時節

「商売は時世時節(ときよじせつ)で、得もあれば損もある」
まこといしやかに言い伝えられて来た言葉があるが、
この言葉に激怒したのが松下幸之助だった。

  得したり損したりしているうちに成功していくというが、
  自分はそうは思わない。
  絶対に損をしてはいけないのである。

  商売というのは真剣勝負と一緒だ。
  首をはねたり、はねられたりするうちに
  勝つというようなことはあり得ない。
  活動すれば、それだけの成功が得られなければならないのだ。

  もし、それができなかったら、
  それは環境でも、時宜でも、運でも何でもない。
  経営の進め方に当を得ないところがあるからだ。
 
  それを『商売は時世時節(ときよじせつ)で
  得もあれば損もある』と考えるところに
  根本の間違いがある。

  商売というのは、不景気でもよし、
  好景気であれば、なおよしと考えなければいけない。
  商売上手な人は、不景気に際して
  かえって進展の基礎を固めるものだ。


私たちは時代の波や慣習に惑わされて、
つい右に行ったり、左に行ったりと流されてしまいがちです。
そうしたものに惑わされず、
  「人間とはかくあるべきだ」
という精神的柱を持つべきです。



【時世時節】ときよ‐じせつ
その時その時の移り変わり。その時その時のめぐりあわせ。
「これも―で、致し方がなかろう」

IMG_8687
背中押す
春の風に
背筋伸びる
【まどか】








花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム






深く考える

今の世の中は、欲しい情報が簡単に、しかも安価で手に入る。
切符を買う際にも、ピタパやイコカで、距離と料金の因果関係を考えなくて済む。
スーパーのレジも、バーコードで半自動化され、間違も少なく、安心して指示された金額を払う。
レシートを眺めて再計算していた時代が懐かしい。

街の中では、誰でもできる仕事を、だれかわからない・知らない人が行っている。
セブン・イレブンで買い物しても、マクドナルドで買い物しても、あの人から買いたいなど思って来店する人はいない。

そんな時代に、自分の価値観を売り出すのは至難の業だ。
あなた(人)から買いたいと思える仕事がどんどん少なくなっているのが事実だ。
簡単に言えば、「広く・浅く」の考え方では、価値を生み出すことは出来ない。
そして、誰でも出来る仕事で「儲ける」ことが難しくなってしまった時代だ。

深く・もっと深く・考える習慣をつける。
その為には自分の仕事に関係する、一番難しそうな本を熟読することだと教えて貰った。
1ページに数時間かかろうが、数日かかろうが理解するまで熟読する。
その習慣を身に付ける事によって、物事を深く考えれるようになると。


物事を考えるだけなら、対象とする物事を整理整頓すれば良い思う。
しかし、物事を創りだす人を目指すのであれば、深く・もっと深く考えなければならない。
絶対に欲しい習慣だ。







六方拝

能力開発の西田文郎氏の言葉に「六方拝(ろっぽうはい)」がある。
釈迦の言葉だというのだが、釈迦の教えを要約したものだろう。


六方拝とは、東西南北、天と地、の六方に感謝しよう、
そして本当に大切なものに気づこうと言うものだ。
その拝むという作業は無力に見えるが、人にすごい力を与えるという。

要約すれば
東:親子の関係、先祖と子孫の関係
南:子弟の関係、先生と生徒の関係
西:夫妻の関係、家族の関係
北:友人・朋輩の関係
上:太陽をはじめ命を守ってくれる天
下:命を育んでくれる地


東に向かって命を与えてくれた先祖に感謝!
 父・母に感謝の言葉を、祖先のお墓参りをしなさい。

西に向かって家族に感謝!
 妻・子供に感謝の気持ちを伝える。

南に向かって人生の師に感謝!
 お世話になった師に感謝をしなさい。

北に向かって友人、知人に感謝!
 僕の友達でいてくれてありがとう。

上の天の自然に感謝!
 天の空気、大気がなければ我々人間は生きていけません。

下の地の自然に感謝!
 地の大地がなければ食物は出来ません。

全てに感謝し、生きているのではなく、生かされている事に気づこう!
そして拝む

拝むとは、脳が素直になった状態だ。
拝むことによって、心を素直にすると共に、脳をも素直にする。

日々を穏やかに過ごすには、感謝の心をもって拝む習慣をつけるのが最善だと思う。

IMG_8686
朝閉じた
花が気付けば
夕開く






花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム







プロであるために

プロであるためには高い能力が不可欠である。
その高い能力を獲得するためには、時間とお金を惜しまない。

    犠牲をいとわない。代償を悔いない。

それがプロである。

犠牲をけちり代償を渋り、自己投資を怠る人は、絶対にプロになれないことは自明の理であろう。

IMG_8685
さくら舞い
春が流れる
風の匂い
【まどか】









花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム



プロとは何か?

プロとは、職人のことを言い、
職人とは即ち「プロフェッショナル」をさす、と言った人がいた。
何故なら、職人というのは、一つの仕事を自分でちゃんと完結させられる人を定義するからだと。

現代社会に於いて職人というものを、狭い意味で定義してしまうと、
手に職を持った頑固おやじみたいなイメージになるが、すべての職業には職人:プロがいる。
サービス業にしても、プロのサービスは違う。

プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選で、33年間一位を保持している加賀屋では、
    「サービスとは、プロとして訓練された社員が
     給料をいただいて、お客様のために正確に役に立って、
     お客様から感激と満足感を引き出すこと」
と加賀屋会長の小田禎彦氏は言っている。

サービスを極めようとするならば、そこにはプロと言われる人が必要なのだ。

日本電産の永守社長がTVか雑誌で、語った言葉が記憶に残っている。
    絶対的に必要なことは、
    自分の信念というか、自分の考えを、どんな状況でもはっきり述べられること。
    2つ目は嫌なことから逃げないこと。
    3つ目は健康、これはもう絶対です。

何でもないようなことが、意外と難しい。
究極のプロは、当たり前のことを、馬鹿にせずに、ちゃんとする人のことだと思う。
この、A・B・C

    A、当たり前のことを
    B、馬鹿にせず
    C、ちゃんとする

を、心がけて頑張ります。

IMG_8684
暖かい
陽射しを包む
雲の春
【まどか】






花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム








ドラッカー7つの教訓

 一、目標とビジョンをもって行動する。


 二、常にベストを尽くす。「神々が見ている」と考える。


 三、一時に一つのことに集中する。


 四、定期的に検証と反省を行い、計画を立てる。


 五、新しい仕事が要求するものを考える。 


 六、仕事で挙げるべき成果を書き留めておき、
  実際の結果をフィードバックする。


 七、「何をもって憶えられたいか」を考える。


IMG_8683
桜舞い
地面に咲いた
春の色
【まどか】





花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム







無理

無理をしろ!
もう駄目だと思ったら、そこで止まるぞ。

何事も自分で無理だと結論を出してしまえば、 それまでだ。
それ以上の成長はない。

自分が無理だと思うことが無理になるのではない。
無理だと決めた瞬間に無理になってしまう。
そこから先の成長は望めない。

あと少しの努力が、未来の自分を創る。

IMG_8682
暖かい
日差しに揺れる
桜色
[まどか]







花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム







コンビニ珈琲

コンビニでの煎れたてコーヒー販売はセブンイレブンが最初だと思ったら、
とんでもない勘違いだった。

コンビニコーヒーの店頭販売は、
先ずはファミリーマートがビルトイン型の店舗「ファミマ!」のサービスとして2004年にスタート。
ファミマが最初だったんだ。

2007年にはサークルK・サンクスがUCC上島珈琲と共同開発マシンからのセルフ方式を始め、
2009年に、ミニストップが店頭の保温ポットから購入者が自ら注ぐ方式をスタート。
2012年になってローソンが「街カフェ」ブランドで全国展開。

そして、
2013年、セブンイレブンが自社開発のコーヒーマシンで登壇し、一気に認知度が浸透した。

人間のイメージって勝手なもので、セブンイレブンが先駆者だと思い込んでいた。
何故?そう思い込んだのか、自分で自分を分析してみたい。

その、セブンイレブンは、年間3億3000万杯だった当初目標を4億5000万杯に引き上げ、
今期の予想売上額が、450億〜480億円。
その影で、珈琲の青山は全店舗閉鎖。
コンビニ珈琲が実店舗の老舗珈琲店を追い詰めたのか?

しかし、東京の「喫茶室ルノアール」は、平成25年3月期の決算を見ると、売上高は65億6800万円で対前年で9.7%アップ。
また今期も第三四半期までの累計売上高が3.6%伸びている。

マクドナルドから始まった、テイクアウト型の珈琲販売は、さらにコンビ二珈琲の浸透により、広く認知された。
この結果により、実店舗型全てが苦しんでいるわけでもない。
スターバックス、コメダ珈琲、・・・・お客様に来店してもらえる「何か?」を持っている。

「何か?」

一杯数百円の販売マーケットの世界は深い。

IMG_8655
風遊ぶ
桜の花びら
雨のあと
【まどか】







花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム






Seven-Eleven

最近コンビニで美味しい珈琲が飲めるようになって嬉しい。
そのコンビニの資料を紐解いて考えてみた。

まず、セブンイレブン全国15000店舗の、一店舗平均日商は、670,000円という。
24時間営業を前提とすると、1時間に28,000円の売上が必要
1分間に約500円の売上計算になる。
雨の日も風の日も、田んぼの真ん中の店も、深夜3時の売上も・・・すべての平均が1分500円。

凄い!

二番目の規模となるローソンの日商平均が550,000円。
この差を考えると楽しい。
一日12万円の差は、一年で4,380万円
売上数字は正直。
お客様は嫌いなお店では買い物をしないもの。

お客様から愛されるお店になるためには何をしなければいけないか。
何をしてはいけないかが濃縮されている。

IMG_8654
跳ね回る
大粒の雨
空うつす
【まどか】






花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム







胸を張る

私たちは終始、呼吸をしている。
この呼吸を司るものが「肺」だと、誰もが知っている。
肺内には微妙な空気袋があり、その数(肺胞)は7億5000万個を超えるという。

肺は毎分14回から18回呼吸し、1呼吸約半リットルの空気を吸う。
平常肺にある空気量は約3リットルだから、1呼吸で6分の1の空気が入れ替えられる。
運動する際には多量の酸素がいるから、肺活動は深く早くなり、安静時の十倍以上の酸素が供給される。

前かがみの胸の凹んだ姿勢で仕事をしていると、この新鮮な空気が入らない。
今日は胸を張って、肺を自由闊達に動かそう。

肺胞


IMG_8653
木の枝に
少し触れれば
桜雨
【まどか】










花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム





褒め方、叱り方の極意

叱るときは本人を直接、
ほめる場合は誰かを介して伝える。



IMG_8652
春の匂い
桜が包む
暖かさ
【まどか】






花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム





革命

革命とは国の大問題であり、
革命が行われる・行われないは国の「命」に関わることである。

人命・天命と同じように国命がある。
革命って何だ?と考え、定義をしてみた。
冒頭に述べたように、国に命があり、その国で革命が起きる。

革命という言葉は、そもそも「易経」から出た言葉だ。
一覧に書き表すと、

・                  |-----因の因 = 正命
・        |--因命-----|
・        |        |-----因の革 = 受命
・  国命----|
・        |        |-----革の因 = 改命
・        |--革命-----|
・                  |-----革の革 = 革命

正しく、円滑に国が運営されていく姿が「因命」とすると、
革命は大きなうねりの中で翻弄されている姿だ。

人間に例えると、
毎日健康で楽しく笑顔で過ごしている姿が「正命」
ちょっと風邪をひいたり、お腹を下したりするが、お薬で簡単に治る「受命」
本格的に生活方針を変えて長期治療が必要な状態が「改命」
病院で開腹手術が必要な状態が「革命」

このように理解すれば、革命という言葉の本質がなんとなく分かりかける。
革命という言葉は、生活がガラリと変わりバラ色の未来を想像し、礼賛しがちだが、
「本当にそうなのか?」と物事の本質を見極める目が必要である。

IMG_8651
桜の木
光を受けて
染まる赤
【まどか】







花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム







過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ