今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

2014年01月

叶う

誰でも口から
マイナスな事も
プラスの事も吐く。
だから「吐」と言う字は
口と+と−で出来ている。
マイナスの事を
言わなくなると
−が消えて
【叶】という字になる。


漢字が出来たときに(+)や(−)は無かっただろうとの意見や、
後付で、教訓みたいなものの言い方をするなとの意見もあるそうだ。
でも、偶然だとしたら、それこそ神懸かり的な文字の神秘だとも思う。

ベンチャーで事業を興す際には「素直であれ」と言い聞かせる。
圧倒的不利に挑戦する気持ちは、ベンチャーにとって非常大事な要素だが、
その時の不利がどれくらいの勝率なのかを知ることはもっと大事だ。
そこには「素直さ」がとても重要な要素を占める。

名言だと言われる言葉に接した際に、素直に聞き入れることができるか。
自分の人生に大きく関わってくるかもしれない。

IMG_8612
太陽に
溶ける雲
雨になる
【まどか】







花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム







平凡な日常に勝る幸福はない。

朝、命が与えられて布団から起きれること。
働く会社があること。
自分を支えてくれる家族や仲間がいること。
日々の食事が目の前にあること。
学びたい時に学ぶ機会が当たり前にあること。

あまりにも当たり前過ぎるが、凄いしあわせなことだと思う。
なのに不平不満を覚えて「もっとこうでなきゃ」と高い地位を求めたり、必要以上のお金を得ようとする。
もちろん向上心や夢は持たなくてはならない。

「三日考えるのも、三分で考えるのも一緒」

欲が出るから悩んでしまう。
そして、高望みして出した答えは足元がグラグラして固まっていない事が多い。
どこか無理があるのだろう。
不安定な足場からジャンプして、飛び上がれるはずがない。

当たり前のことを馬鹿にせずにちゃんと考える。
意思決定を早くするためは、守らなくてはならない習慣だ。

IMG_8611
空映る
水を貯めた
雲の顔
【まどか】








花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム





デモクラシーとは

デモクラシー(democracy)とは、民主制もしくは民主政のこと。
元来は古代ギリシア起源の政体分類の一。とある。

よく「大正デモクラシー」などと純文学の本に出てくるが、よく分からないまま、曖昧に過ごしてきた。

【Wikipedia】から。
何をもって「大正デモクラシー」とするかについては諸説ある。
政治面においては普通選挙制度を求める普選運動や言論・集会・結社の自由に関しての運動、
外交面においては生活に困窮した国民への負担が大きい海外派兵の停止を求めた運動、
社会面においては男女平等、部落差別解放運動、団結権、ストライキ権などの獲得運動、
文化面においては自由教育の獲得、大学の自治権獲得運動、美術団体の文部省支配からの独立など、様々な方面から様々な自主的集団による運動が展開された。

「デモクラシー」という言葉自体は当時も流行したものの、「大正デモクラシー」という名称は、信夫清三郎(信夫淳平三男、歴史学者)が1954年(昭和29年)に自著『大正デモクラシー史』でその呼称を提唱して以来、定着した語である。
ただし、戦後の造語であり、その定義や内容も曖昧であることや、大正年間が始まる前からの動きであると見る点から、「大正デモクラシー」という語を不適当であると否定する歴史家も存在する(江口圭一、井上清、伊藤隆など)。


 真【まこと】のデモクラシー
 やはり一切の人に良知を認め、
 人格を容【ゆる】して、
 一切の人を聖境【せいきょう】に
 高めんとする思想でなければならぬ。

 デモクラシーを単に
 外面生活に限るならば格別、

 之を以て内面生活を
 抹殺し去ろうとするのは
 許すべからざる人性【じんせい】の
 冒涜【ぼうとく】である。


なるほど、昭和の始め以前の日本は自由だったとの説があるが本当だ。
思想的には今の時代よりも、もっと自由だ。
もう少し、日本の歴史を学んでみよう。

IMG_8610
暖かい
日射しが見える
冬の空
【まどか】









花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム






君子、時中す

孔子の言葉を纏めた「中庸」から、原文は「君子而時中」。

この「君子而時中」の題名、”君子して時中”が判らなかったが、雑誌「致知」に詳しく解説されていた。
(以下引用)

安岡正篤師によれば、「而」は「して」と普通は読むが、
明代の大学者 兪曲園(ゆきょくえん)はこれを「能(よく)」と読むべきと注釈している、という。
さらに、「中」には相対立しているものを統一(相結ぶ)して一段高いところへ進めるという
意味と同時に「あたる」という意味がある、と説明している(『洗心講座』)。

 立派なリーダーはその時その場に
 ふさわしい手を打ち、あらゆる矛盾、相剋を
 克服してどこまでも進歩向上していく。


なるほど、なるほど。
ならば、君子には程遠い、小人(庶民)であるわたしは、
『自分、時中す』のこころで、進歩向上を目指します。
それもありかな?

【原文】
仲尼曰。君子中庸。小人反中庸。君子之中庸也。君子而時中。小人之中庸也。小人而無忌憚也。
子曰。中庸其至矣乎。民鮮能久矣。

仲尼曰く、
君子は中庸し、小人は中庸に反す。
君子の中庸たるや、君子よく時中す。
小人の中庸たるや、小人よく忌憚する無きなり、と。
子曰く、
中庸たるや其れ至れるかな。
民に能くする鮮すくなきこと久し、と。

IMG_8609
霜を着た
草がキラキラ
溶けるまで
【まどか】








花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム



情報

“Data”と“Information”は、日本語に訳してしまうと、どちらも「情報」と表現することが多い。

それならば、“Data(データ)”と“Information(インフォメーション)”の違いは何?と問うといろんな説明がされる。

データはインプット、インフォメーションはアウトプットの説明は明確で分かりやすいだろうか。
ちょっと曖昧だ。
では、データは加工されていない生の状態のもので、インフォメーションはある一定の基準や視点を使って加工して、内容をわかりやすく提供するための「情報」との説明はどうだ。
ゴメン!よく分らない。

データの説明をお米に例えて考えてみよう。
お米がデータで、ご飯はインフォメーションだ。
データは利便性には欠けるが、自分の使い勝手がいいインフォメーションに加工できる。
お米が手に入れば、米の量や研ぎ方、水加減や炊き方で、自分好みのご飯が炊き上がる。
どのようなご飯を炊くかは、自分である程度決めることができると考える。

私たちは、膨大なデータの中で溺れている。
しかし、これで情報量(データもインフォメーションも含めて)は十分だと思ったことはない。
データは沢山あるのに、何か釈然としない気分になるものだ。

もう少し、実務的に考えてみるために、“データーバンク“と“インフォメーション・システム“の言葉を引用してみよう。
“インフォメーション・システム“を動かすために“データーバンク“は無くてはならない。
でも、“インフォメーション・システム“と“データーバンク“は明らかに異なる。
真に約立つインフォメーション・システムであるためには、データバンクと同じであってはならない。

インフォーメーションシステム:炊飯器・飯盒・電子レンジ
データーバンク:米櫃or売り場のお米

炊飯器のスイッチを入れるためには、米櫃からお米を取ってこなければならない。
そのお米にお水の量をコントロールして加熱するとご飯(おかゆ他)になる。
お米とご飯は違うんだ。

良くわかった、でも炊けたご飯だけでは料理にならない。だれもご飯だけで毎日食事をしていない。
お米の視点から少しずらして、お菜や味噌汁を考えなければならない。
望むのは楽しくって美味しい食卓なんだ。

そう考えたときに、インフォーメーションとは何らかの意思決定のために必要とされる情報と定義できる。
もっと広い視点で物事を考え、データを活かすことができれば、人々の暮らしを幸せに近づけられるのではないだろうか?

IMG_8608
雪降り
アスファルトの上
花が咲く
【まどか】













花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム



学び

「独学ということがある。
貴い事ではあるが、しかしどこかに無理や未熟が残るもので、本物ではない。
やはり正師について本格の学問をすることが大切だ。」

とは安岡正篤先生のお言葉ですが、
ある程度歳を重ねると、教えを請う師匠を持つことは難しくなる。
先生にしても、そりゃ若い活きの良い者の方が良いだろう。
吸収力のに鈍いおっさんを教えるのは別な意味の忍耐も必要だろう。

「半学半教」

「半学半教」というのは、教える側と学ぶ側、先生と生徒が別々にあるのではなく、
お互いに学びあい、教えあって刺激しあい、より深く学び、お互いに成長していくという意味だそうです。

福沢諭吉の言葉で、現在の慶応義塾大学は半学半教の教えが根底にあると聞いております。


今日から3日間、伊勢で学びの機会を得ました。
ご案内いただいた知人に感謝し、社会に役に立つ「何か」を得たいと考えます。
また必要であれば、私の持っている何かをお伝えできればとも。
近鉄電車の車中にて。




故郷

  兎追いしかの山
  小鮒釣りしかの川
  夢は今もめぐりて
  忘れがたき故郷

 
  如何にいます父母
  恙(つつが)なしや友がき
  雨に風につけても
  思いいずる故郷


  こころざしをはたして
  いつの日にか帰らん
  山はあおき故郷
  水は清き故郷


「昼の月を観ると、母を思い出す」
と、詠んだのは坂村真民だろうか。

「こちらが忘れていても、ちゃんと見守って下さる」
と、グっと心に刺さる結びになっていた。

毎年、事業計画書を纏めるために、真っ白な北海道を訪れる。
結局、纏まらず思い出すのは故郷の母のことばかりだ。

IMG_8607
キラキラと
光る道に
冬の空
【まどか】










花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム






しゃーないやん

毎年、巡り巡ってくる阪神大震災、当日の1月17日。

もう無茶苦茶!どこから手を付けてよいか全く分からんかった。
泣いた、心も傷ついた、お金もなくなった、自分の運の無さを呪いもした。
そして、学んだこと。

どうしようもない運命は笑わな、しゃーないやん(仕方ないじゃない)。

常に最善の努力はする。
傍目から見たら、気が狂ったように働きもする。
しかし、自分の努力以上のコトが起こると覚悟しておく。
人生ってそんなもん。

1月17日が来ると、頑張れる気がする。
また、一からコツコツと・・・・・コツコツと。

笑顔と共に。

IMG_8606
冷たい風
日差しを浴びて
一次春
【まどか】













花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム










事業に失敗するこつ十二か条

【第1条】  旧来の方法が一番よいと信じていること

【第2条】  餅は餅屋だとうぬぼれていること

【第3条】  ひまがないといって本を読まぬこと

【第4条】  どうにかなると考えていること

【第5条】  稼ぐに追いつく貧乏なしとむやみやたらと骨を折ること

【第6条】  よいものは黙っていても売れると安心していること

【第7条】  高い給料は出せないといって人を安く使うこと

【第8条】  支払いは延ばす方が得だとなるべく支払わぬ工夫をすること

【第9条】  機械は高いといって人を使うこと

【第10条】  お客はわがまま過ぎると考えること

【第11条】  商売人は人情は禁物だと考えること

【第12条】  そんなことはできないと改善せぬこと


お弁当屋さん(玉子屋)の社長室に飾られている書。

IMG_8605
雲の蓋
太陽閉じ込め
空赤く
【まどか】







花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム



何で?ダイワハウスなんだ。

御縁あって、ある勉強会で学びの機会を得ている。
数ある会社の中でも、大和ハウス工業の方の発想が素晴らしかった。
先日の受賞

何で?ダイワハウスなんだ!

その理由が少しだけだが、わかる気がする、
大和ハウス:樋口会長の「成功する人の12カ条、失敗する人の12カ条」

●成功する人の12カ条
 1 人間的成長を求め続ける
 2 自信と誇りを持つ
 3 常に明確な目標を指向
 4 他人の幸福に役立ちたい
 5 良い自己訓練を習慣化
 6 失敗も成功につなげる
 7 今ここに100%全力投球
 8 自己投資を続ける
 9 何事も信じ行動する
10 時間を有効に活用
11 できる方法を考える
12 可能性に挑戦しつづける

●失敗する人の12カ条
 1 現状に甘え逃げる
 2 愚痴っぽく言い訳ばかり
 3 目標が漠然としている
 4 自分が傷つくことは回避
 5 気まぐれで場当たり的
 6 失敗を恐れて何もしない
 7 どんどん先延ばしにする
 8 途中で投げ出す
 9 不信感で行動できず
10 時間を主体的に創らない
11 できない理由が先に出る
12 不可能だ無理だと考える

IMG_8604
太陽を
背中に背負って
冬の暖
【まどか】





花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム






逆境のとき、人は落ち込む。

なぜ分かってくれないんだと、愚痴が出る。
逆境ではなくても、自分の意見が通らないと、落ち込むときがある。

誰もわかってくれない場合、自然をじっと見つめていると、無心の自然現象が希望を呼び起こしてくれます。
誰が見ていなくても一生懸命に咲いている花が、呼びかけてくれるのです。
 
 「花はなぜ美しいか。ひとすじの気持ちで咲いているからだ」と、詩人の八木重吉は詠んだ。
花は、人が見ておろうが、見ていなかろうが、そんなことは関係なく、咲いていると。

人が見ておろうと見ていなかろうが、咲くところに真の美しさがある。
何でもないところに感動してくるところに希望があるのです。

正しい道は自分で見つけ出さないといけない。
顔を上げて、前を向いて、歩いていけばきっと見つかるようになっています。

八木重吉

「道」 前を向いて顔を上げて

IMG_8603
冬空に
ゆっくり泳ぐ
雲のあと
【まどか】







花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム






本気

人は人間性を高めるために生まれてきた。
そのための手段、方法として事業があり、会社があり、経営があり、
ボランティア活動をはじめとした社会貢献活動がある。

仮りにも人間性向上を目的とする以上、
経営者である私は、強く人間性を高めていきたいと思う。
本気の心で・・・・・


 本気になると
 世界が変わってくる
 自分が変わってくる
 変わってこなかったら
 まだ本気になっていない証拠だ

 本気な恋

 本気な仕事

 ああ
 人間一度
 こいつを
 つかまんことには

坂村真民

IMG_8602
霜を着た
草がキラキラ
冬化粧







花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム




神は働く人を助ける

一所懸命努力していると、天の一角から助けが降りてくることがある。

ヒルティは、聖書の中にも、働いていない人に天使が現れた話はない
といっている。
 
だからよく働けば、天佑神助(天の助けや神の加護)は必ずくると、
確信しているべきである。

カール・ヒルティ:スイスの法学者、哲学者、政治家。

 IMG_8599
北風が
すり抜け踊る
窓の外








花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム



六中観

近代日本を代表する陽明学者・思想家の安岡正篤の言葉に「六中観」がある。

忙中有閑
苦中有楽
死中有生
壷中有天
意中有人
腹中有書 


忙中 閑あり : ただの閑は退屈。忙中の一瞬の閑こそ最高。
苦中 楽あり : 苦をただ苦しむのは動物。いかなる苦にも人は楽しみを見出せる。
死中 生あり : 窮すれば通ず。
壺中 天あり : 世俗にあって自分独自の世界を持てば世界がひろがる。
意中 人あり : 心に尊敬できる人、推薦できる人を持つことが大切。
腹中 書あり : 泡のような知識ではなく腹に収まった哲学が大切。

この「六中観」を安岡正篤氏は、こう結んでいる。

「私は平生窃(ひそ)かに此の観をなして、如何なる場合も決して絶望したり、
 仕事に負けたり、屈託したり、精神的空虚に陥らないように心がけている。」

IMG_8598
太陽が
色を飲み込む
ゆっくりと








花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム



不平不満

禍は不平好きであり、幸福な人は尊大になりやすい。

ローマの詩人、クルティウスの言葉。

禍(わざわい)というものは、不平・不満をいう人に寄ってくる。
だから、文句ばかりいっている人には禍が起こりやすい。

一方、幸福な人は「自分は幸福である」と考えるところから
尊大になっているかもしれないから注意しなければならないと。

不平不満の言葉は、自分のことを中心に物事を考えるから口から出るもの。
親子でも夫婦間でも、そして、上司と部下の関係においても、
このような不平不満は、相手方に自分の希望や要望を押し付けたり、
また、その相手の能力以上のものを求めたり、
あるいは、所詮無理なことをお願いしている場合が多い。

仮に、相手の学びや成長の為との、親心であっても、
それは自分の都合だと言えるのではないだろうか。

そのような相手方に望んでいる時は、他人に頼まなくても自らができることですから、
まずは自分でやってみれば良いと考える。

一方、成功した人は行動したから、今の結果であることを知っている。
俺は不安に打ち勝ち、自分の力で幸を勝ち取ったのだと、自らを褒め称える傾向がある。

好事、魔多し。
日々の反省の糧となる言葉である。

IMG_8597
風の音
通り過ぎる
冬の朝










花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム


二十四節気

2014年 新年あけましておめでとうございます。
今年も笑顔で毎日を過ごしたいと思います。

今年の目標設定は、ビジネスを二十四節気で考える脳を持つこと。
この二十四節気(にじゅうしせっき)とは、太陽の運行を元にした黄道上を24等分し、季節を表す名称を付したもの。
24節気は、12の節気と12の中気を合わせたものです。
【節気】
立春(りっしゅん) 2月4日頃
啓蟄(けいちつ) 3月5日頃
清明(せいめい) 4月5日頃
夏 立夏(りっか) 5月5日頃
芒種(ぼうしゅ) 6月6日頃
小暑(しょうしょ) 7月7日頃
秋 立秋(りっしゅう) 8月8日頃
白露(はくろ) 9月8日頃
寒露(かんろ) 10月8日頃
冬 立冬(りっとう) 11月7日頃
大雪(たいせつ) 12月7日頃
小寒(しょうかん) 1月5日頃

【中気】
雨水(うすい) 2月19日頃
春分(しゅんぶん) 3月21日頃
穀雨(こくう) 4月20日頃
小満(しょうまん) 5月21日頃
夏至(げし) 6月21日頃
大暑(たいしょ) 7月23日頃
処暑(しょしょ) 8月23日頃
秋分(しゅうぶん) 9月23日頃
霜降(そうこう) 10月24日頃
小雪(しょうせつ) 11月22日頃
冬至(とうじ) 12月21日頃
大寒(だいかん) 1月21日頃

事業計画や目標数値に二十四節気を用いることにより、季節感を得、日本的な風土にあった経営感覚を得ることができるのではないかと考える。

また二十四節気に雑節(ざっせつ)を加えることにより、より身近に日本を知ることができるのではないだろうか。
【雑節】
節分(せつぶん)
彼岸(ひがん)
社日(しゃにち)
土用(どよう)
八十八夜(はちじゅうはちや)
入梅(にゅうばい)
半夏生(はんげしょう)
二百十日(にひゃくとおか)
二百ニ十日(にひゃくはつか)
初午(はつうま)
三元(さんげん:上元・中元・下元)
盂蘭盆(うらぼん)
大祓(おおはらい)

カレンダーには、二十四節気に重要と思う雑節と新月・満月の日を書き加えた。

IMG_8596
息を吐き
冬の白さに
春を待つ
【まどか】







花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム

過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ