今日の空 (自分を奮い立たせる朝のひとこと)

1996年に日本で最初の真珠のECショップを開設し、決済システムの必要性からNTTリバイ、アコシス、キャピオン等の電子決済システム構築に関わると共に1999年からは国・地方行政からの依頼で、公務にて新規事業支援分野、主にEC・ベンチャー支援業務として各地を行脚しました。
特に宮城県の産業支援に6年間毎月通うことになり、本当にお世話になりました。感謝しております。
2006年度から、特任教授の肩書きで国立大学のお仕事をさせていただきました。
素晴らしい仲間と多くの学びを頂戴しました。(少しは国の為にお役に立てたかな?)
2009年10月からは、日本の伝統産業である「真珠」業界の輝きを取り戻す為に楽しく笑顔で、日本全国にご紹介させていただきます。
さぁ今日も朝の一言から頑張るか  岩城達夫 

歌詞はちょっと悲しいですが、好きな歌だ
「SUKIYAKI : 上を向いて歩こう」
It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely

海からの贈り物ー真珠・パール

2013年01月

教訓 7か条

1、 示された(矢印の)方向にしか働けない。

2、 あらかじめ決められた容量でしか働かない。

3、 表の顔が派手で裏が地味。

4、 薄っぺらで軽い。

5、 ちょっと仕事をするとピーピーうるさい。

6、 機械に使われ、機械が無いとなんの役にも立たない。

7、 使い終わった後、潰しがきかない。


簡単便利で一世を風靡したが、時代が変わると全く役に立たない、
そんな、テレフォンカード型人間にはなってはダメだね。





IMG_8636

今日の空(朝ブログ)
花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム








はたらく

一生懸命働くって何?
40年近く真面目に働いてきて、少しだけ分かったこと。

働くを「体を動かす」と、「頭を使う」こと、二種類に分類して考えてみる。
一生懸命「からだ」を使って働く。
  働いた実感があり、達成した爽快感も味わえる。
  しかし、限界を超えると、からだは「壊れる」
一生懸命「あたま」を使って働く。
  働いた実感は希薄。なかなか目に見えた結果が出ない。
  しかし、頭を使って壊れた人はいない。(たぶん?)

目の前に真っ白な紙と鉛筆を置いて、
「30分間で来期の方向性を示すキーワードで埋め尽くせ」という指示、
エアロビクスのように30分、体を動かし続ける事。
どちらも疲れるが、本当に疲れるのはどちらだろうか。
実際にやってみれば分かるのだが、真剣に頭を使う方が、本当に疲れる。

頭を使って働くとは見た目以上に大変です。
それ故に、常に人材不足なのが頭を使う市場なのだ。

一生懸命考えるとは、無心で考えることに似ている。
人は昔から無心に考える事に苦心していたようです。
無心になるために、座禅を組んだり、ヨーガのように変な格好を生み出しました。

一生懸命考えるって、何を基準に考えてよいか、
私が考えたひとつの指針は、「夢にまで出てくる」こと。
考えて、考えて、考え抜いていると、夢の中でも仕事をしています。
その時に、頭で考える仕事に爽快感が出てきます。

無心に、愚直に考える習慣を身につける。
考えすぎても頭は壊れない。
たぶん、夢に出るくらい考えて考え抜いても、頭にとっては些細なことなのでしょう。

まずは、真っ白な紙と対峙してみてください。
仕事で結果を出す最短距離は、紙に書き出すこと、考え抜くことと信じます。






IMG_8635

今日の空(朝ブログ)
花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中






戦い

ビジネスの世界に身を置いていると、戦いを忌み嫌う人が意外と多い。
結果から言うと、成功者は少ない。

しかし現実問題として、一人ひとりが戦う気概を持って自分を磨き、
会社を支えてゆかなければ、たちまち立ちゆかなくなってしまうのが現代だ。

お客様に喜んでいただくのも、企業同士の戦いです。
3年後・10年後に存続しているかどうかも、企業にとって戦いです。
挑戦の気概のない会社が存続することは難しい。
強いていえば、お客様を裏切ることになる。






IMG_8634

今日の空(朝ブログ)
花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中







ポジティブに

一等地の高い維持費の掛かるビルで、
社員に十分のお給料を払っている大手企業は、
全ての面において世間一般よりも余分の経費が掛かっている。

商いは経費が掛からない方が強い。
だから、大手に中小企業や商店が負けるはずがない。
ただ、大手が出てくると、相手が大きいので負けた気になる。

それは気持ちの問題だ。
気持ちで負けちゃダメだ。逃げちゃダメだ。
技術もお金もないから知恵が出るってもんだ。




IMG_8633

今日の空(朝ブログ)
花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中












積極的に、やらない。

「出来ないことは、積極的にしない」

人は気分が高揚してくると、前向きになり
何事に対してもチャレンジ出来る気分になる。
すべてがいわば、自分の思い通りになると思われるからです。

すなわち雑念が消え、そのなすところは融通無碍となり、
いわば障害がなくなってしまうと思われます。
それはなぜかというと、出来ないことはやらなくなるからです。
ちょっとややこしいのですが、
やらないという言葉は後ろ向きに捉えられがちですが、
積極的な言葉に置き換えると、今までできないと思ってたことでも
良いアイデアが浮かび、やり抜く勇気が湧いてくる状態です。

今まで無理だと思ってたが、こうすればよいのだと、次第に分かってくる。
けれどもその反面においては、これは絶対に不可能だということは、もう始めからやらない。
ということになると思います。

だから素直な心に従えば、これは今の段階では無理。これはやれば出来る。
その両方が分かってくる。

自分の力で出来る事は、挑戦しなければならないが、
自分の力だけではどうしようもない事柄は、積極的に手を出さないのも正しい。





IMG_8632


今日の空(朝ブログ)
花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム








ガサガサ

人物・人間も、呼吸も同じことであって、
人間もいろいろの人格内容・精神内容が
深い統一・調和を保つようになるに従って、
どこかしっとりと落ち着いてくる。

柔らかい中に確(しっか)りとしたものがあって静和になる。
そういう統一・調和が失われてくると鼻息が荒くなるように、
人間そのものが荒くなる。
ガサガサしてくる。

安岡正篤





今日もハンドクリームをしっかり塗り
潤い・しっとりの、手と、心で、
パールネックレスの組み上げをしたいと考えてます。

IMG_8630

今日の空(朝ブログ)
花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム







融通無碍

人生において、失敗は成功よりも身近なものだといえる。
失敗をすること自体は、人間の常として一面やむを得ない出来事ともいえる。
しかし、その失敗が自分にとって極めて深刻な場合は、
それを気に病んで悲観し、思い余って自分の生命を縮めるような姿さえ実際には見られる。

しかし物事を融通無碍に物事を考えることができたならば、
そういう不幸な姿に陥ることが避けられたかもしれない。
たとえその失敗が深刻なものだとしても「失敗は成功の母」などと考え、
失敗を活かしていこうと思い直すことができるかもしれない。

すなわち、ひとつの固定した考え方に陥って思いつめるという姿から抜け出し、
大失敗は大失敗だが、しかし死ぬほどのこともない。
努力すればまたなんとかなるだろう。
死んだつもりで一生懸命やってゆけば、そのうち良いことも生まれるだろう。
などと、失敗を本物の成功の母に育てていくこともできる。

物事の行き詰まりは誰にでも訪れるもの。
行き詰まらずして、融通無碍に処していくことができるよう流れに身を任せる。
流れる水はいかなる障害物に対しても、くるくると回って流れ続けていく。
融通無碍とは、心の中に水の流れのような素直な心を持つことだと理解している。





【融通無×碍】ゆうずう‐むげ 〔ユウヅウ‐〕
[名・形動]考え方や行動にとらわれるところがなく、自由であること。また、そのさま。「―な(の)考え」「―に対処する」
▽「融通」は滞りなく通ること。「無碍」は妨げのないこと。「碍」は「礙」とも書く。




IMG_8629


今日の空(朝ブログ)
花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中








賢と愚

賢は賢なりに、愚は愚なりに、
一つのことを何十年と継続していけば、必ずものになるものだ。
 
別に偉い人になる必要はないではないか。
社会のどこにあっても、その立場立場において、なくてはならぬ人になる。
 
その仕事を通じて世のため人のために貢献する。
そういう生き方を考えなければならない。

安岡正篤



意味は違うが、見た目よりも中身という意味では共通する好きな言葉を胸に今日も楽しくお仕事をします。

賢者の信は、内は賢にして外は愚なり、愚禿が心は、内は愚にして外は賢なり。
親鸞「愚禿鈔」(ぐとくしょう)

賢者は、内面を磨き外観にはこだわらない。
愚者は内面よりも外観を取り繕い、自分をよく見せようとするものだ。
人を判断する際には、外見に惑わされてはいけない。
真の賢者は、心の中に独立の精神(The Spirit of Independence)を宿していると理解している。






IMG_8628

今日の空(朝ブログ)
花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム





知識

知識・知恵を得ることは良いことのように考えるが、
時として知識・知恵がわたしたちの行動を阻害することがある。

そもそも知識は何のために必要なのか?
多分、物事を正しく見極めるためだと思う。

この物事を正しく見る力は、正しい素直な心がなければ難しい。
無色透明の澄んだガラスのような素直な心が必要だ。
物がそのまま、ありのままに見える必要がある。

色のついたガラスを通して物を見た場合、向こうにあるものの本当の色が正確にはわからなくなる。
仮にガラスの色が灰色だったら、向こうにある白いものは白く見えず、灰色がかって見えるでしょう。
つまりこれでは、本当のありのままの姿が判らなくなる。
また、そのガラスが歪んだガラスならば、向こうにあるものも歪んで見える。

知識を得る根本には「素直さ」が絶対に必要です。
人は往々にして色に染まりやすい時期がある。
青春の青臭い理論を振りかざす時期は誰にでも訪れる、恥ずかしい思い出の一頁だ。
その思い出が恥ずかしいと思えるのは、色のついた自分のガラスを磨き、澄んだガラスに戻した今があるから。

知恵とは自分の経験値を重ねることではない。
その考え方だけだと、色の付いたガラスを重ねることに繋がり、物事を正しく見れなくなる傾向がある。
また歪んだ心は間違った知恵をつけてしまう。

知識を身につけることとは、正しい考え方を繰り返し何度も反復することである。
その繰り返しが知恵に繋がる。

勉強とは色のついた考え方を、透明に戻す作業。
だから毎日が勉強だ、ともいう。
日々の勉強は、物事を澄んだ心で見極め、過ちの少ない正しい判断を養う為に必要なもの。

澄んだ心で物事を見極める事が、知識・知恵の本質だと思います。




論語「中庸」
   仲尼曰。君子中庸。小人反中庸。

【中庸】 ちゅう‐よう [名・形動]
1 かたよることなく、常に変わらないこと。過不足がなく調和がとれていること。また、そのさま。「―を得た意見」「―な(の)精神」
2 アリストテレスの倫理学で、徳の中心になる概念。過大と過小の両極端を悪徳とし、徳は正しい中間(中庸)を発見してこれを選ぶことにあるとした。






IMG_8627

今日の空(朝ブログ)
花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム







必要とされる人になる。

世の中に必要のないものは淘汰される。
それはどんなに時代が変わっても
変わらない普遍の真理、宇宙の摂理だと思います。

たぶんそれは個人も同じで、
組織に必要のない人は淘汰されるか、
自分から離れていきます。

だから、わたしはいつも自分に、そして社員のみんなに言い聞かせてます。
社会から必要とされる人を目指すことが大切だと。





IMG_8626


今日の空(朝ブログ)
花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム







   

漁師の生き様

一つ ひなたの山道を
二つ 二人で行きました
三つ 港の蒸気船
四つ 他国(よそ)から着きました
五つ 急いで見に行けば
六つ 向こうの青空に
七つ ならんだ白い雲
八つ 山家(やまが)のおさの音
九つ ここまで聞こえます
 とんとんからり とんからり
十で 港もくれました
とうに港も暮れました


「魚影の群れ」
亭主の死を知った、夏目雅子がくちずさんだ童歌


今年で何回目なんだろう。
やはり、今日が来ると当時を思い出す。

今を生きる者としての幸せと、当時の、灰色の世界の中の赤いランドセルが、私の記憶から消えはしない。
倒壊した家屋から見える、そこにあった日常生活と自然災害の恐ろしさ。
運・不運だけでは語り尽くせない、人生を歩んでいく道には何かが横たわっている。
まだまだ笑顔で語れないが、1995年1月17日のあの日があった。

生きていてくれて良かった。ありがとう。





IMG_8625


今日の空(朝ブログ)
花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム













批判される人になる。

批判するよりも、批判される側の人間になるほうがいいと思ってます。

誰でも人から批判され、指をさされるのは嫌だ。
でも、わたしは批判されるからって、融合するのはもっと嫌です。

この批判を冷静に考えてみると、批判されることが間違っていなのでは?と思うことも多い。
自分で人を批判する時の事を考えてみると、その批判している大部分は欲望(嫉妬)から沸き起こる。
もっと良くなればよい・・・・・と、自分にないものが相手にあることに対して沸き起こる。


皮肉なことだが、勉強が必要な人ほど、勉強する人を批判する。
また、お金を必要とする人ほど、お金持ちを批判する。


否定ではなく、批判。
そこには人としての「煩悩」が潜んでいる。




ひ‐はん【批判】 [名](スル)
1 物事に検討を加えて、判定・評価すること。「事の適否を―する」「―力を養う」
2 人の言動・仕事などの誤りや欠点を指摘し、正すべきであるとして論じること。「周囲の―を受ける」「政府を―する」
3 哲学で、認識・学説の基盤を原理的に研究し、その成立する条件などを明らかにすること。






IMG_8624


今日の空(朝ブログ)
花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム






全て受け入れる

幸せとは、外の世界で見つけるものではなく、
生きていく中で出会ったすべてのものを受け入れて、
自分の中から生み出すものです。

最近の出会いでも良い、記憶の中の出会いでも良い。
幸せって、今までの経験、出会い、そんなところから滲み出てくる。
一旦全てを自分の中に受け入れた結果として出てくる。
全てが出てくるわけじゃないけど、確実に自分の中から出てくる。

その出会いに、気づこうとする意思。
その出会いを、幸せに変えようとする意思。
その意思の差が幸せの度合いを変えると思う。

まずは全てを受け入れる所から始まる。




IMG_8623





今日の空(朝ブログ)
花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中








七字のうた

 よわねをはくな

 くよくよするな

 なきごというな

 うしろをむくな

 ひとつをねがい

 ひとつをしとげ

 はなをさかせよ

 よいみをむすべ

 すずめはすずめ

 やなぎはやなぎ

 まつにまつかぜ

 ばらにばらのか


坂村真民



ゆめあるしごと
きょうもえがおで・・・・・・字余り (笑)

IMG_8622


今日の空(朝ブログ)
花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム















感動

感動はどこから来るかと言えば、
何かに挑戦したときに、偶然産まれ出る副産物。

チャレンジをすれば、それで良いというものではないが、
一歩踏み出さないことには、何も生まれないことは事実だ。

チャレンジをしないと産まれないもの、それが感動です。

今の自分から一歩前に踏み出す勇気。
今日も笑顔で!




IMG_8621



今日の空(朝ブログ)
花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム





おろそかにしない。

人から何かを命ぜられる。
その命ぜられたことをその通りにキチンとやる。

そこまではよいけれど、そのやった結果を、命じた人にキチンと報告するかどうか。

命じられた通りにやって、その通りうまくいったのだから、もうそれでよいと考える人。

いやたとえ命のままにやったとしても、その結果は一応キチンと報告しなければならない、
そうしたら命じた人は安心するだろうと考える人。

その何でもない心がけ、ちょっとした心のくばり方のちがいから、
両者の間に、信頼感にたいする大きなひらきが出てくる。

仕事には知恵も大事、才能も大事。

しかし、もっと大事なことは、些細と思われること、平凡と思われることも、
おろそかにしない心がけである。

むつかしいことはできても、平凡なことはできないというのは、
本当の仕事をする姿ではない。

些細な、平凡なこと、それを積み重ねきて、
そのうえに自分の知恵と体験とを加えてゆく。

それではじめて、あぶなげのない信頼感が得られるというものであろう。
賽の河原の小石はくずれても、仕事の小石はくずれない。

松下幸之助



IMG_8620






今日の空(朝ブログ)
花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中


真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム








心の余白

忙しく生活をしていると、つい視野が狭くなりがち。

そんな時には、ふらっと旅に出るのが良い。
悠々の時を経て、ただそこに存在しているだけの世界を目の当たりにすると、
心の中に「余白」が生まれる。

その余白が多くなると、些細な事に感情を左右されず、
人を思いやる気持ち、冷静な判断ができるようになる。


「長生きするものは多くを知る。旅をしたものはそれ以上を知る。」 
(アラブの諺)



IMG_8619



フェイスブックで本日の逸品を紹介させていただいてます。

今日の空(朝ブログ)
花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中




真珠のご用命はお気軽に 0120−760−100 フリーダイヤル
お問い合わせフォーム












New Year's resolution. 新年の決意

今年も、真珠専門店として、
お客様から頂戴した「信頼」を、守り、育てる。

そして、
A・当たり前のことを
B・馬鹿にせず
C・ちゃんとする
A・B・Cの法則を守り育てていく。


信頼とはなにものにも代え難い「宝」だ。
その宝物は簡単には手に入れることが難しい。
当たり前だと思われる些細なことでも、手を抜かず、
コツコツと行うことにより、身近なものとなる。

どうぞ、本年もよろしくお願い申し上げます。




"resolution" とは、

a promise to yourself that
you will make a serious effort
to do something that you should do
(すべきことについて、真剣に努力をすると自らに誓う約束)


真珠に関するご意見・ご要望は
resolution@pearl.ne.jp(@を小文字に変換してください)にお問い合わせください。
または、お気軽にフリーダイヤル 0120−760−100 へ
お問い合わせフォーム


IMG_8617





http://www.facebook.com/pearl.ne.jp/ (フェイスブック)


今日の空(朝ブログ)
花珠パールネックレスー岩城真珠
花珠真珠;本日の逸品公開中









過去の ブログ
訪問者数

QRコード
QRコード
お薦め書籍
  • ライブドアブログ